Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

KOSUKE KAWAMURA -ARCHIVE-

イデアと行動力、そのバランスあっての作品だと改めて思わされました。

「KOSUKE KAWAMURA -ARCHIVE-」

河村康輔のこれまでの活動を俯瞰的に網羅し、ノイジーな作風の秘密に迫る個展が、6月28日から池袋パルコのPARCO MUSEUMで開催される。

同展ではアナログコラージュ作品だけでなく、デジタルコラージュ、グラフィックデザイン、プロダクトデザインなどの膨大な仕事を、河村のキャリア初の試みとして総括的にキュレーション。「代表作」「コラボレーション作品」「映像」「立体」と大きく4つのゾーンに分類し、“河村康輔”をマクロ&ミクロに見ることができる過去最大級の展示となる。

雑誌なんかでは目にすることがあったけど、作品としてそのものを観たのは初でした。

こちらの記事でも興味深いこと言ってます。

www.houyhnhnm.jp

とにかくそのセンスと作業の精緻さには圧巻でした。

コラージュというと既存のモノの組み合わせという程度の認識でしたが、そこに世界観やバックボーンまで映り込み、その組み合わせ方の冥利がその製作者を表現する。

製作者の部屋を模したようなスペースも用意され、「やっぱりな」という感じに見えるのはコラージュの効果かもしれません。

A1サイズのポスターもTAKE FREEで置かれていたり、グッズも充実しているのでこの機会に。

やはり何事も生で体験しないと本当の良さには気付けなそうです。余談ですが展示などでは絶対に写真を撮らないようにしているのもせめてもの自分への反抗なのかもしれないと思ったりしています。