Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実

 

本当に圧倒的であっという間の100分弱。

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

ポスター画像


映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』予告編

1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた作家・三島由紀夫と東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島の生き様を映したドキュメンタリー。

1968年に大学の不正運営などに異を唱えた学生が団結し、全国的な盛り上がりを見せた学生運動

中でももっとも武闘派とうたわれた東大全共闘をはじめとする1000人を超える学生が集まる討論会が、69年に行われた。

文学者・三島由紀夫は警視庁の警護の申し出を断り、単身で討論会に臨み、2時間半にわたり学生たちと議論を戦わせた。

伝説とも言われる「三島由紀夫 VS 東大全共闘」のフィルム原盤をリストアした映像を中心に当時の関係者や現代の識者たちの証言とともに構成し、討論会の全貌、そして三島の人物像を検証していく。

ナビゲーターを三島の小説「豊饒の海」の舞台版にも出演した東出昌大が務める。監督は「森山中教習所」「ヒーローマニア 生活」の豊島圭介

ドキュメンタリー作品はあまり映画館で観ない方なんですが、これは本当に観てよかった。

友人と観に行ったんだが、鑑賞後もこの映画の話で盛り上がり、その余韻もかなり楽しめました。

本作でメインに焦点を当てているのは三島と東大全共闘の議論。

そんなものが映画になるのかとか観てどうなるのかとかあるかもしれないけど、そういった考えを抜きに、まず観てほしい。

とにかく頭の良い人の議論、そして熱量、そういったものの凄さに圧倒されたし、『三島』という男の存在感に本当に圧倒された。

文学というものを生業にしながらも、それだけに傾倒しない姿勢。そして既に一定の評価があった人物にもかかわらず、学生という立場の人間との議論でも真摯に対応する。立場を明確にしながらも、柔軟性と余裕を持った対応には感服しました。

こういったところからもフラットに物事を捉え、その上で自分の主張をするカッコよさというか、潔さのようなものを強く感じた。

人生において、人間的に魅力がある人に出会う機会というのはそう多くないと思う中で、『三島』という男は圧倒的に魅力があって惹かれる何かがあった気がする。

それだけでこの映画に価値があると思うし、それを知れて良かった。

本作及び、この映画内の議論において、『言葉の力』というものにフォーカスが当たっていると思うけど、本当にその力、可能性、魅力、そういったものが多分に詰まっていた。

とにかく今は三島の作品が読みたい。とりあえずは↓の三冊から読んでいこうかと。

仮面の告白 (新潮文庫)
 
潮騒 (新潮文庫)

潮騒 (新潮文庫)

 
金閣寺 (新潮文庫)

金閣寺 (新潮文庫)

 

恋する惑星

今観ても色褪せないスタイリッシュさ。 

恋する惑星

f:id:Blck:20200307233810p:plain

90年代を代表する映像作家、「いますぐ抱きしめたい」「欲望の翼」のウォン・カーウァイが、香港は重慶マンション周辺を舞台に、ある二組のカップルの出会いをめぐるドラマを独自の語り口と映像感覚で綴った一編。

彼自身の製作会社であるジェット・トーン・プロの第1作で、製作は彼の盟友にして香港映画界で八面六臂の活躍をみせる、「黒薔薇VS黒薔薇 kurobara tai kurobara」「フル・ブラッド」の異才ジェフ・ラウが参加。

撮影は前半部をカーウァイの劇場第一作「いますぐ抱きしめたい」のアンドリュー・ラウ(ラウ・ワイキョン)が、後半部を「欲望の翼」のクリストファー・ドイルがそれぞれ担当。

音楽は本来は監督も手掛ける映画人である『東邪西毒』のフランキー・チャン、美術はカーウァイの全4作を手掛ける、「スウォーズマン 女神復活の章」のウィリアム・チョンがそれぞれ担当。

出演は「悲情城市」「欲望の翼」などのトニー・レオン(本作で香港電影金像奨主演男優賞受賞)、『北京オペラブルース』(V)、「スウォーズマン 女神復活の章」のブリジット・リンの実力派俳優に、本作がスクリーン・デビューとなる新人2人、香港一の若手女性人気歌手フェイ・ウォンと台湾のニューフェイス、日台ハーフの金城武がからむという好対照なキャスティング。

加えて「月夜の願い」のチャウ・カーリンがスチュワーデス役で出演。

効果的に使用される劇中曲は、デニス・ブラウンの『Sings in Life』、ママス&パパスの『夢のカリフォルニア』、ダイナ・ワシントンの『縁は異なもの』、フェイ・ウォンの『夢中人』(クランベリーズの『Dreams』のカヴァー)ほか。

95年香港電影金像奨作品・監督・主演男優賞受賞。

ロングデイズジャーニー以来中国や台湾、香港といったアジア系の映画の雰囲気にハマっていまして、その流れで視聴しました。

 

ウォンカーウェイ監督の映画は過去にも観ていたはずなのに、今が一番個人的ブームなのかもしれません。

一般的にブームになった時代から時を経ることで得られる視点や感覚みたいなものがあるんでしょうね。

冒頭からの手持ちショット、スローモーション、極彩色豊かな画作りによって混沌とした世界へ誘われます。

『街中のすれ違った人と恋に落ちることもある』

 それを描いただけの映画といえばそれまでなんだけど、その描き方が凄く好み。

ウォンカーウェイ作品は脚本無しで撮られるものがほとんどで、本作も多分に漏れずといったところ。それ故に作品自体の映像にフォーカスでき、それに付随した音楽、美術、衣装、そういった小技が効いている。

二組のありそうでありえない、でもありえるかもしれない恋愛模様を飽きることない映像で見せるところにこの作品の素晴らしさがあると思う。

中でも出てくる演者のファッションは最高で、決して抜群にカッコいいわけでも、可愛いわけでもないんだけど、確実に洒落ている。

普通にカッコいいとか普通に可愛いとか、そういった没個性が蔓延している現代において、この洒落っ気みたいなものが非常にグッと来た。

それから音楽。

作中で一番印象的なのが何度も流れるママス&パパスの『夢のカリフォルニア』。


California Dreamin` (夢のカリフォルニア) / THE MAMAS & THE PAPAS

この選曲もにくいチョイスで、頭から離れません。

映画として、頭から離れない何かが残るものって個人的に名作になり得る作品だと思うので、これが数か月、数年経っても残るようなら、そういった作品になっていくように思います。

雰囲気映画と侮るなかれ、世界観が全てを凌駕することもあるということを感じた作品でした。

それにしてもこの頃の金城武トニーレオンのカッコ良さは異常です。

恋する惑星 (字幕版)

恋する惑星 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

Power Push~2020年2月~

今まで食わず嫌いじゃないけど敬遠していたアーティストを聴く機会が多かった。そんな中でも良く聴いたのが『髭男』。キャッチーなメロディとR&Bやソウルに通じる音楽センスは単なるPOPミュージックとして語るには勿体無い。

Traveler[通常盤]

Traveler[通常盤]

 
エスカパレード 通常盤

エスカパレード 通常盤

 

次もバンドとして人気が出たことで若干の敬遠が入ってしまっていた『King Gnu』。それでも常田さんの生き方や考え方はずっと好きで、久々に聴いてみたところハマってしまった。

日本人離れした楽曲センス、新しいミクスチャーといっても過言ではない音楽センス。高音と低音のバランスが取れたボーカルにしっかりと纏わりつくようなベースとドラムが合わさって、独特のジャンルを作り上げたと言っても良い様な気がします。

CEREMONY (通常盤) (特典なし)

CEREMONY (通常盤) (特典なし)

  • アーティスト:King Gnu
  • 発売日: 2020/01/15
  • メディア: CD
 

こちらも長年アイドルバンドとしての印象が強く遠ざかっていたバンド『The 1975』。それでもラジオから流れてきたこのアルバムは引っかかっており、3曲目を効いた瞬間に確信に変わりました。

そして過去作も聴き返してみると名曲揃い。アイドル的に感じたのはボーカルであるマシューのアイコン性と初期のプロモーションによるものだと今更気付いた。

そう、紛れもなく現代を代表するロックバンドだと。

アルバムとしての実験性や音楽性も素晴らしく、型にハマらないスタイルを見せつけられる。

次作ももうすぐ発売ということで今一番熱いバンドかもしれない。確実に次作は良い・・・と信じている。

ネット上の人間関係についての簡単な調査

ネット上の人間関係についての簡単な調査

 
1975: Deluxe Edition

1975: Deluxe Edition

  • アーティスト:1975
  • 発売日: 2013/09/17
  • メディア: CD
 

アーセナルvsウエストハム

アーセナルにおける現状のシステムを理解するには最高の機会。

アーセナルvsウエストハム

「arsenal」の画像検索結果

久々に試合の構造がリアルに見れた気がします。

アーセナルのシステムはいつも通り4-2-3-1。対するウエストハムは4-4-2とブロック形成からのカウンター狙い。フィジカルを生かした戦い方をしてくるのは予想していましたが予想通り。

序盤からアーセナルが押している展開が続きますが、フィニッシュの形が作れなかった為にスコアレスドローのまま後半に突入します。

後半に入っても両者交代は無く、どういった展開を見せるかと思っていたんですが、それを崩したのは交代で入ったラカゼットでした。久々に長いVARでしたがグーナーとしては良い判定でした。

ただ改めて思いましたがあの時間に冷めてしまう。こういったギリギリの試合ではゴールなのかノーゴールなのか、瞬間的に決まらないところで少し興ざめしてしまうところがあるなと思ってしまいました。

試合展開でいうとこれだけの事なんですが、今回の試合はチームの狙いが良く見えた。

最終ラインの左SBサカが基本的には攻撃に参加し、逆SBのソクラティスが最終ラインに合流しCB的に機能するか、MFのジャカがサカのスペースを埋め、ビルドアップに参加する。そして後ろに重心がある状態ではセバージョスがつなぎ役として下りてきて、前線へ。

オーバメヤン、ペペは基本的にサイドに張り、スペースを空け、そこをエジルが縦横無尽に動き回る。後方でセバージョスが、前方でエジルがスペースをコントロールしながら流動的に補完し合い、そこを警戒し油断したところにダビドルイスやジャカの縦パスが入ることで裏をかく。

最前線にいたエンケティアも前線からのプレスと間で受ける動き、飛び出しなどをきっちりと行っていたことで片方のCBをピン止め出来ていたし、とにかく形が分かり易い試合運びだった。

あと一歩足りずに1-0、しかもかろうじての勝ち星となったけど、この試合は良い収穫があったと思う。

CBでプレミア初出場となったマリも一か所を除けば危ういプレーも無かったので、今後に期待できる。

それにしても今回はセバージョスが攻守にわたり良い活躍をしていたと思う。それと相手チームのライス。彼は今後脅威になるかもしれないと思った試合でした。

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ

久々に食らった。

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』

ポスター画像


映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』予告編(2D版)

初監督作「凱里ブルース」で注目を集めた中国の新世代監督ビー・ガンの第2作。

自分の過去をめぐって迷宮のような世界をさまようことになる男の旅路を描いた。

途中に3Dのワンシークエンスショットが入るという演出があり、物語の中盤で主人公が映画館に入り、現実と記憶と夢が交錯する世界に入り込むと同時に、観客も3Dメガネを装着し、その世界を追体験することができる。

父の死をきっかけに、何年も距離を置いていた故郷の凱里へ戻ったルオ・ホンウは、そこで幼なじみである白猫の死を思い起こす。そして同時に、ルオの心をずっと捉えて離れることのなった、ある女性のイメージが付きまとう。

香港の有名女優と同じワン・チーウェンと名乗った彼女の面影を追い、ルオは現実と記憶と夢が交わるミステリアスな旅に出る。

2018年・第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品。日本では、同年の第19回東京フィルメックスで学生審査員賞を受賞。

こういったアート系というかそういう類の映画は結構観てきたし、耐性もあるはずなのですが久々の感覚でした。

ポスタービジュアルを見てもわかるようにとにかく美しいの一言。全編通して色彩と湿度を伴った映像が心地良く、映像としての美しさは申し分ないです。

そして内容ですが、正直言って色々とわからない。

現実と夢、過去、記憶、妄想、あらゆることが複雑に絡み合い、目指しているところすら見えない。

地形すらも変わるっていうんだからもうわからないことだらけ。

ただそれらを暗示しているようなことを劇中でも何度も言っていて、特に印象的だったのが『人が人を認識しているのは至極曖昧』だということ。

確かにその人となりや本質なんて見えているもの、その人が出しているもの、しかわからないわけだし、こちら側が認識している思い込みみたいなものも入ってくる。

それらは出来事にも当てはまることで、起きたこと、体験したこと、感じたことなんかも十人十色。

それ自体が変わっているわけでは無いのに変わって見える。

面白いものでそれを映像化されると途端にわけがわからなくなる。自分で見る夢や妄想なんかはある種の整合性を保っていると自分では思えるのに、人のものとなるとそれが出来ない。

そしてこの映画のプロットの面白いところが、様々な出来事が記憶の断片のように突然に、そして曖昧に出てくるということ。

故に理解することも難しいし、理解できないともいえる。

友人と観ていたので鑑賞後少し話したんだけど、最終的にどういった話だったのかは二人とも認識が違っていたし、細かい点を挙げていくと更にズレが多くあった。

一人で思慮にふける映画も好きだけど、こういった誰かと話すことで次第に考えがほぐれていく体験も好きだなと久々に思った作品でした。

観た後に靄が残らない映画より残る映画を。

そういった意味では不思議な映画だったように思います。

それにしても主演女優のタン・ウェイは綺麗さが異常でした。調べたら40歳だっていうんだからこれまた驚きです。

七人の侍~午前十時の映画祭10 編~

名作と言われる所以がわかる。

七人の侍~午前十時の映画祭10編~』

ポスター画像

数多くの傑出した黒澤監督作品の中でも、特に観客のみならず世界中の映画人に多大な影響を与えた代表作。

これ以降「荒野の七人」「宇宙の七人」など、この映画を手本とした作品が多く作られたのは周知の事実。

時は戦国時代のとある貧しい農村。農民たちは野盗と化した野武士たちの襲撃を恐れ、おののいていた。

そこで村を守るために用心棒を雇うことを決意、食うに窮する七人の侍を探し出し、彼らとともに野武士に対抗すべく立ち上がる……。

複数のカメラワークによる迫力ある立ち回りのシーンは見事。

以前から観よう観ようとは思っていたものの中々踏ん切りがつかず、今まで観れていませんでした。

それが映画館で観れるとなればきっかけとしては十分です。今回で終わってしまうのが残念でなりませんが、『午前十時の映画祭』、最高の企画でした。

映画館というそれしかない、集中できる環境で観れるということ、それを最高の映像で、最高の音響で観れるというのは本当に貴重だと思います。

映画は観るタイミングと心情と環境で決まると思っていますが、そういった意味でも良い体験でした。

本作は名作中の名作と名高く、観たことは無くてもタイトルを知っている人がほとんどなはず。

自分自身もその類で、様々な映画監督から名が挙がるので、そういった認識だけがある状況でしたが、予想に違わぬ、素晴らしい作品でした。

まず冒頭のクレジットロールの力強さ、この時点で風格を感じずにはいられません。

そしてそれが画作りに引き継がれているような画の強さ。これも序盤から終始感じましたし、特に果し合いや合戦といったアクションシーンではまさに泥臭いというか迫力以外の何物でもない力強さに溢れていました。

脚本も素晴らしく、物語がスッと入ってくる。昔の映画なので色々と理解できない言葉や、映像、状況などがあるはずなのにそれを全く感じさせない。そして何より演者のキャラも立っているし、その背景や気質、集団の中での役回りまで違和感なくすんなりと理解できる。

極めつけは合戦に向けての作戦のシーンですが、これまた地図を出して作戦を伝えることで視聴者の頭の中にも共通言語として映像が浮かび、RPGや冒険ものに近いライド感を味わうこともできました。

そして環境音の使い方。

当時の音響機材では演者の声を的確に拾うことも難しく、不鮮明なところがあったのは事実だと思います。それでもこの環境音が空気感まで閉じ込め、当時の原風景に近いところまで想像させるのは素晴らしいものだと感じました。これは機材というよりもその場の空気感がそうさせた結果なのかなと思っていたりもします。

映像的にもそうで、合戦シーンや炎が上がるシーン、雨天でのシーンなど、全てにおいてその空気感が纏う凄味が前面に出ていて、それが演者の空気感と混ざり合い、素晴らしい化学反応を起こしていたんじゃないでしょうか。

映画の本質はエモーションにある。

全ての芸術がそうだと思いますが、理屈や御託を並べるよりもまずその感覚的な刺激を受け、それに素直に答えることこそ必要な感覚なんじゃないかと、芸術の原点を見せられた作品でした。

本当に映画館で観れて良かったと思います。 これ以外の黒澤明監督作品も観たいと思います。

七人の侍 [Blu-ray]

七人の侍 [Blu-ray]

  • 発売日: 2009/10/23
  • メディア: Blu-ray
 
七人の侍(2枚組)[東宝DVD名作セレクション]

七人の侍(2枚組)[東宝DVD名作セレクション]

  • 発売日: 2015/02/18
  • メディア: DVD
 

レアルマドリードvsバルセロナ

久々のクラシコでしたがメチャクチャ楽しかった。

レアルマドリードvsバルセロナ

「クラシコ」の画像検索結果

やはり白熱しますね。

なんでこのカードはこう強度と熱量が高いんでしょう。サッカーのカタルシスが詰まっている気がします。

前半こそ互いの良さを消しつつ、拮抗した状態が続きましたが、それもこの両チームならではの緊迫感で、時間を全く感じさせないくらいに早かった。

そして後半。

徐々にバルサに綻びが見え始め、そこを的確にレアルが突き出します。

点を突き、線を作る。

この緻密な組み立てを両チームとも出来る中で繰り広げられるやり取りを制したのはレアルでした。

ブライトバイテがビダルと交代で入った直後、電光石火の切り裂きで閃光を見せましたが、それが逆に穴を作る形となり、ビニシウスのゴールに繋がってしまいます。

電光石火で思い出しましたが、バルベルデは本当に良い選手ですね。ボールを持ち、ドリブルし出した時のスピード感、あんなに躍動するとは思いませんでした。

ポジショニングも気が利いていますし、個人的に好きなタイプの選手です。

話は戻りますが、そのまま絶妙にずれた状態で修正も出来ず、交代で入ったマリアーノに決められてのフィニッシュでした。

マリアーノも良い場面を見せられたと思いますし、とにかく純粋に面白かった。

ボールを持つと何が起きるか自体が楽しみなメッシ、DFの要として存在感抜群のピケとラモス、中盤で非常に視野広くボールを捌くブスケツ、アルトゥール、閃きが半端ないクロース、イスコ。

挙げるとキリが無い、結局全員素晴らしいです。

一回で良いから是非生で観たいカードではあります。