Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsリヴァプール~カラバオカップ準決勝セカンドleg編~

スカッドの厚み。

アーセナルvsリヴァプールカラバオカップ準決勝セカンドleg編~』

Liverpool boss Jurgen Klopp told Arsenal comments could be 'bad business' -  Liverpool Echo

良い試合だったのに、良いところが出なかった。

野戦病院化したアーセナルでしたが、パーティ、ウーデ、トミー、彼らが戻ってきたのは吉報でした。

それなのに勝てなかった。

リヴァプールの布陣とメンツはファーストレグの時とほとんど変わらず。なのに気迫が違いました。

アーセナルもその意味では負けていなかったと思いつつ、フィニッシュの精度、中盤の質の違い、この辺でやられた気がします。

正直フィニッシュの精度に関してはそこまでの過程であるとか、その他のタスクの量であるとか、そういった複合的に変わってくるところではありますし、相手がリヴァプールではシビアな部分もあるでしょう。

そんな中でも仕方が無い部分もありつつ、マルティネッリは良くやっていたように思います。

攻守にわたりトランジションが早く、匂わせのある動き出しにも磨きがかかり、ソリッドになってきた。個人的にゴールとはなりませんでしたがボールを受けてからのインハイぶち抜き一歩手前のシュートシーンは痺れました。

あれが決まっていればなお良しなところではありましたが、その他の惜しいシーン含め、リヴァプール相手に良く善戦したんじゃないでしょうか。

痺れたで言うとリヴァプールになりますが、アレクサンダーアーノルドのドリブル駆け上がりからの、キワっキワ高速クロスは痺れましたね。逆の意味で。あんな精度高く、高速なクロスを走りながら蹴れるとは。相変わらず恐ろしいSB陣をお持ちなようで。

話しが逸れましたが、前線の4枚+ラカも良かった印象で、流動的なポジション交換やプレスの位置なんかも共有出来ており、相手陣営からのビルドアップをかなり制限出来ていた気がします。

後方4枚もトミーが若干万全では無かったように見えましたが、それでもロバートソンやジョタ相手に良くやったかと。逆にジョタの脅威を感じた試合となりましたが、あのジョタでセカンドチョイスとは。恐るべきスカッドと完成度。得点シーンの2点とも中々にエグイ感じで沈められていたことを考えるとなおさら。

そして中盤の問題。

凄まじく悪かったという印象は無いんですが、ロコンガが一人で守り、判断するにはあまりに相手が悪過ぎた。

強度も然ることながら、一番感じたのが判断の遅さ。常にボールを受けてから考えているようなギリギリの感じが伝わってきており、猛プレスをかけてくるリヴァプールには格好の餌食。

直接的にピンチを招かなくても、その後の選手のプレーに影響してきてしまうし、攻撃にもテンポが出ない。

首振りも少ないので、刻一刻と変わるボールとポジションに対応できてない気がしましたし、とりわけそういった一連の動作が目立ってしまっていました。

一番感じたシーンが左SBのティアニーとのパス交換のシーンで、ティアニーが持ち上がり、コースを塞がれた為バックパス。それを受けるのがロコンガのはずだったんですが、反応が遅れ・・・。

あの時のティアニーのそこじゃないんだよ感がひしひしと伝わってきましたし、決してプレッシャーが厳しい状況では無かったことを考えると、単なるポジションミス。

こういったことの積み重ねが目に付く試合だったこともあり、この辺のレベル差が明暗を分けてしまったような気がします。

これからのリーグ戦もフルメンバーが揃うまで厳しい戦いが続きそうですが、CL出場できるのか。ギリギリの戦いが続きそうです。

では。

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

コミックスらしさをそのままに。

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 - 作品 - Yahoo!映画


www.youtube.com

ブライアン・リー・オマーリーによるコミック「Scott Pilgrim」を「ショーン・オブ・ザ・デッド」「HOT FUZZ ホットファズ/俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライト監督が映画化したアクション・コメディ。

カナダに住む売れないバンドのベーシスト、スコット・ピルグリムは、ある日不思議な女性ラモーナに出会い、すぐさま恋に落ちる。だが、ラモーナと付き合うためには、彼女の邪悪な元彼7人と決闘をして、すべてを倒さなければならなかった……。

主人公スコットにマイケル・セラ。共演に「ダイ・ハード4.0」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、クリス・エバンス。

ここまでやられると逆にアリと言いますか、普通に笑えるし楽しめる。エドガーライトの初期衝動全部乗せ作品。

序盤から高速なカット割と場面転換、見易さよりもテンポを重視しているんだろうなと思われる構成に最初は若干戸惑った。

ただ、観ていくうちにこれは真剣に観るものじゃない、それこそゲームをやっているように楽しみながらなんとなく観る。

もし面白ければもう一周すればいいじゃ無いかという感じで観出したら逆に癖になるというかなんというか。

オープニングのファミコン的表現に始まり、全編にわたりコミック的演出が多数登場。個人的には音楽的な演出が特に好き。

最近ゲームをやっていないので忘れていたあの多幸感というか、今のリアリティあるゲームには無いぶっ飛び感とファンタジー感。それらが洪水のように押し寄せ、これは映画としてありなのかどうかということ以前に、その世界観を共有させられる。

ストーリー的にもかなりエッジが効いてて、整合性なんて一切お構いなし。

それがコミックス原作だからといえばそうなんだろうけど、それにしてもぶっ飛び過ぎではある。

あと、本作を観て自分の変な癖に気付いてしまったんだけど、突拍子も無い人であったり奇抜な髪の色、そういった人物が出てくる作品は無条件に好きなのかもしれないと。個人的な生涯ベスト級映画に入ってくるエターナルサンシャインもその系譜だし、トレインスポッティングもそう。

意外にもハイテンションで押し切る作品に見えて緩急のある場面もあるわけで、その意味での雪のシーンや、ラストなんかはド直球なのに、逆にそれでヤラレてしまう。

それらを含めて楽しめるかが本作の肝になる気はしているけど、私自身はかなり乗れた作品。

轟音で聴き、ただ没頭する。そんな時に観たらハマれる気がします。

では。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

テンポの良さとマシンガン級の音感。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』

ポスター画像


www.youtube.com

ジョージ・A・ロメロの「ゾンビ(原題:ドーン・オブ・ザ・デッド)」をパロディ化したホラーコメディ「ショーン・オブ・ザ・デッド」が絶賛され、カルト的人気を誇るイギリスの俊英エドガー・ライト監督が、同作の主演サイモン・ペッグらと再度タッグを組んで作り上げたアクションコメディ。

平和な田舎に左遷されたエリート警官エンジェルは、そこで起こった不気味で残虐な事件の捜査を開始。しかし、村人たちは揃って能天気で、どこかおかしく……。

やはりこの監督の音感覚は良い。

独特のキレの良さとカット割り自体が音楽の一部になっているかのような切れ味鋭さ。そして十八番な作品ジャンルマッシュアップ

サイモンペッグとニックフロストという二人のケミストリーを見事に刑事モノに落とし込み、笑いあり、中弛み無しで見せ切る。

あの二人のやり取りって、脚本の妙もあると思うんですが、それ以上に関係性というか、キャラというか、なんかツボなんですよね。イギリスのギャグってなんとなく分かりづらかったり、あんまり笑えなかったりっていうのが多い中で、この監督のギャグセンスは日本人である私にもバッチリハマる。

どギツい描写もそうで、確実にグロイのにそこまで重くなり過ぎずに、さらっと観られる。まあ本当に嫌いな人からしたら嫌いなんでしょうけど、好きな人間からするとホント嫌味が無い唐突さとシュールさ。

お伽噺を観ているようなファンタジックさもどことなくあって、そこにあの二人の間抜け面だったり、滑稽なやり取りが良く絡んでくる。

そういった通常パートでのやり取りも然ることながら、個人的にブチ上がったのが終盤での銃撃戦とラストシーン。

銃撃戦はテンポ良過ぎだし、音楽に乗せて踊るように繰り広げられるコメディタッチな展開が爽快過ぎて、思わず3度ほど観てしまいました。

バッサバッサなぎ倒し、カットもズバズバ切っていく感じ。ああいった抜群のテンポ感を見せられるとライブ的な快楽があるといいますか、映画の違った側面に触れられる感じ。

ラストシーンのカタルシスも半端無くて、ちょっとメローなトーンから急加速して、ドン、ドン、ドン。みたいな感じでハイ終了といった感じの作りも潔くて、その後の展開も気になる作りで一石二鳥。

この監督の完成を刺激する笑いとテンポ感はハマればマジで好きな監督なんだろうなと改めて思わされました。

と、ある日のすごくふしぎ

とにかく不思議で奇妙な感覚。

『と、ある日のすごくふしぎ』

タイトルにもあるようにホント不思議な作品。

短編集になっているんですが、全てが不思議で全てが何となくわかる。

作画を見るとほのぼのしてるのかなとか、可愛らしい感じなのかなと一見すると思ってしまうんですが、それも内容を読むまでのこと。

読み始めると人間の裏側にあるグロテスクさだったりがドストレートに出てきたり、それが作画の禍々しさとして表現されていたり。

特にその表現が優れているなと思うのが、黒、というか闇の描き方が凄い。圧倒されてしまう怖さがあって、引きずり込まれてしまうんじゃないかと思うほど恐ろしい。禍々しさといった方がいいのかもしれない。

それが突如として訪れるもんだから、更に驚かざるを得ない。

この緩急というか、通常時はファンタジー要素強めの日本昔話にも似たタッチや雰囲気、それが局面局面で一気にダークに振り切られる。

物語的な怖さも相まって、なんとも言えない感じにさせられる。

なんでこんなに黒の使い方が上手いんでしょうか。

ダークファンタジーともまた違う、独自の宮崎夏次系ワールドを是非堪能してほしいところです。

シドニアの騎士 あいつむぐほし

やっぱり好きな世界観。

シドニアの騎士 あいつむぐほし』

ポスター画像


www.youtube.com

弐瓶勉の人気SFコミックを最先端のセルルックCGでアニメ化し、2014年にテレビシリーズ第1期、15年に第2期が放送された「シドニアの騎士」の完全新作劇場版。

謎の敵「ガウナ」と人類との激闘を描いたテレビシリーズから10年後を舞台に、原作者の弐瓶が総監修を務めたストーリーが展開。原作コミックとは異なる新たな内容が多数盛り込まれる。

巨大な宇宙船「シドニア」で旅を続ける人類の前に100年ぶりに出現した、未知の生命体「ガウナ」。人とガウナから生み出された白羽衣つむぎや人型戦闘兵器「衛人(モリト)」 のエースパイロットである谷風長道の活躍により、ガウナは一旦撃退され、人類はなんとか勝利を収めることができた。

それから10年。シドニアの人々は、つかの間の平和を楽しんでいた。しかし、 シドニアの艦長・小林は、ガウナがいる限りこの平穏は長く続かないと考えていた。そして、人類の存亡をかけた最終決戦を決断する。

テレビ第1期で副監督、第2期では監督を務めた瀬下寛之が総監督を担うほか、テレビシリーズのメインスタッフ&キャストが再結集。

アニメも良かったが映画も良い。伏線の回収であるとか映像の表現とか含め、観たかったと思う部分を良く網羅できていると思う。さすが総監修に原作者が関わっているだけのことはある。

観終わるとこのポスターが何を表しているのか良くわかるし、納得のワンシーンかと。

原作を読んでいないので変なことは言えないけど、アニメからの劇場版という流れで良く纏まっている作品だなという印象。

このアニメは終始作画の心地良さがあって、バトルシーンなんかはもろにその感じが出ている。

まあこれは完全に主観的な話なので、万人受けするとは思わないし、作品的にもそれは言えると思う。

こういうロボットSF系ってどの作品にも好きな人なりの楽しみ方があると思っていて、本作における『作画的気持ちよさ』っていうのがまさに自分のそれ。

プラスしてこの作品はアニメ時代からディティールの作り込みだったり、設定だったりというところにもグッときている。特に銃器の名称だとか、場所の名称、そういった個々の名称のわかりやすくも凝っているなと思わされるところにも惹かれるものがある。

シーンで言うと個人的に特に好きなのが重力祭の場面で、あの設定、雰囲気、SFなのにノスタルジーを感じるし、あの場に行ってみたいなと思わせられるワクワク感みたいなものが詰まっている。

実際、アニメでのヒロインであった星白との思い出深いシーンもそうだし、他のキャラクターとの交流だったりもそう。思い出としてうまく機能している場所だなとも思うとことさらに感慨深い。

若干疑問が残ったのがラストシーン。

長道が好きだったのは本当のところ誰だったのか、ジェンダーという問題の複雑さに触れながら物語が進んできた本作だけに、そこのところの解釈が判然としない印象を受けた気がする。

別にこの人だと決めてほしいわけでは無いし、そういう意味では結論は出ているんだけど、そういうことでない、腑に落ちるような展開だったらと思ってしまう。

ガウナの存在についてもこの劇場版で見事に納得感が持てる作りになっていて、今まで以上に知的生命体寄りな形状になっており、ストレートに戦いを仕掛けてくる。

今までもその目的は謎だったし、今回もそういった謎は残る。それでもガウナの進化と在り方を見ることで、鏡写しになった人間を見ている気がして、ある種の違和感と葛藤を感じた。

この違和感こそが人間自身に対するものなんだろうなと思いつつ、恋愛、戦闘、生活、人生、そういった営みを網羅し、ガウナという生命体と対峙していく。

自我とアイデンティティ、個人と社会、そういった一見相反するなにかというのはやはりわかるようでいてわからない。その何とも言えない歯痒さを内包した作品だったように思います。 

久々のキャップ熱~NY ヤンキースキャップ MoMA Edition編~

久々にキャップを買った気がします。

f:id:Blck:20220110151031j:plain

帽子ってどうしてもこれだっていうのが中々無い気がしていて、本当に難しい。

種類と気分がそうさせるのかもしれないんですけど、ハットが欲しい時もあれば、キャスケットが欲しい時もあったり、ニットが被りたい時があれば、キャップが欲しい時もある。

そんな中で今被りたいのがハンチングとキャップでした。

そしてずっと目を付けていたのがこのMOMAエディションのキャップ。

以前にインスタでフォローしている方が被っていたのを見て、シルエットと雰囲気が抜群にカッコいいと思っていた。

ディティールに関しても好みな仕様で、帽子裏のアジャスタがシルバー、MOMAの表記も白でサイドに刺繍。

f:id:Blck:20220110150951j:plain

あえての6パネルというところも今の気分にマッチしてました。

あと、ヤンキースのロゴってやっぱりカッコいいなと思っていて、バランスが本当に良い。

調べるてみるとデザインはティファニーが行っていたとは。元々NYに本拠を置くティファニーが、NYPD(ニューヨーク市警)の要請を受けて、NYロゴの付いたメダルをデザインしたのが1877年とのこと。

そう考えるとバランスが良いことも頷けます。

個人的にブルーが欲しかったんですが他の色も含めソールドしており、買えず。そんな折に数色入荷していたのでベーシックにブラックを購入しました。

f:id:Blck:20220110150925j:plain

定期的に各色入荷しているようで、これは追加購入もありそうです。

www.momastore.jp

ロング・トレイル!

大切なのは何を共有したのかということ。

『ロング・トレイル!』

ポスター画像


www.youtube.com

名優ロバート・レッドフォードが主演・製作を務め、北アメリカ有数の自然歩道「アパラチアン・トレイル」踏破を目指すシニア男性2人組の旅を描いたロードムービー

欧米で人気の作家ビル・ブライソンが実話をもとにつづった著書「A Walk in the Woods」を、「だれもがクジラを愛してる。」のケン・クワピス監督が映画化した。

かつて紀行作家として世界各地を旅したビルは、現在は故郷で家族と共に穏やかな毎日を送っていた。そんな日常に物足りなさを感じたビルは、全長3500kmにおよぶ アパラチアン・トレイルを旅することを思いつく。

40年ぶりに再会した破天荒な友人カッツと一緒に出発したものの、予想外のハプニングが次々と2人の身に降りかかる。

主人公の旅の相棒カッツ役を個性派俳優ニック・ノルティ、妻役をオスカー女優エマ・トンプソンがそれぞれ演じた。

自分自身と対峙したいというか、見つめ直したいと思う時って度々あって、本作もそんなことがきっかけで観た気がする。

今までやってきたことや、築いてきたこと、そういったものと関係なく、本当の自分を知りたくなった。そんなことがきっかけで話の本筋にあるロングトレイルを始めるというのが本作のあらすじ。

そこに至るまでのテンポ感も悪くないし、余計な説明や過程を端折る潔さも良い。

細かいディテールを入れていたら話の本筋が見えにくくなるだろうし、それを意図するような映画でもないと思う。

そのトレイルを共にする相棒も良くて、古くからの悪友。そんな彼しかこの話に賛同しないところも、それまで疎遠になっていたところも設定として面白い。

そこからじいさん2人の長旅が始まるわけだけどその展開も緩いようでいてリアリティを感じるし、道中のそこかしこに人生そのものを見る気がした。

それぞれの人物の性格なんかも道中での行動から浮き彫りになってくるし、合わなそうなのに仲が良いというのも実人生を考えるとなんとなく頷ける。

人と馬が合うというのは表面上の取り繕いよりもっと深くに根付くものであって、より感覚的なものなんだと再認識させられる。

それにプラスしてその相手と何を体験し、共有し、語り合ったのか。そう考えた時に人生という長い旅にかけがえのない人間関係を構築することの必要性を感じた。

画力として、風景描写の壮大さも心地良く、コロナ禍での閉塞的な空気感を完全に払拭してくれるようなところも今だからこそ味わえる魅力かと。観たことない景色を気心知れた相手と共有するのは格別な体験なのかも知れない。

あの場面で酒浸りだったカッツに酒を空けさせたのもそう。気持ちを吐露させたのもそう。心が満たされた時にこそ満足感となるのだということを。

ダラダラと長くしようと思えば長くなりそうなテーマながら、かなりコンパクトにテンポ良く纏まっていた作品だと思うし、その一助になっていたであろうロバート・レッドフォードニック・ノルティ

他の演者も含めて素晴らしい調和の取れた良作でした。