Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsクリスタルパレス

上がったり下がったり、まあそれがアーセナル

アーセナルvsクリスタルパレス

Arsenal | Bleacher Report | Latest News, Scores, Stats and Standings

これでこそアーセナルという試合展開でしたね。とにかく心身の疲労感が半端無い。観終わった直後に感じたのがそんなこと。

まあアーセナルと言えばといったところでもあるんですが、今回は久々に痺れました。勝ったわけでもないのに勝った並の高揚感。感覚が馬鹿になりますね。

さて試合ですが、なんか噛み合ってなかったの連続。孤軍奮闘するような場面が多々見られましたし、後半なんて得点の雰囲気を一向に感じられなかった(ラカゼットが入るまでは)。

特に攻撃時はサポートが手薄でしたし、サポートするような体制が無かったんじゃないかと思ってしまうほどに個々人と偶然の連続。試合によるあのムラはなんなのかと思ってしまうほど。

中でも個人的に感じているのがペペとサカの同時起用法。なんかしっくりこない試合が多い印象があるというか、うまく回らないというか。左偏重の攻撃になってしまうのは選手の特性上しょうがないとは思うんですが、それ以上に機能していない気がしてならない。

ペペが意外に内側にポジションを取りがちですし、冨安もペペを意識した守備ケアがある為、あまり外に張ったり、駆け上がったりが出来ない。

その辺が要因になって、他のポジションもつられる展開が多く、孤立することが増えていた気がします。

オーバメヤンも前半こそ守備に攻撃に意欲的で良かったんですが、得点後は失速。ラカゼットが入ってからは息を吹き返しましたが、逆にそうなるとラカゼットが輝くわけでして。

そのラカゼットが交代後は本当に良かった。ファンを鼓舞するアクションもそうですし、選手たちを鼓舞するプレーもそう。何よりそれらを実際に体現するプレーが見られましたし、最後の最後には粘りの得点まで。

この頃ラカゼットが入った試合は活気があるというか、プレーの幅やタメが出来るのでなぜ出さないのか疑問しかない。

交代で言うとロコンガは正直物足りなさとポジショニングなどの精度を欠くプレーが気になりましたし、マルティネッリは孤軍奮闘の極みといったところ。

サカは右が良いし、ウーデゴールはもう一列前が良いし、ラカゼットはワントップが良いし、ジャカとパーティのコンビが良いし、冨安には外を張って欲しいし。

こんな感じでたらればが増えていますが、実際パレスが良かったのも事実かと。

特にギャラガーの存在感は凄かった。

攻撃時も守備時も質が高く、得点の起点となるシーンでの身体の使い方は素晴らしかった。

ベンテケもゴールシーンは見事でしたし、トムキンスも2点目の走り込みは良かったな。

まあドローという最低ラインを死守した戦いでしたが、負けなかっただけ良かったところです。

それよりもチームのズレが少し気になる。

さあ次節は修正できるのか。アーセナルは本当に悩ましいクラブです。

では。

オアシス ネブワース1996

その時その場にいなきゃ始まらない。

『オアシス ネブワース1996』


www.youtube.com

ポスター画像

ブリットポップムーブメントを牽引したバンド「オアシス」がキャリア絶頂期の1996年におこなった伝説のライブをドキュメンタリー映画化。

1996年8月10日と11日にハートフォードシャー州ネブワースで開催された同ライブは2日間で25万人以上の観客を動員し、当時の野外コンサートの動員記録を塗り替えた。

ライブ会場やバックステージの膨大な未公開映像を中心に、バンドやライブ主催者へのインタビューを加えて構成。

オアシスが奏でた音楽も集約され、同ライブがオアシスとファンが共に創り上げた奇跡的なイベントであったことを明かす。

ノエル&リアム・ギャラガー兄弟が自ら製作総指揮、オアシスを含む数々のバンドのミュージックビデオを手がけた映像ディレクターのジェイク・スコットが監督を務めた。

オアシスといえば自分が洋楽を聴き始めたきっかけになったアーティストの一つであり、アイコンとして、バンドというもののカッコ良さを知ったきっかけでもあった。

今でこそここまでシーンを賑わしているロックバンドはいないし、今後出てくるのかと思うくらいロックの影響力が落ちていると思う。そう思うほどに、当時はロックバンドというものが熱を帯びていた気がする。

それ以前に遡れば様々なビッグアーティストもいたわけだけど、直近だと90年代から00年代初期に起きていたムーブメントは凄かったんだと思える。

そんなオアシスのネブワース公演がドキュメンタリーとして映画化となれば行くしかありません。

コロナ禍でライブにいけない状況ということもあり、やはりこういった映画は沁みる。今となってはバンドも解散してしまい、兄弟のいざこざも一層こじれていきている中、再結成に関して望み薄な状況を考えると、さらに感慨深い所があった。

チケット販売に始まり、当日を迎えるまで、さらにライブ時の状況とシームレスにオアシスというバンドだけを介して過ぎていく時間というのは本当に心地良い時間だった。

視点の切り取り方も素晴らしく、ファンとバンド、という双方の視点を絶妙に織り交ぜることでエモーショナルに繋げていく。この映画を観ていると今までの自分が通っていないムーブメントとは違う、圧倒的リアリティと興奮を持って観られたのが大きかった。

歴史じゃないけど、本当にカルチャーショックを受けるにはその時、その場にいることがどれだけ大事でかけがえの無いものになるのか。そういう時に生まれる感動って本当に何物にも代えがたいし、一生自分に刻まれるんだと思い泣きそうにすらなった。

当時自分は中学生くらいでネブワースにも行けなかったし、ライブにすら行けていなかった。それでもその時聴き、憧れ、洋楽を好きになったのは紛れも無いし、その時の経験があるから今がある。そう思うと本当に音楽が好きで良かったと思わされる。

ファンのコメントで言っていた「今のようにスマホSNSも無かった時代、投稿するためにでは無く、そこにいてただ音楽を聴きたいから聴いて熱狂した」というのは今の時代に失われてしまった過去の特権だったのかもしれない。

充実と目的を履き違えた現代と過去への自分に対する戒めとして、オアシスがあの時の感動や経験をノスタルジーとしてではなく、喚起させてくれたことはとても身に沁みた。

欲を言えば、楽曲演奏時だけでも爆音で聴ければもっとその熱狂が伝わってきたとは思う。ただあれだけ楽曲が演奏され、当時の空気感を感じられただけでも満足度はかなり高いんじゃないでしょうか。

それにしても当時のリアムのカッコ良さとロックアイコンとしての存在感は尋常じゃないですし、とにかく声が良い。声もスタイルも確実に絶頂期だったことを感じさせる神のような佇まいにただただ見とれました。

同じくノエルの楽曲センスとスキルも今見ても変わらずに凄いの一言。

そのオアシス誕生の地が団地で生まれた労働者階級から生まれたということも含めて考えると、文字通りロックンロールスターだったと言わざるを得ない。

「観客が一緒に歌うことでライブが成立する」というメンバーの発言も踏まえると、やはり唯一無二のロックバンドとして君臨している理由なのかもしれない。

観終わった後の音楽最高だよ、マジで楽しそう、最高の体験だったと思えることこそ、音楽を楽しむ純粋な理由になるんじゃないでしょうか。

リアム曰く「人生は短い、だから楽しめ」それを体現する良い映画体験でした。

そういえばラストのロックンロールスターのくだりはイギリス的な洒落っ気が効いていたのも良かったなあ。こんなことを書いていたらライブに行きたくてたまらなくなってきました。早く気軽にライブに行ける環境が戻ってきてほしいものです。

暇があったら写真を撮りにでも~モノクロハイライト森林編~

最近創作というか若干のアウトプット熱が高まってきていて、写真も撮りたい欲が出てきました。

そんなこんなで、撮りたいものを気の向くまま、備忘録的に挙げていこうかと。

そんな本日はこちらの写真。

f:id:Blck:20211007100608p:plain

森や森林をハイライト飛ばし気味で撮りたい。

それでいて暗部の柔らかさも若干残しつつ、パキッとしたものが撮りたい。

基本的にはモノクロよりもカラーの方が好きなんですが、何となく今の気分はこんな感じ。とはいえなんでもモノクロで撮りたいというわけでは無く、森や森林なんですよね。

といった感じで。

すばらしき映画音楽たち

音楽と映画が好きで良かった。

『すばらしき映画音楽たち』

ポスター画像


www.youtube.com

スター・ウォーズ」「007」「ロッキー」など数々の名作映画を彩ってきた映画音楽にスポットを当てたドキュメンタリー。

ハリー・ポッター」シリーズのジョン・ウィリアムズ、「ダークナイト」3部作などのハンス・ジマーティム・バートン監督作品でおなじみのダニー・エルフマンら、ハリウッドを代表する約40人の作曲家たちのインタビュー映像を収録。

名曲の創作秘話がヒット作の映像とともに明かされるほか、想像を絶するプレッシャーに悩まされる作曲家たちの本音も聞き出していく。

さらに、イメージを伝える側である監督へのインタビューも交え、映画の中で音楽が果たす役割を多角的に考察。無声映画の時代から映画を支えてきた映画音楽が、長い歴史の中でどのように進化を遂げてきたのかも描かれる。

WOWOWでのプレミア放送後、新宿シネマカリテの特集「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」(17年7月15日~8月18日)で上映。

映画と音楽、切っても切り離せないものだと思ってたけど、ここまで作り込みに時間がかかり、手間がかかり、趣向が凝らされているとは。

予想は知っていたし、わかっているつもりではいたが、やはり画として見せられ、語られると、その重みは変わってくる。

曲を聞くたび自然と浮かんでくる映画のシーン。なんならその時の気持ちまで呼び起される音楽という存在があって、それは本当に気持ちまで昂るし、マジで上がる。

考えてみれば自分自身の日常でもそれはあるわけで、彼女や友人、家族、はたまた一人、そうやって過ごした時間やタイミングに沿った音楽も絶対にあるわけで、それは物語と共に思い出として記憶に残っている。

それらを疑似的に、映画という媒体を通して、何かしらの思い出をパッケージングしてくれる音楽という存在はやはり格別だ。

その音楽制作の背景って実際は知り得てなくて、それをドキュメンタリーとして観ることができ、体感できる本作の存在は極めて貴重な体験だと思う。しかもそれが直接携わっている人のものだとすると、一層その説得力は増すわけでして。

自分自身のこうしたサントラ原体験は間違いなく『スターウォーズ』でしょう。

聴いた瞬間に反射的に昂りますし、時には泣きそうになるほど中毒性がある。色々な作品のエピソードが頭を駆け巡り、「ただいま」と言いたくなるほどに。

スピルバーク作品もそうで、彼の作品には何とも形容しがたいエモーショナルナルな雰囲気がある。

作中でも言われていたが、「製作者自身が震えるような、鳥肌が立つような作品を作らなければ観客にそれは伝わらない」という言葉は紛れもない事実で、だからこそ視聴者もエモーションに浸れるだと思う。

そうした音楽を制作するには血の滲むような努力が必要なわけだし、それ相応の苦労をしているという一端を知れただけでも感謝しかない。それを知った上で映画を観ることで更なる発見も出来るんじゃないかと思うと、今後の映画体験も楽しみしかありません。

さあ次はどんな映画を観ようか。

では。

ACTRASHLYにアートする~フルイドアート編~

アートでもやってみようということで以前から気になっていたこちらを参考にやってみました。

『ACTRASHLYにアートする~フルイドアート編~』


www.youtube.com

基本的にはアクリル絵の具の調合やバランスで決まってくるアートで、偶然性や個人の感覚的な趣向が反映されるようなアート作品。

f:id:Blck:20210810153555j:plain

代用品で揃えられるものも多く、なので価格的にもそんなにかからずに出来たのでまた挑戦してみたいところです。

必用な材料は

■アクリル絵の具

■ポーリングメディウム

■MDF板

■シリコンオイル

■ストロー

■プラカップ

■ブルーシート

■ゴム手袋

アクリル絵の具は100均で揃います。セリアには変わった色がある印象で、ダイソーはベーシックなものが揃うかと。

ポーリングメディウムは洗濯糊やボンドなどで代用可能なようで、作例を見てみた感じ洗濯糊の雰囲気が一番好みでそれを使用。洗濯糊が一番流動的というか細かく模様が出ているように見えたんですよね。

続いてシリコンオイルなんですが、こちらはアロマオイル等で代用可能。なんですが、それだとセル模様がいまいちな感じで、こちらはアマゾンでこちらを購入。

キャンバスに描いている方が多いようですが良いサイズのものが無くMDF板で代用。全く問題なく色乗りしました。いちよ軽くヤスってから使用したんですが、正直かなり乗りは良い感じなので、弾くものでない限り、なんでも平気そうでした。次回はもっと大きな何かにやってみたいところです。

f:id:Blck:20210810153732j:plain

液材を混ぜるカップは透明の物の方が中身が見えてイメージを把握しやすいかと思います。

他のものはかき混ぜたり、汚れ防止のために使った感じですかね。

f:id:Blck:20210810155318j:plain

f:id:Blck:20210810171745j:plain

完成直後は艶がある感じなんですが乾くとこんな感じに。

f:id:Blck:20210911140715j:plain

f:id:Blck:20210911141006j:plain

まあ備忘録程度に。

空白

ご都合主義なこの世界に。

『空白』

ポスター画像


www.youtube.com

「ヒメアノ~ル」の吉田恵輔監督によるオリジナル脚本作品で、古田新太主演、松坂桃李共演で描くヒューマンサスペンス。

女子中学生の添田花音はスーパーで万引しようとしたところを店長の青柳直人に見つかり、追いかけられた末に車に轢かれて死んでしまう。

娘に無関心だった花音の父・充は、せめて彼女の無実を証明しようと、事故に関わった人々を厳しく追及するうちに恐ろしいモンスターと化し、事態は思わぬ方向へと展開していく。

悪夢のような父親・添田を古田、彼に人生を握りつぶされていく店長・青柳を松坂が演じ、「さんかく」の田畑智子、「佐々木、イン、マイマイン」の藤原季節、「湯を沸かすほどの熱い愛」の伊東蒼が共演。

事前知識を何も入れないで行ったらとんでもない展開に度肝を抜かれました。

ポスタービジュアルすらあまり見ていなかったので、鑑賞後に観た時、松坂桃李が土下座してるのを知ったくらい。

ある意味この映画にはこういう映画体験って重要だなと思いつつ、あのタイトルバックの出し方とタイミングは絶望という名の空白しかなかった気がします。それくらい近年稀に見るタイトルバック。

そこまでの演出もそうですが、逆に何が起きるのか、何も起きないのか、そういったことを考えながら観るストーリーはある種のハラハラ感に満ちていました。

さらに言うと鑑賞後の感想もそう、何が描きたかったのか、どういう物語だったのか、そういった虚無感にも似た空白がそこにはあった。

個人的に感じたのは誰の心にも思い当たる節があるであろう『心の空白』、本作はその空白にフォーカスしたんじゃないかなと思った。

ある事件を中心に色々な人物が登場していくんだけど、切り取り方で見える側面が違う。

ただ結局は各個人の身勝手さや振る舞いといった自己都合的なことに全ては集約していくわけで、そこに対しての現実感とやるせなさが混在した感情を抱いた。

出てくるワード一つ一つのじわじわくる破壊力が半端無くて、「偽善ぶるな」とか「今さら理解者ぶるな」とか。

作品の本質を抉るようなパンチラインが豊富に忍ばされており、そこも含めて徐々に効いてくる。なんだかんだ言ってもみんな大事なのは自分だし、自分が間違っているなんて思いたくない、口では何とでも言えるし、ふりをすることもできるかもしれない、だけども最終的には偽ることも出来ないし、心の底からどう思っているかはその人を形作る。

作品内で唯一の希望だったのはある女性の母親。彼女は誰もが言うと予想したことは言わず、そうした振る舞いもせず、ただ真に思う想いを言った。

それは本当に痺れたし、真に他者を想うという姿勢を観た気がした。とにかく偽善と思惑に満ちた世界の切り取りの冥利、SNS時代の一面性を現実世界で見せた作りにハッとさせられた。

加えて、ラストまで観た時に感じた『一つくらいはわかりあえる感』、これもある意味、嘘偽りない事実であって、充と娘の見ていた世界の一致は何もわかっていないと思っていた充に対し、一筋の希望であり、真に想っていることは通じ合える可能性があることを示唆している気がした。

まあこうしたことを説明するよりも、観て感じた方がいい作りなのは間違いないので、是非劇場で観た方が良い気がします。

服と食、そしてととのう~調布探訪編~

突然の平日休みにつき、なんとなく最近気になる店が集中していた調布へ。

まあ調布自体ふと行ってみようと思うところでも無かったのですが、こんな機会だったので。

まず向かったのが以前からインスタで気になっていた古着屋

『Vintage&Used BYRE』

Vintage&Used BYRE|布田駅にある古着ショップ

これが以前牛舎だったというんだから驚き。何とも言えない雰囲気と古着のマッチングが見事で、ちょっとしたトリップ感すら漂うくらい。

セレクトも中々面白く、価格帯も大半が1万円以下。まだ牛舎の1/3ほどしか使っていないので、今後の展開含め楽しみです。

その後昼食に向かったのが

『柴崎亭』

tabelog.com

淡麗系のラーメンってあまり興味をそそられないというか、それが食べたいと思う時ってあまりないんですよね。

なんですが、ここは違った。

インスタで見かけ、気になったのが数日前だったんですが、とにかく興味をそそるビジュアル。

塩煮干しワンタン麺が特に気になり、美味しそう。

到着したのが13時半くらいだったので閉店間際だったんですが、それでも待ち人が数人。

ですが、すぐに入店し出てきました黄金色に輝くスープが。

麺の太さ、硬さも絶妙で、ワンタンの数や肉々しさもかなり良い。そして何よりスープの塩梅が最高で、備え付けのコショウをかけた後のマッチングが素晴らしいハーモニー。

これは私的淡麗ラーメン史上最高の味。

また再訪したところです。

ラストは気になっていたサウナ

深大寺天然温泉「湯守の里」』

www.yumorinosato.com

sauna-ikitai.com

最近は綺麗で居心地の良いサウナが増えてきていて、それはそれでいいんですが、もっと自然な感じというか、田舎感というかそういったところに行きたくなる時もあって。

そういう意味で都内なのにその条件を満たしていたこちらへ。

本当にこんなところにあるのかと思うような住宅街を抜けると、こじんまりとした中にありました。

自然との調和、ミニマルながら田舎の親戚の家に来たような風情ある作り。

サウナ自体はサウナとうたっておらず、塩釜風呂という名称。スチームサウナのような感じのものが一つあるだけで、10人くらいしか入れないような作り。

温度自体は高く無いものの、スチーム効果で結構蒸されます。

ここの良い点が露天。

変わった作りの露天が多く、泉質も黒湯。洞窟の中にあるような風呂だったり、天井にプロジェクションマッピングされたような映像が流れていたり、何より自然と一体化したような浴槽の作りで浸かっている時の視野が良い。

やっぱり自然って良いなと思いつつ家路に着きました。