Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

ハーフ・オブ・イット 面白いのはこれから

地獄とは他人のことであり、天国も他人であるかもしれない。

『ハーフ・オブ・イット 面白いのはこれから』

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから - 映画情報・レビュー ...


『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』予告編 - Netflix

デビュー作「素顔の私を見つめて…」で注目を集めたアリス・ウー監督が15年ぶりにメガホンをとった、Netflixオリジナルの青春恋愛映画。

アメリカの田舎町で暮らす中国系の女子高生エリーは、内向的な性格で周囲となじめずにいた。頭脳明晰な彼女は、同級生の論文を代筆して小銭を稼いでいる。

そんなある日、エリーはアメフト部の男子ポールからラブレターの代筆を頼まれるが、その相手は彼女が密かに想いを寄せる美少女アスターだった。1度は拒否するエリーだったが、家庭の事情でお金が必要になり、仕方なく代筆を引き受ける。

Netflixで2020年5月1日から配信。

ポスタービジュアル然り、有体なストーリー然りであまり期待はしていなかったんですが、大きな間違いでした。

青春モノにはカルチャーやカッコよさ、わくわく感みたいなものが欲しい性質なんですが、本作にはそれが全く感じられず、むしろ視聴後もそこには全く興味を抱かせない。

それなのに何なんでしょう、この作品が持つ吸引力は。

人に対して好意を抱くという純粋でシンプルな感情を丁寧に描く。それは簡単に描けることじゃないこともわかりつつ、本作ではそれが自然と出来ている。

LGBTQを取り扱った映画に必ずと言っていいほど登場する性描写。この描かれ方がいまいち好きになれなくて、敬遠しがちなところもあったんですが、本作にはそういったものも一切無く、ただ『人を好きになる』ということだけが存在する。

その過程のみを描いているところに凄く惹かれた。

人を好きになることに性別や国籍、家柄や年齢といった属性は関係ないと思っている。とはいえ、あまりにも露骨に性描写を見せられると何か違うと思ってしまう。そんな中で本作のような作りというのは、ある種現実的で、自然体に見える。

考えてみれば『好きになること』って単純に好意を寄せることから始まって、その思いが特別なものに変化していくだけのこと。それが好きになることもあれば、仲が良い、気が合う、そういった形に変わるだけなんだと改めて気付かされる。

人の感情の移り変わりが丁寧に描かれ、その複雑さは増していく。ただ、自分の中に埋もれてしまっていた『好く』ということについての認識を取り戻した気がした。

個人的に一番やられたシーンがあって、エリーがパーティーで酔いつぶれ、ポールの家で寝ているという場面。そこでポールがある手紙を見つけて・・・翌日へ。

その流れが最高で、本作全てのカタルシスが詰まっているんじゃないかと思うほど。

人を想い、敬い、その人の為にと考え行動する。その行為にこそ『好く』という過程が詰まっていて、ハッとさせられた。

映画や本、思考、共通言語として分かり合えることの必要性や存在としての安心感、表面上だけで付き合うこと以上に大切なことに気付かせてくれた良作でした。

観れば観るほど気付きが増えるようなそんな作りも好きになる要因なのかもしれないです。

新しい形の青春映画として是非観てほしいところです。

アーセナルvsノリッジ

 セバージョスの覚醒。

アーセナルvsノリッジ
Dani Ceballos: Could his creativity fill the Mesut Ozil void at ...

今回は久々に気分が良かった。

これまではどの試合もやらされてる感と言いますか、やった感がない試合が続いていたので、常に頭はモヤモヤ状態で。今回も不安がなかったわけではないんですが収穫と爽快感の方が大きかった気がします。

もう今では定番になりつつある3-4-3。この形だと今のCB陣には安定感が出ている気がします。あくまでも今のCBではですが。

それにしても今回は攻撃の形が良かった。特にセバージョスの貢献は大きかったように思います。

前半でのボールの引き出し方、視野の広さ、判断の良さ、トランジションの速さ、どれをとっても今までにないほど良かった。来季以降レアルに帰ってしまうのか、去就は不透明ですが、こう言ったプレーを見てしまうと残ってほしいものです。そしてああいったプレーをコンスタントにやってもらえればスタメンも硬い気がします。

続いてティアニー。やはり彼は攻撃あってこそ。どれだけ上下動するんだというスタミナを見せ、ボックス脇で必ず脅威を作る。そこからのクロス精度も申し分無し。オーバメヤンとの連携も取れていると思うので、左サイドは固まってきた気がします。

右側の攻撃はどうしても連動性が低く、個人戦になりがちなとこやろを改善してもらわないとバランス等々、ビック6相手には厳しい気がします。

相変わらず安心はできませんが毎試合成長が見れればファン冥利には尽きるものです。

アーセナルvsシェフィールドユナイテッド~FAカップ編~

サカのオールマイティさを垣間見た。

アーセナルvsシェフィールドユナイテッド~FAカップ編~』

Arsenal Latest News, Transfers & Fixtures - The Sun

コロナ明け数試合は中々パッとしない展開が続き、今回もその延長戦上ではありましたが、光明も見え始めてきた気がします。

そして今回のFAカップ。再開後に調子を落としているとはいえ、戦術意図は明確なシェフィールドUが相手です。

アーセナルのフォーメーションは最近よく見る3-4-3。

シティ戦でやらかしてしまったルイスが戻ってのスリーバックだったんですが、やはりというかDF陣のマークが緩く、頻繁にピンチを迎えます。

ラインのコントロールは徐々に良くなっている気はするんですが、個々のマークの質が相変わらず上がらない。それゆえに見失ったり、裏を突かれたり、ノーマークだったりが目立つ気がします。とりわけセットプレーでの脆さと危うさは本当に冷や冷やします。

攻撃に関しても同様で、相手のミスに救われている感が多分にある気が・・・。

一点目にしてもラカゼットのポストプレーからといえば聞こえはいいですが、なんともしっくりこない感じは否めません。

そんな中でのサカ。

彼はアルテタに監督交代後、色々なポジションで出場していますが、その才能が開花してきている気がします。

何が良いって、どのポジションでも自分の役割を理解し、最適に動ける。これってすごい重要で、インテリジェンスが高いということはそれだけオフザボールでの動きが相手の脅威になるということ。

さらに凄いのがその各ポジションでの経験と感覚を別のポジションでも生かせるということ。特に感じるのがSBでの経験。これが中盤から前線でのポジションでも生かされていて、上下動とポジショニングエリアが広い。個人的には是非左サイドでのマルティネッリとの連携を見たいところですが、マルティネッリのケガで今期はそれも叶わなそうです。

とはいえ日々進化している選手もいるということで、ポジティブに捉えていきたいところです。

アーセナルvsサウサンプトン

自滅した相手からの勝利感が否めない。

アーセナルvsサウサンプトン

Sheffield United boss Chris Wilder says Arsenal are still a ...

勝ちはしたもののなんとも微妙な心境でした。

前節に続き、しっくりきているといった印象はあまり無く。

まあ収穫もあったわけで、そのことをいくつか。

まず、ホールディングが怪我前のコンディションを取り戻した?というよりもスリーバック下において機能するのかもしれないと思ったりしました。とりあえずそうすることでCBは一定の安定感を保てていました。

その反動といってはなんですが、サイドの攻撃が手薄になり、攻撃時の迫力が減ったことは否めませんでした。

そしてジャカの攻守の役割。

中盤に誰を入れるかといった時に、やはりジャカと誰かをセットで入れるのが賢明だなと改めて感じさせられました。ただ今回はセバージョスも下がりがちで、ジャカも下がりがち。そんな感じだと、当然攻撃は停滞するわけで、サイド攻撃の手薄さと相まって、何とも言えない攻撃力に。

レノのまさかの負傷によりスタメンに入ることになったマルティネスが意外に良い。

ある程度の良さは知っていましたが、思った以上に良い気がします。

安定感のあるセービング、判断の良さ。ビルドアップに関しても落ち着いていますし、今節で見せたオーバメヤンへのロングフィードなんかは素晴らしかったと思います。

こういった中でもやっぱり安定感と安心感が無さすぎる。

このまま上位チームと当れば玉砕必至。

次節のシェフィールド戦はある意味真価が問われるかもしれません。

仁義なき戦いシリーズ

熱さと生々しさとカッコ良さと。
仁義なき戦い
Amazon | 仁義なき戦い [DVD] | 映画

深作作品というと個人的な印象はとにかく『生々しい』。

何が生々しいのかと言われると色々な要因があるんだと思うけど、扱うテーマ、役者、構図、音楽、美術。とにかくどれをとっても生々しく感じてしまう。

恥ずかしながら本シリーズ、『仁義なき戦い』は名前こそ知っているものの初見だったんですが、これまた生々しく、とにかく衝撃的でした。

音楽や作名等は私世代でも色々な所で目にしているし、それこそパロディも多数出回っているので知らないということはあり得ない。

それでも観るとなるとどこから手を付けていいのか、どういったスタンスで観ればいいのか、作品自体の古さや役者人のラインナップにも躊躇してしまっていました。

それこそ何の気なしにネットフリックスで見つけ、観だしたら最後、メチャクチャ面白い。

単純に映画としてのクオリティもさることながら、役者人の演技が素晴らしく、あっという間に5作品とも観終えてしまいました。

漫画とかもそうですけど、男の性なのか、争いがあり、そこに色々なタイプの人間が出てくる時、それだけでワクワクするというか、自分は誰が好きなのかとか、誰に共感できるのかといったところが楽しい気がします。

本作の凄いところはそういった群像劇や抗争を中心としながらも、画作りに緊張感やリアリティがあって、それを盛り立てる意味での銃撃戦がえげつない。

本当の抗争ってこういう感じなんだろうなというくらい泥臭く、まさに死に物狂いといった印象の場面の数々。

脚本の素晴らしさがそう見させている部分もあるだろうし、実録というのも確実にあると思う。

オマージュやパロディがされるだけのことはあって、それこそ音楽、これは聴いた瞬間に任侠、仁義、ヤクザ、悪、抗争、そういった類のものを即座に連想させるし、要所要所で入るストップモーションを用いた演出も、仁義ならでは。あれを映像的に使いたくなってしまうところは本当に良くわかる、それくらい印象的だしカッコよく見える。

そして、かなり影響を受けたのが広島弁広島弁自体に怖いイメージはあったしそのイメージもこういった作品からきていたのは間違いないかと思うけど、それを別の意味で覆すくらいにカッコよく、観たら絶対に使いたくなる。

挙げればキリがないくらい発見と驚きがある映画ですが、それを成り立たせているのは役者人あってこそ。役者それぞれの個性、演技、そういったものを観ているだけでも楽しめるかと思います。

個人的にはスタンスは松永、ビジュアルは武田が好みでした。

余談ですがネットフリックスでは何故か頂上作戦のみ無い状況。それだけはレンタルか他のストリーミングでみるしかないという謎の状況なのですが、これは何とかならないものか。

仁義なき戦い

仁義なき戦い

  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: Prime Video
 
仁義なき戦い 広島死闘篇

仁義なき戦い 広島死闘篇

  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: Prime Video
 
仁義なき戦い 頂上作戦

仁義なき戦い 頂上作戦

  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: Prime Video
 
仁義なき戦い 完結篇

仁義なき戦い 完結篇

  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: Prime Video
 
仁義なき戦い 代理戦争

仁義なき戦い 代理戦争

  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: Prime Video
 
仁義なき戦い Blu-ray COLLECTION

仁義なき戦い Blu-ray COLLECTION

  • 発売日: 2018/05/09
  • メディア: Blu-ray
 

Power Push~2020年5月~

まあ何と言っても『藤井風』。

これはメチャクチャ聴きましたね。何度聴いても聴き飽きないメロディと詞。独特な言い回しやリズム感も相まって、彼にしか出せないフローが心地よいです。

ファーストアルバムでこの感じなので、セカンド含め、どういった進化をしていくのか、今から楽しみです。

blcrackreverse.hatenablog.com

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

  • アーティスト:藤井 風
  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: CD
 

そして『clash』

何となくパンクが聴きたくなったものの、メロコアやエモ、ポストパンク、そういったものとも違う気分で、独特なUKの雰囲気を感じさせ、耳障りのしないメロディが懐かしいクラッシュを聴いてました。

やっぱり良いものは良いわけで、古き良きUKのらしさ、そうった雰囲気と今聴いても廃れていないカッコよさ。そんな共存関係に癒されてました。

個人的には意外に2作目の『動乱』が好きなんですが、クラッシュの中ではあまり人気の無い盤でして。まあ『白い暴動』に比べれば落ち着いてますし、『ロンドンコーリング』に比べれば物足りなさを感じてしまう部分があるからでしょうか。

それでもクラッシュの楽曲は全体的に聴きやすい楽曲が揃っているように思います。

ロンドン・コーリング

ロンドン・コーリング

 
白い暴動

白い暴動

 
サンディニスタ!

サンディニスタ!

 
動乱(獣を野に放て)

動乱(獣を野に放て)

 

アーセナルvsブライトン

復帰後、初戦よりはいいものの・・・。

アーセナルvsブライトン』

Arsenal press conference live: Mikel Arteta on Leno injury, Maupay ...

シティ戦は怪我人の続出、正直全くと言っていいほど機能していなかった組織、チームとしての士気の低さ、全てにおいて格というか次元が違い過ぎた試合だった為、完全なる茫然自失状態に陥っておりました。

次こそはと思って観ていた本戦でしたが、これまた落胆してしまうような事態が続きました。

前節よりは希望が見えるシーンも多かったので、そこにすがりたいところではありますが、とにかく足りないものが多すぎる。というか増えている。

普通にCBが足りないであるとか、中盤での創造性が足りないだとか、決定力が足りないだとか、そういったところは重々承知していますが、そういう問題じゃないところを感じてしまうところに問題の根深さを感じます。

相手は降格圏ギリギリのブライトン。とはいえ序盤からセットプレーでの迫力もありましたし、速攻でのシンプルな切れ味も脅威を感じました。要所要所でのプレーの質や判断力の質等から免れていたところがあったと思いますが、終了間際での得点はそれらが積み重なった結果から起きた必然だったようにも思います。

対するアーセナルはといえば、ビルドアップにしろトランジションにしろ、とにかくぼんやりとした印象で怖さが無い。

守備に関してはとにかくラインコントロールが微妙で、安心してオフサイドを取らせるようなシーンは皆無でしたし、セカンドボールにしても後手後手。レノのセーブ頼りだったところがあったものの、そのレノすらも負傷してしまうという状況。怪我の程度もそうですが、本当に立て直しが難しいところだと思います。

攻撃に関してはアーセナルらしいスムーズなつなぎからのフィニッシュを見せるシーンも何回かありましたが、それもほとんど決まらず。

連携の不均衡やアイデア不足から脅威が見えるシーンが少なく、これまた難しい課題が増えました。

まあ開始早々でコンディションにばらつきがあり、監督との意思疎通も途切れてしまっている部分も多少なりともあるかとは思うので、その辺がどう改善されていくのか、とにかく勝っても負けても楽しいサッカーを期待したいものです。