Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

デッド・ドント・ダイ

着地不明の、らしさ全開奇想天外感。

『デッド・ドント・ダイ』

ポスター画像


ジム・ジャームッシュのゾンビ映画『デッド・ドント・ダイ』予告編

鬼才ジム・ジャームッシュビル・マーレイアダム・ドライバーを主演にメガホンをとったゾンビコメディ。

アメリカの田舎町センターヴィルにある警察署に勤務するロバートソン署長とピーターソン巡査、モリソン巡査は、他愛のない住人のトラブルの対応に日々追われていた。

しかし、ダイナーで起こった変死事件から事態は一変。墓場から死者が次々とよみがえり、ゾンビが町にあふれかえってしまう。

3人は日本刀を片手に救世主のごとく現れた葬儀屋のゼルダとともにゾンビたちと対峙していくが……。

ジャームッシュ作品常連のマーレイ、「パターソン」に続きジャームッシュ組参加となるドライバーのほか、ティルダ・スウィントン、クロエ・セビニー、スティーブ・ブシェーミトム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・クローバー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズイギー・ポップらが顔をそろえる。

2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

久々の映画館での鑑賞でしたが、やっぱり映画館は良いですね。

まさかのジムジャームッシュ作、ゾンビ映画ということで、どんな風に仕上がっているのかと思っていたんですが、そこの味付けはまさにジムジャームッシュ。ゆるくストレンジな世界に浸れました。

ゾンビ映画やその他の自作、オマージュのオンパレードでしたが、その辺も嫌味無くといったところでした。

イギーポップが出てきたところとか、アダムドライバーがゾンビをゾンビと即座に言ってしまうところとか、日本刀で切りまくるシーンとか、もはやコメディの域を感じる仕上がりで、本当にゆるい空気感でした。

ゾンビが登場したシーンでは、WifiであるとかBluetoothであるとかを求めるところに現代における物質主義志向みたいなものを感じました。まあ今の時代で考えると、SNSとかそういったものへの欲求みたいなものも見せてほしかった感はありますが現代のゾンビとしての見せ方はある意味怖く、塩梅としては良かった気がします。

オフビートな笑い、本当にどこに辿り着くのかわからないような脚本。そしてアダムドライバー演じるロニーの意味ありげな発言の数々に最後まで観ているこちらが惑わされるメタ構造で、引き込まれたわけでは無いのに、気付けば物語に集中させる作りは見事なんじゃないでしょうか。

まあ個人的にジムジャームッシュ作品はゆるく、雰囲気ありきで楽しむ映画監督だと思っているので、そういった意味では監督なりのゾンビ映画に仕上がっているんじゃないでしょうか。

奇しくもコロナが蔓延した社会での新しい生活様式に似通った雰囲気も感じつつ、コロナ後一発目の映画として良かった気がします。