Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsチェルシー

道半ば。

アーセナルvsチェルシー

What's gone wrong at Arsenal and could it get worse? | コール

久々の観客入りホーム戦だったんですが、残念でした。

正直相手が強過ぎた。なんであんなに修正、修正と見事にハメてくることが出来るのかわからず、それにプラスしてのルカク無双。今のチーム状況では到底太刀打ち出来ずという状況でした。

序盤から相手チームのジョルジーニョとコヴァチッチに翻弄され、そこからの配球にいなされていた印象。

スミスロウがケアしつつもどちらかにボールが入った瞬間に、他の選手が連動しスペースを作り、受け手を作る。その動きと連動がとにかく秀逸でした。現段階であの完成度なのは今後がさらに恐ろしい。

さらに最前線にはルカクというドリブル良し、フィニッシュ良し、フィジカル良しな選手が入ったことにより、内外両側からの脅威にさらされることに。

個人的にはアロンソがやはり良いなといった印象。気が利いたプレーが出来ているし、攻守の切り替えや判断が良い。あの手の選手ってなんか好きなんですよね。

そんなこんなで追い込まれていたわけで、中でもCBコンビのホールディングとマリが要因なところもあったかと思いますが、相手が上手過ぎたのが正直なところ。

それでも、出来たこともあっただろうと思った中で、今回一番気になったのがプレス強度の部分。

個の選手における力量差は別にして、プレスが甘く感じた。後半こそアルテタの指示なのか、スタジアムの歓声なのか、強度はそこそこ上がったものの、それでもいまいち。

ホームゲームかつ相手の方が強いわけで、プレスに脅威が無ければ取れるものも取れません。

色々と見えていない要因もあると思うので一概には言えないんですが、せめてそこだけは気概を見せてほしかった。

まあ前節よりは意図は汲み取れましたし、各ポジションでの主要メンバーを欠く状況でもあったので、そこはポジティブに捉えようと思いますが、このままでは本当に危険な状況もあり得るだけに気が気でない。

良かった点としてはスミスロウの顔出しの多さと引き出し方。シーンによっては色々と出来そうな片鱗を見せていたところも期待は持てそう。

あとはロコンガ、2試合目にしてやはりフィットネスは良さそうだし、かなり見えている気がした。守備面で引きずられるような場面もあったものの、まだプレミア2試合目。序盤からここまでやれそうだと感じられたのは収穫じゃないでしょうか。

次節はウーデゴールも出れそうですし、他の選手も数名は戻れるかもしれないとのことで、その辺を期待しつつ、是非勝利を。