Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

スーパー!

本当のヒーローってこういうことなのかもしれない。 『スーパー!』 www.youtube.com 冴えない夫のフランクは、セクシーなドラッグディーラーの後を追って家を出てしまった妻を取り戻すため、自前のコスチュームを身にまとったお手製ヒーロー「クリムゾンボ…

サマーフィルムにのって

物語って最高じゃん。 『サマーフィルムにのって』 www.youtube.com 元「乃木坂46」の伊藤万理華が主演を務め、時代劇オタクの女子高生が映画制作に挑む姿を、SF要素を織り交ぜながら描いた青春ストーリー。 同じく伊藤主演のテレビドラマ「ガールはフレンド…

アーセナルvsバーンリー

新しい試みとこれから。 アーセナルvsバーンリー とりあえず勝てたことが収穫じゃないでしょうか。 こんなことを書いているとビッグ6サポのメンタルとしてどうなんだとも思いますが、これが正直な今の感想です。 対するバーンリー自体がプレミアの古き良き古…

ぼくらのフンカ祭

友達のかけがえのなさ。 ぼくらのフンカ祭 (ビッグコミックススペシャル) 作者:真造圭伍 小学館 Amazon デビュー作「森山中教習所」で各漫画ランキングにランクイン。 通な方面に話題を呼んだ、真造圭伍(しんぞうけいご)の最新作。 過疎の町、金松町は火山の…

アーセナルvsノリッジ

とりあえずの安堵。 『アーセナルvsノリッジ』 まずは勝てて、良かった。 これで負けてたらホント絶望の底へと・・・ とはいえ大手を挙げて良かったと言えるかというとそれも微妙なところ。 序盤からプレス強度は圧倒的に上がっていたし、攻守のスイッチも比…

余白を楽しむアニメーション~Sonny Boy -サニーボーイ-編~

『余白を楽しむアニメーション~Sonny Boy -サニーボーイ-編~』 anime.shochiku.co.jp 長い長い夏休みも半ばを過ぎた8月16日。学校に集まっていた中学3年生・長良〈ながら〉たちは突然、思いも寄らない事態に巻き込まれていた。 長良自身はもちろんのこと、…

ステッカー作ってみた話

ずっと言っていたものの中々形に出来ていなかったステッカー。 Actrashlyの時からそうですし無分別もそう。そしてついに重い腰を上げて完成しました。 両方ともロゴ自体は結構詰めて考えていたので、完成は予想通りでしたが、やはり形になると良いですね。 …

OLD

老いを感覚的に理解する怖さ。 『OLD』 www.youtube.com 「シックス・センス」「スプリット」のM・ナイト・シャマラン監督が、異常なスピードで時間が流れ、急速に年老いていくという不可解な現象に見舞われた一家の恐怖とサバイバルを描いたスリラー。 人里…

死霊のはらわた(1981)

笑えて怖い。 『死霊のはらわた(1981)』 休暇で森にやってきた5人の男女は廃屋の地下で“死者の書”を発見。やがてテープレコーダーに録音されていた呪文によって、死霊が復活してしまう。 死霊に乗り移られた者は他の者を襲撃。阿鼻叫喚の中、アッシュは必…

神様がうそをつく。

夏に読んだのも良かったのかもしれない。 『神様がうそをつく。』 神様がうそをつく。 (アフタヌーンコミックス) 作者:尾崎かおり 講談社 Amazon 『メテオ・メトセラ』(新書館)の尾崎かおり、渇望の最新作!! 七尾なつるは東京から転校してきた小学6年生。ク…

ワインズバーグ、オハイオ

このジャケットと世界観にやられた。 『ワインズバーグ、オハイオ』 オハイオ州の架空の町ワインズバーグ。そこは発展から取り残された寂しき人々が暮らすうらぶれた町。 地元紙の若き記者ジョージ・ウィラードのもとには、住人の奇妙な噂話が次々と寄せられ…

孤狼の血 LEVEL2

理不尽すぎる世の中。 『孤狼の血 LEVEL2』 www.youtube.com 柚月裕子の小説を原作に、広島の架空都市を舞台に警察とやくざの攻防戦を過激に描いて評判を呼んだ、白石和彌監督による「孤狼の血」の続編。 前作で新人刑事として登場した松坂桃李演じる日岡秀…

仄暗い水の底から

怖さと新しい気付きと。 『仄暗い水の底から』 www.youtube.com 「リング」で大ブームを起こした原作者と監督のコンビが再びホラーに挑んだ話題作。 主演の黒木瞳はホラー映画初挑戦。テーマが「母性」だけに、結末で感動を呼んでいる。離婚によって新生活を…

リング/らせん

大人になると見え方も変わる。 『リング/らせん』 呪いのビデオが巻き起こす惨劇を描いた鈴木光司のベストセラー小説を、「女優霊」の中田秀夫監督&高橋洋脚本で映画化し大ヒットを記録したホラー映画。ジャパニーズホラーブームの火付け役となり、2002年…

ストップ・メイキング・センス

原点であり至高の体験。 『ストップ・メイキング・センス』 www.youtube.com アメリカの人気ロックバンド「トーキング・ヘッズ」が1983年12月にロサンゼルスで行なったライブの模様を、後に「羊たちの沈黙」などを手がけることになるジョナサン・デミ監督が…

アーセナルvsマンチェスターシティ

近年ここまで気が滅入った試合があっただろうか。 『アーセナルvsマンチェスターシティ』 本当に絶望的でした。 久々にあそこまでの絶望を味わった気がします。何もできなかった。 何がしたかったのかの意図も分からず、防戦一方。それなのに守ることすら出…

フリー・ガイ

この夏一番の大穴だったかもしれない。 『フリー・ガイ』 www.youtube.com 「ナイト ミュージアム」のショーン・レビ監督が「デッドプール」のライアン・レイノルズとタッグを組み、何でもありのゲームの世界を舞台に、平凡なモブキャラが世界の危機を救うべ…

アーセナルvsチェルシー

道半ば。 『アーセナルvsチェルシー』 久々の観客入りホーム戦だったんですが、残念でした。 正直相手が強過ぎた。なんであんなに修正、修正と見事にハメてくることが出来るのかわからず、それにプラスしてのルカク無双。今のチーム状況では到底太刀打ち出来…

ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結

予想外の連続とただ楽しいという感覚。 『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』 www.youtube.com 「バットマン」や「スーパーマン」を生んだDCコミックスに登場する悪役たちがチームを組んで戦う姿を描いたアクションエンタテインメント。 デビッド…

胸騒ぎのシチリア

空気感のパッケージが本当にピカイチ。 『胸騒ぎのシチリア』 www.youtube.com 「ミラノ、愛に生きる」のルカ・グァダニーノ監督が同作に続き、ティルダ・スウィントンとタッグを組んだ人間ドラマ。 1968年製作のアラン・ドロン主演、ジャック・ドレー監督に…

漫画なのに映画的~ルックバック編~

こんなにも読切で引き込まれるなんて思わなかった。 『漫画なのに映画的~ルックバック編~』 学生新聞で4コマ漫画を連載している小学4年生の藤野。クラスメートからは絶賛を受けていたが、ある日、不登校の同級生・京本の4コマを載せたいと先生から告げ…

アーセナルvsブレントフォード

お帰りと素直に言いたかった。 『アーセナルvsブレントフォード』 ようやく帰ってきました。 移籍動向やユーロの情報など、シーズンオフは色々と気になるところでした。 プレシーズンマッチもハイライトなどで観ていましたが正直、不安は拭えなかった。 ただ…

悪人伝

マ・ドンソクによる最高の暴力ショー。 『悪人伝』 www.youtube.com 「新感染 ファイナル・エクスプレス」で一躍トップスターとなり、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品「エターナルズ」でハリウッド進出を果たすマ・ドンソク主演のバイオレ…

プロミシング・ヤング・ウーマン

女も男も関係無い、埋められないピースをどうするのか、ただそれだけ。 『プロミシング・ヤング・ウーマン』 www.youtube.com Netflixオリジナルシリーズ「ザ・クラウン」でチャールズ皇太子の妻カミラ夫人役を演じ、テレビシリーズ「キリング・イヴ Killing…

紙の動物園

SFとファンタジー、そのバランスと現実感が絶妙。 『紙の動物園』 中国SFが注目されてそこそこ経ちますが、全然手を付けられておらず。 そんな時にたまたま古本屋にて、覚えていた本作を発見。 とりあえず表題の作品を読んだところ、面白い。アジア圏の名前…

リバー・オブ・グラス

以前から気になる監督ではあったもの観る機会が無く、ようやく観れました。 『リバー・オブ・グラス』 www.youtube.com 「ウェンディ&ルーシー」のケリー・ライカート監督が1994年に発表した長編デビュー作。 南フロリダ郊外の平屋建ての家で暮らす30歳の主…

ライトハウス

欲望と隔絶は人を狂わすのか、はたまた人が本質的に内包しているものなのか。 『ライトハウス』 www.youtube.com 「ウィッチ」のロバート・エガース監督が、「TENET テネット」のロバート・パティンソンと名優ウィレム・デフォーを主演に迎え、実話をベース…

オッドタクシー

見た目に反した内容の不穏さ。 『オッドタクシー』 www.youtube.com ビジュアルが可愛らしい印象だったこともあり、評判は聞いていたものの何となく観れておりませんでした。 そして今更ながら観てみたところ、面白い。面白いというより引き込まれるというか…

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE

そのままである難しさと認めるということ。 『僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE』 ルカ・グァダニーノ監督がテレビドラマに初挑戦!カンヌ国際映画祭・監督週間でも選ばれた期待作 『君の名前で僕を呼んで』(2017年)、『サスペリア』(2018年)など数々の…

ハウス・ジャック・ビルト

芸術は狂気と紙一重なのか。 『ハウス・ジャック・ビルト』 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ニンフォマニアック」の鬼才ラース・フォン・トリアーが、理性と狂気をあわせ持つシリアルキラーの内なる葛藤と欲望を過激描写の連続で描いたサイコスリラー。 19…