Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

私をくいとめて

 人との距離感は難しい。

『私をくいとめて』

ポスター画像


www.youtube.com

勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。

のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。

何年も恋人がおらず、ひとりきりの暮らしにもすっかり慣れた31歳の黒田みつ子。そんな彼女が楽しく平和に生活できているのには、ある理由があった。彼女の脳内にはもう1人の自分である相談役「A」が存在し、人間関係や身の振り方に迷った際にはいつも正しい答えをくれるのだ。

ある日、みつ子は取引先の若手営業マン・多田に恋心を抱く。かつてのように勇気を出せない自分に戸惑いながらも、一歩前へ踏み出すことを決意するみつ子だったが……。

みつ子の親友・皐月役で橋本愛が出演し、NHK連続テレビ小説あまちゃん」以来となるのんとの共演が実現。

この大九明子監督と綿矢りさ原作のタッグは妙な不安定感というか、原作がそうさせるのかといったところなんですが、本作も正にその不可思議な世界観に引き込まれました。

初見の率直な感想は少々長い。

物語の推進力も演者によるところが大きかった気がするので、要所要所での間延び感が時折気になり、全体として若干長かったなといった印象でした。

それでも本作の主演を務めたのんは素晴らしかった。自然体でいて、どことなく不安定な役柄が見事ハマっていたし、ファッションやライフスタイルといった作品を通しての世界観も見事。

物語の推進力というか展開上のパワーはほとんど無く、日常系と言えばそんな様相なんですが、脳内にいる自分を出すことで、現実と空想の境目が曖昧になり、独特のテンポと世界観を作り出していて、これはこれで心地良い。

この世界観というのが本作での物語性に結び付いていると思っていて、それぞれが考える世界と現実に存在している世界、この葛藤や求めるモノ、他者との関りや恋愛、仕事、ライフスタイルなんかも包括した『揺れ』みたいなものが絶妙な塩梅で描かれていた気がする。

主人公演じるのんはある種、この現実における世界には慣れ切った30代OL。半分諦めも入った世界において、諦められていないところと擦り合わせながら生活していく。この作業こそ本作のキモだと感じた思うし、誰にでも心当たりある不安や希望なんかが良い感じに溶け込んでいる。

それを象徴するシーンとしての一人ぶらり旅や恋愛序盤の感じが一番グッときたし、単純に真似したくなる。自分も同年代ということもあり、同じようなことを思うことが増えた中で、行き辛くしてしまっているのは自分自身、わかっていても中々変えられないのも自分なわけで、そのモヤモヤ感も中々ちょうど良い。何より、少しの変化やきっかけで変われるかもしれないと思えるところに本作の良さと希望を観た気がする。

やはりというか橋本愛との共演も見事で、二人とも本当に良い女優さんだなと思うし、あの独特な空気感が本当に好き。

一人の時間と誰かとの時間、共に楽しめるような生活を送れたらと改めて思う。とにかく人生は一度しかないわけだから。 

私をくいとめて [DVD]

私をくいとめて [DVD]

  • 発売日: 2021/04/14
  • メディア: DVD
 
私をくいとめて

私をくいとめて

  • 発売日: 2021/03/25
  • メディア: Prime Video
 
私をくいとめて (朝日文庫)

私をくいとめて (朝日文庫)