Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

SUNNY 強い気持ち・強い愛

とにかくエモい。それだけで持っていかれる青春の90年代。

SUNNY 強い気持ち・強い愛

ポスター画像


「SUNNY 強い気持ち・強い愛」予告

2011年に製作され、日本でもヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を篠原涼子広瀬すずの主演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督でリメイクした青春音楽映画。

90年代、青春の真っ只中にあった女子高生グループ「サニー」。楽しかったあの頃から、20年以上という歳月を経て、メンバーの6人はそれぞれが問題を抱える大人の女性になっていた。

「サニー」の元メンバーで専業主婦の奈美は、かつての親友・芹香と久しぶりに再会する。しかし、芹香の体はすでに末期がんに冒されていた。

「死ぬ前にもう一度だけみんなに会いたい」という芹香の願いを実現するため、彼女たちの時間がふたたび動き出す。

現在の奈美役を篠原、高校時代の奈美役を広瀬が演じるほか、板谷由夏小池栄子ともさかりえ渡辺直美らが顔をそろえる。

90年代の音楽シーンを牽引した大ヒットメーカー、小室哲哉が音楽を担当。

この年になると懐かしさみたいな感覚って時折訪れるし、ふとした瞬間にそれに支配されてしまう時すらある。

そんな感覚的な表現を映像的に再現したのが本作のような気がする。

韓国映画のリメイクで、韓国版も観たんですが、個人的には圧倒的に日本版の方が刺さりました。

これが90年代じゃなければどうだったかはわからないんですが、自分自身の青春時代と全てがリンクしてしまって、そのエモーショナルさが全て。

韓国版に比べて過剰すぎるなと思ってしまう演出や脚色もあったのですが、それも仕方がないと思えてしまうほどエモい。思い出は美化されるとはよく言ったもので、本当にその意味での表現を体現した作品だと思います。

そして、韓国版もそうですが、日本版もとにかくキャストが素晴らしい。過去と現在の両キャストが鏡写しのように見えるくらいらしさを内包している。あぁ面影あるなとなぜか思ってしまうキャスティングは本当に素晴らしいです。

これも外せないのがファッションと音楽。

あの頃こうだったよなというツボを押さえてますし、持ち物含め当時の街並みの様子、タイムスリップするような感覚を与えてくれるのはかけがえのないあの頃を見事に表現しており、そのことが映画内での表現としても抜群に機能しているように思います。

特に三浦春馬のファッション。こんなタイミングで観たくは無かったですが、彼のスタイルや立ち振る舞いは気取らないカッコ良さが最高でしたし、古着やアメカジをミックスしたような当時の衣装、ロングヘアを取り入れていた当時の感覚に見事にハマっていました。個人的にはあの三浦春馬のゆるそうで人当たり良さそうな雰囲気が当時の渋谷原宿カルチャー全盛のショップ店員に通じる空気感を纏っている気がしてその辺も抜群にハマった人選だったように思います。

音楽の担当も小室哲也と、当時聴いていなかった人はいないんじゃないかというような曲のオンパレードで、ある意味で斬新なプレイリストムービーでもあるなと思ったり。

当時は女子高生を中心に日本が回っていたのは事実なくらいパワーに溢れていたし、日本自体もバブルとは違う、何とも言えないテンションがあったように思います。その時代を切り取るところも空気感が良く表現されていますし、あの時代に青春時代を迎えていた人には何かしら刺さるものがある気がします。

エンディングの余韻の感じ、全てが上手く回るわけではない人生、時間が解決してくれることもあればそれではどうにもならないこともある現実を突き付けられつつ、過去の思い出に縛られるのも悪くないんじゃないかと思わされる、最高にエモい作品でした。

SUNNY 強い気持ち・強い愛 DVD通常版

SUNNY 強い気持ち・強い愛 DVD通常版

  • 発売日: 2019/05/22
  • メディア: DVD