Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsエバートン

やればできたのに。

アーセナルvsエバートン

Arsenal season still a success despite Champions League heartache with club  moving in right direction | Evening Standard

ギリギリで終わりましたね。

まあ序盤の成績を考えるとEL出場まで持ち直したことを良しとするべきなのか。まあここまで来たら是非CLまで出場して欲しかったですが仕方がありません。

今回見ててまずもって思ったのが「やればできるじゃん」ということ。

こんなことが今シーズン何回もありましたが、最後の最後までこの状況でしたね。

序盤からかなりハイプレス気味に攻勢をかけ、守備意識も、切り替えも早かった。これが終盤まで継続したことが何よりの勝因でしょう。

今回のプレスだけ見ればあのスカッドリヴァプール並みの強度があったんじゃないでしょうか。あくまでもあのスカッドでというところが重要ですが。

今回も相変わらず前線3枚は良かった。

あの3枚は気合も格もちょっと違うなというろころを再認識しましたしウーデのあの働きっぷりを見たらこれは来季のキャプテンでしょと思わずにはいられません。

5点目の得点シーンなんて、あの場面であの落ち着き、まるでパスかのような狙いすましたゴールは最後にふさわしい終幕でした。

まさに彼の想像力と技術、視野の広さがあればこその全てが集約されたゴールだったんじゃないでしょうか。それに加えてあのタフさと献身性もあるわけで、本当にアーセナルに欠かせない選手に成長しました。

そしてサカとマルティネッリ。彼らもこのシーズンでどれだけ成長したんだと思わせてくれるプレーが多く、マルティネッリはボール保持、ラストパスの精度、フィジカル強度、永遠のスタミナが魅力的。来季は11番を背負うということで、得点力を磨いてくれれば完璧じゃないでしょうか。

サカはもう抜群のバランス感覚とアイデア、柔軟なフィジカルも相まっての縦横無尽な動きが見られこれまた最高のシーズンでした。

まあホールディングも今回は平常運転に戻っていて安心しましたし、ジャカもマガリャンもそう。

セドリックが決めたゴールは今季の彼の奮闘ぶりに対するご褒美だったんじゃないかというくらい素晴らしいシュートでした。彼もそうですしエルネニーも良くやってくれました。

ラムちゃんも最後に素晴らしいセーブをいくつか見せてくれましたね。彼に関しては見せ場が無いに越したことは無いんですが、彼のおかげで何度助けられたことか。

まあ降格圏争いをしていたエバートンとはいえ選手層を見れば中々のメンツ。それでもやれば出来ることを最後に証明し、チームをどういった方向にもっていくのか。

移籍市場も楽しみですが、このオフでのトレーニングでどうチームが変わっていくのか実に楽しみな所です。また楽しみを待つ日々が始まるのか。短いようで長い期間ですが、続報含め楽しめそうなチームに仕上がってきました。

それでは。