Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

キャロル

とにかく美しい、そして心地良い。

「キャロル」


ケイト・ブランシェットが主演 映画「キャロル」予告編 #Carol #movie

1952年、ニューヨーク。高級百貨店でアルバイトをするテレーズは、クリスマスで賑わう売り場で、そのひとを見た。
鮮やかな金髪、艶めいた赤い唇、真っ白な肌、ゆったりした毛皮のコート。
そのひともすぐにテレーズを見た。
彼女の名はキャロル。
このうえなく美しいそのひとにテレーズは憧れた。
しかし、美しさに隠されたキャロルの本当の姿とは・・・・・・。
不幸な結婚、偽りの人生、何より大切な娘を夫に奪われようとしていた。
それを知ったとき、テレーズの憧れは思いもよらなかった感情へと変わってゆく・・・・・・。

何でか知らないけど観ていて心地良い。画作りなのか1950年代という時代設定なのか、はたまた登場するモノや美術品、とにかく疲れない作りになっている。

そしてケイトブランシェット演技、存在感が素晴らし過ぎる。というか彼女以外無理なんじゃないかと思うほどの適役ぶり。

本編に関しても、この当時、女性が自分を見失わずに生きていくことの葛藤、格好良さみたいなものを終始感じられる仕上がり。

どの時代もそうかもしれないけど自分らしく生きていくことはすごく難しい、ただ自分らしく生きていくというのであればある意味簡単かもしれない、社会から外れた行為も恐れず、人と関わらず、ただ自分を貫けばいい。

そうではなくて自分らしくかつ、社会とも調和していく、それこそが難しくて格好良い生き方なんだなと深く考えさせられた。

演出も自然な感じで、徐々にキャロルの特徴がテレーズに伝染していく。人から人へ影響って伝染するんだよな、と改めて思わされる。

正直細かい点も見ていけば、この映画は数回見て初めて理解できる。そんな作品でした。 

同性愛ものはちょっとという方も間違いなく楽しめる作品だと思う。