Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

フィルムvsデジタル

実は今回のZEROには個人的な裏テーマがありました。

「写真はフィルムとデジタル、どっちの方がいいのか」

というもの。以前から撮影する時は1カメラ、1レンズという変なこだわりがありまして、昨年からのフィルムとデジタル、両機材を持って行くというスタイルに決着をつけたかったんです。 

blcrackreverse.hatenablog.com

blcrackreverse.hatenablog.com

blcrackreverse.hatenablog.com

blcrackreverse.hatenablog.com

 ちなみにフィルムに興味を持った経緯というのが気になる写真、気になる写真家の方、そのほとんどがフィルムで撮影をしていたということ。

また、映画も好きなことからそういった生々しさみたいなものには常々こだわりがあり、それもあってかちょっと撮ってみようかなと思いました。

ACTRASHLYのK氏に関しては以前からフィルムに傾倒していたので、それも間違いなく後押しになったのですが。

本題に戻りますと、今回、デジタルで撮る際に、ほぼ同条件でフィルムでも撮影し、見比べるということをしてみました。

結論は

「空気感のフィルム、綺麗さのデジタル」

というある種の結論を自分なりに得ました。

見比べるとわかるんですがフィルムの空気感は圧倒的で、フルサイズのデジタル一眼といえど歴然とした差があると思います。完全主観ですが。

ちょっと見ていきます。

f:id:Blck:20170218145851j:plain

f:id:Blck:20161229125218j:plain

f:id:Blck:20170218145853j:plain

f:id:Blck:20161229151238j:plain

f:id:Blck:20170218152759j:plain

f:id:Blck:20161229132043j:plain

全て上がフィルム、下がデジタルで撮ったものですが、綺麗さや色味といったものはさておき、臨場感、空気感が全く違う気がしております。

まぁ撮る目的やシーンによっても変わるかと思いますが基本的に空気感が欲しい私としてはフィルムなんだろうなと思っております。

今後は1カメラ、1レンズ、1フィルムとなりそうな感じがしております。レンズはある程度決まっているので、フィルムの種類に少々悩まされそうです。その辺も紹介していければと思っております。