Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

Power Push~2019年9月~

やはり菅田将暉という男は底が知れない。役者としてはもちろんのこと、ファッション、そして音楽までもここまで良いとは思いませんでした。正直楽曲的には色々なオマージュが見えるところに賛否両論はあるかと思いますが、それを上回るのがその人間力と表現力。誰が歌うかという意味において、菅田将暉という男は頭一つ出てることを実感させられました。

現代のエモさを過去と現在をつなぎ表現する。声色のエモさも相まってとにかくエモいの一言。

若者たちへ

若者たちへ

 
きらめき

きらめき

 
オレンジチョコレートハウスまでの道のり

オレンジチョコレートハウスまでの道のり

 
トンネルを抜けたら

トンネルを抜けたら

 

歌詞とメロディの世界観が見事で、聴くほどに深みを増していく沼にハマってしまいました。

洋楽はこの一択。最近はサントラが良い作品も増えてきていますが、この一枚は本当に聴きこみました。60年代の楽曲はほとんど聴いたことが無かったんですが、こんなに良かったとは。楽曲から受ける陽気な時代性に、聴いていて気持ちが挙がること、間違いないです。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック