Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

ロードバイクデビュー~チネリ イクスペリエンス2018 ティアグラ ブラックサンダードーム~

ついに自転車購入しました。5年越しくらいですかね。探していたんですがこれだというものが見つからず、買えておりませんでしたが、とうとう購入しました。

「チネリ イクスペリエンス2018 ティアグラ ブラックサンダードーム」

 EXPERIENCE FRAME SET

www.podium.co.jp

"Experience"="経験、体験"というモデル名の通り、チネリのレーシングマインドを感じ取ることができるロードバイク「EXPERIENCE」。コロンバス社のAirplaneという重量と剛性のバランスを追求したトリプルバテッド加工のアルミチューブを採用することで、ロードバイクらしい軽快な走行性能を実現した1台だ。

ジオメトリーは人間工学に基づいたThe Smart Race Geometry。このジオメトリーを採用することで、レースを楽しむ方やウィンタートレーニングに励む方など様々なサイクリストに適したバイクが生まれた。またちょっとしたグラベルも楽しみたいというサイクリストも許容してくれるバーサタイルなフレームとなっている。

アッセンブルされるコンポーネントシマノTIAGRAのため、安心して長期間に渡り使用することができる。サイズはXXS、XS、S、M、Lという5種類で、Mサイスのフレーム重量は1,500g、フォーク重量は560gだ。カラーはブラックサンダードーム、スーパーソニックグレーの2種類。価格は139,000円(税抜)だ。

 つねにどこかしらの場所に行っては自転車屋に寄り、ビビッとくるやつを探していたんですがついに見つかった感じですね。今夏のボーナスで買おうと思っていた為タイミングもばっちしだったんですが。

最後までピストかロードかで迷っていて、ピストのデザインが良いけど、遠出もしたいしなぁ、と思っていたところの発見でした。


CINELLI U.S.A. ME CONTACTO!


Cinelli MASH

チネリ自体はMASHなどの影響もあって知っていたのでブランドとしては好きなブランドだし、何より色とフォルムが最高にカッコいい。

店頭では型落ちの為サイズが見つからずネットで見つけました。なので価格も10万ちょいで買えたし、サイズ感もわかっていたので問題なく。ただ正直最初は店頭で買いたかったところなんですが、無いのであればしょうがないです。

最近は専ら身体を使うことに余念が無く、自転車も多分に漏れず、その一つ。

とりあえずは乗ることに意味があると思うので、そこからカスタムやら遠出やらしていきたいと思います。

NL Felix(ニール フェリックス)

ちょっとしたお散歩に丁度いい。

NL Felix(ニール フェリックス)

上質な素材を使用した牛革製2WAYウエストバッグです。

天然の豊かな表情が魅力のしっとりとした柔らかい質感の国産天然皮革を用いたバッグ、シンプルなデザインながらボディと同色の止水ファスナー(YKK AQUAGUARD)がほどよいアクセントになっています。


ストラップは耐摩耗性に長けたナイロン製コードを使用、着脱パーツはドイツのFIDLOCK社製磁力スナップ"20 flat"を使用しておりパーツを引くことで開き磁力により自動で閉じる仕組みで片手で簡単に開閉が可能なだけでなく耐荷重性に優れています。


使い勝手の良い小ぶりなサイズで日常使いにぴったり、コードはアジャスターで調節して頂けるので斜めがけでの使用も可能となっています。
1点1点職人による手作業で制作しており使い込むほどに艶が増し深い色合いへと変化していき経年変化を楽しんで頂けます。

散歩用のカバンが欲しくて探していたんですが、ついに出会えました。

2017年の記事でピースの又吉さんが紹介しており、その時から欲しいとは思っていました。

www.fashionsnap.com

当時は探してもどこにも無く、手作りの為大量生産はできないとのことでした。それがタイミングよく見つかりました。

ホースハイドとカウハイドがあったんですが、個人的にカウハイドのしなやかな質感、経年劣化も好みなのでカウハイドを選びました。コードバンは結構好きなんですが、それ以外の馬革は艶感がイマイチしっくりこなくて。

購入から一か月ほど経ちますが使い勝手は良好で、どんなファッションにも馴染み、良き相棒になっています。

特に良いのがドイツのFIDLOCK社製磁力スナップ。着脱がホント楽です。それでいて耐荷重性も良いようで、重めの財布、携帯、文庫本などを入れても全く外れません。

レザーなので経年劣化も楽しめそうだし、冬はコートの中とかにも使えそうなので長く使えそうです。

ストラップとボディカラーも結構変わったりしているので、気に入ったものがあったらすぐ買わないとソールドしてしまう可能性大です。特に定番のブラックは人気みたいです。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

 楽しくなければ人生意味なし。

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」


映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 予告編 2015年2月28日(土)公開

「アイアンマン」シリーズのジョン・ファブローが製作・監督・脚本・主演の4役を務め、フードトラックの移動販売をはじめた一流レストランの元総料理長アメリカ横断の旅を描いたハートフルコメディ。

ロサンゼルスの有名レストランで総料理長を務めるカールは、口うるさいオーナーや自分の料理を酷評する評論家とケンカして店を辞めてしまう。心配する元妻イネスの提案で、息子パーシーを連れて故郷のマイアミを訪れたカールは、そこで食べたキューバサンドイッチの美味しさに驚き、フードトラックでサンドイッチの移動販売をすることを思いつく。カールはイネスやパーシー、仲間たちの協力を得て、マイアミからニューオリンズ、ロサンゼルスへと旅を続けていく。

「3人のエンジェル」のジョン・レグイザモが主人公の友人役を、「マチェーテ・キルズ」のソフィア・ベルガラが元妻役を好演。ロバート・ダウニー・Jr.、スカーレット・ヨハンソンダスティン・ホフマンら豪華ハリウッドスターも顔を出している。

 とにかく元気になります。そんな映画です。以上

とはならないわけですが、本当にそんな映画です。

よくある話で好きなことをする為に頑張っていたのにいつの間にか何かに縛られ、好きなようにできなくなる。それに薄々気づいているのに変えることが出来ない。

監督であるジョンファブロー自身、アイアンマンなどの超大作で出世し、色々な制約のもと作りたいものが作れない感じを投影しているようで、グッときました。

本作はとにかく料理が美味しそうで、自分自身も料理をするんですが、何か作らずにはいられないし、お腹が空きます。

子供との関係性、自分自身の社会との向き合い方、周囲の人との付き合い方、やりたい事への熱意、ポジティブでいることの重要性、突き詰めると人生は一度きりで、楽しくなければ生きてる意味ない。そんな風に思わせてくれる作品でした。

SNSの使い方やその反面の仕打ちなんかもホント的確で、それらを使うときも常にポジティブな姿勢で楽しく使うことが必要なんだと教わった気がします。

何かを考える時、困難にぶつかった時、悲観的にとらえず、常に楽観的にとらえ、思考し行動することが人生を好転させていくスパイスになるんじゃないでしょうか。

ぼくがなつやすみ~真鶴編Ⅱ~

第二トンネルまでは意外にすんなり行けました。第一トンネルから数十メートル歩いていくと現れます。

入口から謎のグラフィックがお待ちかね。

第一トンネルと違い短いため両側から光が入ってくる感じで、程よく不気味な暗さと緑のコラボレーション。

ここから第三トンネルへ向かうんですがその道中が短いが過酷な藪の中、完全に見誤り、ハーフパンツで来た自分を責めながら藪の中をひた進みます。

その一歩目がこんな感じ。

道ですか?いや違いますね。でもそれが冒険ってものじゃないですか。夏ですし。

まあ完全に藪が収まる秋冬に来る方が正解だとも思わずにはいられないですが。成せばなる、成さねばならぬ何事もです。

アーセナルvsマンチェスターシティ

悪くない手ごたえは感じるけどまだまだ調整が必要。

アーセナルvsマンチェスターシティ」

f:id:Blck:20180813113439p:plain

ICCから追っかけてましたが結構的確な補強が出来たと思います。やりようによってはやるかもしれません。

収穫としてはプレミアでも先発出場となったグエンドウジ、ICCでのキレや鋭い縦パスなどは気負いなのか少々なりを潜めていたし、ミスも目立った格好でしたが、潜在能力や随所に見えるセンスには期待が持てます。何せ若いので経験を積んでいくことでさらなる飛躍を期待します。

アーセナルでは初出場となったトレイラに関してもW杯で見られたポジショニングやタックルなどは健在で、この試合でも何回かそういった場面が見られて良かったです。小さいけれど戦える中盤底の選手、欲しかった選手の一人な気がします。

不安要素は予想外左SB不足ですが、この試合でメイトランドナイルズも負傷しどう対応するんでしょうか。モンレアルが間に合うのか、はたまたウェルベックのコンバートなのか。どちらにせよ問題は山積みです。

ただ、やはりというか初戦でペップのシティと当たるという点、W杯出場選手が揃って間もないということもあったのでこの試合から多くを図ることはできないかと思いますのでもう少々見守っていきたいと思います。

シティのスターリングはイングランド代表で見られなかったキレを取り戻していたし、ウォーカーのスピードフィジカルは恐ろしいし、新加入のマフレズの何とも言えない独特なテンポ感も恐れ入りました。

とにかくチームとしての組織力、完成度の違いがこの試合で後手を踏んだ理由になるでしょうか。次節もアウェイ、チェルシー戦ということもありますがどこまで修正できるか、その辺に期待したいところです。

今季からはチャンピオンズリーグやELも観れるようになったので差サッカー好きはDAZN加入は必須でしょうね。とにかく楽しみです。

watch.dazn.com

合わせてこれも必須ですね。安くて一番使い勝手が良い。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

オデッセイ

趣味が最低だと言えることが最高の喜び

「オデッセイ」


映画「オデッセイ」予告C

火星にひとり取り残された宇宙飛行士のサバイバルを緻密な科学描写とともに描いた、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」を映画化。

極限状態の中でも人間性を失わず、地球帰還への希望をもって生き続ける主人公マーク・ワトニーをマット・デイモンが演じ、「エイリアン」「ブレードランナー」などSF映画の傑作を残してきた巨匠リドリー・スコットがメガホンをとった。

火星での有人探査の最中、嵐に巻き込まれてしまったワトニー。仲間たちは緊急事態を脱するため、死亡したと推測されるワトニーを置いて探査船を発進させ、火星を去ってしまう。しかし、奇跡的に死を免れていたワトニーは、酸素は少なく、水も通信手段もなく、食料は31日分という絶望的環境で、4年後に次の探査船が火星にやってくるまで生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていく。

予想外のテンポ感、テンションに驚きました。

普通に考えれば火星に一人きり、生き残れるかもわからない、そんな状況なのでシリアスなものを予想したんですが、とびきりキャッチーでそれでいて生きる活力に満ちた作品でした。

理由はいくつかあるかと思いますがとにかく面白い。そしてためになる。そんな作品でした。

まず主演のマットデイモンの茶目っ気やユーモアが最高で、どんな状況下でも冷静でユーモアを忘れず、ネガティブな思考に陥らない。自分の理想とするような人物像にとにかく惹かれっぱなしでした。

更に劇中で使われている70年代ディスコナンバーの数々、この状況でこの楽曲かよと思わず突っ込みたくなりますが、逆にいいアクセントになっていると感じるし、何よりこの状況下でこそ生きる音楽の力強さみたいなものを感じました。

これらだけ聞くとどんな状況でもポジティブで明るい曲をかけて気持ちを高ぶらせれば乗り越えられるように聞こえますが、そこがこの映画の面白いところで、それに裏付けされるような勉強や知識が無ければ結局のところその意思は無駄に終わることを示している点も興味深かったです。

偽善や感情論では生き残れない、でもその中でも忘れちゃいけないこともある。そんな単純で複雑な感覚を植え付けられた気がします。主人公が植物学者だけに。

火星の人

火星の人

 
火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

 

ガタカ

可能性を否定してるのは自分なのかもしれない。

ガタカ

 遺伝子が全てを決定する未来社会を舞台に人間の尊厳を問うサスペンスタッチのSFドラマ。

監督・脚本は本作がデビューとなるアンドリュー・ニコル。製作は「マチルダ」など俳優・監督として知られ、自身の製作会社ジャージー・フィルムズで「危険な動物たち」などを手掛けるダニー・デヴィート、同社の共同設立者であるマイケル・シャンバーグとステイシー・シェール。撮影は「トリコロール 青の愛」(共同脚本も)などクシシュトフ・キェシロフスキ監督とのコンビが有名で近年アメリカに進出したスワヴォミル・イジャック。音楽は「キャリントン」のマイケル・ナイマン。監督のレトロ・フューチャー的コンセプトを徹底的に視覚化した美術はピーター・グリーナウェイ監督の諸作で注目された「陪審員」のヤン・ロルフス。衣裳は「マーズ・アタック!」のコリーン・アトウッド。編集はリサ・ゼノ・チャーギンがそれぞれ担当。主演は「恋人までの距離」のイーサン・ホーク。共演は「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のユマ・サーマン、「オスカー・ワイルド」のジュード・ロウ、「エンド・オブ・バイオレンス」のローレン・ディーン、ベストセラー作家で脚本家・映画出演も多数のゴア・ヴィダルほか。

 1998年に公開されたとは思えない近未来感。当時のSFって今のSFのそれとは違う、レトロフューチャー観が非常に好みで、観ているだけでわくわくします。

本作はとにかく全ての人間に人間味が欠けていて、どことなく虚無感に満ちている気がする。というか、演出や美術がそう見えさせるのかもしれないけど。

今でも少しずつ浸食している社会での様々な管理体制。これが行き過ぎるとどうなるのか、何のために考え生きるのか、人間とは、そういった人間の根源的な本質に迫る作品だった気がする。

個人的に主演のイーサンホークカッコ良過ぎだし、ファッションも近未来感がありつつ、現代にも通じるところがかなりツボ。こういうのを観るとスーツ着がたくなるし、ビシッと決めたくなる。この冬は私服にテイラーリングを取り入れようかななんて思ったり思わなかったり。

色々な場所が出てくるわけでも、人物が出てくるわけでもないんだけど世界観に統一性があるし、観ていて引き込まれるわけで、そういう体験こそが素晴らしく感じる映画でした。

正直、色々と無理があるところもあるけれど、それはそれでSFだしという一言で片づけていいと思うわけで。それ以上に本作の映像美、本質的問いといった部分にフォーカスした方が良い映画の気がした。

可能性を信じ、諦めない姿勢。100%でない限り、不可能はないのかもしれないし、そもそも100%の事柄なんてこの世に存在しないのかもしれないと思わされる作品でした。