Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

はじまりへの旅

変わっている人が本当に変わっているのか。

「はじまりへの旅」


ヴィゴ・モーテンセンら出演!映画『はじまりへの旅』予告編

ビゴ・モーテンセンが大家族の父親役を演じ、森で暮らす風変わりな一家が旅に出たことから巻き起こる騒動を描いたロードムービー

現代社会から切り離されたアメリカ北西部の森で、独自の教育方針に基づいて6人の子どもを育てる父親ベン・キャッシュ。厳格な父の指導のおかげで子どもたちは皆アスリート並みの体力を持ち、6カ国語を操ることができた。さらに18歳の長男は、受験した名門大学すべてに合格する。ところがある日、入院中の母レスリーが亡くなってしまう。一家は葬儀に出席するため、そして母のある願いをかなえるため、2400キロ離れたニューメキシコを目指して旅に出る。世間知らずな子どもたちは、生まれて初めて経験する現代社会とのギャップに戸惑いながらも、自分らしさを失わずに生きようとするが……。

監督は「アメリカン・サイコ」などの俳優で、「あるふたりの情事、28の部屋」で監督としても高く評価されたマット・ロス。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の監督賞をはじめ、世界各地で数々の映画賞を受賞した。

かなり気になっていましたが時間が合わず、映画館で観ることが出来ませんでした。

予告のルックスからして最高じゃないですか。普通って何なんだ、その問いに真っ向から挑む姿勢もあっぱれです。

疾走感ある映画でもないのに、一気に観終わってしまい、テーマが個人的にツボだったんだと改めて思い納得。

自分自身でも良く考える、「世間とのずれ」「普通とは」。歳を重ねるごとに、そのずれが本当にずれているのか、世間がずれているのかわからなくなることが増えてきました。

個人的には世間体というくらいなので体を気にすることが一般論であって、本当に正しいことを言っているわけではないんじゃないかと思っております。

みんなと一緒のことをして、みんなと一緒のものを買って、みんなと一緒の考え方をする。これって考えなくていいから楽だし、楽しいと思う。でも、同じであることが正しいのって安心感があるからなだけで、本当の意味での正しさは自分で持つしかないと思う。

本作でもそういったずれがしばしば出てくるんだけど、その都度考えさせられる。ただ本作に出てくる家族は皆、最終的に自分で考え、悩み、答えを出す。それは世間体に流されて出す答えでは無くて、自分自身から出てきた答え。そこにこの作品を良さが詰まっている気がする。

正直最後までそういった考えが正しい選択なのかはわからないけど、みんなと同じことをしたから正しいわけでもないわけで、結局その行動に責任が取れるか、取る覚悟があるのかということに尽きると思う。

作中にも出てくる「言葉よりも行動することが大事」。これを体現するところにカタルシスがあるように思った。

途中で出てくる、いとこ達との対比も実に面白くて、現代の当たり前でいうといとこ側に部があるんだけど、暗にそれが正しくないことを浮き彫りにさせられる。

とにかく物質社会や世間体へのアンチテーゼが気持ちいいくらいにはっきりしていて、非常に心地良かった。自分自身でも考え直さなきゃいけない部分もあるなと改めて思うし。

純粋に音楽やファッションも良いし、その辺も一貫性がある、他者との非同一性。みんなと一緒を望むなら、楽しむためにやる趣味やファッションなんてやめてしまえばいい。そう思わせてくれるだけで本作には意味があると思う。

ビゴモーテンセンも最高でした。 

とにかく全部最高でした。

はじまりへの旅 [DVD]

はじまりへの旅 [DVD]

 
はじまりへの旅  【サントラ盤】

はじまりへの旅 【サントラ盤】

 

Take Off Your Pants and Jacket by Blink-182

これも久々ですが俺の名盤もちょいちょい出してこうかと。

ということで本日は個人的な音楽の価値観を変えたと言っても過言ではない作品。

「Take Off Your Pants and Jacket」

f:id:Blck:20180218081622p:plain

もうタイトルからして悪乗りが過ぎるし、実際やってることも悪乗りしかない。でもそれがブリンクだし、俺の好きなブリンク。

当時高校生で洋楽などほとんど聴いていなかった自分に洋楽のキャッチーさ心躍る感覚を植え付けてくれた作品。

歌詞は全然わからないし、言っていることも英語の為よく聴きとれない、それでもメロディーで持って行かれてしまう感じにやられました。

聴き始めたころに好きだったのは1,3,6曲目でしたが徐々に変遷し、今では1,9,10,11。とはいえ全曲最高で、今聴いても色褪せない作品です。

パンク特有のうるさい感じはあるものの、聴き疲れしないメロディー、終始漂うスペーシー感、トムの独特な声質、トラヴィスのドラムの心地良さ。どれを欠いてもダメなくらい見事な化学反応を起こしています。

それを適当な感じで、適当にやる。この感じも凄く好きで、観ていてほんと楽しくなります。


blink-182 - "Reckless Abandon" (Live in Irvine 9-29-16)


blink-182 - Give Me One Good Reason live Cuyahoga Falls [2001]

最近ではドラムを始めたこともあって、トラヴィスリスペクトが止まりませんが、ファッションやルックス含め当時から影響を受けていたことは間違いないです。

こういう自分の根本からひっくり返すようなアルバムには生涯数枚しか出会えないんだろうなと思うほど思い入れがある一枚。

とにかく楽しければいい、自分の音楽の原点がこの一枚に詰まっています。 

テイク・オフ・ユア・パンツ・アンド・ジャケット

テイク・オフ・ユア・パンツ・アンド・ジャケット

 
テイク・オフ・ユア・パンツ・アンド・ジャケット

テイク・オフ・ユア・パンツ・アンド・ジャケット

 

SCOOP!

写真というものを改めて知った気がした。

「SCOOP!」


映画『SCOOP!』特報映像

バクマン。』の大根仁監督・脚本、福山雅治主演によるカメラマンと記者の物語。ある事件をきっかけに報道写真への情熱を失い、自堕落な日々を過ごす凄腕カメラマン・都城静。ひょんなことから彼は新人記者・行川野火とコンビを組むことになり…。

単純なパパラッチの話だと思ったら大間違いでした。

事前に良かったとの評判は聞いていた為、そこまで単純には考えていなかったのですが、所々で足元をすくわれた感じでした。

物語自体は有り触れたパパラッチもの。なのに場面場面からその時々の緊張感がリアルに伝わってくる感じで、非常にスリリングな作品でした。

冒頭の喘ぎ声が微かに聞こえてくるシーンに始まり、野火が最初に携帯でスクープを撮る瞬間なんか、何とも言えない緊張感に満ちていました。

進行に無理があるような箇所もいくつかありましたが、それを上回るテンポの良さ。あっという間の2時間でした。

福山はこういう汚れ役みたいなのがホント似合いますね。最近では綺麗どころをやることが多い気がしますが、こういった役の方が個人的には好物です。

役者でいうと二階堂ふみも好演でしたが、とにかくリリーフランキーが怪演過ぎてキマッテル。

「凶悪」などでも凄味のある演技をしていましたが、今回の方が確実にやばい。こういった演技ができる人って本当に限られているんだろうなと思った次第です。直近だと「ダークナイト」のヒースレジャー以来じゃないでしょうか。それくらい狂ってました。

終盤で静が写真を始めた経緯、ロバートキャパについて語るシーンなんかは妙な説得力がありカメラ、写真について考えさせられました。これは意表を突かれた感じでした。そこまでフォーカスされていた印象はありませんでしたが。

それでも最後に写真を撮りに行くシーンで持って行ったカメラはフィルムカメラ

やっぱりフィルムにはデジタルには出せない、独特な価値があるように思います。デジタルよりも1枚にかける時間がかかるフィルム、さらにそこから目にするまでにかかる時間を考えるとフィルム写真は「等価交換の産物」のようだなと思いました。

自分がかけてきた思いを焼き付ける行為。デジタルでもいいけど、デジタルで連射して撮ってきた写真との対比からフィルムの重みを感じられた気がしました。

「こっちは趣味だから」といって野火の写真を撮ったこと、チャラ源のピンボケ写真を撮ったこと。これらをデジタルで撮っていないところからも写真としてのこだわりの違いを感じました。

本作を観終えて最後に思ったこと、「ジャーナリズムとは本来、ジャーナリストが伝える思いそのものであって何かに規定や束縛された行動ではない」。

社会で良くある本音と建て前。それに埋もれて本質を見失うことは多々ありますし、本作でもそうした対立構造が何回も出てきます。

でもそれってジャーナリズムの本質ではないんだろうなと思いました。正直ジャーナリズムを何も知りませんが、観ていて感じたところです。

自分の思いを伝える大切さ、写真を撮る1枚の重み、学べるところは多かったと思います。

まあそんなことを考えずにエンターテイメント作品としても秀逸でしたが。 

SCOOP!  豪華版Blu-ray/DVDコンボ

SCOOP! 豪華版Blu-ray/DVDコンボ

 
SCOOP!  通常版Blu-ray

SCOOP! 通常版Blu-ray

 
SCOOP!  通常版DVD

SCOOP! 通常版DVD

 

HIKARI by jjj

最近はSpotifyをよく活用していて、その影響もあって、できるだけ邦楽も聴くようにしています。

その中でも群を抜いて良かったアルバムが本作。

「HIKARI」

HIKARI

HIKARI

 

 Spotifyの邦楽ヒットチャートから流れてきた

EXP feat. KID FRESINO

EXP feat. KID FRESINO

 

 最初はそんなにだったんですが、数回聴いていると耳馴染みが良く、むしろハマってしまいました。

そこからSpotifyでjjjの曲を聴いていたんですが実に良い。

1989年生まれ。川崎在住のトラックメイカー/プロデューサー、MC、DJ。
febb as Young Mason、KID FRESINOと共に結成したFla$hBackSのデビューアルバム『FL$8KS』を2013年リリース。ソロアーティストとしては、2014年11月にデビューアルバム『Yacht Club』、2015年3月に『Yacht Club』のインスト盤『Yacht Club sailing gear session』、さらには2枚のCD-Rのビートアルバム『GGG』 、『THOUSAND』をリリースしている。

韓国のヒップホップアーティスト、Ugly Duck、Reddyと共に制作した楽曲『ASIA – Ugly Duck x Reddy × JJJ (Prod.by JJJ) (Cut by DJ Scratch Nice from NYC) 』が大きな話題となり、その活動はワールドワイドな広がりを見せ始めている。

最近の邦楽ヒップホップはどれもスタイリッシュで、フロウが緩く、トラックが聴きやすいものが多いんですが、jjjはそれらを満たし、さらにエッジの効いたアレンジが光ります。

邦楽であって邦楽で無い感じ、でも確実に邦楽であるという存在感がかなりツボです。

邦楽のCDを新譜で買ったのはいつ振りだろうか、それくらい久しぶりに買いましたが何回聴いても飽きません。個人的なオススメトラックは1,3,6,8,12ですが、どの曲も良く、本当に捨て曲なしでオススメです。

スリー・ビルボード

田舎町では何かが起きる。

スリー・ビルボード


『スリー・ビルボード』予告編 | Three Billboards Outside Ebbing, Missouri Trailer

2017年・第74回ベネチア国際映画祭脚本賞、同年のトロント国際映画祭でも最高賞にあたる観客賞を受賞するなど各国で高い評価を獲得したドラマ。

ミズーリ州の片田舎の町で、何者かに娘を殺された主婦のミルドレッドが、犯人を逮捕できない警察に業を煮やし、解決しない事件への抗議のために町はずれに巨大な広告看板を設置する。それを快く思わない警察や住民とミルドレッドの間には埋まらない溝が生まれ、いさかいが絶えなくなる。そして事態は思わぬ方向へと転がっていく。

娘のために孤独に奮闘する母親ミルドレッドをフランシス・マクドーマンドが熱演し、ウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェルら演技派が共演。「セブン・サイコパス」「ヒットマンズ・レクイエム」のマーティン・マクドナー監督がメガホンをとった。 

 上の画像の見事なカラーバランスで観に行くことを決めました。それくらいビジュアルインパクトが強い作品でした。

ストーリーは何も入れずに観に行ったんですが、予想外の展開に予想外に驚かされ、予想外に良かったです。それくらい本作は全てが予想外の方向に転がり続けます。

3枚の看板からここまで色々と起きるかというくらい狭い範囲で色々と起きます。正直一回観ただけでは確認したいことも山ほどあって、自分の頭を整理できないくらい説明が難しい作品でした。

やっていることは相当ブラックなのに行き過ぎて笑える部分もあって、その辺のバランスが絶妙で個人的には結構ツボでした。

それと、ツインピークスに通じるものがありますが、アメリカの田舎町では何かが起きる。これは個人的な偏見であり鉄板の考えです。多分に漏れず、本作でもとんでもないことが起き続けます。

とにかく何がどうなって、どれが真実なんだ、そんな展開に終始振り回され続けます。

ただ一つ言えるのは「他人の考え、行動は絶対に予測することが出来ない」それだけは身につまされて感じました。

他人の事ってどれだけ身近な人でもわかっているようでわからないもので、それをわかった気になるとどうなるのか。逆に自分の事を本当の意味で分かっているのは自分だけなので、それをコントロールすることがどれだけ重要なことなのか。それらを終始考えさせられる作品でした。

細かいところはもう一度観て確認したいところです。とりあえず観といたほうが良い作品なのは間違いないです。

今になって思いますが、バンダナにつなぎを着た母親、普通に考えて何も起きないわけが無いですよね。

ビフォア・サンライズ

きっかけなんて何だっていいんだ。

「ビフォア・サンライズ


ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス) (プレビュー)(字幕版)

1995年ベルリン映画祭銀熊賞(最優秀監督賞)受賞!

アメリカ人青年ジェシー(イーサン・ホーク)と、ソルボンヌ大学に通うセリーヌ(ジュリー・デルピー)は、ユーロートレインの車内で出会った瞬間から心が通い合うのを感じる。ウィーンで途中下車した2人は、それから14時間、街を歩きながら語り合い…そんな自然な会話の中から、彼らの人生観、価値観、そして心の奥の微妙な揺れ動きが見え隠れする。でも別れのときはもう迫ってきていた…

セリーヌソルボンヌ大学で文学を専攻するパリジェンヌ。祖母の見舞いの帰り、ブダペストからパリに向かうユーロトレインの中で若いアメリカ人の新聞記者ジェシーに出会う。ドイツ人夫婦の喧嘩を逃れて列車のレストランに逃げ込んだ2人の間で、自分のこと、仕事のこと、幼い日の思い出のことなど果てしない会話が続いた。ジェシーの降りるウィーンの駅に着いても、2人の会話はまだ終わらなかった。別れたくない。もっと話していたい。そんな気持ちをジェシーは素直に言う。「明日の朝まで14時間。一緒にウィーンの街を歩かないか?」同じ気持ちだったセリーヌは荷物を持ってジェシーと一緒に列車を降りた。石畳の街路、教会、レコード店、公園の大観覧車、水上レストラン、古いバー、不思議な占い師、川辺の詩人・・・。街で出会う小さな出来事は、セリーヌジェシーの心にある感情を芽生えさせていた。2人はなお歩きながら、終わったばかりの互いの恋愛について語り、カフェに入って、今どんなに素敵な出会いをしているか、お互いに告白しあった。だが、14時間の終わりはもうすぐそこに来ている。ホテルに泊まる金のない2人は公園で抱き合って夜明けを迎えた。朝、別れの時間がやってきた。だが、2人は「さよなら」が言えない。「半年後にここで会おう」2人はついに本心を明かした。14時間を経て恋人たちの距離はようやく重なった。

リンクレイターの作品は何気ない日常を描いた作品が多いけど、それを普遍的な形に落とし込むのが実に上手いと思う。

恋愛という誰にでも必ず訪れる瞬間。恋に落ちる瞬間はまちまちだけど、何で好きになったのかとか、どこが好きなのかとか、相手はどう思っているのかとかといった色々なことを考えがちな恋愛初期のもどかしさを見事に描いていると思う。

それに加えてこの映画の凄いところは、ほとんど会話のみで、ストーリーといったストーリーが無く進行していくところ。

その会話の中でも男女の普遍的な差であったり、その年齢特有の考え方、行く場所、すること、雰囲気、それら全てが自然と盛り込まれていて、追体験している気分にすらなる。

その点にこそこの映画の魅力があると思う。

話を冒頭に戻すと、恋愛のきっかけって何でもいいんだと思わされたということ。当たり前のことなんだけど、年々忘れていく感覚だったりして、それをシンプルに突き付けられている気がした。

別に話が合う人と恋に落ちるわけでも無いし、容姿がタイプな人と恋に落ちるわけでもない。これらも要素の一つではあるだろうけど、あくまでも一要素であって、本当に重要なのは純粋に一緒にいたいのかという問題。

それって他の事全てにも言えることだと思うけど、友達であったり趣味であったりも突き詰めると本当に一緒にいたいのか、本当にやりたいのか、その一点に尽きると思った。

イーサンホークとジュリーデルピーの会話の中で感慨深いメッセージも多々出てくるが何度も観返してその都度気になるところをキャッチアップしたい気持ちにさせられた。

それにしてもリンクレイター作品の映像って、単調なんだけど引き込まれるような映像美も兼ね備えているのは何故なんだろうと毎回思わされる。

ここから本作はサンセット、ミッドナイトと続いていくわけだが、その追体験が本当に楽しみだ。

学生時代に観た時には全く良さがわからなかった作品だが、改めて観ると自分の中で思いがけない作品になってたりするから映画体験はやめられない。 

アーセナルvsトッテナム

やっぱり誰かと観るのは楽しいものだ。結果は・・・

アーセナルvsトッテナム

今回はunderTOWNのTOMと一緒に観戦しました。これからはちょいちょい一緒に観ていくことになりましたが、あーでもないこーでもないと言いながら観るとやっぱり楽しいですね。

ですが結果は喜るものでは無かったです。

序盤から悪くは無い試合運びでしたが、決定力に欠ける展開に終始煮え切らず、前半は五分五分といった試合展開。

動いたのは後半に入ってからでした。アーセナルが前線に重きを置いた瞬間、見事にカモになりました。

個人的に不安視していた中盤のスペースから抜け出されてのカウンター一発。最近のアーセナルは最終ラインと中盤が空き過ぎると、危険信号が灯り、大抵やられます。それくらいに脆い。

CBが不安なのも然ることながら、中盤が何だか締まらない印象が拭えません。特にジャカは前線へのフィードも少なく、守備も対応が遅れがち、もうちょっと何とかしてほしいところ。

CB2枚に関してもロングフィードは期待できず、後方からの攻撃の組み立てが出来ない点が単調な攻撃に現れている気がします。

ウィルシャーエジルと絡むとかなり惜しいシーンは作り出せているんですが、まだ新加入の選手との連動が課題かと。それは時間が解決してくれそうな気もしますが、オーバメヤンの後半からの起用ポジションに疑問が残りますし、ラカゼットのモチベーションも気になるところです。

対するトッテナムはとにかく安定して強い。ソンフンミンとエリクセンのバランスも良いし、デルアリも落ち着いた対応でした。ハリーケインは圧倒的なポストプレーで、攻撃のバリエーションも豊富です。右SBのサンチェスもあの身長であのスピードは恐れ入ります。

攻撃こそ最大の防御、そんなサッカーは楽しいので望むところですが、もう少しヴェンゲルの理想形を具体的に示してほしいところです。

f:id:Blck:20170828220453p:plain