Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

カーマイン・ストリート・ギター

音楽が好きでよかった。

「カーマイン・ストリート・ギター」

ãã¹ã¿ã¼ç»å


『カーマイン・ストリート・ギター』予告編

ニューヨークの建築物の廃材を使ったギター作り続ける老舗ギターショップを追ったドキュメンタリー。

グリニッジ・ビレッジにあるギターショップ「カーマイン・ストリート・ギター」。寡黙なギター職人のリック・ケリー、見習いのシンディ、リックの母親の3人で経営しているこの店では、ニューヨークの建築物の廃材を使いギターを製作している。チェルシー・ホテルやニューヨーク最古のバー・マクソリーズなどの廃材をリックが持ち帰り、ギターとして復活させることで、長年愛されてきた街の歴史がギターの中に生き続ける。

ビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストンといったギタリスト、映画監督ジム・ジャームッシュも訪れるギターショップのある1週間を追っていく。

監督は「ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男」など、ポップカルチャーを題材にしたドキュメンタリーを数多く手がけるロン・マン。2018年・第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス」部門上映作品。

パソコンもスマホSNSも何もやらない。

今の時代それ自体は不可能に近いかもしれないけど、何か一つを愛し、それのみを追求していく姿勢には敬意しかなかった。

曜日ごとにチャプター分けされているような構成で、日ごとのショップの様子が淡々と描かれていく。

こういったドキュメンタリーものって結構中弛みしたり、飽きてきたりするものだけど、本作はそれが無かった。

音楽が好きで、その真摯な姿勢、登場する面々、流れる音楽、それぞれのギターの描写、逆に観るところや気になるところが多くて、心地良い時間でした。

ドキュメンタリー版の「パターソン」といったところ。

blcrackreverse.hatenablog.com

音楽を通しての繋がり、わかる人同士の関係性なんかは自然とそれぞれの表情や会話から滲み出ていました。

ちょいちょい入る試し弾きのシーンなんかは、それぞれのギターの音色の違いを確実に感じるし、こだわりも出ている。こんな風に音楽と向き合っていけたらな、と自然と思わせてくれる作品で、観終わった後は音楽が好きでよかったと心から思わせてくれます。

それにしても終盤で出てくるマクソリーズの廃材を使ったギターの音は今でも忘れられません。ギター本体の木材が積み重ねた歴史と、それを作る人の歴史、そしてそれを弾く人の歴史。これらが合わさった時、その状況でしか出せない音があるということでしょうか。

ようこそホテルキャデラックへ~山梨編Ⅰ~

2019年8月9日、出発は午前9時過ぎ。

今回の目的は写真展に行くこと。それがメインのはずだったんですが。

「ようこそホテルキャデラックへ~山梨編~」

丁度お盆の帰省ラッシュと若干重なってしまい、山梨駅周辺に到着は13時前。

なぜ山梨駅かというと最初の目的地がカレーだったからです。

tabelog.com

しかし、早々に問題が起きます。なんと目的のカレー店が臨時休業。これは次回リベンジを心に誓います。

渋々近くで昼食を食べ、廃墟を目指します。

ここから目指す廃墟まではおよそ60キロ。意外に遠く、この辺のアクトラシュリーさは相変わらずです。

あっ、忘れてましたが久々の活動でした。そして到着です。

清里フォトミュージアム

はい、そうです。廃墟を入れたつもりが、フォトミュージアムを入れていたようです。まあここから近いのですぐに廃墟へ向かいます。

その前に何か雰囲気が良かったトウモロコシ畑で少し寄り道です。

その時点で16時前。

そして着きました。「ホテルキャデラック」

この時点で16時過ぎ。フォトミュージアムの最終入場は17時半なのでそれまでには退散が必要です。

とはいうものの入る前からこの雰囲気。

これで近づけるのかと思ったんですが、良い場所がありました。そこから近づき、入口付近では更なる雰囲気に圧倒されます。

そして入って一発目がこれ。

いやぁ、人かと思いましたよ。本当に。

久々味わうこの感覚と共に、二人のテンションも上がります。

つづく

アーセナルvsニューカッスル

2019/20シーズンプレミアリーグついに開幕です。

移籍市場では序盤の不安を払拭するように終わってみれば良い補強が出来たんじゃないでしょうか。

ペペ、セバージョス、ティアリー、ダビドルイス、守備陣に関しては不安も残りますがホールディングやベジェリンの帰還を待つとしましょう。

そして初戦。

アーセナルvsニューカッスル

ãarsenalãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

やはり決めてくれる人が決めてくれました。

エジル、コラシナツは襲撃による懸念事項から、出場はおろかベンチ入りすら出来ず。その他の主力もほとんどがベンチスタートです。

とはいえ今季のスカッドはそれでもやれることを証明した良いスタートとなりました。

前半こそお互いペースを掴めず、探り合いの状況が続き、まだまだ本調子とはいきませんでした。

それでもムヒタリアンなんかは存在感出てましたし、ウィロック、メイトランドナイルズも要所要所で良い仕事をしてました。

そして後半へ。

メイトランドナイルズのああいったプレイはスピードと機転が効いていて、らしさが出た良いプレイでした。守備時に若干不安なポジショニングが散見してますが、あの攻撃参加はやはり魅力的です。

それを素晴らしいトラップ、さすがの決定力で決めてくれたオバメヤンはやはりオバメヤンでした。今年もオバメヤンらしく頑張ってほしいと思います。

途中交代で入ったペペ、セバージョスもそれぞれの良さの片鱗を見せてはくれたもののまだまだ。今後の期待は膨らむばかりです。

それにしてもニューカッスルは戦術が迷走というか中盤で分断されてしまっている感があったのでその辺はどういった意図だったのでしょうか。とはいえ前線のジョエリントン、マクシマン、アルミロンは怖さがありました。

とりわけアルミロンはリヴァプールのフィルミーノのような怖さがある選手になるんじゃないでしょうか。

とにかくまだ始まったばかりですが楽しみは尽きないということです。

Laundry

心が洗われる感覚

Laundry

ãLaundryãæ ç»ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ


Laundry - Trailer

脳に障害を持つ純真な青年と、心に傷を抱えた女性が織りなす交流を、窪塚洋介小雪共演で描いたハートウォーミングドラマ。

監督・脚本はこれがデビュー作となる森淳一。

脳に障害を抱える青年テルは、祖母が営むコインランドリーで洗濯物を盗まれないように見張り続けている。そんなある日、水絵という女性に出会ったテルは、ランドリーにワンピースを残したまま故郷へ帰ってしまった水絵を追って外の世界へと足を踏み出すが……。

この映画を最初に観たのは高校生の頃。

当時は映画というものをカッコ良さとか表面上の楽しさとかそういったものしか観れておらず、本作も単純に窪塚が出ているとか、ミニシアター系っぽいとかそういったことでしか観ていなかった気がする。

時が経ち、今観ると見え方が大きく違っていた。

当初見た時は何気ない日常風景と取り立てて何かが起きるわけでもない映像。それくらいにしか思っていなかった。それが今では現実の忙しさ、変わらない日常、そういった有り触れたものに成り下がった日々を純粋に捉え、感じることの重要性、そういったピュアな感情を呼び起された気がした。

誰しも悩み、問題を抱え生きている。それでも立ち止まることは許されないし、以前にもまして色々な物事のスピードが加速していく。それでもふと立ち止まり、周りの景色を見渡し、純粋な思慮の時間を持つ。それが心を洗い、新しい活力になることに気付かなければいけないなと思った。

色々と心洗われるシーンがあるものの個人的にグッときが場面をいくつか挙げると。

「結婚しよう」とテルが言う場面。簡単に言っているようであって、本心を素直に当たり前に言うこと。それがどれほどのことか、そしてそれを行動に移そうと動くことがどれほど人の胸を打つのか。ラストシーンを観た時に、その重要性を観た気がした。

そして「自分を絶対に裏切らない人間なんてそういるものじゃない」そのサリーのセリフにもラストシーンと共に繋がり、全てがその一点に集約した時、本当の心の豊かさを観た。

とにかくどのシーンを切り取っても心が洗われる。心が現れ、それが洗われることで凄く純粋になれる気がする作品。

それにしても窪塚はどんな役をやっても窪塚だし、それでいて役ごとに独特の間の様な、空気感の様なものを纏わせられるところは凄いなと思う。

主題歌であったりサントラであったりも映画の凛としたところを際立たせているし、とにかく映画と合っている。

懐かしさと共に、忙しない日常から大切な何かに気付かせてくれる。そんな現代の処方箋のような映画な気がしました。

Laundry [ランドリー] [DVD]

Laundry [ランドリー] [DVD]

 
Laundry ― オリジナル・サウンドトラック

Laundry ― オリジナル・サウンドトラック

 

さらば愛しきアウトロー

生きがいとは。

「さらば愛しきアウトロー

f:id:Blck:20190801112619p:plain


ロバート・レッドフォード俳優引退作/映画『さらば愛しきアウトロー』予告編

ハリウッド屈指の美男俳優として人気を集め、「明日に向って撃て!」や「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」など長年にわたり活躍してきた名優ロバート・レッドフォードが俳優引退作と公言している最後の主演作。

1980年代初頭からアメリカ各地で銀行強盗を繰り広げ、それによる逮捕と脱獄を繰り返した実在の人物フォレスト・タッカーを描いた。

強盗といいながらも、発砲もしなければ暴力も振るわないという紳士的で風変わりな犯行スタイルを貫いた主人公タッカーをレッドフォードが演じ、タッカーを追う刑事ジョン・ハント役を「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレックが担当。そのほか、シシー・スペイセクトム・ウェイツダニー・グローバーらが共演。監督は「A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー」のデビッド・ロウリー。 

ロバートレッドフォードの作品は「明日に向かって撃て」くらいしか観たことが無かったのですが、それでも十二分に楽しめる作品でした。

映画全体に纏うオールドスタイル、その雰囲気だけで居心地が良く、老練な演技力、空気感、全てが集大成と呼ぶにふさわしい作品に仕上がっていたように思います。

人生を生きる上で、どう生きるか。

誰もが悩む問いに対して「楽して生きるよりも、楽しく生きたい」。やっていることはさておき、その生き方を体現しているレッドフォード自身にグッときました。

そういったことを表情で見せ、周りにも抱かせる、そんな年の取り方をしていきたいと思わされた作品でした。

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years

事実は小説より奇なり

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」

ãã¶ã»ãã¼ãã«ãºï½EIGHT DAYS A WEEK â The Touring Yearsãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ


「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」本予告

ポール・マッカートニーリンゴ・スターという存命のメンバーや、ヨーコ・オノ・レノン、ジョージ・ハリスンの未亡人オリビア・ハリスンら関係者の全面協力のもと製作された「ザ・ビートルズ」の公式ドキュメンタリー映画

監督をロン・ハワードが務めた。

初期のリバプール時代から、1963年に始まった15カ国90都市166公演におよぶツアー、そして観客の前での最後の演奏となった66年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までのライブ映像を中心に、関係者などのインタビューを織り交ぜながら、ビートルズの曲の変遷、半世紀以上も愛され続ける彼らの人気の理由を探る。

日本公開版は、66年の来日時のエピソードが長めに収めらた特別版となっており、日本武道館でのライブシーンや、来日時のビートルズの撮影を担当したカメラマン・浅井慎平のインタビューも盛り込まれている。

正直面白い映画かというとそうではない。

それでも、ビートルズというここまでの熱狂的なバンドがもう出てこないということを肌感覚で感じさせ、その楽曲とバンドの変遷をなぞった本作は見事だと思う。

ただのポップスターのようなところから始まり、最後には全く別のバンドになっていく。

今でも色々と変遷していくバンドは数あれど、こういった形で、ここまで多層的に変遷していく、それでいて核となる音楽性は失われていないバンドは珍しいと思う。

ドキュメンタリー形式の映画を観るといつも思うけど、好きなら楽しく観られて、そうでなくても何かしら気づきが得られるはず。

それが自分にフィットしているかどうかはわからないけど、心に残ったならそれは何か気づきを得られたことになると思う。

そういった意味で本作の意義は大きい気がした。というのも今まで以上にビートルズに興味を持ち惹きつけられたので。

ロンハワード監督ということで観たのもあるんですが、やはりこの人は素材の活かし方、重厚な構成、そういった類での作品は説得力があるなと思います。

個人的に映画の最後で流れる66年のアップルビルの屋上で行われたライブ映像。これに全て集約され持っていかれました。

当分はビートルズデイズが始まりそうです。

ちなみにプライムビデオで観られます。

ザ・ビートルズ 1

ザ・ビートルズ 1

 

ここまでですか乾徳山~山梨編Ⅱ~

と思っていたのもつかの間、雨脚が強まり、頂上付近に着く頃には大雨の様相へ。

登る途中で聞いた「これから登る人達は大変そうね」と言っていた会話が思い出されます。

崖のような道が続き、ここまでどういったのかわからないところに人影を発見。

そして頂上に着く頃には何も見えず、少し待てば止んでくるかと思いましたが、淡い期待もどこ吹く風。

仕方なくそのまま下山します。頂上でのコーヒー、軽い軽食。全てが無に帰しました。下り始めてすぐに鎖場へ。登りと異なり、滑る滑る。足場も滑るし、鎖も滑る。一歩間違えれば即転落のピンチの中とにかく下ります。

そこを越えると次は謎の頭痛に見舞われます。無心で下ることだけを考え、ひた進みます。

いつもであれば下りは早く感じるのですが、今回は全くそんなことは無く、試練といったところです。

まあそれもまた経験ということで次回に生きればいいなと思いつつ、帰りに寄った初狩PAでは山梨のローカルフードである、吉田うどんを食したのですが、やはり本家の物とは差を感じた結果となりました。

麺の硬さだけは若干の吉田うどん感を感じたものの、次回は本家吉田うどんを食べたいと思いました。