Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsトッテナム

覚醒の時は来た。

アーセナルvsトッテナム

Saka MOTM: Player ratings as Arsenal batter Tottenham 3-1

やってきましたこの時が。

ノーロンダービーであの勝ち方はアガりましたね。前節から若干の兆しが見えていたものの、正直不安の方が大きく、調子を落としているトッテナムといえど、攻撃力は重量級。

ホームゲームでの強さを生かせない試合も続いていた中でしたが、やはりサポーターが帰ってきて、期待も高まっていたところでのダービーは違った。

会場の雰囲気も良く、ピッチも抜群のコンディション。バーンリー戦でのカラッカラのピッチが嘘のようなホーム戦。

そんな中、前半から怒涛のプレスと攻撃の応酬。トランジションもかなり早く、全選手キレッキレ。

久々に観ていて熱量を感じた試合展開にこちらのテンションも上がらざるを得ません。特に前線4枚の縦横無尽に動きまくるスタイルは圧巻で、中でもウーデゴールの鬼プレスのハマることハマること。後半バテるかと思われたものの、ほとんど変わらず。終盤でのプレスとトップ下に変わってからの変わらぬ彼にマジで期待しかなかった次第です。

サカ、スミスロウも水を得た魚のように、普段の調子を取り戻し躍動(やはりサカは右のインサイドの方が輝ける)。

驚いたのはオーバメヤンのプレスと飛び出し。そのスピードたるや以前のそれとは大違いの強度でした。これだけ猛追できるのであれば是非今後も継続してほしい、逆に今まで出来なかったのは何か理由があったのか、そこのところも気になるところではあります。

中盤も安定と信頼のパーティーを軸に、ジャカもかなり効いていました。パーティーのような絶対的中盤がいて、ジャカがいる形の方がジャカも生き生きとプレーできているように見えましたし、その方が攻撃時もジャカらしさが生きる気がして、マルチタスクよりシングルタスク、それくらいのシンプルさがジャカには必要なことも再確認。

さらにDF陣4枚も冨安が入ったことで本当に安定した。冨安の守備時における危機察知力は末恐ろしいものですし、空中戦も強過ぎる。ラムズデールとの連携も抜群に良くて、二人で雄叫びをあげていたシーンは鳥肌が立つほど感動しました。

画像

MOMもうそうですが、冨安の獲得は本当に良いものだったんだなとつくづく思います。ソンフンミンとのマッチアップで何度も後退させたシーンなんて弁慶並みの存在感。今までのことを考えると選手一人でこうも変わるのかと驚かされました。

攻撃に関しても同様で、両SBの攻め上がりにも厚みが出ましたし、ティアニーと同様レベルの上下動、攻撃参加が出来るのも大変心強い。

ガブリエウは相変わらずの安定感でしたし、ホワイトも良かった。一回危ないシーンもありましたが、今回は選手の潰し方やタイミングが良かった。

そしてラムズデール。こういうキーパーが欲しかった。熱量、メンタル、リーダーシップ、どれをとっても輝きを感じる。特に足元の安定感とメンタルの強さは本当に信頼できるし頼もしい限りで。それにしても、あのシュートストップも良かったな。

とにかくアルテタの歓喜が示していたように今回はどこをとっても良かった。ホントこんな時代じゃなかったらパブなどで盛り上がりたかったところですが、それはまたの機会に。

問題はこれからどれだけ復調していくのか。これでチーム自体がブーストされてくれればいいんですが・・・。まあ次節どういった戦いをしてくれるのか、いやぁ、とりあえず今は期待しかない、したくない。