Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

今際の国のアリス

デスゲームはあまり好きでは無いが、惹かれるものがあった。

今際の国のアリス

Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』REVIEW


www.youtube.com

漫然と生きていたゲーマーが、友人2人と迷い込んだ異次元の東京。

そこで次から次へと理不尽なゲームを突きつけられた彼らは、生きるか死ぬかの戦いを強いられる。

漫画原作ということもあり少し危惧していた部分はあったんですが、結構楽しめました。

本来デスゲーム的なものってあまり惹かれないところがあるんですが、ネットフリックスオリジナルということもあり、興味は持っていました。

ストーリー上の唐突さや粗は目立つものの、まあ漫画原作ですし、物語の根幹を考えれば致し方ないことかと。

それよりもキャラの濃さやテンポ良く進むストーリー。スケールの壮大さなどに目を向ければかなり良い出来なんじゃないでしょうか。

物語性に関しても、ゲーム性もさることながら、『死』『生』といったことへの問いが絶妙なバランスで散りばめられていますし、それにプラスした形での鬼滅にも似た当事者の過去を描くことで見えてくる『個』というものにフォーカスを当てた作りが良く効いていた気がします。

実写化されると『個』へのフォーカスがやたらと現実味を帯びてくるところが面白いところで、結局人はそれぞれの行動原理や背景を元に行動し、考え、生きる。逆に言えば死ぬ時もそういったことに影響され死んでいく。

そう考えると限りある生に対し真摯に向き合うことこそ本当に必要なことなのかなと思わされたりします。

まだシーズン1しか公開されてないですし、8話と観易いので興味ある方は是非。