Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

最近気になる雑誌の特集

 ここ数か月のGRINDの特集が非常によいです。

12月号が「STYLE with JAZZ + HIPHOP」。最近では映画や漫画なんかでも取り扱われることが増えてきているJAZZ、音楽シーンでも海外チャート含め盛り上がりを見せるHIPHOP。この両者を各界のカルチャーを牽引するアーティストが紹介するという特集。

GRIND(グラインド) 2016年 12 月号 [雑誌] (STYLE with JAZZ + HIPHOP)

GRIND(グラインド) 2016年 12 月号 [雑誌] (STYLE with JAZZ + HIPHOP)

 

 1・2月合併号は「PRODUCT and ART」。これも最近ありがちな部屋特集では無くて、クリエイティブを刺激するモノにフォーカスした特集とそれにまつわるカルチャー話。

GRIND(グラインド) 2017年 1・2 月合併号 [雑誌] (PRODUCT and ART)

GRIND(グラインド) 2017年 1・2 月合併号 [雑誌] (PRODUCT and ART)

 

 共通しているのがより絞り込んだコアな特集。昔読んでいた雑誌ってこうだったなと思わせてくれるようなわくわく感。雑誌の役割ってこういう事なんだろうなと勝手に思ってみたりします。

雑誌の発行部数が減ってきていたり、雑誌自体が廃刊になってきたりしていますが、キーになるのが実際に手に取り、わくわくできるような特集を組めるかどうかがな気がします。