Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

ONCE ダブリンの街角で

 以前観た「シングストリート」が良過ぎた為、ジョンカーニー監督作品を観返しております。

blcrackreverse.hatenablog.com

 今回は

ONCE ダブリンの街角で


ONCE ダブリンの街角で(字幕版)(プレビュー)

ある日、ダブリンの街角で、男と女が出会う。男は、穴の空いたギターを抱えたストリートミュージシャン。女は、楽器店でピアノを弾くのを楽しみにしているチェコからの移民。そんな2人を音楽が結びつけた。彼が書いた曲で初めてのセッションに臨み、意気投合する2人。次第に惹かれあうものの、彼らは互いに断ち切れぬ過去のしがらみを抱えていた。もどかしさを胸に秘めたまま、2人の気持ちが揺れ動いていく…。

トーリー的にはよくあるラブロマンス。

こう書くとどこにでもありそう感じなんですが、観てもらえば圧倒的に違います。

何が違うかってジョンカーニーといえばの音楽。今回はシンガーソングライターということでアコースティックな曲調が中心ですがやっぱり引き込まれます。そしてジョンカーニーは行動力ある演者の演出が上手いなとつくづく思います。特に主人公がロンドンに行こうと決めてからDEMO作成までなんか最高じゃないですか。


Falling Slowly - Glen Hansard and Marketa Irglova (Once)

観終わって記憶に残った点がいくつかあって、まずは冒頭から漂う何気ない日常風景。これが非常に心地良い。海外と比べると日本人って「らしさ」を出して日常生活を送っている人が圧倒的に少ない気がします。

表面上は個性だとかファッションだとか出しているのかもしれませんが、路上でのパフォーマンスも圧倒的に少ないですし、物売りもほぼ皆無。ましてや掃除機を引いて歩いている人なんて・・・まぁこれは例外かもしれませんが。

そういうところって日本にある、ある種の偏見がそうさせているようにみえて非常に損な気がします。

それもあってか劇中でのエキストラ含めた「らしさ」が終始出ていて憧れというか心地良さを感じました。

あと音楽は以前から良いなと思っていたんですが、意外にも音を使わない選択をしているシーンが結構ある気がして、それもいいなと感じました。個人的にバイクで二人で出かけて話すシーンなんかは曲があってもいい場面なのにそれが無い。その演出が最高でした。

カメラワークもブレなどが多々あり、それによるドキュメンタリータッチな感じは逆にリアリティが出て良かったように思います。

そして、なんといってもスタジオでの臨場感、グルーヴ感なんかはさすがだなと思いました。楽器をやりたくなること間違いなし。

笑えるシーンも結構あって、DEMO作成時のプロデューサー的な人が最初全くやる気なくて電話で愚痴っているシーンや冒頭の掃除機のシーンとか最高に笑えますし。

ともあれ、音楽と恋愛が見事に結びついている作品で非常にエモーショナルな作品でした。 

ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック

ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック

 

 

mizotabiⅠ~ふらっと群馬編~

中学時代からの友人で日本各地を旅している友人と今回は群馬に行ってきました。

彼との旅は明確な目的地も決めず、宿もとらない。つまり行動しながら行く場所を決め、適当なところで車中泊(仮眠)するというスタイル。

道中は結構過酷です。ただこの友人とは「できるうちにできることを」これをもっとうに遊んでいるので、終わった後は常に後悔の無い爽快な感じです。

ということで出発は3/10夜。そのまま一気に群馬に向かい、途中のSAで仮眠します。翌11日の早朝4時、最初の目的地に決まった、

「旧丸山変電所」

丸山変電所は碓氷線が幹線鉄道ではじめて電化されたことに伴い、明治45年に建設された。煉瓦造り建築の最盛期のもので、純煉瓦造り。

 

平成6年12月27日碓氷峠鉄道施設として国の重要文化財の指定を受け、老朽化に伴い、平成12年度より改修工事を進め平成14年7月に終了した。

着いたのが早朝ということで人は一人もおらず、ファーストフィーリングとしては当たりの予感。

信越線横川駅に車を停め、廃線になったかなり長い線路沿いを15分くらい歩き到着しました。

枯れた芝生、腐敗したレンガの質感、早朝の空気感も相まって、異国感ばっちりでした。

久しぶりにこういう場所に来たのですが、関東圏でも少し離れればこういった場所も多く残されており、やっぱりいいですね。

一度車に戻り、次なる目的地を目指します。

ちなみに上記の写真は↓のフィルムで撮影しております。

 レンズはこちら↓

 カメラはこちら↓ 

Nikon NewFM2 ブラック

Nikon NewFM2 ブラック

 
Nikon New FM2 シルバー ボディ

Nikon New FM2 シルバー ボディ

 

 

突然のPOOL

やっぱ中古屋って面白い出会いの宝庫ですね。

昨年になるんですが、挙げるのを忘れていまして今更になってしまいました。

今回はずっと探しておりました平野太呂氏の写真集「POOL」を偶然ブックオフで発見したお話です。

f:id:Blck:20170327103357j:plain

普段は行かないブックオフに友人と立ち寄ったのですが、そこで偶然発見し衝撃が走りました。今までどこを探してもなかったものに、こんな形で出会えるとは。こういう偶然や新しい発見があるから中古屋巡りはやめられないですね。

しかもこの写真集、価格も高騰しているにも拘らず、約1000円とロープライス。はっきり言って値付けミスとしかいいようがない気がします。

POOLは平野太呂氏の代表作であり、個人的に最初に衝撃を受けた写真集。

f:id:Blck:20170327103112j:plain

上記の写真を何かの雑誌で見て以来、この色味と風景が忘れられずずっと探しておりました。

スケートカルチャーの中心と言っても過言ではない丸プールを中心に撮影したもので、平野氏にとっての好きなアメリカと哀れむアメリカ、両方を内包した象徴のような存在であるプールを撮影した作品です。

この写真集で自分の中の写真に対する「色味」に取りつかれました。

まぁカルチャーや憧れみたいなものもあって、この写真集にハマったことは言うまでもありませんが。

いずれにせよここまで写真というものに惹きつけられ、自分も撮ってみたいと思わされた作品を手にできたこと。

一期一会を大切に写真にも精進したいところです。

最後に気に入っているカットを何枚か。

f:id:Blck:20170327102937j:plain

f:id:Blck:20170327102912j:plain

f:id:Blck:20170327103023j:plain

f:id:Blck:20170327103055j:plain

f:id:Blck:20170327103132j:plain

f:id:Blck:20170327103159j:plain

f:id:Blck:20170327103213j:plain

f:id:Blck:20170327103008j:plain

f:id:Blck:20170327103246j:plain

Instagram始めました

前からやろうとは思っていたんですが始めてみました。

Instagram

個人的にスマホや携帯で撮った写真というのは好きではないのでカメラで撮ったもののみを挙げていきます。

前回の記事でも書いたんですが、最近ではフィルムの空気感がデジタルを凌駕しているため(自分の中で)フィルム中心で挙げていくことになると思います。 

blcrackreverse.hatenablog.com 

https://www.instagram.com/p/BR8Mb3mjVEJ/

#actrashly #nikonnewfm2 #50mmf14 #venus800

https://www.instagram.com/p/BR8ONaQjjzq/

#actrashly #nikonnewfm2 #50mmf14 #venus800

https://www.instagram.com/p/BR8OPGhDBA9/

#actrashly #nikonnewfm2 #50mmf14 #venus800

https://www.instagram.com/p/BR8OShujnLQ/

#actrashly #nikonnewfm2 #50mmf14 #venus800

https://www.instagram.com/p/BR8OUd8DtAZ/

#actrashly #nikonnewfm2 #50mmf14 #venus800

その他のものもこちら↓からどうぞ。まだまだ全然挙げれていませんが。

www.instagram.com

フィルムvsデジタル

実は今回のZEROには個人的な裏テーマがありました。

「写真はフィルムとデジタル、どっちの方がいいのか」

というもの。以前から撮影する時は1カメラ、1レンズという変なこだわりがありまして、昨年からのフィルムとデジタル、両機材を持って行くというスタイルに決着をつけたかったんです。 

blcrackreverse.hatenablog.com

blcrackreverse.hatenablog.com

blcrackreverse.hatenablog.com

blcrackreverse.hatenablog.com

 ちなみにフィルムに興味を持った経緯というのが気になる写真、気になる写真家の方、そのほとんどがフィルムで撮影をしていたということ。

また、映画も好きなことからそういった生々しさみたいなものには常々こだわりがあり、それもあってかちょっと撮ってみようかなと思いました。

ACTRASHLYのK氏に関しては以前からフィルムに傾倒していたので、それも間違いなく後押しになったのですが。

本題に戻りますと、今回、デジタルで撮る際に、ほぼ同条件でフィルムでも撮影し、見比べるということをしてみました。

結論は

「空気感のフィルム、綺麗さのデジタル」

というある種の結論を自分なりに得ました。

見比べるとわかるんですがフィルムの空気感は圧倒的で、フルサイズのデジタル一眼といえど歴然とした差があると思います。完全主観ですが。

ちょっと見ていきます。

f:id:Blck:20170218145851j:plain

f:id:Blck:20161229125218j:plain

f:id:Blck:20170218145853j:plain

f:id:Blck:20161229151238j:plain

f:id:Blck:20170218152759j:plain

f:id:Blck:20161229132043j:plain

全て上がフィルム、下がデジタルで撮ったものですが、綺麗さや色味といったものはさておき、臨場感、空気感が全く違う気がしております。

まぁ撮る目的やシーンによっても変わるかと思いますが基本的に空気感が欲しい私としてはフィルムなんだろうなと思っております。

今後は1カメラ、1レンズ、1フィルムとなりそうな感じがしております。レンズはある程度決まっているので、フィルムの種類に少々悩まされそうです。その辺も紹介していければと思っております。

 

シング・ストリート 未来へのうた

またまた特別上映で公開されていたのでこちらを観てきました。

f:id:Blck:20170212182647p:plain

「シング・ストリート 未来へのうた」


「シング・ストリート 未来へのうた」予告編

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。
父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのPVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。
ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。
慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まったーー。

80年代が舞台ということで、私の青春時代とは少しずれているのですがバッチリでした。

音楽が良い、ファッションが良い、雰囲気が良い、そして兄が良い。良いことばかりでどこが良かったんだって話ですが一つずつ挙げていきましょう。

まず音楽、これはパンフレットなどでも書かれている通りで80年代を代表するバンドの面々による楽曲が登場します。The CureDuran DuranThe Jamなどといった錚々たる顔ぶれ。

さらに作中でバンドが作った楽曲も多数登場するんですがそれがまた良いんです。へたしたらそっちの方がいいんじゃないかっていうくらい良いんです。完成度がどうこうとか詞がどうこうといったことではなくて、もう感覚的なもの。音楽ってこういうものだったよなと思い出させてくれます。特に気に入った曲を何曲か挙げときます。


Up by Sing Street


Sing Street - Drive It Like You Stole It (Official Video)

これはレンタルでも購入でもいいので絶対にサントラを聴くべきです。捨て曲なしです。

次にファッションですが、これも若いころにありがちな影響を即座に反映させる感じ。凄くいいです。自分もファッションに興味を持った当初ってこういう感じだったよな、といった感覚が蘇ります。

そのファッションもメンバーの成長と共に様になってくるんですが、それも自然な感じで良かったです。

そして雰囲気が良い。これは映画全体の適度にPOPな雰囲気であったり、誰の家庭にもあるような問題の雰囲気、バンドの雰囲気であったり家族の雰囲気、全部がリアリティがあってよかったです。

とくにバンドの雰囲気に関しては軽い感じで結成するところや、曲作りへの姿勢の軽さなんかが高校生らしいなといった印象で実に嘘が無い。ギターを担当するエイモンのクールなんだけどわかってる感じとか最高です。

最後に兄ですが、この人無くしてこの映画は語れないかもしれません。主人公の音楽的基盤を作ったのは間違いなく兄の影響でしょうし、要所要所での音楽への助言、振舞いに説得力があります。

作中で兄が主人公である弟に、「バンドのカヴァーなんかしたって何も面白くない、曲を作ってこそだろ」的な発言をするシーンがあるんですが、あれは響きました。

今の世の中って作られたものに満足して自発的に何かクリエイティブなことをする機会って圧倒的に減ってると思うんですよ。でも本作の舞台の80年代とかってスマホもないしネットもない。こういった制限された環境の方が何かに打ち込む点においては強い気がしました。

まぁそれを嘆いても仕方ないですが少しでも自分で考えて過ごすよう努力していきたい、そう思わせてくれる言葉でした。

話は逸れましたが、とにかく兄の存在感がありすぎて良いです。

とにかく忘れてた何かに気付かせてくれる、そんな映画だと思います。 

シング・ストリート 未来へのうた [DVD]

シング・ストリート 未来へのうた [DVD]

 
シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうた

 

 

ZEROⅣ~始まりの場所編~

ようやくZINEが完成しました。

出来上がった正直な感想としては「まだまだ」といったところ。

二人で開封したのですが、共にそういった感触でK氏はとりわけ残念がっておりました。

まあとりあえず作ってみるということだったので当然と言えば当然の結果だったのですが。

作成は

wpb.imagegateway.net

に依頼しました。

f:id:Blck:20170206200037j:plain

価格重視で仕上がりの雰囲気が良さそうなところをチョイスしました。仕上がりに関してはまずまず。色味の再現性は多少誤差があり、レイアウトの自由度は低いかなといった印象でした。

次回は別のところも試してみたいところです。

肝心の写真に関してですが、客観的にみると満足のいくものではなく、精進が必要なようです。

f:id:Blck:20170206065249j:plain

構成に関しては各人が左ページ、右ページを担当し、時系列順で配置しました。今回の企画自体が「以前と同じルートで周り、今の自分達は何を撮るのか」という内容だったので時系列で配置しました。

意外なことに見開きで同じ場所の写真をチョイスしていることもあり、感性的に近いものがあるということに驚きと必然を感じました。

f:id:Blck:20170206065359j:plain

f:id:Blck:20170206065518j:plain

今回を足掛かりに、続けていきたいところです

f:id:Blck:20170206065607j:plain