Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

そうだ東北に行こう~東北巡業編Ⅱ~

以前から行ってみたかった「寒河江スケートパーク」を目指します。

山形に入り、蔵王インター周辺でこの旅初の渋滞に巻き込まれました。

そして気温を見たら39度。イメージと違う東北の姿に驚きしかありません。

そのまま景色を見ながら走っていると右手に雰囲気のいい古着屋を発見。これは戻るしかありません。「サニーコレクション」13:40。

ameblo.jp

店内に入ると当たりの雰囲気。ここでも夏のセールをしているということを店主から教えていただき、そのままトークに。

神奈川から東北一周に来ていることを告げると、その方も先週神奈川にいたとのこと。驚きと共に更なる驚きが。

次にどこに行くのかと聞かれて、実はスケートパークに向かう道中で、たまたまこの古着屋を見つけ、戻ってきましたと伝えたところ、何と偶然そのスケートパークを作られた方が隣接のカフェに。

「もしお時間良ければ一緒にお茶でもどうですか」とのことで、当然ご一緒させていただきます。

話を聞くと、この前までは湘南のパークを作っており、その前は三重に大きなパークを作っていたとのこと。

そこから常連の方で車と時計とビンテージ古着にやたらと詳しい方も交えて、なんやかんやで3時間近く話してしまいました。

パークを作られた方も友人と滑るということで、一足先にパークへ向かいます。

自分もオーナーの方や他の常連の方などと話し、パークを目指しますました。

その前に買っていた弁当を食べます。これもh-RD激推しの「牛肉どまん中弁当」。

米沢名物牛丼弁当 牛肉どまん中

その名の通り牛肉だらけで、あの高価な米沢牛を食べれるということで、駅弁好きな私としては一石二鳥。これは間違いなくマストな駅弁だと思います。

さぁ本題「寒河江スケートパーク」16:50。

日が暮れてきていることもあり、少しは滑りたかったんですが、軽く写真を撮って終了。

それにしても大きいパークで、海外を彷彿とさせる作りに、興奮しかありませんでした。

そして巧い子が多かった。このパークで練習すれば巧くなりそうな気配。

先ほどの古着屋で知り合った方も帰り際に発見したのですが、友人と滑られていたので声を掛けずに立ち去りました。次は是非ご一緒したいところです。

余談ですがパークで夕日をバックに流れていたボーンスリッピー、最高のシチュエーションに最高の音楽。どんだけ最高なんだよと一人突っ込んだことは忘れられません。

そこから目指すのは「幻想の森」18:50。

到着時にギリギリ明かりがある程度だったので迷ったんですが、迷ったら行け。そのもっとーで突き進みます。

が、不安しか掻き立てられない道のり。どんどん暗くなる一方ですが、それでも進みます。

山奥に入っていくこと15分。ようやく目的地です。

到着した頃にはこの暗さ。

それでもここの幻想感、神々しさみたいな空気感は感じたし、何よりそこまでの道のり込みでの体験。一人その場で思慮にふけり、暫し空気感を感じます。

どの秘境も廃墟も帰りの道のりは早く感じるもので、ここも帰りはあっという間。

転落だけ気をつけ、ただただ下ります。

近くにあったドライブインへ。

「白糸の滝ドライブイン」20:00。

車を降りた瞬間突風でドアと自分が持っていかれるほどの強風が。

そうです。台風が接近していたんですね。

車を川寄りに止めていたんでが、車すらも動きそうな強風だったので、一旦後ろに下げ、川岸の何故かライトアップされている鳥居をパシャり。

風と不穏な月、暗闇でのライトアップが相まった鳥居の雰囲気は抜群でした。

そこから近くで温泉を探しますが時間的にほとんど無く道の駅へ。

「庄内みかわ」20:30。

これにて初日終了。長い旅になりそうです。

久々にあの頃のキムタクが帰ってきた気がした~グランメゾン東京編~

とりあえずお帰りと言いたい。

「グランメゾン東京」

「グランメゾン東京」の画像検索結果


[新ドラマ]『グランメゾン東京』10/20スタート!! 放送直前SP 2分ダイジェスト【TBS】

正直なところ最近のキムタク主演ドラマには悲観的でした。

「これぞキムタクの真骨頂」といったようなヒーロー然とした、ひたすらにカッコいい、それでいてキムタクにしかできない役柄をやったドラマは2005年にやっていた「エンジン」なまで遡る気がする。

まあ個人的に「エンジン」はそこまでで、更に遡った2004年の「プライド」が最後のキムタクらしいドラマになるわけだけど、それくらいキムタクらしいドラマというものが無かった。

あくまでも、ある意味での演技の過剰性や、オリジナリティが立ったキムタクらしい作品はあったと思うけど、「アイコン的なカッコ良さ」という一点においては無かった気がする。

それは社会的にも求められていなかったり、ドラマ的にも求められていなかったから作られなかったのかもしれないけど、私自身はこういった一人の人間力、「らしさ」にフォーカスした作品を待っていたし、キムタクにはそのアイコン的なカッコ良さがあると思っていた。

それが本作では存分に出ていて、冒頭の展開から、フランスという都市を意識したカットが続き、登場の仕方やその出で立ちもこれぞキムタクといったところ。

脚本も見事で、終盤にかけてのカタルシスの持っていき方と人物描写のテンポが実に心地良く、登場人物のバランスも絶妙で最高。

エンドクレジットを観ていると脚本は黒岩勉さんという方で、ライアーゲーム(シーズン2)であったり、ストロベリーナイト、ようこそわが家へ等とミステリー系が多い印象。

今後の展開を考えるとそういったことも影響するのかしないのか。どちらにしろ初回を見る限りは良い仕上がりなんじゃないでしょうか。

まだ1話しか公開されていないにも関わらず、個人的にはかなりグッと来てしまった作品で、今後が楽しみな次第です。

まだまだ展開は読めないしこの先どうなるかはわからないけど、とりあえずの「らしさ」の部分は存分に発揮されている気がしたのでとりあえずこの先を楽しみにしましょう。

ジョーカー

人の価値観に意味があるのか。

「ジョーカー」

ポスター画像


映画「ジョーカー (原題)」US版予告

バットマン」の悪役として広く知られるジョーカーの誕生秘話を、ホアキン・フェニックス主演&トッド・フィリップス監督で映画化。

道化師のメイクを施し、恐るべき狂気で人々を恐怖に陥れる悪のカリスマが、いかにして誕生したのか。原作のDCコミックスにはない映画オリジナルのストーリーで描く。

「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きるアーサー。しかし、コメディアンとして世界に笑顔を届けようとしていたはずのひとりの男は、やがて狂気あふれる悪へと変貌していく。

これまでジャック・ニコルソンヒース・レジャー、ジャレット・レトが演じてきたジョーカーを、「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスが新たに演じ、名優ロバート・デ・ニーロが共演。

ハングオーバー!」シリーズなどコメディ作品で手腕を発揮してきたトッド・フィリップスがメガホンをとった。第79回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、DCコミックスの映画化作品としては史上初めて、最高賞の金獅子賞を受賞した。

とにかく痛々しい。なのにカッコいい。

単なる人物像としてはそうでもないんだが、なぜだろうカッコいいという言葉しか出てこない。

アーサーが髪を染め、ジョーカーへと変貌し、階段で踊るシーンなんかは色々な感情が込み上げ、それでもこの男への羨望の眼差しを向けずにはいられなかった。

ただただカッコいいと思ってしまったし、いつまでも観ていたいと思ってしまった。

珍しく、一回では全く消化できなかった作品で、早々に二回目を観に行き、それでもようやく理解できた程度。

個人的にはマーベルにしろDCにしろアメコミヒーローといった類のレッテル張りに疑問があったし、そこにカタルシスを感じたこともなったので、娯楽映画として以外はほとんど観てきませんでした。

それを変えたのが「ダークナイト」だったり「スパイダーマンス パイダーバース」だったり。

blcrackreverse.hatenablog.com

どちらにせよヒースレジャーの怪演だったり、斬新なアニメーションだったりの力があってこそといった感じでした。

そういった意味で本作は稀な作品で、音楽、ファッション、世界観、役者、カメラワーク、脚本。それら全てに引き込まれ、特異な感情と共に作品に飲まれてしまいました。

自分の中に沸々と溜まっていた社会への靄が露呈したというか、炙り出された気がして、ある種の価値観が揺らいだ気すらしてしまっています。

珍しくパンフレットも早々にソールドし、今となってはソールドの劇場も増えているんじゃないでしょうか。このパンフレットは内容も然ることながら、装丁もかなりしっかりしたものになっており、絶対に買いだと思います。そして映画秘宝もご一緒に。

映画秘宝 2019年 11 月号 [雑誌]

映画秘宝 2019年 11 月号 [雑誌]

 

本作では真面目で優しかった男、アーサーがどのように変貌し、ジョーカーへと至ったかが描かれているわけですが、その過程が実に現代にも通じ、自分とも重なることか。

人は社会的にであったり、他人との比較であったりと、多かれ少なかれ他者との価値観を擦り合わせる中で自分を調整し、平穏を保とうとしている気がします。

それでも、当たり前ながら自分の意思や思い、感情を持ちながらも、しばしばそれらを諦めて生活していく。

しかし、それをすることに意味があるのか。迎合し、他者と分かりあい、排除されないように振る舞うことで何が生まれるのか。

「他人を理解することが大切だ」とか「我慢も必要だ」とか「社会人になったら」とかそういった類の言葉をよく聞くし、自分自身も言われてきた。

でも、それらは本当の意味で自分を救ってくれるのか、疑問に思う時が多々あった。

実際にどっちが良いとか悪いとかの議論は無駄だと思うし、それこそ個々の価値観によるところが大きい気がしてしまいます。

それを一番象徴しているのがモラルじゃないかと。

「ポイ捨ては悪」「公共の場でのマナー」他にも挙げればきりがないけど、そういったものって結局個人の主観の問題だし、それらを守っているけど、他の部分で何かしらの悪態は普通にしてしまう。

分かり易いところで言うとポイ捨てを悪として捉えている人も、食べ残しをしたりごみの分別を怠っているかもしれない。それは行為としては異なるかもしれないけれど、不要なごみを出したり環境を汚すということに関しては同一なわけで、それらの善悪を捉えているのはあくまでも主観に過ぎない。

そういった各人が理想とする主観によって世界が構成されているんだという皮肉を本作で観た気がした。

作中でジョーカーが問う、「笑いは主観であって、善悪も同様」ということ。「人生は悲劇でなく見方によっては喜劇である」ということ。

人々はそうしたレッテルを張ることによって、色々なことを正当化し、満足感や幸福感、正義感などを得たいと思っている。

そういったものをことごとく否定し、「個」としてのジョーカーが確立した終盤に驚きと共にカタルシスを感じてしまった。

それがピークに達するのが「Whte room」が流れるシーン。


Cream - White Room | Joker OST

皆が模倣し、仮面を被り、ジョーカーの真似事をする様を車中から見守る。

模倣はオリジナルを超えられないし、模倣でしかない。そんな現実をあざ笑うかのようなところにこのメロディが実にマッチしていた。

映画至上でも最高にカッコいいシーンなんじゃないでしょうか。というかカッコいいシーンがあり過ぎました。

皆に崇められ正義の象徴である警察、パトカーの上で踊るジョーカーの姿にヒーローになったという考えもあるかもしれないけれど、個人的にそんなことは一切無くて、むしろジョーカーはそれらをあざ笑っているかのように感じた。それも全てジョークなんだと。

ラストのカウンセラーとの面談シーンにおけるやり取りもそんな一般大衆へ向けた目線と同様に「あなたにはわからないと思う」と思いついたジョークを言わず、一蹴する場面があるが、それも他者と価値観を共有することの無意味さを問うている気がした。

そして本当のラストシーン。血の足跡を付けるシーン。

血の足跡にはジョーカー本人の決意とメッセージ。「自分の軌跡くらい自分でつけるよ」といった意思を感じた。

語りたいことは他にも山ほどあるけれども、それをこの場で語るのは野暮かもしれない。

とにかくいつも思うけど、生で体験すること。それが出来るうちにしておくこと。そういったことが重要だと改めて思う。

最後に、この映画を観て、ジョーカー的にはハッピーだったという人もいるかもしれない。けれども個人的にはこの物語は全然ハッピーでも無く、だからといってアンハッピーですら無い。

それすらもどうでもいい、ただの主観的事実、ともすると事実ですらないジョークなんだなと思った。

そんな自分の主観を、そして価値観を問われた作品な気がした。

書いているうちにもう一回観たくなってきた。

さてどうするか。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト

男の美学を観た。 

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」

ポスター画像

マカロニ・ウエスタンで知られるイタリアの巨匠セルジオ・レオーネが1968年に手がけた作品で、日本では当時「ウエスタン」の邦題で短縮版が公開された一作。

「荒野の用心棒」(64)、「夕陽のガンマン」(65)、「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」(66)で3年連続イタリア年間興行収入ナンバーワンを記録したレオーネが、方向性を大きく変え、自らの作家性を強く打ち出した野心作。

大陸横断鉄道の敷設により新たな文明の波が押し寄せていた西部開拓期を舞台に、女性主人公の目を通して、移り変わる時代とともに滅びゆくガンマンたちの落日を描いた。

ニューオーリンズから西部に嫁いできた元高級娼婦のジルは、何者かに家族全員を殺され、広大な荒地の相続人となる。そして、莫大な価値を秘めたその土地の利権をめぐり、殺し屋や強盗団、謎のガンマンらが繰り広げる争いに巻き込まれていく。

初公開当時、ヨーロッパでは高い評価を得たが、アメリカでは理解されずにオリジナル版から20分短縮されて興行的にも惨敗。日本ではアメリカ版からさらにカットされた2時間21分の短縮版が「ウエスタン」の邦題で公開された。

初公開から50年を経た、レオーネ生誕90年・没後30年にもあたる2019年、原題の英訳「Once Upon a Time in the West」をそのまま訳した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」に邦題をあらため、2時間45分のオリジナル版が劇場初公開される。

冒頭から固唾を飲むスタート。

何が起きているわけでも無いんだけれど、空気感がそうさせるのか、一音一音ただただ聴き入り、映像に集中する。

とにかく無音の使い方が秀逸で、それ故に何度も引き付けられた。

音もそうだが、それ以上に感じたのがその生々しさ。

以前の「恐怖の報酬」でもそうだったが、昔の作品を映画館で観ると、本当に生々しい。加えて本作の監督であるレオーネはアップのカットを多用するため、余計にそう感じたのかもしれないが。

blcrackreverse.hatenablog.com

西部劇やマカロニウエスタン映画を観ていると毎回思うけど、本当に男って感じがするというか、とにかく理屈抜きにカッコいいんですよね。それも見た目のカッコ良さを超えた、滲み出る存在としてのカッコ良さみたいなのがたまらないです。

やっぱそこにはスタイルというか生き様があって、それを観る為にそういった映画を観ていると言っても良い程です。

本作も多分に漏れず、そういった感覚で観ていたんですが、終盤のシーンでそれは違ったかもしれないと思わされました。

それがフランクと決闘のシーン。

ロングショットからのアップで撮られるシーンの緊迫感はさすがの一言でしたが、その時、何とも言えない感覚に陥りました。

人はなぜ生きるのか。男らしさとは。生きがいとは。

そんなことに対する、まとまるはずのない考えが一つの回答として浮かんできたのです。

それが

「男にはやらねばならぬ時がある」

という至極単純なこと。

理由とか目的とかそんなことはどうでもよくて、ただ単にやらなきゃいけないと感じることを即座に行う。多くの人はそういった状況を作ること自体を無意識のうちに避けていたり、直視しなかったりすることで「そんな機会は無いよ」と一蹴してしまうんでしょうが本当はそれを見て見ぬふりしているだけ。そうした方が苦痛は少ないですし、嫌なことも減らせるからそう思いたいんです。

ただその状況に向き合い、それらを見せられた時、生き様としての滲み出るカッコ良さだったり、生きがいを見出せるんじゃないでしょうか。

余談ですが個人的には本作の中でシャイエンがそういった意味でのカッコ良さを一番体現していた気がします。率いていた集団のファッションも然ることながら、それ以上にしっかりとした信頼と信念。終盤でのジルに対する対応なんかも含めて最高にカッコ良かったです。

それにしてもモリコーネの音楽は本当に心地良いですね。

Ennio Morricone: The Platinum Collection

Ennio Morricone: The Platinum Collection

  • アーティスト: Ennio Morricone,Ennio / Pontecorvo, Gillo Morricone,Bruno Nicolai,Gianfraco Plenizio,Franco Tamponi,Pierluigi Urbini,Edda dell'Orso,Alessandro Alessandroni,Giulia deMutis,Gianna Spagnulo,Jackie Lynton
  • 出版社/メーカー: EMI
  • 発売日: 2007/02/19
  • メディア: CD
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

それをあの映画館という空間で聴けるだけでも感謝でした。しかもレオーネの作品で。観れるうちにこういった映画は映画館で観るべきだなと改めて思わされました。

ウエスタン [Blu-ray]

ウエスタン [Blu-ray]

 

そうだ東北に行こう~東北巡業編Ⅰ~

遅くなりましたが夏の思い出を振り返りますか。

出発は8月14日22:30。

今回は夏なので普段できないことをしようと思い立ちまして、行ったことのない東北旅へ。

東北と言えばフジロックで新潟に行ったり、スノボーに行ったり程度で、純粋に観光等で東北を訪れた記憶がありませんでした。そんなこんなで具体的なルートも決めず、出発しました。

というのも決め出すとキリがないのと、気ままな旅がしたかったので。とはいえ、目的地を決めないと移動すら出来ません。なので最初の目的地を決めます。

「霧幻峡」

福島県にある幻想的な川なんですが、ちょうど早朝に着きそうだったのでここにしました。

「霧幻峡」8月15日4:30。

朝と夕方に幻想的な姿を見せる日があるとのことだったんですが、どうやらその日でした。

早朝にも関わらず湿度を纏った生温い気温。それがこの靄を運んできたのでしょう。都内と異なる人一人いない無の空間に旅に出たんだと言うことを実感させられました。

夜に出発し、この時間ともなれば、お腹が空くのは当然なわけで、朝食を求め、次なる目的地を決めます。

ルールというほどでは無いんですが、その土地を楽しみたいということもあって、コンビニには絶対に寄らない。それに加えて普段食べれるものも食べない。それだけはぼんやりと頭にあったように思います。

そして向かったのが福島県喜多方市「あべ食堂」。

tabelog.com

何やら朝ラーというのがあるらしく、朝からラーメンを食べに行くことに。喜多方界隈は他にも色々なラーメン店があったのですがラーメンのビジュアル一発でここに決めました。

「あべ食堂」8月15日8時。

にも関わらず数名が並んでいるという状況で、朝ラーの威力を思い知りました。ただ、回転も早く、待つこと数分で店内に入れました。

店内も朝とは思えない活気で、とりあえずラーメンを頼みます。

喜多方ラーメンは食べたのが2回目で、1回目は学生の頃、ただこの時のことはほとんど覚えていなかったので、ほぼ初体験。

感想はベーシックな醤油ラーメンと言ったところ。不味いわけでは決して無いんですが、期待値が高かったのか、さほど驚きもなく、喜多方ラーメン自体あまり合わないのかもしれません。

まぁこれも来て、食べてみないとわからないし、人によって当然違うと思うので、良い経験となりました。

そこからh-RDに勧められた駅弁を調達しに「新杵屋」を目指します。

「新杵屋」8月15日11時。

www.shinkineya.com

さすがにすぐに食べるわけではなく、調達して先を目指します。

福島駅前も思ってたほど大きくなく、やはり郡山駅とかの方が大きいんですかね。まぁ情報をほとんど入れずに動いていたので、所々に発見が尽きません。

ここでお待ちかねの地方都市古着屋探訪、近くにあるところでいい感じの店を直感でチョイスします。決めました。

「HANG OUT」8月15日11時20。

f:id:Blck:20190916104712p:plain

福島駅から数分で着きました。店内は夏のセールを行っており夏物がかなり安くなっておりました。

セレクトも、中々良く、ステッカーやバンダナ、ワッペンといった小物の品揃えも充実していました。

ゲットした品はこの2点。

タイダイのTシャツは店頭ディスプレイに飾られており、購入後一旦店を出て気付き、戻って購入しました。このバランス感のタイダイはあまり見ないのとサイズ感が合いそうだったので。

さぁ次は山形へ。

Power Push~2019年9月~

やはり菅田将暉という男は底が知れない。役者としてはもちろんのこと、ファッション、そして音楽までもここまで良いとは思いませんでした。正直楽曲的には色々なオマージュが見えるところに賛否両論はあるかと思いますが、それを上回るのがその人間力と表現力。誰が歌うかという意味において、菅田将暉という男は頭一つ出てることを実感させられました。

現代のエモさを過去と現在をつなぎ表現する。声色のエモさも相まってとにかくエモいの一言。

若者たちへ

若者たちへ

 
きらめき

きらめき

 
オレンジチョコレートハウスまでの道のり

オレンジチョコレートハウスまでの道のり

 
トンネルを抜けたら

トンネルを抜けたら

 

歌詞とメロディの世界観が見事で、聴くほどに深みを増していく沼にハマってしまいました。

洋楽はこの一択。最近はサントラが良い作品も増えてきていますが、この一枚は本当に聴きこみました。60年代の楽曲はほとんど聴いたことが無かったんですが、こんなに良かったとは。楽曲から受ける陽気な時代性に、聴いていて気持ちが挙がること、間違いないです。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

 

アーセナルvsボーンマス

ハマらないとなぜこうもハマらないのか。

アーセナルvsボーンマス

「arsenal」の画像検索結果

以前からムラが激しいのは変わらずですが、本当にアーセナルは他のチームに比べてそれが激しい気がします。

中盤はジャカ、グエンドウジ、セバージョス。

やはりジャカとグエンドウジは最近の定番で、プラスアルファが誰になるかといったところ。エメリとしてはかなり評価が高いんでしょう。

今回はアンカーに近い形で二人を使っていたように思う場面もありましたが、個人的にはアンカーに置くならトレイラの起用の方が良い気がしてなりません。

前節のEL戦が良かっただけに、今回は目につく所が目立ちました。

ソクラティスの読みの甘さ、チェンバースの不用意なパス、ペペのボール離れの悪さ。

特に気になったのがペペ。加入後これといったプレーが出来ておらず、結果を出したいのはわかるんですが、少々ボールを持ち過ぎな気がします。足元も確かに上手いですし、フィジカルも申し分ない。それだけにもう少し上手く立ち回ってほしい所です。ゴールにつながったコーナーキックはかなりいいボールでしたし、焦る気持ちを抑えてチームにフィットすることを願います。

逆にマルティネッリは若さからくるのか、献身的なプレス(少々行き過ぎるところもありましたが)、的確な飛び出しとポジショニング。成長著しく、今後への期待は高まります。

今回は若干迷走中だったボーンマスが相手だったので難を逃れましたが、危ないシーンも数知れず。SB裏を突かれるシーンなんて危なっかしくて見ていられませんでした。

相手がミスしてくれたから良かったものの、それが無ければ2点は失点していたことでしょう。

とりあえず、選手が揃い、面白くなってきたことは間違いないです。まずは勝ちを積み重ねることから。