Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

CLベスト16からのサッカー観戦

CLはベスト16からが面白い

ãã¬ã¢ã«ãããªã¼ããã¢ã¤ãã¯ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
今季はCL,EL共に観れるようになったので最高の環境が揃いました。ありがとうDAZN
ということで全試合は当然追えていない状況ですが気になる試合をちょこちょこ観ています。

CLは熱の入りが違っていて面白い。ベスト16ともなると各リーグの猛者たちが集結してくるわけで、つまらないわけがないんですが、本当に総力戦で白熱します。

まず観たのが、レアルマドリードvsアヤックス

若手の台頭著しいアヤックスに対し、王者の貫録十分なレアルマドリード。試合展開は序盤こそアヤックスのハイプレスにあい、連戦のスタミナ切れからか押される部分もあったマドリーでしたが、得点を決めてからの後半では見事に修正し、圧倒するわけでは無かったですが、いなした感に風格を感じました。

とはいうもののアヤックスの若手は良い選手が多い。バルサ行きが決まっているデヨングをはじめ、CBのデリフト、ファンデベークやネレスなんかも良かった気がします。まあ経験と総合力でマドリーが勝利したという感じでしょうか。

続いてトッテナムvsドルトムント

ãããããã  ãã«ãã ã³ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

やはり気になるプレミア勢の動向。

両チームとも主力級を欠く中での対戦ということで、どういった戦術、スタメンで戦うのか非常に興味深かったんですが、今のトッテナムは強かった。

ソンフンミンが切れキレなのはもはや周知の事実ですがそれ以外もやはり好調。

序盤はスペースを潰された格好で攻めあぐねていましたが、後半に入り、上手くスペースを作り出せるようになってからはさすがの攻撃力。

終始ドルトムントの右サイドを突き、中盤と連携した波状攻撃が続きます。普通だと片方のサイドに偏りがちな攻撃も今のトッテナムは柔軟性もあり、両サイド、中央と万遍なく攻撃できる所に強みがあると改めて感じました。この全員サッカー感が今のトッテナムの最大の強みじゃないでしょうか。

一方のドルトムントですが、完全に得点源を失い、攻撃の形が作れてもフィニッシュできない。そこが全てだったように思います。

まだまだ激戦が続きますが緩く観ていきたいと思います。

イルポスティーノ

言葉の力を感じた。

「イルポスティーノ」

ãã¹ã¿ã¼ç»å


映画の名シーン「イル・ポスティーノ [オリジナル完全版]」

イタリア、ナポリに浮かぶ小さな島に、チリ政府に追われた世界的詩人パブロ・ネルーダ(フィリップ・ノワレ)が亡命し、滞在することとなった。彼だけに郵便を届ける配達人となった村の貧しい青年マリオ(マッシモ・トロイージ)は、ネルーダとの交流の中で、少しずつ詩の世界に触れ、恋を知るのだった。美しい風景の中で切ない愛と友情を描く感動作。

イタリアのこの感じって昔から好きなんですよね。

最近の疲れが出て、癒しとしての映画を観たいと思い、ジャケットの雰囲気でチョイス。

ストーリーは政治的なシビアさや人生としての過酷さなんかもありつつ、情景と音楽が素晴らしい。

人はなぜノスタルジーを感じるのか。

それを感覚的に伝える何かが本作にはあると思った。劇中に出てくるネルーダとマリオのやり取りが実に他愛も無いんだけど、凄くリアルで、純粋さに満ちていて、それでいて胸に突き刺さる言葉のやり取りを交わすんですよ。

序盤でマリオがネルーダの詩について解説を求めた時、ルイーダが「君が読んだ詩を別の言葉では表現できない」と言うんですが、それが刺さりました。芸術って解説や正解を求めがちですが、その人が感じた感覚は十人十色であって、答えなんか存在しない。人間って不確定とか未知な事って不安に直結してしまうからそういった感覚をなるべく解決しようとしてしまう。でもそれはある種の余白というか解釈のゆとりみたいなものを自分で消してしまっていて、それが心の余白すら奪ってしまう。そう考えたときにこの言葉の深さを自分なりに解釈して胸に響いた。

それ以外にもいくつも素晴らしい言葉の数々が登場しますが本質は一つ。

それぞれが別々であって一緒じゃなくても良い。自ら考え、発することを止めなければ。

そう思った時、人生の見えない視界が広がった気すらした。

本作は音楽の良さも秀逸なんですが、とにかく良いの一言。風景、シチュエーション、時代性、全てとのマッチングが最高で映像やストーリーを邪魔せず、それでいて主役級に印象に残る。音楽を手掛けたルイス・バカロフ、最高です。

イル・ポスティーノ/オリジナル・サウンドトラック

イル・ポスティーノ/オリジナル・サウンドトラック

 

とにかく風景と音楽、言葉の調和が素晴らしい映画なので、気負わずリラックスして観れるところも非常に魅力的な作品です。

余談ですが、主演のマッシモトロイージはこの映画の撮影から12時間後に亡くなったそうです。それを踏まえてラストを観ると更に別の感情も生まれてきそうです。

イル・ポスティーノ [DVD]

イル・ポスティーノ [DVD]

 
イル・ポスティーノ オリジナル完全版 [Blu-ray]

イル・ポスティーノ オリジナル完全版 [Blu-ray]

 

アーセナルvsバテ

本当に面白味が無い。

アーセナルvsバテ」

ãarsenalãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

見応えの無い試合でした。

主要メンバーを欠く試合、リーグ戦も考えての結果かもしれませんがそれにしてもエジルはどうしたんでしょうか。もう収拾がつかない気がします。政治的な話をプレイに持ち込まないでほしいと思いますが、個人的にはフロントの思惑のような気がしてなりあません。

とにかくエジルラムジー、オバメヤン、トレイラ、ベジェリンを欠き、CBも不完全な状態、オバメヤンが途中から出てきたもののラカゼットは退場。不安定かつ楽しめない試合になってしまいました。スアレスも一向に良い場面は見られませんし、勢いというものを全く感じなくなってしまいました。

とにかくチーム内の変な空気感(フロントが巻き起こしているであろうごたごた)をどうにかしてもらわないことには始まりません。

そしてリーグとELの力の配分も考慮しつつ、最善を尽くしてほしいと思います。

ということで今回は試合の印象が全くない一戦でした。

ファーストマン

観るというより体験するという感覚。

「ファーストマン」

f:id:Blck:20190213221557p:plain

ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いたドラマ。

ジェームズ・R・ハンセンが記したアームストロングの伝記「ファーストマン」を原作に、ゴズリングが扮するアームストロングの視点を通して、人類初の月面着陸という難業に取り組む乗組員やNASA職員たちの奮闘、そして人命を犠牲にしてまで行う月面着陸計画の意義に葛藤しながらも、不退転の決意でプロジェクトに挑むアームストロング自身の姿が描かれる。

アームストロングの妻ジャネット役に、「蜘蛛の巣を払う女」やテレビシリーズ「ザ・クラウン」で活躍するクレア・フォイ。そのほかの共演にジェイソン・クラークカイル・チャンドラー。脚本は「スポットライト 世紀のスクープ」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」のジョシュ・シンガー

自分自身は映画を観る前にほとんど情報を入れないで観に行くんですが、この映像体験ということがチラシにダイレクトに書かれていることに驚きました。でも、それほどに体験としか言いようがない映画でした。

冒頭から凄まじいシーンに始まり、怒涛の演出。時代の違いとはいえ、航空機の設備の違いに唖然とします。その後出てくる宇宙船などのシーンも驚きの連続で、こんなブリキのような材質、ボルトを軋ませているような機体で宇宙などに行けるのか。コックピットの窓から見える視野はこんなに狭く、コックピット自体も棺桶の様な狭さで、身動きが取れずに何日間も大丈夫なのか。

当然と言えば当然ですが、インターネットも無い、技術も今より劣る、材質等も同様、そんな時代に実際に宇宙に行くということがどれほど無謀なことだったのかというのを思い知らされます。

本作の面白い所が、この月面着陸を華やかに描いていない点です。

主人公であるアームストロングの主観としてのホームドラマ的に撮られていて、逆に新鮮で一見つまらなく映ります。でも、実際の宇宙飛行士も一般の人だし、何か偉業を達成する人も特別な人とは限らない。そんな当たり前のことを描きながら、月面着陸というとてつもないことを成し遂げてしまう。その過程を知り、疑似的に体験することで、人生とは、本当に何かを成し遂げるのに必要な資質とは、そういったことを考えさせられます。

結論から言うと、本作の月面着陸に対して、アームストロングの強い目的などは全くわからなかったです。

でも実際強い意志や目的をもって目標を達成している人の方が少なくて、責任感や義務感で物事を遂行している人の方が多いんじゃないかと思わされます。そういった点に対しても大衆の言動や行動を見せる形で上手く演出されており、皮肉めいていて良かった気がします。

アームストロング自体も感情を全く表に出さない人だったらしく、その辺もこの映画の起伏の無さに影響しているのかもしれませんが、内省的な問いを感じさせるところにチャゼル監督らしさを感じました。

今までのチャゼル映画からすれば音楽的演出が少ない本作ですが、逆に無音の使い方が秀逸で、月面到着時の瞬間は映像、音、体験感、全てが相まって本当に感動しました。その点のカタルシスに関してはナンバーワンかもしれません。あのシーンはホント無重力になったかのように劇場が圧縮され、静まり返り、固唾を飲んで見守ったのが印象的です。調べてみるとそこまでのシーンは16ミリフィルムで撮っていたらしいんですが、月面のシーンは70ミリフィルムで撮られており、その効果が存分に出ていました。あれを観るためにも映画館に足を運ぶ価値ありです。

IMAXで観たんですが、とにかくDVDなどでは絶対に体験できない没入感。スマホ等で何でも観れる時代にあって、こういった映画館の強みを強く感じました。

月面着陸時の有名なセリフである「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」と言う言葉。劇中で政府の思惑や国家間競争、大衆の誹謗中傷等の混沌とした状況でも、自分の軸をぶらさずに進んできた一歩、その積み上げの果てに到達する一歩と考えると月面に到達した瞬間は感慨深いものでした。

とにかく観るより、感じ体験する。そんな映画かと思いますのでぜひ劇場で体験してほしいです。

取り外せるロードバイク用ライトの選択肢

最近買った中で良かったものが自転車用のライト。

個人的に自転車はシンプルな方が好みなのでライトも完全に取り外せて、シンプルに、それでいて機能性も申し分ないもの探していました。

それで購入したのがこちら。

フロントライトは「LEZYNE HECTO DRIVE 400」。

 小さいながらも400ルーメンまで使えるという物。街乗り程度であれば15ルーメンで大丈夫なので17時間は持ちます。そして、取り外しもラバー製で数秒で取り外せます。

リアライトは「knog Blinder MINI NINER」。

これもデザインは至ってシンプル。この角形な感じが良いんですよね。軽いし明るい。ただ2時間くらいしかもたないんですが、まあUSB充電できるので。

共に共通するのがコスパとデザイン性のバランス。安かろう悪かろうなものはあまり好きではないんですが、高いお金を出せば良いものが買えるのは当然というもの。なのでその辺のバランスが取れているかどうかは購入する上で結構重要なんですよね。

そういう意味でこのライト2種は申し分ない商品だと思います。

ちなみに一番気に入ってるのは着脱の早さという点も忘れずに。使い勝手が悪かったら最悪ですからね。

アーセナルvsハダースフィールド

面白味は無い。

アーセナルvsハダースフィールド

f:id:Blck:20190210181708p:plain

これと言って攻めていたわけでもボールを支配していたわけでも無く、連携も良かったとも言えず。本当にハダースフィールドの決定力の無さが勝てた理由というところに虚しさを感じます。

前節は完全に完敗してしまい、それを引きずっているのか、怪我人続出でチームとして機能していないのか、色々と要因はあると思いますが、とにかく観ていて熱くなれないここ数試合。

ムヒタリアンが久々に復帰し、プレーの質の高さを見せていた点は良かったですがまだまだ本調子には遠い気がしましたし、イウォビとコラシナツでの左からの崩しは相変わらず良かったですが、とにかく何とも言えないチームの雰囲気です。

対するハダースフィールドは右のモーイとディアカビが良かったですね。モーイはセンスあると思いますし、ディアカビはスピードと虚を突くプレーが効いていた気がします。

アーセナルでは、メートランドナイルズも粗が見えますが良いセンスは持っていると思いますのでその辺に期待するとしましょう。

ウィロック、メートランドナイルズ、グエンドウジ、デニススアレス、こういった若手の台頭を信じて待つしかないんでしょうか。

とにかくCLに。まだチャンスは残されています。

懐かしアニメリバイバル~湘南爆走族~

最近GYAOが熱いです。

gyao.yahoo.co.jp

アニメにハマっている最近ですが懐かしい作品を見つけたのでつい観てしまいました。

湘南爆走族

gyao.yahoo.co.jp

まだ1話から見られます。

自分の世代でこういった作品と言えば「湘南純愛組」になると思うんですが、これもその流れで当時観ておりました。

まだ車と言う物は年齢的にも金銭的にもほど遠かったあの頃、バイクと言う乗り物に惹かれたのはこうした作品の影響が強かった気がします。

 

当時は原作の漫画と同じくらい、もしくはそれ以上にアニメの影響力が強かったので、両方観たものです。

湘南爆走族」のアニメでの色使いホント好きで、1話の海岸沿いを紫の空をバックに走るシーンなんかは今見てもいい風景だなと思います。

ãæ¹åçèµ°æ ã¢ãã¡ã1話ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

あの頃は本当にバイクがかっこいいと思ったし乗りたかった。そのカルチャーも好きだったなということを思い出しました。

今と違って作りこまれ過ぎていないストーリーや他愛もない会話、ギャグ。その辺の緩さがたまらなく、今の気分にマッチしています。

未だにバイクの免許は持っていませんが、やはり車とは違う良さ、そしてあの頃の気持ちが込み上げてきて取りに行こうか迷うところです。

それにしてもGYAOは映画にしろアニメにしろ無料でここまでやれるのは凄いと改めて思わされる次第です。

湘南爆走族 Blu-rayコレクション Vol.1

湘南爆走族 Blu-rayコレクション Vol.1

 
湘南爆走族 Blu‐rayコレクション VOL.2 [Blu-ray]

湘南爆走族 Blu‐rayコレクション VOL.2 [Blu-ray]

 
湘南爆走族 (電子書籍版) 1

湘南爆走族 (電子書籍版) 1