Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsマンチェスターシティ

明けましておめでとうございます。最近年末年始が一瞬で過ぎていく気がしております。

そんな中での大一番。熱くならないわけが無い。

アーセナルvsマンチェスターシティ』

Player ratings: Arsenal duo let the side down as out-of-sorts Man City  pinch late win against 10 men

なんでですかね。こういう退場ですとか場が荒れる時に限って監督不在な感じ。

序盤から共にソリッドにプレスを掛けながら、いつも以上に丁寧に、かつ精密にパスを回しており、幸先の良いスタート。

気持ち先行で少々荒れるかなと思ったんですがそんなこともなく、安定したなと思っていたのも前半まででした。

まぁ逆に言えば、こういった試合はちょっとのズレとか、一瞬の間で勝負が決まるわけでして、1点目のゴールシーンなんてまさにそうでした。それが後半には逆に作用していくことになるとは・・・。

そういった意味で、前半のサカのゴールは見事でした。

一瞬を突くジャカのパスに連動して動く攻撃陣、ティアニーのラストパスも見事でしたし、それに対して完璧なタイミングで動き出し、完璧なコースで決め切るサカもあっぱれ。

あそこまでは良かった。本当に良かった。

ですが、後半。開始から若干不穏な空気がしつつ、それが徐々に顕在化しながらあの場面へ。

ジャカのあのプレーはどうかと思いますが、やっぱりVARもどうなのかと思ってしまう。あそこまで切り抜きのように執拗に見せられると印象も良くないですし、ジャカだからなのかと勘繰ってしまうくらい陰謀を感じてしまう。

まぁ実際あれは完全にジャカが悪いわけで、あの場面でああしたらどうなるかくらい少し考えれば分かるはずですし、今までのことを考えれば尚更わかるはずです。しかし、それが出来なかった。

他の選手もそれに呼応するようにいつも以上に白熱してしまったのも事実なわけで。あの場面でアルテタがあれば少々局面も変わっていたのかもしれません。

悲劇はそれだけでは終わらず、その後熱くなったまま上手いことジェズスにやられたマガリャン。

あれはイエローなのか微妙な気もしてしまいますが、それまでの印象と熱くなっていたのも作用してしまったんでしょう。累積での退場。

それによりウーデ交代。珍しく不満を露わにして、何か言っていたウーデの後退が印象的だった。この交代で前線からのプレスも効かなくなり、ドン引きの防戦一方。

エルネニーも投入したことで、これは守ってドロー狙いかと思ったアディショナルタイム。遂に決壊してしまいました。

ラカゼット、ウーデ不在で前線からはプレスが効かず攻撃のタメもスイッチも出来ない。プラスして1人少ない状況のため、穴ができ、そこを見逃してくれるはずがないシティの無常さ。

最終的には5バックになることで、完全に後ろが重くなり、攻撃はたまにあった個人技に頼るのみ。

色々としょうがないとは思いつつも前半が良かっただけに勿体無い試合だった。せめてドローに持ち込めていればと思わずにいられない結果の非情さ。

まぁこれもサッカーといえばそうなんですが、年始から気持ちがへし折られる試合となりました。次はカラバオリヴァプール戦。最近は負けを引き摺らないと言う良さはあるので、せめてそれは願いたいところです。では。