Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsバーンリー

悪夢再び。

アーセナルvsバーンリー』

後半のあの時までは良かったんですが、あそこから歯車が狂いだした気がします。まあタイミング的に前半終了間際ということもあって、それも良くなかったのかもしれません。

後半も悪くは無かったものの、バーンリー自体が乗ってきてしまったのが良くなかった。プレミアにおいて、クラシックなスタイルのフィジカルチームは勢いに乗らせると本当に厄介なことを再確認した試合になりました。

チェンバースはプレミアに久々登場でしたがそこまで悪い印象は無く、ベジェリンの去就が不透明な中でとりあえず良しと言える状況じゃないでしょうか。

そんな中、今回効いていたのがウーデゴール。

前半なんかはあらゆる場所に顔を出し、躍動していた印象。らしさが目立つような技ありのシーンは少なかったものの、フィジカル的なフィットが出来れば、そこは発揮できるようになる気がします。強いて言えばレンタル後の去就が気になるところです。

そして問題の失点シーン。

ジャカがやり玉に挙がっていますが、後ろにぴったりとマークがついてのあの状況でジャカだけを責めるのはどうかと思うシーンではありました。レノの判断でロングボールを蹴るなり、もっと言えばそれ以前にその状況を作らないような意識が必要だった気がします。

とはいえ、プレスが早く、綺麗に嵌められていた状況だったので、バーンリーが上手だったとも言える気もしますが。

後半に入り、パーティが抑えられ始めてからは、ジャカ諸共、中盤からのフィードが減り、苦戦していたように見えました。

それにしてもパーティとフィジカル勝負であそこまで抑え込んでいたウッドはある意味で凄い存在だなと。

色々とありましたが、ポープ相手に、ここしかない場所を突いてゴールを決めたオーバメヤンのシュートは気持ちよかったなと思いつつ、ELを綺麗に消化、その後のノーロン完勝へと進んでほしいものです。