Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsマンチェスターユナイテッド

鉄壁の守りを久々に観た。

アーセナルvsマンチェスターユナイテッド

The Short Fuse, an Arsenal F.C. community

以前から守備に不安を感じないことは無かったアーセナルにもついに春が来たのかもしれないと思わされました。

試合結果だけ見ればあまり面白みのない試合ですし、過程をハイライトなどで観れば同様に単調な感じ。

それでも細部を観ると要所に見所のポイントが散りばめられていますし、本当に守りに特化した戦いでした。

序盤から鬼プレスで、ハーフコートゲームかのような押し込みよう。マークもがっつりついているし、何より対応が早く、ユナイテッド陣が全く攻め込めていません。

前線での追い込みと降りてくるプレーはいつも以上に強めの感じでしたし、中盤のエルネニーとパーティの連携は圧巻でした。

中盤二人に絡む形でのマガリャンイスのプレーも素晴らしく、とにかく刈り取る刈り取る。スタミナと予測で必要に追い回す感じは以前のアーセナルには無い守備への意識を感じました。

オールドトラフォードでこれが出来たというのがまた収穫で、直近いつ勝ったことがあっただろうかと思い出せない程オールドトラフォードでの勝利は久しぶりだった気がします。

それにしてもエルネニーの終盤での鬼プレスには痺れるものがありましたね。戻ってきてからというもの何があったのかと思ってしまうほど進化したエルネニー。ポジショニングも良く、以前に見られたような消極的なプレーも減った気がします。

この形に加え、セバージョス、ジャカの中盤の変化やペペ、エンケティアといった攻撃のオプションも考えるとバリエーションが広がったなと感じております。

ここから次は攻撃面。どういった攻撃の展開を見せてくれるのか。アルテタの手腕と創造性には夢膨らみます。