Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

アメリカンビューティー

狂気的でいて普遍的。意外に日常はこんな感じなのかもしれない。

「アメリカンビューティー」

40歳を過ぎた広告マンのレスター・バーナムと上昇志向たっぷりの妻キャロリン。彼らの家庭生活に潜む歪んだ真実が徐々に暴かれていく。妻は夫を憎み、娘のジェーンは父親を軽蔑している。そして会社の上司はレスターにリストラによる解雇を告げる。そんな毎日に嫌気が差したレスターは、人生の方向転換を図る。しかし、自由と幸せを求めるレスターを待ち受けていたのは、あまりにも高価な代償だった。

これでコメディっていうんだから恐れ入りました。実際画作りが重厚なだけで、内容はコメディ要素多くて笑えるシーンも多々あります。

ストーリー自体に凄い魅力があって、「人生とは?」といったことを様々な観点から考えさせられました。

主人公は娘の同級生を好きになるというクズっぷりなんですけど、そこから始まる人生への問い、行動、こういうことってあるよな、そう思わせてくれるような感じに惹かれていきます。

周囲の登場人物からもそうした人生への問いを考えさせられます。現状に甘んじるのか、変わる努力をするのか、普通がいいのか、変わっていたいのか、やりたいのか、やりたくないのか、こういったあらゆる感情に対しての自分自身の向き合い方みたいなものを考えながら観ていました。

主演のケヴィンスペイシーはとにかく演技が上手い。私が最初にそれを感じたのは「ハウスオブカード」という海外ドラマだったんですけど、やっぱり凄かった。目力があります。絶妙な掛け合いや表情なんかも個人的にはかなりツボでした。 

 アメリカンビューティーという本作のタイトルはバラの品種の名前のようですが、純粋なアメリカの美という観点からみても面白かったです。表面上の取り繕いを美と呼ぶなら本質的な美は見い出せない。そう思いました。

ちなみにサントラも最高でした。70年代のロックが要所要所でかかりますが、それもテンションあがります。あの時代独特の良さがサウンドからも滲み出てまして。個人的にはエリオットスミスのビートルズカバー「because」が良過ぎましたが。やっぱりエリオットスミス最高です。


American Beauty, Soundtrack - Elliott Smith - Because

とにかくジャケットを観ても敷居の高そうな映画に見えますが、そんな気なしに気軽に観ることをおススメします。 

アメリカン・ビューティー [Blu-ray]

アメリカン・ビューティー [Blu-ray]

 
アメリカン・ビューティー [DVD]

アメリカン・ビューティー [DVD]

 

モヤっとACTRASHLY~静岡編Ⅱ~

さあ本来の最初の目的地「玄岳ドライブイン」へ。

正直すぐにわかると思っていましたが霧の影響か見つからずにスルー。再度確認して戻ると恐らくこれじゃないかというものをKが発見し何故か動揺しておりました。車を停めてそこに向かうとすぐに動揺の理由が判明しました。霧効果もあったんですが、予想以上に大きい。要塞かと思うほど。

とにかく行ってみましょう。

外側を周り、森に崩落しそうなテラスへ。

もうホントどこにいるのかわかりません。ラピュタもびっくりの天空の城状態です。

何か音がしたため息をひそめていると中に人がいる様子。とりあえず入ります。

すぐさまその人と遭遇しましたが自称管理人とのこと(外人かつ若者だったため、怪しさMAXでしたが)。そのまま上に向かいます。

恐らく3階建ての作り、といっても3回は謎の時計仕掛けの部屋でしたがw。

それがこの部屋。

階段を登りながら見えた瞬間鳥肌が立ちました。ここは映画「SAW」を思わせる拷問部屋のような作り。何のための部屋なのか、とにかくすごい圧倒感。

実際この建物自体もドライブインとして稼働していた時代はあったわけですが、中の広さから考えると随分とコンパクトな作りなわけで。通路とか狭すぎです。

本日はこれにて終了。

本当は「Pランド」というところも行く予定だったのですがここはまたリベンジします。というか行ったんですが草木がすごく、秋冬に行く方がベストだということになりまして。ちなみに宿泊した宿は「Pランド」からほど近い場所でそれにも驚きましたがw。そーいえば宿にはドラムセットが入口にあって何であるのか聞いたらその従業員は「今日が初日でわかりません」という神がかった回答だったななんて思ったり。

プレミアリーグ17/18開幕

いよいよといった感じですね。

今年は視聴環境も整ったのでようやくといったところです。

開幕節はスポナビライブで無料配信なのでとりあえず観てみるのもいいかもしれないですね。

スポナビライブ:人気スポーツの生中継が見放題

ちなみにこれを使ってみていますが、中々使い勝手コスパ含めて良いですよ。何か観る際に「やっぱりテレビで」という方はおススメです。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

 

とりあえず8月中は移籍市場も動くので安心はできませんが、アーセナルも新加入ラカゼット、コラシナツはフィットしていた感じで一安心です。

「players pre match yesterday」の画像検索結果

まあサンチェスの去就やスリーバックの不安定さなど不安要素は拭え切れていませんが、とりあえず勝ったので良しとしましょう。

スタートが良過ぎて、失速されても困りますしね。

ゆるく楽しんでいこうと思います。

御岳山に登ってみた

実は先日大山に登りまして、登山というものをはじめました。

最近はホント肉体を酷使することにハマっています。以前はそんなことなかったんですが、心境の変化ですかね。

ということで御岳山に登ってきました。

www.yamakei-online.com

ケーブルカーで途中まで行けたみたいなんですが、それでは登る意味が無いということで全行程歩いて向かいました。

道はほとんど補整されていて、あまり登山感は無かった気がします。そして確実に大山の方がきつかった気がします。

まあこのタイミングでこういった山にも登っておかないと登る機会を失ってしまう気もしたので行って良かったですが。

夏休みということもあって家族連れやカップルなども多く、結構な人でにぎわっておりました。

ロックガーデンという岩場もあって、夏の暑さが軽減されていた気がします。

正直登山の時に絶景を撮るとか、野鳥を撮るなどの目的もなく一眼を持って行くのはキツイですね。今後の課題です。コンデジでも買おうかな。

そんなこんなで途中からかなりの豪雨にあいまして、ほぼ無装備の我々はその中をひたすら歩きます。ほぼ試練といったところです。

こうやって意図的にブレさせて撮るのも良いな。なんて雨の中思ったり思わなかったり。

夏だというのにかなりの寒さ、山をなめるとどうなるか。今後の装備の良い参考にもなりました。普通はそれ以前に最低限は揃えるんでしょうが。

とりあえず次回に向けて靴とバックパックくらいは揃えようと思います。あっ、レインウェアもでした。

モヤっとACTRASHLY~静岡編Ⅰ~

今回は久しぶりにactrashlyで静岡へ行ってきました。とにかく連日霧続きでこんなタイトルです。

出発は10時と遅めのスタート 。車中ではとにかく喋る喋る。毎度のことながら話が尽きません。順調にスタートしたのもつかの間、箱根付近で渋滞に巻き込 まれ、道を間違え。

伊豆スカイラインの料金所ではどこまでですかと聞かれても、正直よくわかってないなので適当に述べる始末。そこからはまるで映画「ミスト」かと思わされるくらいの霧の連続、数メートル先すら見えません。 

ミスト Blu-ray

ミスト Blu-ray

 

 そんなこんなで走って いるの右手に気になる建物に遭遇。速攻でUターンして見に行きます。フットワークは軽くなったなと感じつつ(登山やボルダリ ングの影響か?)「ドライブイン湯河原峠」に到着。

はい、確実に廃墟ですね。

建物が地面にあるのかどうかも疑わしいほどの 幻想感。とにかく存在感がありました。正直精神と時の部屋にいるのかと思うほど空間認識力が鈍りました。

霧の影響と退廃し た色味が絶妙なコントラストを生み、凄く好みの感じでした。

なんとなく最近はペールトーンな写真が好みなので。

何故かセコ ムが稼働しているという矛盾。

いやこれは稼働しても意味が無い気がするのでフェイクなのかと思いましたが、入るのはやめて おきました。

では行きましょうか。

ベストキッド

最近は自己研鑽が止まりません。

ということで今回は

「ベストキッド」

これは中々良いリメイクじゃないでしょうか。


『ベスト・キッド』予告編 8/14(土)公開 8/7,8 先行上映決定!

父を亡くし、母とふたりで新生活を求めてアメリカから北京に引っ越してきた少年ドレ(ジェイデン・スミス)。
言葉も文化も違う新しい環境になじめず、地元のカンフー少年チェンたちにいじめられる毎日。
逃げ道ばかり探していたドレは、ある日、マンションの管理人ハン(ジャッキー・チェン)に助けられる。
実はカンフーの達人であるハンは、「自分を守るために使う」条件でドレにカンフーを教え始める。
ひたむきに訓練を重ね、逃げずに立ち向かうことの大切さも学んでいくドレ。そしてついにチェンとのカンフー決戦に臨む・・・!!

とりあえず観終わるとすっきりします。それくらい伏線の回収や演出、カメラワークも自然でした。

正直無理があるようなシーンもいくつかありましたが、それをおいても良い作品ではないでしょうか。

トーリーとしても本当に王道の主人公が成り上がっていくアクションものといった感じ。その中で師弟関係であったり、友情、恋愛なんかが描かれていく。まあよくある感じですよね。

配役のチョイスも絶妙で、主演のジェイデンスミス、ジャッキーチェンは本当にいいコンビ。この関係性だけでも観る価値ありです。

そして、挿入されている音楽が良い。クラシックからハードロックまで、かなり良いチョイスじゃないでしょうか。個人的にACDCからのレッチリが流れたところは最高に興奮した場面でした。

この映画の普遍的テーマであり、揺さぶられたセリフも印象的で

どん底から這い上がるのは自分次第だ」

というセリフは非常に胸に突き刺さりました。常に変えられるのは自分だけであって、他者を変えることはできない。当たり前でいて意識しないと忘れがちなことを思い出させてもらった気がします。

明日からも頑張ろう。そう思わずにはいられない映画でした。

気楽に観るには最適かと思いますので是非。 

KOSS SPORTA PRO

久々にヘッドホン買いました。

最近「underTØWN」でバンドを始めたんですがその練習の際に使用できる手軽なものを探してまして、こちらを購入しました。 

私はドラム担当ということで音の粒を意識出来、長時間付けていても負荷が軽いものを探しておりました。

色々な評価を見て、試聴もしたんですがこちらがコスパも圧倒的で、必要条件もすべて満たしていたので買ってみました。

結果

予想以上にいいですよ。

これはロングセラーの理由も分かる。音はKOSSらしいアメリカンサウンドで抜けの良い感じ。そして装着感が抜群にいい。試聴で短時間しかしてなかったんですが、全く疲れない。

コスパを考えたら最良の選択肢なんじゃないでしょうか。

ルックスはおもちゃの様な感じなんですが、個人的にはこのアメリカントイ的なところも含めて好みです。

ロックやパンクなどはもちろんですが、ジャズやソウル、R&Bなども聴き疲れしないのでおススメです。 

【国内正規品】KOSS オープン型ヘッドホン オーバーヘッド/ネックバンド兼用 SPORTA PRO

【国内正規品】KOSS オープン型ヘッドホン オーバーヘッド/ネックバンド兼用 SPORTA PRO