Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsリーズ~FAカップ編~

ドレッシングルーム内でのやり取りが見て見たい。

アーセナルvsリーズ』

「arsenal」の画像検索結果

久々に試合中、試合後に選手たちの自然な笑顔が見れた気がします。

前半こそ、リーズの必用マンマークプレスに苦しめられ、ビルドアップで行き詰っていたアーセナルでしたが、後半からは息を吹き返しました。

ここまで変わるとなるとハーフタイム中にどういった指示があるのか気になってしまします。

前半では中盤より前線の選手がほとんどボールに触れておらず、これといったチャンスメイクも無い状況でした。

後半に入って大きく変わったのがプレス強度とボール際での粘り。

SBが高い位置を取れるようになったのも大きいと思いますが、それは上記のそれがあってのこと。

ソクラティスを右SBに起用してきたのは驚きでしたが、怪我人等で選手が離脱しているアーセナルにはそういったチョイスも必要になってくるのかもしれません。

それにしてもラカゼットの前線からのプレスは情人離れしていて、良いですね。ユナイテッド戦では終盤に疲れも見られましたが、本節では終盤まで鬼のプレスで羽目殺してました。

そしてマルティネッリ。相変わらずの嗅覚でここぞというところに顔を出し、強靭なフィジカルでキープする当たりなんかは今後への期待しかありません。守備時のプレスもラカゼット並みの圧で、非常に脅威になるなと感じました。

ペペもここのところはボールキープやドリブルでの切込みといった強みを出せるようになってきましたし、グエンドウジも久々のスタメンでしたが身体の使い方や判断が良くなった気がします。

リーズのような曲者相手にもここまで修正し、持ち直したことは次につながる自身になるんじゃないでしょうか。

次節も曲者揃いのクリスタルパレス戦。

エジルも好調を維持し、是非勝ってほしいものです。