Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

Blcrackreverse

【SF漫画】幸せの価値観を問いかけるSF作品『ロボサピエンス前史』

この作品以前どこかで紹介されていて気になっていた漫画の一つだったんですよね。

「【SF漫画】幸せの価値観を問いかけるSF作品『ロボサピエンス前史』」

未来。ヒトと同じようにロボットが闊歩する世界で、ヒトは、ロボットは、どう生きるのか。

手塚治虫文化賞新生賞受賞作家が描く、科学と心で紡がれた、ロマンティック・フューチャー。

Aiの進化であったり、ロボットの進化というのは急速に進んでるなと思うわけですが、未来にどういうことが待ち受けているか、考えたことが無かった気がします。

微かな想像というか、なんとなくの部分は見えていたような気もするんですが、とにかくその程度の感覚というのが正直なところなわけでして。

本作を読み、漫画的にその未来像を見せられると、映画や小説とも違う、なんとも言えない余韻が残るんですよね。

人は結局”なんのために生きるのか”。

究極のところ、その目的なんて無いわけだろうし、それ自体が目的になっているとも言える気もしている。

結局、荒唐無稽なものを理想のみで追求し、果ては手段と目的が逆転するようなことになるのかなと思わされたり。

”幸せになるために”という目的の元、真に正しいものは既に存在していたんじゃないか。

直線と曲線がいかにもな近未来的作画によって構築された世界観、無機質なタッチと表現の起伏の無さが生み出す独特の雰囲気。

感情というものを奪われたような登場人物たちの描き方からなのか、得も言われぬ実感の伴わない世界を想像させる。

柔らかい印象のトーンを残しながら、無機質さがそれを凌駕するといいますか、釈然としない不確かさがあるというか。

ロボットに感情というものを埋め込むのは難しいのかと思う反面、表情などの外見からで無く、内面的に備えているそれらに徐々に気付かされていく感じ。

先天的では無いのかもしれないけど、知性を備えることで、ニュアンスとしての感情は抱いている気もする。

手段と目的が逆転したような、半永続的で想像可能な未来像。

これって実際幸せなんですかね。

時間の概念って様々なSFなどでも取り扱われ、それをいかに表現としてコントロールし、認識するか。

一見すると不必要に感じ、メリットは何も無いと思えるような時間そのものの見え方が変わる気がしますし、有限だからこその知覚が出来ているのかもなと。

何かを思い、何かを考え、何かをするってことは、時間を使い、時間が必要だからこそ徐々に積もっていくもの。

そうだとするとそれを一瞬で、もしくは永続的に捉えた場合はどこに達成感や満足感を満たすことが出来るのだろうか。

人間とロボットは違うのか、それとも一緒なのか。

始まりは違えど、到達する終着点は一緒なのかもしれないと感じさせてくれるような独特な視点を、無機質なタッチで描いている面白さ、長尺で観た時の歴史みたいなものを感じさせてくれる作品でしたね。

では。

Black is Better!スタイリッシュなハイテクシューズ『サロモンSUPERCROSS 4 GORE-TEX』

「Black is Better!スタイリッシュなハイテクシューズ『サロモンSUPERCROSS 4 GORE-TEX』」

新たなグリップ力を生み出すトレイルシューズ SUPERCROSS 4 GORE-TEX は、妥協のないパフォーマンスで、これまでのトレイルシューズの定義を覆すパワフルな一足。

泥がつまらないようラグをより大きくして溝を追加することで、グリップ力を最大限に高めています。タイヤのようなアウトソールに防水性の高い丈夫なアッパーと SensiFit™ 構造を採用し、優れたフットホールドとフィット感、抜群の快適性を実現しました。

ここ最近、黒いハイテク系のシューズをずっとさがしていたんですよ。

それも、真っ黒のものを。

太めのパンツと合わせて履きたかったんですよね。足元をちょっとボリュームでなく、装飾やパターンでゴチャつかせて合わせる感じ。

意外に真っ黒のシューズがあまりなく、一部がデザインとしてカラーになっていたり、ソールの色が違ったり。

しかもただのっぺりとした黒は嫌で、切り返しであるとか、凹凸であるとか、黒いんだけど、フォルムやパターンでちょっとしたデザイン性があるものを探していたんですよね。

ハイテクと言えばやはりギミックだと思いますが、その意味でいうと、シューレースも無いものが良かった。

それで気になっていたのがサロモンのこちら。

登山であるとか、アウトドアであるとかのショップでたまに見かけていたんですが、最近はセレクトショップでのコラボなんかも増え、街でも見る機会が増えましたよね。

そうなれば後はモデルなんですが、何件か周り試し履きをし、しっくり来たのがこのSUPERCROSS 4 GORE-TEX

正直スペックと予算の兼ね合いも考えると、そこまでハイクラスのものは考えていなくて、街履きでそこまでのものはさすがにオーバースペックかなと。

なのでローエンド~ミドルエンドくらいで探しており、オールブラックのものがいくつかあった中で、色と素材感、デザイン性の部分のみで判断。

実際価格帯も15000円程度とまあ手頃。

単なる街履きを想定しているので、そりゃそうなりますよね。

そこでバランスとカラーリングが一番気に入り、ソールの具合も丁度良かったこちらをチョイス。

ソールも無骨すぎたり、シンプル過ぎたりしても違うんですよね。

絶妙にゴツ過ぎず、艶感なども丁度いい。

ボディに入っているジグザグの模様も主張し過ぎず丁度いい。黒の濃淡がメッシュ部とGTX部で出ているのも良いですよね。

フォルムも細過ぎず、太過ぎずで。

機能的にも、トレイル向けで、ゴアテックス仕様。びしょ濡れになったり、水に入れば、濡れるでしょうけど、ちょっと濡れるくらいなら問題ないかと。

何といっても、ゴアテックスって名前だけでもそそられますしね。

あとはこのシューレースシステムもカッコいいし実用的なんですよね。

しかも、これ、このパーツだけでも売ってるようで、これを別のスニーカーに付けることも出来るっていう。

しかも1000円もせず、お手頃価格。

フットウェアやノルディックスキーブーツと互換性のある、特許取得済みのQuicklaceシステムは、その場で素早く簡単にシューレースを調整できます。また、QUICKLACE KITは、レース部分を開いて簡単に交換できる機構により、手間のかからない効率的な修理のために特別に開発されました。

ランニングシューズに付けてもいいし、それこそハイテク系との相性はいいに決まっている。

これ即採用したいですね。別の靴でも。

といった感じで初の本格ハイテクシューズデビューだったんですが、中々履き心地も良いですし、疲れない。

さすが本格的なスペックも持ち合わせていますからね。

では。

温泉級リラックス!琥珀の湯入浴剤の質感と香りが魅力的~温素 琥珀の湯編~

去年からなんですけど、この入浴剤は使った中でもかなりベスト級だなと思いまして。

「温泉級リラックス!琥珀の湯入浴剤の質感と香りが魅力的~温素 琥珀の湯編~」

当然、上を見ればキリが無いんですが、こういうのって日々使えてコスパ良い方が良いじゃないですか。

ということを踏まえてのベスト級。

まずね、入れた瞬間からとろみが凄いんですよ。

匂いが良い入浴剤っていうのは多いと思うんですが、この入浴剤はそれ以上にとろみと質感が良いんですよ。

「あぁ、温泉入ってるな」的な。もちろん匂いも良いですよ。くつろげる匂い。色味も良いんですよね。

ただそれだけじゃなくて、出てからの保湿力も良い。

トロっとしているからなのかベールのように纏わりついている感じ。

この入浴剤、3種類あるんですが、個人的にはダントツで琥珀の湯でしたね。

とにかく質感がリアルでリラックス度がマックス。家でこれだけ満足感高いっていうのは中々無いと思うんですよね。

気になる方は是非試してみてください。

では。

車好き必見! エンジン音でアドレナリンMAX『ワイルド・スピード』

「車好き必見! エンジン音でアドレナリンMAX『ワイルド・スピード』」ポスター画像

スピードの限界に命を賭ける若者たちを描いたカー・アクション。

監督は「ザ・スカルズ/髑髏〈ドクロ〉の誓い」のロブ・コーエン。音楽は「ドリヴン」のBT。出演は「ザ・スカルズ/髑髏〈ドクロ〉の誓い」のポール・ウォーカー、「ピッチブラック」のヴィン・ディーゼル、「ガールファイト」のミシェル・ロドリゲス、「姉のいた夏、いない夏」のジョーダナ・ブリュースター、「ヒマラヤ杉に降る雪」のリック・ユーン、「遠い空の向こうに」のチャド・リンドバーグ、「追撃者」のジョニー・ストロングほか。

なんとなく受け付けないというかそういうシリーズものって誰しもがあると思うんですよね。

ワイスピシリーズはまさに自分のそれでして。

ただ、今はカーアクションものというか、車がメインで登場するなんやかんやにハマっているのも継続中なわけですよ。

なので勢いそのままにこのシリーズに突入してみたわけですが、これは意外に面白いですね。

というか勢いが凄い。

観始めてから最後まで勢い収まらずに突っ走る感じ。まさにワイルド・スピードですよ。

演出がこれでもかというくらい大袈裟で過剰。

でも、この作品ではこれくらいじゃないと物語にかき消されてしまうだろうなと思うわけで。

外連味たっぷりな画面への目配せ、高揚感に全振りしたような部分なんかは圧巻です。

映画館で観たらどれだけブチ上がるんだと。

それは他の部分にも言えることで、サウンド的にもそう。

冒頭から、低音の効いたエレクトロサウンド。それは冒頭だけでなく、劇中でもとにかく低音が効いたサウンドが印象的。

この圧倒的ダークで悪い、イケイケな感じ。

全編にある、その雰囲気が実に作品とマッチしているんですよね。

車のエンジン音であるとか、ブレーキ音、タイヤがスリップする音なんかもそうで、とにかく全部が過剰なんですよ(褒め言葉)。

映像的にもそれはあって、ブレブレのショットや目が回るようなショット。圧倒的な圧力を画面内に収めたショットの数々が一段と観るもののテンションを引き上げてくれる。

ただ、逆に言えばいつでも観たい映画では無く、体力ある時じゃないとぶっ飛ばされそうです。

意外だったのがその物語性で、「ただ疾走し、熱くなれればいいんでしょ」くらいに思っていたわけですよ。まあそれでも楽しめるわけですけど。

それが潜入捜査というシビアな状況であったり、どこへ辿り着くのかわからない加減が面白く、その結末も完全に想定外でしたからね。

あと、何より車はカッコいいですね。

これは男性だけなのか女性もなのかわからないんですが、なんで車のエンジン音は気持ちを高ぶらせるのか。

手に汗握るあの感じって独特な感情だよなと。日常ではあまり味わうことのない種類というか。

ブライアンとドミニクの関係性も良いですよね。

上っ面じゃなくて芯の部分で繋がるというか、理解するというか。肌感覚で得た繋がりっていうのは薄っぺらいものじゃないよなと思える感じ。

107分という作品ながら、全くその長さを感じさえない、あっという間の時間でした。

登場人物たちの関係性、物語の展開含め気になるところです。

なので続編も少しづつ消化していきたいと思います。

では。

圧倒的なモメンタム!ジョルジの活躍で前半を支配『アーセナルvsニューカッスル』

この展開は予想しませんでした。

アーセナルvsニューカッスルThe Short Fuse, an Arsenal F.C. community

5分、ハヴァさんCFだとボックス内で収まるな

15分、ジョルジの縦パス効いてるな

23分、ジョルジ→マルティ→ハヴァさんの完璧な崩し

23分、ハヴァさん中央で待てるようになってきたな

30分、ウーデのヒールの完璧さ

36分、ライスの潰し効果的過ぎる

37分、サカは剛力も付いてきたな

 

47分、ラヤよく粘った

64分、サカの切り返しエグいな

 

あのポルト戦は一体何だったのか。

誰もがそう思ったはずです。逆に言えばそれがCLなわけで、だからこそ皆が頂点を目指すんでしょうけど。

そんなニューカッスル戦ですが、前半立ち上がりから俄然アーセナルペース。

ジョルジをアンカーに置いたのが良かった。そして機能していました。

前半のこのモメンタムヤバくないですか。

圧倒的アーセナル感。

前半のスタッツだけ見るとこれですからね。左が当然アーセナル

意外だったのがジョルジのヒートで、基本ハーフラインより前にいたってことですよね。

かなり陣形自体がコンパクトかつハイプレスで、だからこそ未然に防げていたことが多かったのかと。故にジョルジの効果的な縦パスも増えていたんでしょうね。

CB二人のヒートを見てもハーフライン後ろでポジションを取っているわけだし。

チーム2位のマガリャんと比べてもパス通ってますし、縦パスがとにかく良かったですよね。

メチャクチャエグい所狙えていたなと。

その働きが出来たのも、前線にライスがいたからで、彼がギマランイスを押さえてくれていたからっていうところも大きかったですね。

スタッツで見るとタックルやインターセプト少ないんですけど、なんならタックル0ですし。だけど、確実に目を摘んでましたよね。

何度未然に防いだか。

それがあったおかげで、ニューカッスルは前線にボールが繋がらなかったわけですし。

とにかく見事な繋ぎが何度もあり、惜しくも決まらなかったゴールも数知れず。

ヴィオルにも念願のゴールが生まれたわけですし、意外にも今のスタイルになってから調子良さそうで。

ホワイトよりもロングパスは成功させてますしね。4/6と。まあホワイトとは役割が違うわけですけど。

兎にも角にも勝てて何より。最近のアーセナルは不調が長引かないからその辺の心配事が減って良かったものです。

それにしてもサカのこのフラッグバックの写真カッコいいですね。

では。

ここからがCLの魔窟、鉄壁ポルトの牙城崩せず『アーセナルvsポルト』~CLベスト16編~

「ここからがCLの魔窟、鉄壁ポルトの牙城崩せず『アーセナルvsポルト』~CLベスト16編~」Arsenal face fears of continuing Champions League hoodoo - ESPN

31分、マガリャン良い読み

50分、ライスのカバーの速さよ

55分、おもろいコーナー。サーモンならせめて枠内に

65分、サリバ粘り強く耐えたな。さすがや

74分、ウーデ守備上手い、判断も良し

 

CLはベスト16からが勝負。

覚えてはいたものの忘れていた感覚でもあった。

そんな敗北からのスタートですが、まさかあんな終盤にこんなことになろうとは。

負けはしたものの、これだからサッカーは面白い。勝てればなお面白いのですが。

敗因ですけど、まずチームとしてみた時に圧倒的に”ちょっと”が足りなかった。

どういうことかというと、ちょっとパスが短い、ちょっとパスがずれている、ちょっとプレスが遅い、ちょっとポジションが悪い、ちょっとタイミングが合わない。

言ってしまえばそれがサッカーなんですが、にしてもちょっと合わないが多かった。

珍しいですよね。今のアーセナルにしては。

これがCLの魔法なのか。

あとは単純にポルトの守備が固かったですよ。

一列目を突破できても二列目と三列目(アーセナルから見て)のライン感にボールが中々通らない。

なのでサイドを経由して揺さぶっていたんですが、両SBの守備も固く、中盤MFのスライドも早いため、CBも釣り出されない。

とにかくスライドが早く、強度が終始高かった。

守備陣形もコンパクトに保たれていたので、スペースがホント無かったですね。というか作り出せなかった。

前線3枚のヒートを見てもわかるんですが、中央に誰もいないんですよ。

こういう時はジェズスだったり、エディだと変わったのかなと。

もしくはハヴァさんをCFとして使うか。

いずれにせよボックス内で仕事をさせてもらえなかったということです。

普段ならデュエル数上位に来るハヴァさんがおらず、というのも前線で競れていなかったということでもありますからね。

逆にトップはマルティネッリ。

ドリブル成功率も4/9で両チームトップだったことを考えると左サイドからの仕掛けが多かったものの、ゴールには繋がらなかったと。

実際ポゼッションでは圧倒していながらも枠内まさかの0ですからね。0ってそりゃ勝てないですよ。

いずれにせよ相手の攻撃の形は明白だったわけで、GKからのロングパス数差を見れば明らか。

この二人がチームトップですから。ロングボール数。

交代も上手く使えず、相手の隙を見い出せなかったというのはここ数試合のアーセナルの試合を見ている身としてはちょっと信じられない試合展開でした。

でも、それも込みでのCLベスト16。

言うてポルトは常連ですからね。

我々にはまだホームがある。そこまでどう修正してくれるのか楽しみに、そして期待して待ちたいと思います。

押井守監督が贈る不気味な青春群像劇!『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』

押井守監督が贈る不気味な青春群像劇!『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』」

この作品、以前から観よう観ようと思っていたものの、結局観れておらず。
まあ、そんな作品は山ほどあるわけですが、ついにアマプラにきたということで鑑賞しました。

ポスター画像


www.youtube.com

高橋留美子の同名コミックを原作とする人気テレビアニメ「うる星やつら」の劇場版第2作。

テレビ版のチーフディレクターである押井守が前作に続いて監督を務め、本作では脚本も担当。

謎のタイムループに囚われた諸星あたるやラムたちの運命を描き、押井監督の初期の代表作となった。学園祭を翌日に控え、準備に大忙しの友引高校。あたるたちも学校に泊まり込んで作業に追われていた。

そんな中、あたるたちの担任・温泉マークと養護教員のサクラは、学園祭の前日が延々と繰り返されていることに気付き、全員に帰宅を命じる。しかし、友引町はすでに異常事態に陥っていた。

本作は押井守監督というところで観たかったんですが、それはそうとこのポスタービジュアル、完璧じゃないですか。

ラムちゃんの配置の仕方だったりカラーリングだったり。

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー : 作品情報 - 映画.com

とまあきっかけは何であれ、名作と言われていることもあり、とにかく気になっていたんですよね。

そんな感じで見始めた本作ですが、1984年制作ながら全く古さを感じないんですよ。根本的な機材や技術的な部分によるところは別としてですが。

とにかく映像自体のクオリティだったり、作品自体のクオリティが高い。

なぜこれが名作と言われるかがわかりますよね。

押井監督って今でこそ作品作りというより、批評だとかそういったところが多いのかもしれませんが、やっぱり作品を観ると、批評よりも作品が観たいなと思ってしまうわけですよ。

では何が凄いのかというはなしですが、何といっても「全体に漂う不穏感とそのバランス」ですよ。

これに尽きると言っても良いくらいこの作品には不穏感が満ちている。なのに全く辛辣ではないというバランス。

押井監督と言えば、独特な嫌さとでも言いますか、ギミックの奇妙さ、物語の変態さがあると思うんですよ。攻殻機動隊然り、パトレイバー然り。

それを「うる星やつら」という極めてポップで明るい作品を題材にしながらダークファンタジーのような世界観とマッシュアップさせる手腕ですよ。なんなら剛腕と言っても良いくらいにその作家性が前面に出ている。なので好き嫌いは分かれる作品かと思いますが。

差し込まれる演出であったり、カットの奇妙さ、この辺がある種独特なんですよね。ちょっとした間なんかも不可思議さを誘いますし。

セリフの言い回しだったり、表現もそうですよね。

時間の概念に対するセリフは特に印象的で、無邪気が言う「時間の認知って人間がただ決めたものであって、全員がタイムスリップしたら誰がその事に気付くのか」的なことを言うんですが、まさにその感覚。

こうした概念的な問いもまた面白いんですよ。深いというか。

そしてそれを画作りで実際に見せてきますからね。

画作りとして「ぎょっ」とさせられる部分も多いですよね。飛行機に乗って、住んでいる街を見下ろすシーンであったり、突如現れるクローズアップであったり。

驚きなのか恐怖なのかわからないんですが、とにかくハッとさせられる。

構図によるところもあると思うんですよ。変な角度や変な視点からのカットだったり。

その辺のバランス感覚が優れているんでしょう。奇妙に見せるという意味において。

それらに加えて色使いもあるのかなと。

特に黒の見せ方が際立っている気がして、映像を反転させるような黒を使用した世界の変化だったりがそう。これにより表の世界と裏の世界を行き来しているような奇妙な感覚が刷り込まれるような気がするんですよ。

無音の使い方も同様で、それにより不気味さが一層際立ち、より映像的な不穏感がブーストするとでもいいましょうか。

なんでああいう見せ方が出来るのか。

他の作品もそうなんですが、ホント独特の作家性があるなと。

その中でも本作の面白さはそのポップさとダークさのバランス感覚で、なんか軽妙な部分が面白くもあり、不気味なのにちょっと笑えて、絶望的でもあるのに、なぜか気軽に観れてしまう。

ある意味でラムちゃん効果なんでしょうか。

キャラクターの存在も大きいと思っていて、それにより、ちょっとひねくれた青春群像劇にも見えてしまうほど。

細部を話し出すとキリが無いので、この何とも言えない映像の不可思議さを是非観て体験してほしいところです。

いつまでプライムで観れるかわからないですからね。

では。