Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

ある用務員

殺し屋という暴力と日常の原点的作品。

『ある用務員』


www.youtube.com

 暗殺者という裏の顔を持つ高校用務員の戦いを描いたクライムアクション。

暴力団員だった父を持つ深見は、父の兄弟分の娘・真島唯の見張りをするため、唯が通う高校で用務員として働いている。

ある日、暴力団の抗争によって真島が殺害され、唯も命を狙われてしまう。戦場と化した学校から唯を救出するべく、深見は命がけの戦いに身を投じていく。

のだめカンタービレ」「僕だけがいない街」などさまざまな映画、ドラマ、舞台で活躍する福士誠治が映画初主演を務め、「ソワレ」の芋生悠がヒロインを演じる。監督は「ファミリー☆ウォーズ」の阪元裕吾。

ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2021」上映作品。

予算が無さそうなロケーションながら、やりたいこと全ての雰囲気を感じ取れるような作り。

阪本監督作品を逆に追っている身としては「あっ、知っている」そんな風にキャストを見て感じてしまう所ではありますが、それもキャラ立ちしている作品が多いからこそでしょう。

そんな本作は極めて分かり易いクライムアクションもの。プロットなんてあって無い様なものですが、ある意味日本版ジョンウィックといったところ。

なめてた男が実は殺し屋のエリートだなんて誰が想像したでしょう。今となってはありがちなプロットながら、それをオリジナルなものに感じさせるところは阪元監督の手腕あってこそ。

人物へのフォーカスと、ゲームに近い世界観がやっぱり癖になるんですよね。

アクション部分の爽快感やサウンド、国岡もそうですが、そういった見せ方が非常に上手い。

武器の使い方や、周辺の備品の使い方、どう倒すのか含めて、心地良い流れの中でバッタバッタと倒れていく爽快感。

狭い世界観ながらも、広がりや奥行を感じさせるシーンも適度に入っているなと思っていて、中でも学校内に攻め込むシーン。

終戦前の本田率いる3人を後ろから捉えたバックショットがあるんですが、これは「いよいよ最終戦か」そう思わせるには十分な画力とワクワク感。あの広がりがあるけど、平面的にすら見える安っぽさ。これがなんかいいんですよね。

そこから増援される殺し屋各人の登場シーンの見せ方なんかもアメコミ的要素があってツボでしたし、序盤での伏線回収なんかも良い感じ。

全体を通してやはりチープ感は拭えないものの、監督自身が描くチープさを凌駕したアイデア勝負の作品作りDNAは随所に感じるところでした。

では。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ある用務員 [ 福士誠治 ]
価格:3246円(税込、送料無料) (2022/10/4時点)

楽天で購入

 

アーセナルvsトッテナム

激動の極上。

アーセナルvsトッテナム

Just Arsenal News - Arsenal Transfer News & Rumours | Arsenal FC Team news

今季一発目のノーロンダービー。

熱くならずにいられないのがこのダービーですが、やはり今回も激熱でした。

開始から両者とも一歩も引かない攻防戦。アーセナルはとにかくハイプレスが効いていましたし、トッテナムはカウンターのキレ味がエグい。

そんな攻防のさなか、まさかあの男が口火を切るとは。

そう、今夜はパーティナイト。練習でもミドルを打っているとの情報はちょいちょい耳にしていましたが全然決まらず、ただ、試合の中でも徐々に精度が高まってきているなとは思っていました。それをここで決めてくるとは。

しかもあのコースに力任せでない、狙いを澄ました見事なゴール。

今までの苦労と努力はこのためにあったのか。つまりは劇的。いつも以上にボルテージも上がり、ホームということもあってか、良い雰囲気。

ですが、その後電光石火の攻撃により、PKを献上することに。

まあ俯瞰してみればマガリャンもあそこまでの対応はいらないように感じますが、あのスピード感、そして攻めてくるメンバー(ケイン、ソン、リシャルリソン)を考えれば仕方のない対応だったのかもしれません。

なんせ早過ぎましたからね。

後方を5枚で固め、引き込んでからの三人での速攻。全員タイプが違うこともありますし、全員が一級の能力者。距離感なんかもあの三人だから共有できるような感覚で、それを最短距離でズバッと決めてくるところは本当に恐怖そのものでした。

そしてそのまま後半に入り、勢い衰えぬまま、怒涛のハイプレスからのジェズス。

あれもさすがジェズスでしたね。いつも通り抜群の体幹とポジショニングを見せていたことが功を奏し、素晴らしい崩しからの見事なゴール。

ホワイトのオーバーラップという内外使い分けた中で修正を入れてきたアルテタもさすがですが、それをやれてしまうのが今のアーセナルメンバー。

予想の上をいく連携、連動を見せ、さらなるクリエイティビティが新しい化学反応を見せていく。最高です。

その後、エメルソンの退場もあり、ジャカがこのシステムでの存在感を示したところでフィニッシュ。

とにかく攻防がタイト過ぎてあっという間でした。

気を抜けば何かが起きているような試合展開だったこともあり、とにかく楽しかった。それをピッチ上で、体現する選手たちの思考回路はどうなっているのか、本当に疑問しかありません。

今回の試合で何と言っても素晴らしかったのがパーティ。

交代後にロコンガが入ったことでよりその重要性と違いがわかってしまったところもありますが、とにかくちょっとした技術が異次元。

相手選手の潰し方、予測、フィジカル、ターン、ボール保持、以前の試合でも3人に囲まれてボールを奪われないなど、さすがの無双っぷりを発揮していましたが、これだけ熱の入ったダービー、個々の力があるチームを相手にしても全く変わらないその存在感に何度救われたか。

そしてサリバとジャカ。

サリバに関しては落ち着きとスピード感が半端無く、観ているこっちがヒヤッとする場面でも相手をいなし、ボールロストしない、それどころか前に進めるじゃないですか。足元の技術含め、CBらしからぬプレーぶりに期待と信頼感も高まります。

あの身長であのスピードというのも頼りになりますね。正直ロメロに右サイドを駆け上がられた時は終わったかもと思いましたが驚異のダッシュでギリギリセーフ。お見事でした。

ジャカも使い方を変えただけであの変わり様。元々の気質を考えれば前線に絡む、今の役割の方が合っていたのかもしれませんが、あそこまでフィットするとは。

それもパーティやCB、両SBの安定があればこそなところもあるとは思いますが、守備意識も持ちつつ、クレバーなプレーっぷりは良いんじゃないでしょうか。

意外にもあれでまだ30歳という、ジャカ周りの状況が刻一刻と変わり過ぎて、30代中盤くらいに見えてしまうのも不思議なもの。それだけ経験を積み上げてきているということでもありますが、ようやくそれが報われているのかもしれませんね。

何はともあれノーロンをホームで無事に勝つことが出来た。この良き流れを継続し、首位を死守してもらえば幸いです。

では。

思い出の地で昔と今とこれからと~mae The Golden Hits feat. The Everglow and Destination: Beautiful渋谷クラブクアトロ編~

最高の出会いと旅路でした。

学生時代にハマっていたエモ。

そんな時に出会ったのがmaeでした。渋谷のタワレコで試聴し、ビビッと来た一枚、それを今回思い出の地渋谷で聴けるとは。

当時は音楽の情報を得るにも一筋縄にはいかず、知り合いの紹介や雑誌、CDショップの試聴機やPOPを読むなど。

でも、その時出会った曲やバンドってやっぱり覚えていて、今の自分が好きな音楽性とも深く関わってるんですよね。

そんなmaeが3年ぶりに来日ということで、同じく高校時代からのエモ好きな友人と参戦。

いやぁ、良かった。生で聴くサウンドと空気感、家で聴いてるのとは違う高揚感に当時のノスタルジーも合わさって、とにかく上がる。

しかも1stと2ndの曲を中心にやるっていうんだから最高過ぎる。maeって1stと2ndが個人的にマストで、何度聴いたことか。

どちらかというと2ndの方が好きで、物語性のあるラインナップとサウンド、エモのお手本のような作りに、今聴いてもやはり古びれていませんでした。

自然と高まっていく感情に身を任せ、ひたすらに酔いしれました。

終わってからも別で来ていた友人たちと合流し、当時、そして今の音楽について語り、メチャクチャ楽しい一日でした。

やはりライブは体感するもの。来日も増えてきたので、ちょっとずつ参加していきたいところです。

では。

【setlist】

Tisbury Lane
Bloom
Futuro
Embers and Envelopes
All Deliberate Speed
Runaway
This Time Is the Last Time
Prologue
We're So Far Away
Someone Else's Arms
Suspension
This Is the Countdown
Painless
The Ocean
Breakdown
Mistakes We Knew We Were Making
Cover Me
The Everglow
Ready and Waiting to Fall
Anything
The Sun and the Moon
『Encore』
Just Let Go
Soundtrack for Our Movie
Summertime

www.setlist.fm

Destination: Beautiful

Destination: Beautiful

  • アーティスト:Mae
  • Tooth
Amazon
ジ・エヴァーグロウ

ジ・エヴァーグロウ

  • アーティスト:メイ
  • EMIミュージック・ジャパン
Amazon

最強殺し屋伝説国岡 完全版

日常系殺し屋モノ最前線。

『最強殺し屋伝説国岡 完全版』


www.youtube.com

これは去年観たかった。

グリーンバレットが予想以上に面白く、そのままの流れで鑑賞したんですが、これまた予想以上の世界観。

キャラ設定というかこの国岡というキャラ、この時点で成功だと思うんですが、どうでしょう。

殺し屋もので日常系、ありそうでないような設定。その主人公国岡を中心に、力の抜けた殺し屋生活が癖になるんですよね。

ハッキリ言って映像的にチープですし、プロットもハチャメチャ。冷静に観ればおかしいとこだらけなのにそれ込みで面白いんですよ。

こういう設定ってやり過ぎたり、変な違和感があるとつまらなくなってしまうと思うんですが、この作品はそうなっていない。

冒頭から二度寝、拳銃は机に出しっぱなし、ピクニック感覚の殺し、M-1観たり、観光したり、とにかく全てが普通の独身男性の様な日常として消化されていく。

これはもうこの設定と役者を配置した時点で勝確だと思うんですが、その意味で国岡演じる伊能●●さんはハマり役過ぎます。

作品の枠組みとその中での設定が上手く合っているとこういう面白い作品になるんだろうなと思いますが、本作ではそれらが見事に融合している。

唯一無二というか、国岡は国岡でしか無いし、この作品の中の一部であり全て。そういっても過言でない。

続編以上に試行錯誤している感じも見れますし、国岡という人の人柄も本作の方が良くわかる。

とにかくその国岡が最高なんですよ。

殺し屋の日常を描いているような漫画や映画は多々ありますが、ここまで独特な感覚のものは無い気がする。

何が独特なのかを説明するのも難しくて、ハマる人にはハマるし、ハマらない人にはハマらないような存在感。天然とも違うし、じゃあ普通かと言われるとそれもまた違う気がする。

これは観てもらうしかないと思うんですが、力の抜け具合と、やり取りがシュールやら間抜けやらで。

映像的な面白さも多くて、モキュメンタリーにありがちな辛辣な感じや緊迫感は一切無く、ホームビデオで撮っているかのようなチープ感。レトロゲームに近い感覚もあるといいますか、今までにありそうでなかったイメージ。

起きていることは至って深刻で残酷なことだらけな中、そういった部分をそのように描かないところが国岡流。

テロップやサウンドなんかも相当ラフで、水曜どうでしょうなんかにもありそうな演出があったり、効果音もそう。そんなチープLOVEな要素てんこ盛りで繰り広げられる国岡の原点。

ハマるのか、ハマらないのか、まず一度観てから判断することをオススメします。

では。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最強殺し屋伝説国岡[完全版]【Blu-ray】 [ 上のしおり ]
価格:4666円(税込、送料無料) (2022/9/28時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最強殺し屋伝説国岡[完全版] [ 上のしおり ]
価格:3344円(税込、送料無料) (2022/9/28時点)

楽天で購入

 

グリーンバレット

この展開と引き込み力は想像以上。

『グリーンバレット』

ポスター画像


www.youtube.com

「ベイビーわるきゅーれ」「ある用務員」の阪元裕吾監督が、殺し屋たちの日常を描いたモキュメンタリー「最強殺し屋伝説国岡 完全版」の続編。ミスマガジン2021に選ばれた6人、和泉芳怜、山岡雅弥、天野きき、辻優衣、大島璃乃、内藤花恋が全員殺し屋を演じるアクションエンタテインメント。

プロの殺し屋を目指す山田ふみか、今井美香 、神里はるか 、東雲唯、鹿目梨紗、沖田響の6人は、京都最強の殺し屋・国岡がインストラクターを務める殺しの訓練合宿に参加することに。しかし、女子6人の個性がさく裂する合宿は破綻をきたし、その結果起こったある事故により、「フォックスハンター」という凶暴かつ最悪な殺し屋集団が国岡と6人の命を狙って合宿所に向ってくることになる。

ミスマガジン2021の6人が殺し屋見習い役を、「最強殺し屋伝説国岡 完全版」に続いて伊能昌幸が国岡役を演じる。

白石晃士作品に続き、なんとなく最近はモキュメンタリー作品にハマってるんですよね。

それもあってかこの作品にも興味が湧き、観に行ってきたんですが、これが異様に面白い。

予想を裏切る設定や展開の連続。

ある意味予想することすらできない作りでしたし、出てくる人物も全員規格外ととにかく全てがぶっ飛んでる。

これが妙にツボだったんですよ。ちょうどいいクレイジー感というか、自分に合っている狂人感。わけがわかんないうちにどんどん引き込まれ、どんどん深みにはまっていく感じ。

ストーリーを読めばどういう話なのかわかるはずなんですが、そのストーリーを読んでわかるようなことがほとんど起きない。正確には起きているんですが、それ以外の枝葉の部分に目がいってしまうというか、そっちの方が興味深いんですよ。

この映画を観て終始感じるのが、そういった面白ポイントのずれ。なぜかわからないけど、普通に観ていて面白いと思うポイントがズレている。そしてそれが面白い。

目的より過程が楽しいというか、何もないところこそ楽しいというか。ようするに他愛ないシーンが面白いんですよ。余白を楽しめる映画はしっかりとした骨格が出来てないと楽しめないと思うんですが、本作にはそれがある。

当然肝となる戦闘シーンも楽しいですし、任務遂行シーンも楽しいんです。でもそれ以外のところの方が魅力的に映ってしまうんですよね。

引き込まれ方の不思議は構成にもあると思っていて、段々とこれは何を見せられているんだ、青春ムービーなのかと思ってしまうほどのエモさがあるんですよ。

後半なんて、ただの若い女子のプライベート旅行じゃん、と思ってしまうほど、ホント普通に日常系。まあやっていることは殺しやらなんやらで全然普通じゃないんですけどね。

それでもしっかりとやることはやるし、無理やりにでも畳みかけるという意気込みは感じる。躊躇ないところはさすが殺し屋というところ。

映画って情緒だとかリアリティだとかが重要な作品も多いと思いますが、こういった娯楽作というかただ楽しい。馬鹿過ぎるけどなんか好き。そういったふざけたことを大真面目にやっている作品にも良さがあるんだと思います。

その意味で本作は大真面目に枠組みを作り、その中で最高にふざける。

個人的に一番の勝因は邦画に少ない『キャラ立ちの見事さ』、これに尽きるかと思います。

前作の国岡も間違いなく観たくなりますし、それを知らなくても確実に惹かれる作り。

ゆるい世界観とハードな設定。気軽に観れて中々沼な作品に是非浸ってほしいものです。

では。

デザイナーズチェアを求めて~みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ編~

最近引っ越しを機にインテリアに凝り出したんですが、とにかく椅子が欲しい。

デザイナーズチェアは前から興味があったものの、いつかいつかで未だに買えず。

そんな折に、武蔵美で椅子の展示をやっているじゃないですか。

しかも、座れて、触れる。

ここまで大規模にこういった展示をやるのは珍しいんじゃないでしょうか。

大学なんて10年以上ぶりですよ。

ということで行ってきました。

f:id:Blck:20220925085819j:image

f:id:Blck:20220925085810j:image
年代ごとにカテゴライズされた展示スペース。説明は極力省き、見て触って座ることをメインに構成されておりました。

名作の椅子が多々ありまして、テンション上がりましたね。

説明に関してもネット上には詳細が公開されており、気になれば後から調べることができるということ。

個人的にミッドセンチュリー期の椅子が好きだったんですが、やはり生で見るとその存在感というかスペーシーな作りやモノとしての完成度を感じました。

個人的に気になった椅子をいくつか。というか欲しい椅子なのかもしれませんが。

もはや定番のマルセル・ブロイヤー、チェスカチェア。

これは配色もですが佇まいがカッコいい。金属と籐の調和というか、バランスが本当に丁度良い。座ってみても適度な弾力とリラックス感があって、やはり最高。

f:id:Blck:20220924112911j:image

ミッドセンチュリーを感じるアイテムってやっぱりこういうのだよなと思ってしまうほど綺麗な流線型。これ一つあれば確実に雰囲気が変わる。リラックスして座るならアーム有なタイプかなと。思った以上に座り易かったんですよね。何より配色の対比、有機的なフォルムにグッとくる。サーリネン、やっぱ良いな。

f:id:Blck:20220924112914j:image
f:id:Blck:20220924112907j:image

そして、イームズ。これはLSRですね。座面のクッション性が適度に座り易く、コントラストが綺麗。イームズのスチール脚って好きなんですよね。これが木脚とかだと雰囲気変わっちゃうんで。

f:id:Blck:20220924112918j:image

このサーリネン、ウームチェアも座り心地良し、デザイン性良し。座面が広すぎる感じがしたんですが、座ってみると、クッションが適度に腰をサポートし包み込まれる感じ。サーリネンの椅子はどれも有機的で良い。
f:id:Blck:20220924112857j:image

イタリア系のヴィコ・マジストレッティも美しい。

FRPを使うとカラーリングがパキッとして、綺麗に発色する。このパキッと感と有機的なフォルムが好きなんだよな。そして何よりインテリアとして映える。
f:id:Blck:20220924112903j:image

このスツールもシンプルで端正な感じ。折紙をイメージソースに作られているようですが、意外にここまで削ぎ落とされ、それでいて小技の効いたスツールは無い気がします。日本らしさがどことなく出ているところも含め、良いですね。植物などを置いても映えそう。

他にも色々と気になる椅子に溢れてたんですが、とりあえず今回は部屋に置きたいデザイナーズチェア目線で観に行ったので。

それにしても250脚の椅子が一堂に会し、しかも座れるというのはやはり良き展示でした。

では。

アーセナルvsブレントフォード

昨年の開幕を思い返すと。

アーセナルvsブレントフォード

Premier League Football News, Fixtures, Scores & Results

ホント、スカッドが厚くなりましたね。

まぁ、中盤はちょっと不安なところもありますが、それ以外はファーストチョイスを欠いてもかなりやれる気がしました。

そんなブレントフォード戦ですが、昨年の開幕は完膚なきまでにやられ、そこから怒涛の最下位一直線へと繋がっていったわけですが、今季は違った。

落ち着いたビルドアップやハイプレス、選手間の距離感や連動性、そこからのフィニッシュまでと、落ち着いたプレーでした。

何が成長したって、落ち着いて観ていられる。

ここに尽きるわけですけど、どのポジションを見ても、非常にアグレッシブにアプローチ出来てますし、個々の選手が自信を持ってプレーしているのが伝わってくる。

マルティネッリやサカが明らかに昨年よりもボールキープ力が高まっており、どんなシーンでも奪われない。仮に奪われたとしてもトランジションが速かったり、選手間の距離が近いからサポートで取り返せるので危機的な状況になりづらい。

ジェズスやサリバといった今季加入組も当然その能力は高いわけで、その辺の気が利くプレーや献身性がかなりの強みな気がしています。

今回観ていて一番違いを感じたのが中盤の安定感。

やっぱりパーティは格が違う。前から分かっていたことですが、戻ってきて改めて。まずポジショニングが素晴らしいですし、どんなに狭い状況、不利な状況でもキープできてしまう。さらに言えば、そこから反転して前へと進めることが出来ますし、パスの精度と出す箇所さえも冴えている。

途中三人に囲まれてファールをもらったシーンなんてバトルものの漫画とかであるシーンじゃないですか。三方向から全員でスライディングって。そしてそれでも止められないという。

相方だったジャカもかなり光っていた。

攻守のバランスが良いというか、良いとこにいるんですよ。今季から始まった前線への顔出しはもう板に付いてきましたし、そこからの守備への警戒も良く出来ている。CBやパーティの裏に穴が出来そうになると危機を察知しいち早く埋めてましたし、ポリバレントに動けるようになったなと。

それからヴィエイラ

とりあえずゴール最高でした。ウーデの代わりにスタメン起用ということだったんですが、それほど悪くなかった。さすがにウーデほどはやれていませんでしたが、これは当然経といえば当然で、経験もチーム内での立ち位置も違うことを考えればなおさら。

今のチーム状況を考えると、もう少しアグレッシブさは欲しいところですし、フィジカル的なところは気になりました。

この辺はまだ加入間もないので今季を経てどうなるかといったところ。それでもあのシュートは力も抜けて良いコースに蹴れていましたし、要所要所で光るプレーも見せていた気がします。

失点0で得点3。昨年を思えばこの結果が何よりもうれしいところではあります。

それにしても終盤で投入されたマルキーニョスとヌワネリ。プレーはそんなに観れなかったのであれですが、こういったことが出来るのもチーム状況が安定していればこそ。アーセナルらしい采配な気もしますし、とにかく善き試合でした。

ここから代表ウィークに突入するわけですが、そこでさらに成長して帰ってくるメンバーが増えることを楽しみにしたいところです。

では。