Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

ミケーレのグッチ

ファッションはスタイルあってこそ。

『ミケーレのグッチ』

GUCCI(グッチ)の鬼才デザイナー、アレッサンドロ・ミケーレの世界観にセレブが陶酔 | HolisticStyleBook

最近はファッションの参考にするのがブランドのコレクションだったりして、その辺が以前の雑誌に頼っていた自分から変化を感じている。

それ以外に参考にしていた映画であったり音楽であったりというのは変わらずなんだけど、コレクションからインスピレーションを受けるというのは最近の個人的な気分なのかもしれない。

中でも『グッチ』デザイナーがミケーレに変わってから本当にカッコいい。

ファッションってただ着ているものがカッコいいとか、コーディネートがカッコいいとかそういうこと以上に『雰囲気』が非常に重要だと思っていて、そういった意味でのミケーレのグッチは抜群に良い。

耽美的だし、優雅だし、それでいて粗雑な部分もあって、とにかく狭義的にファッションを定義しない。

今冬のコレクションの中でも気になったスタイルをいくつか。

その前にコレクションの概要を軽めに

今シーズン、ミケーレが試みたのは「男らしさの多元性」を示すこと。

いかにもミケーレらしい耽美的な世界観は健在だが、いつもよりカジュアル寄りのバリエーションが増え、より多様性に満ちている。

チェックシャツ&フェアアイルセーターを合わせた学生風のルック、古着っぽいモヘアカーディガンにデニムのオーバーオールを合わせたグランジ風のルックは、あえてファッションへの無頓着さを表現しているように見えた。

f:id:Blck:20201127093255j:plain

サイバーな雰囲気に革靴が斬新

f:id:Blck:20201127093442j:plain

色の合わせとリバティ柄のカバンがあり

f:id:Blck:20201127093545j:plain

グランジなのにベレーに眼鏡というインテリハイブリット

f:id:Blck:20201127093634j:plain

野暮ったい雰囲気を鞄とヘアスタイルでソリッドに

f:id:Blck:20201127093731j:plain

ヘアカラー含めた配色とサイズ感の妙

f:id:Blck:20201127093817j:plain

クラシカルにパンキッシュ、そしてサイズ感

f:id:Blck:20201127093914j:plain

デニムと革靴の相性が良過ぎ

f:id:Blck:20201127094000j:plain

コートの外に鞄という考え

f:id:Blck:20201127094643j:plain

グランジのお手本のようなバランス

とりあえずミケーレがグッチにいるうちに何かしらアイテムを買いたいと思うところであります。