Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

クリーピー 偽りの隣人

日常でたまに感じる「何となく怖い」それを凝縮させたような作品でした。

クリーピー 偽りの隣人」


クリーピー 偽りの隣人

犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、刑事・野上(東出昌大)から6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。しかし事件唯一の生き残りである長女・早紀(川口春奈)の記憶をたどるも、核心にはたどりつけずにいた。

一方、高倉が愛する妻・康子(竹内結子)と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこか奇妙な家族だった。病弱な妻(最所美咲)と中学生の娘・澪(藤野涼子)をもつ主人・西野(香川照之)との何気ない会話に翻弄され、困惑する高倉夫妻。そしてある日、澪が告げた言葉に、高倉は驚愕する。

「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」

未解決の一家失踪事件と、隣人一家の不可解な関係。
2つの繋がりに高倉が気付いた時、康子の身に【深い闇】が迫っていた・・・。

正直ストーリーの中で不自然というか不可解なところはかなりあります。でもそれも含めてこの映画だなと思わされます。

というか登場人物のほとんどがどことなく変です。それも決定的に変な部分はわかるんですが、それ以外は正直最後までわからない。でも靄のように謎だけが残ります。

本作で取り扱っているのがサイコパスということなので、そういう意味では全てに謎が残る演出は見事かもしれませんが。

黒澤清監督は光の捉え方が見事だなと思います。不自然に暗くなっていく場面、プリズムのようなものが画面に映りこむ場面、晴天下にも拘らず暗い場面、どれも効果的に演出されており、それもまた不気味で怖いです。

全編通して直接的な暴力シーンなどは無いにもかかわらず、ただただ不穏な空気感だけ感じます。まぁ起きていること自体は怖いのでその影響もあるかとは思いますが。

人が人を理解するのってこんなにも難しいのか、それと同時に変な人に対抗するためには同じ感覚を有する意外に対抗策が無いのかもという絶望的考えも植えつけられました。

複雑なことは考えなくても、サスペンスなどが好きな方は楽しめる映画かと思います。とりわけ黒澤清監督作品では観やすい方かと。

香川さん演じる西野の名言も見逃せないところかと思いますので、是非。私自身は終盤での「まだまだいくぞぉ」というセリフが頭を離れません。 

ちなみに小説をかなり脚色しているそうなのでその辺も興味があれば。

クリーピー (光文社文庫)

クリーピー (光文社文庫)

 
クリーピー 偽りの隣人[DVD]

クリーピー 偽りの隣人[DVD]

 
クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]

クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]