Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

葛城事件

とにかく始めから最後まで重々しい。軽いシーンなんて一つもない。何故かは分からないけど観終わってわかる気もした。

これ映画のすべてが人間の本質なのかもしれないと。

「葛城事件」


『葛城事件』 映画 予告編

親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。
思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。
長男・保は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、
対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。
堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。
清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子は、ある日、清への不満が爆発してしまい、
稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向っていく-

とにかく見入ってしまった。そして考えさせられる映画だった。

人生の中で誰にでもある、「どこで間違ってしまったんだろう」という感覚。それが丁寧に描かれていた。

この葛城家の人々は皆、特段におかしいというわけではない。でも少しずつ、確実におかしくなってきているのが感じられる。それは時折入る過去のシーンからも明白だし、不自然なシーンがどんどん増えていき、最後にはそれ相応の形で着地することになる。

やたらと不快に感じるし嫌な気分にもなるのだが、惹きつけられたりもする。そこに本作の魅力があるように思った。

家族とは、ということについても非常に考えさせられた。

長男も次男父親を嫌ってはいるものの、似た言動や考え方があったりして、家族という絶対的な関係性を断ち切れないというところに怖さも感じたし。

家族と言えど思い描いた形にはならない。成長すればするほどそれぞれが意思を持ち、意図しない行動も出てくる。

つまるところ「家族=個の集合体」という当たり前の考えに行きつくことになる。

個の意思はその個人の意思無くして変えることは出来ないわけで、それに気づくと家族でもかと絶望しかない。

カットに関しても独特で、家を斜めから正面に捉えたカットが度々登場し、そのたびにどこにでもある一軒家だよな。と感じさせられ、狂気は表面から見えない内面に、当たり前に潜んでいることに気付かされる。

隙間から覗いているかのようなカットも度々登場し、これも絵画的でいて、感情を感じさせない感覚を受ける。とにかく不気味の一言。

最後のシーンで田中麗奈三浦友和に対して言うセリフ「あなたはそれでも人間ですか」。あのシーンでそう言われたら普通はそれに賛同するのだろうけど、これを聞いて私は違うことを考えていた。

人間の本質って一体何なんだろうということ。それを決めるのも個々人の感覚な気がするし、だとしたら田中麗奈は何を守ろうとしてたのか、結局はそれぞれの感覚で良いように解釈してるんじゃないか、そんなことを考えておりました。

あなたにとっての家族とは人生とは人とは。ゆっくり考えてみるのもいいかもしれません。

とにかく誰かと共有したくなる映画でした。

葛城事件 [DVD]

葛城事件 [DVD]

 
葛城事件 [Blu-ray]

葛城事件 [Blu-ray]