Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結

予想外の連続とただ楽しいという感覚。

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』

ポスター画像


www.youtube.com

バットマン」や「スーパーマン」を生んだDCコミックスに登場する悪役たちがチームを組んで戦う姿を描いたアクションエンタテインメント。

デビッド・エアー監督により映画化された「スーサイド・スクワッド」を、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズで大きな成功を収めたジャームズ・ガン監督が新たに描く。

ジョーカーと別れて彼氏募集中の身になり、ますますクレイジーになったハーレイ・クインを筆頭に、最強スナイパーのブラッドスポート、敵をチーズに変えてしまう能力を持つポルカドットマン、平和のためには暴力もいとわないという矛盾な生き様のピース・メイカー、ネズミを操って戦うラットキャッチャー2、そして食欲意外に興味のないキング・シャークという、いずれも強烈な個性をもった悪党たちが、減刑と引き換えに、危険な独裁国家から世界を救うという決死のミッションに挑む。

出演は、前作に続いてハーレイ・クイン役を演じるマーゴット・ロビーほか、イドリス・エルバジョン・シナジョエル・キナマンら。キング・シャーク役はシルベスター・スタローンが担当した。

面白かった。

正直前作の影響もあってか観る気はあまり無かった(ちなみに前作で良かったのはハーレークインくらい)んですが、ジェームズガンが監督したこと、評判がかなり良かったこともあり、観てきました。

結果、メチャクチャ楽しかった。

序盤からテンポの良さ、曲の入れ方などで気分が高まる中、あのどんでん返し。その後の展開もそうなんですが、ジェームズガンは本当に映画が好きなんだなと伝わってきた。

まさかの展開に次ぐまさかの展開でとアクション、ギャグ、そういったことを雪だるま式に増幅させ、ライド感満載の楽しさ全開。

映画の一要素として、『単純に観ていて楽しい』というのもあると思っていて、本作はまさにそれ。さらにプラスして細部にも映画愛を感じる作りだから、映画好きが楽しめるのは当然なのかもしれない。

マーベルやDC系の映画はそこまで観ないものの、前作のガーディアンズオブギャラクシーはDCの中ではかなり好きな方だし、それも単純に楽しかったから。

こういう映画を夏に観れるのはマジで楽しかった。

同時に脚本の素晴らしさも感じていて、あれだけ展開が変わっていき、文字通り色んなところに着地させられるのはしっかりとした脚本があってこそだと思う。冒頭の展開も、各キャラの設定も、作戦自体の内容も。それが前作に欠けていた所だと思うし、映画の本質はやはりそこにあるんだと思わされる。

あとは純粋にセンスがある。選曲だったり、色使い、カットの割り方だったりギャグセンス。特撮であったりポップカルチャーが好きなのが色濃く反映された作品作りが随所に垣間見え、愛があるからこそ、伝わる人にはグサッと刺さる。画面上のモノを利用したグラフィカルな演出も作品にハマっていて、その辺もセンスあるなと感じさせられたり。

タランティーノもそうですが、愛を中心に全てを繋げる監督が、これだ、とハマる作品を作ると良作が出来るんだなと改めて再確認しつつ他のジェームズガン監督作品を観返してみようかなと思います。