Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

ハイキング的登山と若干のアトラクション感Ⅱ~鷹取山編~

前回に引き続き、さらに進みます。

blcrackreverse.hatenablog.com

f:id:Blck:20220124101254j:plain

すると謎のオブジェ的な石碑を発見。

f:id:Blck:20220124101244j:plain

さすが岩切場だったこともあり、クライミングのメッカ。徐々に見晴らしが開けてきますが、岩場も徐々に多くなる。

f:id:Blck:20220124101234j:plain

f:id:Blck:20220124101221j:plain

一旦開けて、そこから頂上はもう少し。山から見る開けた景色はやっぱり良いなと感じます。

f:id:Blck:20220124101213j:plain

頂上がクライミングのポイントであり、かなり雰囲気は良い感じ。これは外岩も来たくなるわと思いつつ。

f:id:Blck:20220124101206j:plain

f:id:Blck:20220124101158j:plain

ここで昼食休憩。

逗子などにある地元スーパー、スズキヤの『鮭と彩り野菜の茶々のり弁』。友人のおススメで買ってきてくれたんですが、さすがの情報通。気が利くことにお湯やコーヒーまで持って来てくれ、本当に頼りになる。

f:id:Blck:20220124101141j:plain

全国のスーパーやコンビニ、専門店などが参加するコンテスト、お弁当・お惣菜大賞にも選ばれているようで、その理由も納得の満足感。終盤には付いているお吸い物でお茶漬け風にもなるという、寒い日には至れり尽くせりな仕様。

f:id:Blck:20220124101150j:plain

そこでしばし休憩のち、少し頂上を散策。

クライマーも結構いましたね。ボルダリングも始めて数年経ちますが、外岩はいまだ行けておらず、やっぱりこういう自然の中でやるのも楽しそうです。

f:id:Blck:20220124101132j:plain

f:id:Blck:20220124101122j:plain

f:id:Blck:20220124101110j:plain

最後にこの登山の終盤、磨崖仏を見てお別れです。正直予想よりはるかに小さかったですが、まあこれはおまけ程度で。

f:id:Blck:20220124101059j:plain

f:id:Blck:20220124101050j:plain

たまには山も良いものです。では。