Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsウルヴス

最高の折り返しを迎えました。

アーセナルvsウルヴス』

Premier League: FC Arsenal überwintert mit fünf Punkten Vorsprung auf Platz  eins | Transfermarkt

とりあえずの前半戦、最高の形で首位折り返しです。

こんな展開が待っているとは昨シーズン予想だにしなかった。まあこの後どうなるかわかりませんが、とりあえずは最高の形じゃないでしょうか。

そんな本節、ウルヴス戦。

今季現状最下位いというものの、揃っているメンツを見るといつも通り侮れないのがプレミアリーグ

5バックによりベタ引きからのロングカウンター狙いだろうなと思っていたんですが、意外にそのカウンター精度が高く、ゲデスとトラオレには苦しめられました。

このウルヴスというチームはフィジカルとテクニカルがカオスと言いますか、ごちゃ混ぜなチーム構成になっていて、ドラクエで言う所、パルプンテのようなチームじゃないかと。

とはいえ今季のアーセナルはそんなことでは怯みません。

相変わらずの攻撃力と、その厚み。特に強みだと感じたのは両サイドからの攻撃が万遍なく行えるということじゃないでしょうか。

システム的にもかなりシステマチックに構築されていますし、個々の連動性や理解度もどんどん精度が高まっている気がします。

開始早々に交代になってしまったジャカは心配ですが、変わって入ったヴィエイラも以前よりはフィットしている印象。

フィジカル的な弱さは相変わらずですが、足元での捌きや1得点目の飛び出しなど、スキルフルでクレバーなプレーが垣間見えるところは好感が持てます。

プレスなどの強度がもう少し身に付けば、意外に機能するかもしれません。

そして本節は何と言ってもキャプテンウーデ。

どんだけアグレッシブにプレス掛けるんだよと思わされるほどのスタミナと強度。それに加えてあれだけの技術まで見せられたら、そりゃ他の選手からの信頼も得られますよ。

だってキャプテンがあれだけ背中で語っていたら、付いていかないわけにはいかないでしょ。守備時のプレスバックなんて狂気的過ぎますし、後半終盤でもあれだけ追えるんかいと思ってしまうほどアグレッシブ。

そんな2得点を決めたウーデですが、ゴールシーンも良いところに顔を出しますし、とにかく落ち着きが過ぎる。

あの若さであれだけの能力値は恐ろしい限り。本当に良い選手を取りました。これはチーム的にもそうですし、アーセナルと言うDNA上でも重要な選手になる気がしてなりません。

そして今回もお預けのジェズス。

あれだけ惜しいシーンだったり、あれだけ高次元のプレーをしているのになぜか決まらない。

これはジェズスどうこうというより、単純に運が味方していないのでは。そう思ってしまうほどなぜか決まらない。

時間の問題だと思いますが、この折り返しを気持ち良く終えて欲しかったと思ってしまうのは私だけでしょうか。

まあそれでも複数得点で勝てるというのはチーム状況が良い証。ジェズスタイムが来るのをただ楽しみに待ちましょう。

あっ、あと今回は久々にラムちゃんの活躍シーンも多々見れたので良かったです。メンタルのある選手でないと出来ないようなプレーも何度か観れましたし、何より判断が良いなと。状況をいち早く予測し、ポジショニング、その後の対応などを考えられ、それをそつなくこなす頭の良さはラムちゃんならでは。

正直あのトラオレとの交錯時は肝を冷やしましたが、あれも良く突っ込めたなと感心します。それでこその守護神。

余談ですが、トラオレが後半開始の時に確実に汗じゃない感じで、腕とかがテッカテカで登場したのは何だったんでしょうか。しかもアーセナル選手の出てくる脇から密かに登場という。

全然試合と関係ありませんが、そういう余白も楽しめるのがプレミアリーグ

そして、このままワールドカップシーズンへ突入します。

アーセナル所属選手も各国で名を馳せることを期待しつつ、寝れない日々が続きそうです。

では。