Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

スターシップ・トゥルーパーズ

見事過ぎるほどの爽快感。

スターシップ・トゥルーパーズ

ポスター画像


www.youtube.com

ロボコップ」のポール・バーホーベン監督がロバート・A・ハインラインの小説「宇宙の戦士」を実写映画化し、昆虫型宇宙生物と人類の戦いを過激描写満載で描いたSF戦争アクション。

未来の地球。民主主義崩壊後、人類は地球連邦政府支配下に置かれ、兵役を経た者だけが市民権を得ることが出来た。ブエノスアイレスの高校を卒業した青年リコは、宇宙軍のパイロットを目指す恋人カルメンに影響されて軍に入隊する。最も過酷な機動歩兵部隊に配属された彼は、猛訓練の日々を経て分隊長に任命されるが、訓練中に仲間を死なせてしまい除隊を決意する。

そんな矢先、昆虫型宇宙生物ラクニド=バグスの襲撃によって故郷が壊滅したことを知った彼は、仲間たちとともに壮絶な戦いに身を投じていく。

この映画ってこんなに痛快でしたっけ。そう思ってしまうほど、気持ち良いほど人がどんどん死んでいく。別にそこが魅力なわけじゃないですが、とにかく潔く死ぬ。

改めて観るとヴァーホーベン味たっぷりな映画だなというだけなんですが、本当にこの監督はコンプラとか一切お構い無し。

個人的にはそんな過激過ぎるほどの現実感を、突き付けてくれるから好きなんですが、間違い無く人を選ぶ作品と言えるでしょう。

そんな本作は青春モノとSFモノの要素が混在したような宇宙生物襲来モノ。

これだけ聞くとどんな作品なんだと思うかもしれませんが、観れば納得の世界観。

序盤に関して言えば、それこそどストレートな学園青春モノですし、それはそれで最高に楽しい。逆に言えばそれがSF的それと関り、現実的な残酷さを受容した時、真のヴァーホーベンらしいリアルを体験できるとも言えるのですが。その対比込みで、さすがといったところ。

この『残酷なほどの現実』っていうのが中々のもので、ここまで生々しく、ここまで潔く表現する監督ってそういないと思うんですよね。仮に見せたとしても、どこか演出的だったり、何かを伏せて表現したりと、どこかに忖度が入ってくるものだと思うんです。でも、本作にはそういった類のものが一切皆無。

実世界ってそれがリアルなわけで、急に誰かが死んだり、急に何かが起きたりということが間々あるわけですよ。そんな想定外なことがほとんどで、突如として突飛も無い現実に放り込まれてしまうというのがリアル。

この体験を映画でさせてくれるっていうのはやっぱり稀有なわけで、だからこそより具体的に色々なことを考えるきっかけを与えてくれる監督であり作品なんじゃないでしょうか。

この作品、ディズニープラスで配信されてるってことも驚きなんですが、原作もあったんですね。ロバート・A・ハインラインの小説、『宇宙の戦士』。

ハインラインと言えばSF小説の巨匠ですし、その意味では小説自体もメチャクチャ気にはなります。ただ、映画的にここまでのクオリティのものを見せられると、それはそれで満足なわけで、全然映画だけでもお腹いっぱいになることでしょう。

映像的な魅力もかなりあって、時代を感じさせられるようなところもありつつ、それでも圧倒的インパクトを感じさせる画作りはさすが。

ちょいちょい挿入されるプロバガンダ映像も皮肉たっぷり、最初何を見させられてるんだと思ってしまうんですが、徐々に全容が明らかになり、終盤では癖にすらなってくるほどの何とも言えない演出。

あの中で描かれる人間社会の縮図としての箱庭感。結局見せられている側面というのは現代のテレビやゴシップと同じライン上にある、誘導されたような一辺倒の偏重報道。これが人の信仰というか、まやかしというか。所詮この世は作られた虚像を中心に動いているわけですよ。

これを映像として上手く組み込んでいることも、その組み込み方も実に上手い。

宇宙での各カットもチープなのになぜか魅力的で、当時100億近くかけて制作しているというのは伊達じゃない。今でも廃れないような工夫がそこかしこに散りばめられているように感じます。

中でも戦闘機による飛行シーンは特に迫力があって、飛んでるGを感じるくらいヒャッハー感があるんですよ。切迫感や緊張感といったものも伝わってくるんですが、SWのそれもそうだし、良いSF映画はこういうシーンによる映画的心地良さがある。

こう考えると、テクノロジーの進歩だけが臨場感に繋がるわけじゃないというのを改めて感じちゃいますよね。

この辺を日常やドラマ的な作品で無く、宇宙やSFのような壮大なシチュエーションで行えるというのはヴァーホーベンの手腕があってからこそなんでしょうが。

他にもらしさの部分で言うと、要素同士のマッシュアップ、特にスタートレックスターウォーズ的な世界観もお見事。

リアリティというか、少々政治的、内省的な部分はスタートレックのようですし、アドベンチャー、アクション的なところはスターウォーズ的。先の青春、SFモノといったところの混在ももちろん素晴らしいんですが、このスタートレックスターウォーズ的な混在もまた非常に良い感じ。

相反するようなバランスの舵取りが上手いんですよね。とはいえ、本作はその緩急が激し過ぎると思いますが。

ストーリー的なところもそうで、前半に高まってくる、学園モノのワクワク感、ドキドキ感。これ高まれば高まるほど、その後の現実に直面した、生々しい展開に効いてくる。まあそれがあるからこそ、本当の現実というものをまざまざと思い知らされるわけですが。

何も考えていなかった学生時代の自分と前半部の彼らを重ね合わせ、後半部の否応ない現実を見せられた時、自分にも思い当たる節があるというか、現実はそこまで甘くないとド直球に示されるからこそ驚かされる。

ハッキリ言って最後まで展開の予想も付かず、本当に最後の最後まで何を仕掛けてくるかわからないところこそが魅力。

ヴァーホーベン作品のこういう感覚、やっぱり好きですね。

では。

激戦を制し、雪辱を晴らす~アーセナルvsマンチェスターU~

今季ベストバウトの可能性も。

『激戦を制し、雪辱を晴らす~アーセナルvsマンチェスターU~』

Arsenal silences doubters with late win over Manchester United | The Japan  Times

前回9月にあったユナイテッドとのリーグ戦。この時は連勝が止まり、悔しかったですね。今回はその雪辱を晴らすべく心持でしたが、マジで良くやってくれました。

blcrackreverse.hatenablog.com

正直ヤバいなと再三感じさせられるようなプレーも多く、実際ユナイテッドもかなりエグかった。テンハグ体制になってからのユナイテッドは調子も良いし、整理された戦術がとにかく厄介。元から良い選手はいたわけで、そこにフィットする思考がハマれば、まあそれは厄介なわけですよ。

とはいえこちらのアルテタも相当な戦術家。この試合でも見事にやってくれました。

前半はチャンスメイク、シュートなどがあったものの、中々決め手に欠ける展開。特に右SBのホワイトがいまいちだなと思っており、全体的にもパキっとしないというか、らしくないプレーも目立つような、そんな印象だった前半戦。

それでも試合自体は非常にタイトでバチバチの展開でしたし、全体的な熱量はあったんですけどね。

良かった点と言えば1点決められてからの得点タイミングでしょうか。とりあえず前半はその程度。

ですが後半からようやくスイッチが入りました。

ホワイトに変えて冨安投入。やっぱ冨安は安定したパフォーマンスが出来るのが良いですね。基本的にブレない。まあ今回は対峙した相手が悪く、ラッシュフォードのキレキレプレーに危ないシーンも何度かありました。ですが、あれはラッシュフォードの個人技が凄過ぎたので仕方無いとも言えるわけで。

それと今回見ていて、改めてボールロストしない選手が多いなと。どんな局面、展開でも奪われない選手が多く、身体の使い方が上手い。こういうギリギリの戦いだったり、ビック6を相手にする時にはこの辺の技術は差として出やすいですからね。

良かった選手を挙げるとすればジンチェンコ、サカ、エンケティア。

ジンチェンコはマジでSBなんかと思ってしまうほど、神出鬼没、今回の試合が一番その感が強く、後半のそれは観ているだけでもわからなくなるくらい。平面で観ていてもそうなのに、これをピッチ上で体現するとは。

彼は本当にスタッツ以上の働きというか、オフザボールもわかってますし、ユーティリティ性能が過ぎる。

そしてサカ。

彼も常に半端無いクオリティですが、ユナイテッド相手にここまで違いを出せるというのは相当なもの。

正対で対峙するのは相当神経使うし、それでも一瞬の隙で抜かれるんだろうなと思うと、かなりの脅威。

カットインからの十八番のシュートも見事で、あれは止めれないですよ。あのタイミング、あの弾道、何度も言うようですが、それを好調ユナイテッド相手に出来ちゃうんですから。

エリクセンに弾かれたカットインからのシュートも、見事に得点時と同じ枠内いってましたからね。

エンケティアも凄かった。

ジェズス無き今、加速度的に頼れるストライカーに成長中。

毎試合ごとに精度が上がっているなと思いつつ、この試合でも収まりがとにかく良い。結構厳しい局面でも収めて前を向けますし、ボックス内でのポジションは相変わらず良いんですよね。

枠内シュート3本で、うち2本決めてますから、決定力も付いてきた。タッチ数が36と少ないながら、オフザボールの動きや少ないチャンスを決めるという、ストライカー必須のスキルを上げてきたのは大きい気がします。

その他の選手もかなりタイトかつアグレッシブに動けていたし、これは両者に言えることですが、トランジションの早さがエグイ。このテンションで最後まで行き切ってしまうんだから、そりゃ両者とも好調ですよ。

終盤で投入されたトロサールも良かったですね。あの短時間なのにボールの持ち方と判断の良さが光っていました。ブライトンでも好調だったわけですし、もう少しプレーを見てみたかったですが、まぁあの大事な局面でのフィットネスを見れただけでも良しとしましょう。初戦ですし。

ユナイテッドに関して言えばブルーノがジンチェンコ的な縦横無尽な動きで厄介でしたし、アントニーも前回の対戦同様、単騎での突破が出来る選手なので結構苦労していた気がする。

ベグホルストはボールの収まりも良かったですし、意外に大柄ながら動き出しがスムーズで抜け出しも相当に厄介かと。

個人的に一番厄介だと思ったのはルサンドロマルティネスでしたね。

このスタッツを見ても明らかですが、それに加えてオフェンスでも活躍しており、得点シーンは見事でした。アルゼンチンらしいプレースタイルで、フィジカルも強いですから、中々に厄介だなと。

そして何といってもラッシュフォードじゃないでしょうか。サカ同様、こんな良い選手だったかなと思うくらい、成長が止まらない気がする。スピードに乗っても厄介だし、乗らなくても初速で振り切れてしまう。スキル的にも超一流なので冨安が苦労するのも分かります。1点目なんて、振りが早過ぎて反応出来ないだろというスピード感でしたからね。

あっ、忘れてならないプレーがありました。51分過ぎのキャプテンウーデ。

ボックス内であのプレスを受けてのあれは何ですか。天才以外の何物でも無いヤバさ。あれをこの強度、トランジション、対戦相手の中でやれるとは。とんでもない選手です。その後のシュートは惜しくも外れましたがあのプレーは痺れました。

とにかくこの試合はかなり白熱した名試合でした。ちょっと観返しながらもう一度楽しみたいと思います。

では。

2022映画TOP3

遅くなったんですが昨年の良かった映画シリーズ。

『2022映画TOP3』

なんかホント良かったと思う、上位映画だけで良いかなと思ったのであえてのTOP3に。

逆に絞るのが難しかったところでもあるんですが、個人的に何かしらフックがあったかどうかをもとにピック。

第3位。

blcrackreverse.hatenablog.com

これは長尺にもかかわらず、会話劇はじめ、構造の面白さ、そして何より車に乗りたい、乗って色々考え事とかしたいなと思わせるところがヒット。

第2位。

blcrackreverse.hatenablog.com

年末に駆け込みで観たんですが、映像的にこんなに綺麗で、静か、それでいて感慨深さの深さがピカイチ。年末に良い気付きを得られた作品でした。

1位。

blcrackreverse.hatenablog.com

正直これはバイアス掛かってるんですけど、映画としてというよりもスラムダンクを、この時代に、今の技術で、この戦いを、井上さん監修のもと作られたというところが大きいかと。

なので純粋な映画として観ればまた変わりそうなところではありますが、あくまでも私的影響を考えたランキングとしてとのことなので。

では。

回路

終盤のとんでも展開はさすがの黒沢清

『回路』

ポスター画像


www.youtube.com

一人暮しの平凡なOLだったミチ。しかし最近、彼女の周囲では同僚の自殺、勤め先の社長の失踪など無気味な事件が相次いでいた。友達が、恋人が、そして家族までが次々と消えていく。

時を同じくして、大学生亮介の自宅のパソコンには、インターネットにアクセスしてもいないのに「幽霊に会いたいですか」という奇妙なメッセージが浮かび上がり、黒い袋に覆われた異常な人の姿が現れた。次第に廃虚となる町で、ミチと亮介は出会い、迫り来る恐怖に挑むのだが……。

今観ると映像的なチープさは否めないなというのが率直な感想ですが、それでもやはり黒沢清、とにかく映像の見せ方が上手い。正確には映像的な嫌味とでもいうべき、気持ち悪さ、居心地の悪さが秀逸。

ちょいちょい挿まれる、ぬるっとしたカメラワークなんかもそうで、どこかで誰かに見られているかのような気味悪さ。幽霊的な何かに遭遇する時の感じに近いといったところでしょうか、さらに、それが動いている様も気持ち悪いし、心底怖い。

否応なく怖いと感じてしまうのは、人間の根源的なところを捉えられているからだと思いますし、それを映像的に毎回表現できるのは紛れもない黒沢監督の才能。

2001年制作ということで、まだ携帯もスマホでは無いし、パソコンもウィンドウズが普及して少し経った程度と言った感じ。

ビデオテープもそうですけど、やっぱりアナログは怖いというのもあって、別にアナログそのものが怖いわけでは無いんでしょうけど、独特の質感と言うか、あの無機質でノイジーな感じ、あの感じがある種の気味悪さと結び付くと相性が非常に良いんでしょう。

そんなPC普及期に起きるインターネットを通じた異常事態からのおはなし。システムエラーといったデジタル的なトラブルというよりもむしろ、心霊的なそれ。

デジタルな回路を通じて浸食してくる生への問いというのも視点が面白い。

あまり考えたことは無かったんですが、人は死んだあとどうなるんでしょうね。漠然と死んだら全て終わりだと思っていたんですが、本作で問われるような死後の世界の捉え方もあるんだろうなと思ってしまう。

小雪演じるハルエの考える、死んでも今のまま幽霊になるだけ、だから苦しみからも解放されないし、ずっと一人ぼっちというもの。

一方加藤晴彦演じるリョウスケは、そんなことは考えないで今は一緒に居るじゃないかという現実的な考え。

どっちが良いとか悪いとかじゃないですけど、どのように考えても不思議じゃないだろうなというところもあって。まあ実際には誰もわからないわけですからね。

そういったことへの問いとして、突如PCスクリーンに映る謎の映像、個人的にこれが幽霊とかではなく、実際に生きている人間というところが妙に怖いというか気持ち悪いというか。

生きているのに死んでいるような。はっきりいってそんな生き方をしている人は山ほどいるだろうし、自分自身もそんな日を過ごしている日もある気がするんです。

それをあんな感じで見せられると、ホント終わっている人生だなと思ってしまう。夢も希望もありゃしないし、何のために生きているのか、ただ死んでいないだけなんてよく言ったもので、正に何も考えず、外にも出ずに過ごす日々は死んでいるのと同じなのか。死ねないから生きているだけといったところ。

当時のインターネット黎明期にPCを使って、ここまで今に通ずるであろう問いを投げかけたのはホント驚きです。

はっきり言って終盤のとんでも展開はいらなかったなと思ってしまいますし、あれが生への誇張した解釈であり、行く末だと捉えれば、理解できないわけでは無いですが、それでもあれはぶっ飛び過ぎ。

まあ黒沢作品の初期にはそういったとんでも演出があるのも事実なわけで、そう考えるとそこまでの驚きも無いとも言えるんですが、それがいるのかいらないかと言われると・・・。

とはいえ映像的に面白い、映画というフォーマットだからこそ出来る何かを見せてくれる監督作品はやっぱり面白いですね。

では。

ダブルやダブル。~アーセナルvsトッテナム~

アーセナルvsトッテナム

Classy Arsenal outguns Tottenham to extend lead | Inquirer Sports

ついにダブル達成。9シーズンぶりとのことで、とにかく歓喜歓喜。特に前半は以下のようなスタッツで完全にアーセナルペース。

【左トッテナム 右アーセナル

プレスが本当に上手くなった。タイミング、囲い方、ラインコントロール、プレスバック、全てにおいてハイクオリティで、だからこそ効率的に動けるし、何より早い。

あそこまで最前線へハイプレスをかけ、終盤まで継続できるのは、最早練習の賜物ですよ。アルテタの指示もよほど的確なんだろうなと。

あと、チェンコとウーデのパーティ周りでの連携が素晴らしい。まるで衛生かのようにパーティ周りを浮遊し、必要とあれば即サポートに駆けつける。この正確さと必要性の高さよ。これが攻撃時のビルドアップにも守備時の囲い込みにも、とにかく効いてくる。やっぱ凄いですよ。この二人の柔軟性は。

ウーデに関しては何なんですか、あのミドルは。最近のウーデは全てがスーパーで、本気で頼れる。良いキャプテンに成長してますよ。

そんなパーティもあのミドルは惜しかったですね。昨シーズンからは考えられない弾道。抑えの効かせ方と、ここぞのタイミングでのシュートが今季は調子良いんですわ。

これだけ攻守に貢献していて、あれだけのシュートを演出できるのはマジで神。怪我だけ心配ですが、とりあえず今季はリーグ戦に集中できるのでまだ平気じゃないでしょうか。

それと今回良かったのがエンケティア。

あんなポストプレーやらキープやら出来た選手でしたっけ。アーセナルの最前線にいくとああなるのか、それとも元々の素質なのか。その辺がわかりませんが、とにかくそういったプレーの質が格段に上がったかと。

残念だったのがゴールを決めれなかったことですが、それが決めれれば完璧。あれだけ良い位置でボールを受けられたり、あれだけ良いポジショニングを取れていれば、本当にあともう少し。これでワンランク上の選手になってもらえると非常に嬉しいんですが。

オンターゲット3でビックチャンスも2度あったことを考えると、ホントあと一歩。頼みます。

それからやっぱり頼れるラムズデール。

ボックス内セーブ数6は見事。得点差だけ見ると完勝したような感じですが、ラムちゃんのセーブが無かったら怪しいシーンも何度かありました。

判断やフィードもそうなんですが、キーパーの一番の見せ場、セーブ。これをあのダービーであのクオリティでやってくれるのはマジで有難い。

冬の移籍市場はこと如く散っているようですが、残るはユースなどからの覚醒を願うばかり。そんなアーセナルを見たい。

では。

2022年末に巡る荒廃と新芽の旅~横浜関内周辺編Ⅲ~

blcrackreverse.hatenablog.com

blcrackreverse.hatenablog.com

『2022年末に巡る荒廃と新芽の旅~横浜関内周辺編Ⅲ~』

そこからみなとみらいへ抜けると、これまた風景が一変する。普段から観ている湘南の海とは異なり、どちらかというと港といった風情。

港町の中でも小さい頃から馴染みある横浜、みなとみらいの風景と、街並みはやっぱりなんだかんだで落ち着く。

昼食がまだだったこともあり、途中立ち寄ったエッグスシングスでまさかの事態が。あまりの空腹からお互い頼み過ぎて吐き気を催す程の満腹感。ここは頼み過ぎるとえらい目に合うという、わかっているけど、わかっちゃいないことを再び学び、年末の食に纏わる絶望を味わう。

そして、店を出たら日も沈みつつ、この感じもまた良い感じ。

ここのホテルのサインは前から好きなんですが、海外っぽい雰囲気が良いんですよね。

氷川丸もこちらに移動しており、これまた懐かく思いつつ、古き良き。

そういえばガンダムの実物大展示がGUNDAM FACTORY YOKOHAMAで行われていたことに気付き、そこも行ってみたんですが、是非乗って操縦したかった。

地球の重力に縛られたアースノイドからの脱却とスペースノイドへの憧れ、ちょっと前までガンダムの新作、水星の魔女を観ていたこともあってかそんな宇宙への憧れも。

blcrackreverse.hatenablog.com

実際、ガンダムのようなモビルスーツが実働する日は来るのか。来るのであれば、それを見たいところではありました。

そのまま日も暮れ、この写真旅は終了。次はどこに行こうかな。

では。

シェフとギャルソン、リストランテの夜

とにかく料理が美味しそうで、イタリアの空気感もやっぱり好き。

『シェフとギャルソン、リストランテの夜』

ポスター画像


www.youtube.com

イタリア人の移民兄弟が開いたリストランテ(レストラン)を流行らせるために奮闘する様を描いた人情喜劇。

共同監督・共同製作は「死の接吻」などの個性派俳優スタンリー・トゥッチで、脚本も従兄弟で本作がデビューとなるジョゼフ・トロピアーノと共同で執筆。

「ミセス・パーカー/ジャズ・エイジの華」の俳優キャンベル・スコットが共同監督・共同製作としてクレジットされ、出演もしている。製作は「ブロードウェイと銃弾」のジョナサン・フィリー。撮影は「アディクション」ほかアベルフェラーラ作品で知られるケン・ケルシュ。出演は「アダムス・ファミリー2」などのトニー・シャループ、「スリーパーズ」のミニー・ドライヴァー、「裸のランチ」のイアン・ホルム、「フューネラル」のイザベラ・ロッセリーニほか。

以前から料理が美味しそうな映画ってついつい観ちゃうんですが、この作品もジャケで何となく。いつものように、中古ショップでディグっていた時に、ジャケットを観て何となく購入した感じ。

こういうフィーリングに頼った見方も相変わらず好きなんですよね。特にサブスクなどにあまり出回っていない作品なんかはこういう感じでしか出会えないし観れない。それが意外な出会いだったりもするわけで。

ということで本題ですが、シンプルに良い料理映画です。

映像技術や美術などの造形も、今と比較にならないだろう90年代に撮られた作品。なのに不思議なもので、空気感やノイズから美味しそうな感じがひしひしと伝わってくるんですよ。

これって今の技術で撮ったらさらに良くなるのかな、なんて思ったりもしたんですが、やっぱりあの当時の空気感があってこそな気がするから、映画にとっては技術だけじゃない側面も大きいんだろうなと。

本作の面白いのが、アメリカで作られた映画なのにヨーロッパの空気を感じるところ。

まず冒頭のカットなんてまさにな感じですが、ニュアンス重視というか、ふわっと始まって、何の説明も無くスッと流れていく感じ。そこから主要人物の描写が始めるわけなんですが、その語り口も多くを語らず、自然な仕草だったり、関係性だったりを見せることで各人の立ち位置がわかってくるような雰囲気。

特に料理を通してのそれは良かったですね。中盤に出てくる喧嘩後のシークエンスなんかもそうで、料理に対する姿勢を通じて、それぞれの思いが真摯に伝わってくるところなんかも、ダイナミックな動き無しに、じわっと効いてくる。

こういった余白の部分が多い映画なんですが、それが料理と相性良くて。

その料理自体も個人的に好きなイタリア料理。伝統料理としてのイタリア料理を貫くところも乙ですし、当時の風当たりや、今と異なる文化的障壁みたいなものを考えると、非常にナイーブな部分だったんだろうなと思えてきます。

そんなイタリア料理、それがメチャクチャ魅力的に映っているんですよ。美味しそうに撮っているというよりもただ美味しそうに映っていると言った方が正しいかもしれない。自然に食べたくなるような本能を刺激するような。

そんな浸りたい夜に観たい、寒い季節が似合うような作品でした。

では。

リストランテの夜 [DVD]

リストランテの夜 [DVD]

  • スタンレー・トゥッチ
Amazon