Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsリヴァプール

強者の強さを知る。

アーセナルvsリヴァプール

Arsenal fans react on Twitter to Dani Ceballos's performance against  Liverpool – HITC

前回戦ったコミュニティシールドで抱いていた感情は前半でかなりの大部分崩れ落ちた。

これはアーセナルが悪かったわけでは決して無く、リヴァプールが強すぎた。

シーズンが始まるとエンジンがかかるとは聞いていたが、ここまでのパフォーマンスを発揮するとは。正直驚きしかありませんでした。

序盤から70%近いポゼッション率をキープし、まるでハーフコートゲームかのような攻撃に次ぐ攻撃。

何とか打開しようとするもののセカンドボールのほとんどが取られ、攻撃に転じても即座に囲まれる状況が続きます。

前半はそんな感じで得点は決めたものの相手のミスによるところが大きく、その後即失点というのもあの攻撃力を見れば納得といったところです。

後半に入ってからはセバージョスが投入され、下がってボールを受けたり、中盤で捌ける回数が増えたこともあり、何度かチャンスを作れていたし、違いも見せていました。

それでもなおリヴァプールの無尽蔵のスタミナは尽きず、両サイドからのえげつない揺さぶりと後方からの的確なフィードにメチャクチャ苦しめられました。

終盤でのジョッタのシュートシーンなんかはチームの勢いと準備が感じさせられましたし、とにかく統率され熱量と意識が尋常じゃないことを再確認しました。

アルテタも攻撃のオプションや疲労しているポジションを交代するなど手は打ってましたし、選手自身も良く奮闘したとは思います。ただまだあれだけの組織力を持つまでには少々時間がかかってしまうのはしょうがないことかと思います。

決して悪くないのにここまで完膚なきまでにやられたのは衝撃的でしたが、それもまたサッカー。この後の修正と組織力強化に期待します。

アルテタにはその力があると信じていますので。