Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

散歩する侵略者

黒澤清の世界観は冒頭から漂い頭の中をじわじわと浸食されていく感覚。

散歩する侵略者

f:id:Blck:20170919211024p:plain


映画『散歩する侵略者』予告編 【HD】2017年9月9日(土)公開

カンヌ国際映画祭ある視点部門で監督賞を受賞した「岸辺の旅」の黒沢清監督が長澤まさみ松田龍平長谷川博己ら豪華キャストを迎え、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。

数日にわたって行方がわからなくなっていた夫・真治が、まるで別人のように優しくなって帰ってきたことに戸惑う妻・鳴海。それ以来、真治は毎日どこかへ散歩に出かけるようになる。

同じ頃、町で一家惨殺事件が発生し、不可解な現象が続発。取材を進めるジャーナリストの桜井は、ある事実に気づく。不穏な空気が町中を覆う中、鳴海は真治から「地球を侵略しに来た」という衝撃的な告白を受ける。長澤と松田が主人公の夫婦役で初共演し、長谷川がジャーナリスト役を演じる。

この監督が撮る作品ってどことなく不穏な空気が全編通して漂っているんですよね。それがいいんですが。

この映画はとにかく考えさせられる。何も考えずに観ていればそれはそれで終わるんですが、細部も気にして観ていると「あれっ」ってなる箇所が多すぎます。故に何回も楽しめる作品な気がしてなりません。

ストーリーとしては宇宙人に侵略される話なんですが、その方法が実に斬新。人間の概念を奪い、内部から自滅させていくという方法。これだけ聞くと何のことやらって感じなんですが、その細部が実に丁寧に描かれています。

人間が生きていくうえで自然と獲得していく概念。危険とは何か、仕事とは何か、家族とは何か、所有とは何か、愛とは何か、こうした概念が抜け落ちたとき、言語的な指針を失い、何を思うのか。

何も思わないと思うかもしれませんが、人は知らず知らずのうちに言葉を使い周りを定義付けながら生活している。その当たり前の生活を鋭く、かつ自然に抉り取るところに監督の手腕を感じます。

冒頭はエグイシーンから始まりますが、観終わる頃にはあれはあれで理解できてしまう。逆に理解できないなら何も考えないで生きていることになってしまう気がします。

難しいようでいて至極簡単な、それでいて良い回答が見出せないといったジレンマに終始戸惑い続けます。

鳴海(長澤まさみ)は夫である真治(松田龍平)が別人のようになって帰ってきて、最初は戸惑いながらも愛を再認識していくところなんか、自分にとって最大の謎でした。

人が人を好きになる時、外見を好きになるのか、内面を好きになるのか。どちらが欠けてもダメだというなら本作の二人の関係性は成り立ちません。

そういった疑問に次ぐ疑問を膨らませながら物語は進んでいきます。

配役のチョイスも素晴らしく、松田龍平は本当に宇宙人のようですし、長澤まさみの苛立った役柄もハマっています。あんな感じで長澤まさみに「やんなっちゃうなぁ」って言われるなら本望かも。

素直に笑える要素もある作品なので黒澤清作品としては取っ付き易い仕上がりになっているんじゃないでしょうか。

音楽もどこかコミカルであるのにスリリングなサントラが終始流れており、何とも言えないふわっとっとした気分にさせられます。

黒澤清の十八番である不穏さを暗示する小物使いや演出も健在ですし、頭に残るフレーズも多々あります。

とにかく細部を挙げるときりが無いので、自分で観て考えることをおススメします。

あなたが当たり前と思っている概念を失った時、どういった感情が生まれるかということを。

頭に思い浮かべて下さい。概念という概念を。

それ本当に必要ありませんか?

アーセナルvsチェルシー

コミュニティシールド以来でした。

アーセナルvsチェルシー


HN News - 白熱の“ビッグロンドン・ダービー”はスコアレスドロー、チェルシーはD・ルイスが一発退場

盛り上がりましたが得点が無かったのが悔やまれます。

アーセナルはELで4バックを試し、快勝して間もないですが、チェルシーもホームでの試合ということで観る前からそわそわ。

チェルシーも3バックのチームだった為、相性が良かったと言えばそれまでなんですが、とにかくリヴァプール戦の様なことにならず安堵しております。

今回も中盤のラムジー、ジャカには多少ヒヤッとしましたが、前線への推進力、サイドからの攻撃なんかは良かったんじゃないでしょうか。

それにしてもコラシナツのフィット感が半端ないですね。ほんとに今季から加入したのかと思うほどの存在感。これは良い買い物だったんじゃないでしょうか。

前半とうって変わって、後半でのカード続出、アーセナルがサンチェスを投入すればチェルシーアザールを投入という盛り上がりの多い試合でした。あとは得点だけが・・・

ともあれ、アーセナルは守備陣の安定感を高められれば、得点にも繋がっていくんじゃないでしょうか。

とにかくまだ序盤、今後に期待しましょう。

f:id:Blck:20170828220453p:plain

 

エイリアン

アートにも通ずる映像美。

「エイリアン」 

2087年。資源を積んで地球に帰還するノストロモ号は、とある惑星で正体不明の地球外生命体に遭遇。乗組員の体内に寄生したエイリアンはその腹を食い破って逃走。船内で次々とエイリアンの餌食になっていく仲間たち。最後に残された女性乗組員のリプリーは正体不明の生命体を相手に一人闘うことに……。

これが作成されたのが1979年っていうのが驚きだよ。

冒頭のALIENのタイトルが浮かび上がってくるスタイリッシュさ。モニターに映し出されるいかにもなタイピングなんかも凄くいい。

昔の出来のいいSFものって、今より技術は無かったかもしれないけど想像の領域がそれらをカバーしていたし、既存にない解釈で本当に未来感って感じがして好きなんだよな。

本作に関しても随所にその要素があるし、エイリアン自体の見せ方も抜群にいい。リドリースコット最高だよ。

カメラの暗部の弱さを利用した演出で、エイリアンの部分にフォーカスし、あえて全体を見せない。暗闇でこそ活きる生々しさ、粘着質な恐怖、こういったあるものでやっている感じが好きなんですよ。

ラストのコマ送りのようなフラッシュシーンも実に臨場感があるし、禍々しさも相まってカタルシスは最高潮でした。

午後のロードショーで久々観たんですが、やっぱこういった名作は観るべきですね。リアルタイムじゃない世代の人も。今の映画には無い良さがありますから。 

 

ダンケルク

映画体験の新境地へ

ダンケルク


映画『ダンケルク』予告1【HD】2017年9月9日(土)公開

ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話をもとに描く戦争映画。

史上最大の救出作戦と言われる「ダイナモ作戦」が展開された、第2次世界大戦のダンケルクの戦いを描く。ポーランドを侵攻し、そこから北フランスまで勢力を広げたドイツ軍は、戦車や航空機といった新兵器を用いた電撃的な戦いで英仏連合軍をフランス北部のダンケルクへと追い詰めていく。この事態に危機感を抱いたイギリス首相のチャーチルは、ダンケルクに取り残された兵士40万人の救出を命じ、1940年5月26日、軍艦はもとより、民間の船舶も総動員したダイナモ作戦が発動。戦局は奇跡的な展開を迎えることとなる。

出演は、今作が映画デビュー作となる新人のフィオン・ホワイトヘッドのほか、ノーラン作品常連のトム・ハーディキリアン・マーフィ、「ブリッジ・オブ・スパイ」でアカデミー助演男優賞を受賞したマーク・ライランス、ケネス・ブラナー、「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズらが顔をそろえている。

f:id:Blck:20170916123336p:plain

映画としてのストーリーがどうとかそういったことを超越した映像体験。さすがのノーランといったところでした。

初めてIMAXで観たのですが、これは間違いなくIMAXで観るべき作品ですね。ノーラン自身も70mmというIMAX用の特殊フィルムで撮影しており、そこで観てもらうことに強くこだわっているようですし。

作品の始まりは唐突です。冒頭の絵画的なカットに始まり、銃声の生々しい臨場感、まるでそこにいるかのようなカメラワークとスリリングなサウンドトラック。どれをとっても一級品の映画でした。

正直観終わった感想は虚無感と疲労感があり、良かったのかどうかも判断できない状況でした。

今思えばあそこまで没入し、映画と一体化していたらそうなるわなといったところ。

カラーグレーディングも非常に自分好みの表現で、映像美も素晴らしかったです。

ノーランはCGなどのデジタル技術がとにかく嫌いで、本作もフィルムを使い実写にこだわり撮影しているっていうんだから驚きです。戦闘機なども実機を借りて撮影したらしいですよ。

ストーリーに関しても極力ミニマムにまとまっていて、なぜこうなったのか、どういった作戦なのかといった説明は一切無いまま進んでいきます。会話に関してもほとんどないんですが、とにかく圧倒的な臨場感です。

サウンドも終始流れる時計の秒針のような音が危機感を煽り、全編を通して絶望感を味わいます。やっぱハンスジマーも天才ですね。

戦争に希望もひったくれも無いよなと本当の意味で思わされた作品でした。

疲れている時や精神的に滅入っている時に観たら確実に病みますw

とにかくこれを体感できるうちにぜひ劇場で体験するべきです。絶対に映画館で。できるならIMAXで。

Digginer's luck road~埼玉編Ⅱ~

入ってすぐ左手にかなり雰囲気有る佇まいでカラオケスタンドの登場です。

日の入りのスポットライト感が絶妙でした。メインとなる部屋が大広間の為かなりの解放感と異質感。

ここまで生活感があり、広い部屋は初めての気がします。

やっぱり建物から見る緑は最高ですね。

現状稼働している宿などから見る緑とは全然違う気がします。室内の暗さがそうさせるんでしょうか。二階に向かいます。

ここは各客室に分かれている感じでしょうか?

絨毯のブルーの退廃感すごく良いです。

なんだかわからないですけどこの部屋は非常に神秘的に感じました。光の絶妙な感じのせいなんですかね。

続いて地下に行ってみましょう。

地下はどういった場所だったのか見当が付きません。ラウンジでしょうか。

受付らしき場所もありましたし。余談ですが最近光をコントロールしてこういった残像で描く撮り方にハマってきています。

この建物は青の使い方が上手い。といっても廃墟になって思うだけだと思いますけどね。それにしても昔の家電のデザインって秀逸なものが多いですよね。こういう場所に来ると必ず思います。

ファッションも一緒ですが今は何でも平均値は上がり同質化が進んでいる印象があるので。

とりあえず恒例の撮影です。

やっぱ人が入ると雰囲気変わりますね。写真の意味合いも変わる気がしてよいです。帰りは別のルートから行ってみましょう。

山の中を歩いているかのような自然。前日の雨も相まってマイナスイオン全開です。シズル感が良いですね。

次なる目的地「矢納水力発電所跡」を目指します。時刻は10時40分。先客がいたので仮眠を取り、適当に近場を散策します。時刻は11時30分。まだいます。とりあえず昼を食べに行って再度戻ってくることに。時刻は13時。まだいます。ここは明日再訪することになりまして秩父の古着屋を目指します。「ANBAI WORKS」。価格もこなれており、品揃えもこれぞ古着屋といった印象。こういう店ってやっぱいいなと思いつつ、今回は戦利品無しでした。そのまま我らの日課「セカンドストリート」巡りが始まります、同乗のhR-Dもテンションが上がっております。本庄店と深谷店に行ってきました。共に良い収穫がありました。地方でこういったところに行くのも良いなと二人で盛り上がり、本日は終了です。

ベイビードライバー

車meets音楽=最高の化学反応

「ベイビードライバー」

f:id:Blck:20170911223037p:plain


映画『ベイビー・ドライバー』予告編

ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」などで知られるエドガー・ライト監督が、音楽にのりながら驚異の運転テクニックを発揮する若きドライバーの活躍を描いたオリジナル作品。

天才的なドラインビングテクニックで犯罪者の逃走を手助けする「逃がし屋」をしているベイビーは、子どもの頃の事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、音楽によって外界から遮断さえることで耳鳴りが消え、驚くべき運転能力を発揮することができる。そのため、こだわりのプレイリストが揃ったiPodが仕事の必需品だった。ある日、運命の女性デボラと出会ったベイビーは、逃がし屋から足を洗うことを決めるが、ベイビーの才能を惜しむ犯罪組織のボスに脅され、無謀な強盗に手を貸すことになる。

ベイビー役は、「きっと、星のせいじゃない。」で注目された若手俳優アンセル・エルゴート。ヒロインとなるデボラを「シンデレラ」のリリー・ジェームズが演じるほか、ケビン・スペイシージェイミー・フォックスといった実力派ベテラン俳優も共演。

エドガーライトは「ショーンオブザデッド」で好きになり、「アタックザブロック」で完全に惚れ込んだ監督。 

 どこかコミカルな要素とスタイリッシュな要素が混在する作品が多い気がする。気軽に観れるんだけど、深くも観れる。そんなところがお気に入り。正直外れることも多々あるんだけど本作は会心の出来でした。

予告の時点で観ることは確定してたんだけど、絶対に劇場で観るべき作品。

というのも音楽が実に良い。

冒頭のカーチェイスに始まり、ロングカットでの音楽の使い方、選曲の多様さ。とにかく音楽無しでは語れない作品。ここまで多種多様な音楽をよくまとめたな感心します。

カメラワークに関してもコインランドリーのシーンなんか絵画的な印象を受けるし、運転中の手元を映すシーンなんかは手元しか観てないのにかっこいいと思ってしまうほど。とにかくギミックへのこだわりが随所に感じられ、本当に飽きない。

さらに音楽も相まって、テンポの良さが際立ち、あっという間の113分。

正直カーチェイスに関しては冒頭以外に物足りなさを感じたけど、それを上回る世界観に引き込まれました。

こーゆー純粋な映画体験も時には必要だなと感じた一本でした。

アーセナルvsボーンマス

今回は良かったです。

アーセナルvsボーンマス


Арсенал VS Борнмут 3-0 Голы (09.09.2017) /アーセナルVSボーンマス3-0 / शस्त्रागार वीएस बोर्नमाउथ 3-0

ボーンマスが迷走しておりいまいちだったと言えるかもしれませんが、今回はガナーズらしいサッカーができたんじゃないでしょうか。

新加入のコラシナツは完全にチームにフィットし、攻撃の起点としても機能していますし、ラカゼットも悪くない印象です。

中盤のキープと最終ラインの不安定さはあるものの、今回の試合ではそれらも露呈せず、エジルも創造性あるプレーが出来ていたように思います。

サンチェスも途中交代され入ってきた際はアグレッシブな姿勢で仲間を鼓舞し、ジルーとの連携からチャンスメイクしており、相変わらずの存在感でした。ただ心なしかキレが落ちたのが気になっていますが。

とりあえず次戦に繋がる戦いが出来たんじゃないでしょうか。

f:id:Blck:20170828220453p:plain