Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsリーズ・ユナイテッド

完勝のはずが・・・。

アーセナルvsリーズ・ユナイテッド

Arsenal's defining moment: Gunners' Champions League destiny just 90  minutes away | Goal.com

毎試合が決勝戦、そんな気持ちにさせられるこの終盤戦ですが、今節も最後まで安心できない戦いっぷりでした。

序盤からかなりタフにプレスを敷いてきたリーズに対し、落ち着いて繋ぎ、淡々とボールを進めるアーセナル

この構図自体は最後まで変わらなかったんですが、この時期のプレミア勢の底力は少々違う。

はっきりいってアーセナルが押していたのは明白、だったんですがリーズもかなりしぶとかった。

退場者を出し、その後も危なげなファールが続いた前半、完全に試合が荒れるなと思っていたんですが、後半からは意外に持ち直し、ピンポイント攻撃からまさかの失点。あれを決められるとは思いませんでしたが、本当にピンポイントの連続でした。

ボール支配率やチャンスメイクの無さから考えると信じられない決定力じゃないでしょうか。

全体的にはそんな試合感だったんですが、アーセナルもやり切りました。

まず、冨安が左SB初スタメンだったにもかかわらず素晴らしいフィッティング。

守備時は予想通りでしたが、攻撃時もジャカ、マルティネッリと連携が取れており、これは視野の広さや予測力の賜物だなと。正直タヴァレスやジャカがSBをやるよりも連携が取れている。ティアニーの戻りが最善ですが冨安のフィッテイングは有難い限り。

これだけ卒なく両サイドこなせるとなると今後も重宝することでしょう。

そんな左で奮闘したのがマルティネッリ。一人での単騎奮闘が似合う男ですが、今回もかなり魅せてくれました。

パワーというか粘りというか、対峙した時の強さが良いんですよね。ボックス内で仕掛け、倒れずに運びきる。惜しいシュートも何本かあったので、それを決めれればといったところ。

エンケティア同様、きっかけがあればもうワンランク上がれる気がするし、期待してしまうのも彼だからこそ。いやぁ、覚醒が楽しみです。

そんなエンケティアですが、まさかの2ゴール。

1ゴール目はかなり驚きでした。軽く追いかけてる感じからのトップギア、あの緩急と狙いは見事でした。

いるべきところにいることが出来るというのはストライカーの資質としては重要な気がしていて、その意味でエンケティアは間違いなく持っています。

飛び出しは以前から上手かったのでその辺は継承しつつ、以前よりもボールを引き出す動きやポストプレーが上手くなった気がします。

この調子でシーズンを終えられれば理想的じゃないでしょうか。益々契約延長してくれればと思いますが、その辺はどうなのか。まあとりあえずは今を感謝します。

次節、このタイミングでのノースロンドンダービー。期待と不安と入り混じる状況が続きますが、メチャクチャ楽しみにしております。

では。