Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsフラム

序盤なのに感動して泣きそうになるわ。

アーセナルvsフラム』

Arsenal rallies to beat Fulham 2-1 and stay perfect

いやぁ、良い試合でした。

前半から完全にアーセナルペースでしたが、決めたのはフラム。こういう試合展開があるのがサッカー、そしてプレミアリーグ

完全なるミスから失点することになり、メンタル的にどうなんだという展開でしたが、ここまでドラマチックに仕上がるとは思いませんでした。

正直決められた時はミトロビッチのフィジカルを見誤ったなと思いましたし、得点チャンスが何回かあったこの展開で決めれらていない中で失点するということは・・・。といったような憶測も過りました。

ですが今季のアーセナルは一味違う。

今日は完全なる全員サッカー。全員が主役級。

観ていて昨年とは練度が違うなと。ほぼワンタッチで繋いでいきますし、選手同士の位置関係が絶妙。フィニッシュ時のボックス内人数も多いですし、狭いエリアでのアイデアや技術も多彩。何よりメンタリティの改善と前線への意識が共通認識として浸透していることですこぶる調子が良く見える。

マルティネッリなんて自分で仕掛けて失敗。それを自分で取り返し、再度攻めるといったことが日常茶飯事だし、ジェズスやエンケティアといった前線からのプレスも止むことが無い。

この辺のトライアンドエラーを繰り返すといった意識改革が一番感じられた試合だったんじゃないでしょうか。

スタメンからパーティ、ジンチェンコがいない中、変わって入ったのがエルネニーとティアニー。

不安が無いわけでは無かったですが、十分な働きはしたんじゃないでしょうか。

エルネニーに関しては今季プレミア初先発、昨年からパーティ不在時の中盤問題は健在ですが、ジャカとの距離感も良かったですし、その穴を両CBや前線3枚が適度に埋めてくれる関係性、エルネニー自体のボールを引き出す位置も昨年以上に良くなりましたし、受けてからの展開も昨年以上にアグレッシブ。

ティアニーはややマルティネッリと被るような部分もありましたが、前半終盤~交代まで、内側に入り込んだり、適度に距離感を保つなど、頭の良さを感じるプレーもあり、試合勘を取り戻せば、いつも通りのティアニーが観れることでしょう。

それにしてもジェズスはやっぱり化け物なんですかね。中盤サイドでボールを受け、ボックス内で再びボールを受けてのシュートシーンなんて、何が起こったのかと思いましたし、ああいったプレーをコンスタントに出来ること自体ありえない。

この4試合で既に信頼感と期待感を獲得していますし、本当に頼りになります。

その意味で言うとさらに上回る男がこの試合の個人的MOM。

涙腺を刺激した張本人でもあるウーデゴール。

昨季も目覚ましい活躍でしたが、キャプテンになっての今季は一層頼りになる。

自身も述べている通り、シュートに積極的ですし、意識が違う。

プレーメイキングが完全に試合をコントロール出来ていますし、その質が異次元過ぎる。

「この状況でそこにパス出すか」とか「この狭いエリアでそんなプレー良く出来るな」とか「落ち着きが過ぎるだろ」とか観ていて一人で言ってしまうくらい。

加えてのあのチームメイトへの気遣い、64分にゴールを決めた時にマガリャンへの気にするな的なやり取り。あれは痺れましたね。泣きそうでした。まだ20代前半にも関わらずあの気遣いとキャプテンシー

ただの気遣いだけでなく、プレーで貢献し、背中で語るところも含め、今後に期待しかありません。というか既に期待しております。

あんな超絶技巧とメンタリティを併せ持った選手がアーセナル存在するとは。

以前はコンスタントにそういった選手がいましたが昨今では珍しく、技術とメンタル、両輪で走って行けることはかなりの強みとなるでしょう。

チーム全体を通しても言えることですが試合に対して、勝ちたいという意識が変わってきたのかもしれないですね。

アーセナルのドキュメンタリーを観ていてもアルテタは熱意が異常ですし、その為の戦略もしっかりとしていることでしょう。そこからのDNAがようやく根付いてきたのか。

ゴール時のジンチェンコの喜びとあの光景を見れば今のチーム状況が良好なことは良く伝わってきます。

自分もレフリー同様観客の乱入かと思う節もありましたが。

Zinchenko was mistaken for a fan when celebrating with Arsenal players

これはどこまで連勝していけるのか。楽しみなところです。

では。