Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsエヴァートン

徐々に良くなってきてはいるが・・・。

アーセナルvsエヴァートン

Premier League: Arsenal lose to Everton 2-1 for seventh game without a win  | Sports News,The Indian Express

バーンリー戦から確実に修正、改善はされてきているものの、今の順位がヤバ過ぎる。

そして何がヤバいって、オープンプレーからの得点が本当に無い。

打ち合いになって競り負けたり、別の理由から勝てないのであれば、多少の納得も出来るものの、そういったことでも無く、とにかく得点が入らないし、その匂いすらしない。

本節エヴァートン戦ではその雰囲気が多少戻ってきたので収穫なのかとは思うんですが、時間が無い。

さすがに降格するとなると一大事ですし、なによりこの時期のリーグにおけるアーセナルの成績は毎回鬼門過ぎるので、それも一層の追い打ちをかけている気がします。

個人的に今回気になった選手が、メイトランドナイルズ。

かなり以前にもそのポテンシャルは確認していたものの、今一つ開花せず、ポジションも安定せずといった感じで、徐々にフェードアウトしてきていたんですが、ベジェリンが累積で出場できなくなり、チーム状況がこんな中で一筋の光明が見えました。

正直今のレベルでどうこうというわけでは無いんですが、やはりポテンシャルは良いもの持っている。

ベジェリンよりもポジショニングの意識は高いですし、良い動きをしている。足元に関しても落ち着いて捌けているし、何より柔軟性がある。

彼の一番好きなところが、その『冷静さ』。

そつなくこなし、しれっとしてる。エヴァートン戦での守備時のインターセプトもチーム1の3回ですし、平均スタッツもそんなに悪くない。

この辺は良い点なんですが、悪い点としては守備時の対応が遅れてしまう場面がちらほら見られること。

ガリャンイスのように予測で動くタイプに見えるので、見誤った時に後ろがホールディングだと、不安な場面も。実際それがピンチを招いているシーンも多々あったので、その辺は改善が必要かと思います。

ただ、まだまだ伸び代があるんじゃないかと思ったのが今回の試合での再認識でした。

とにかく得点が欲しい。

ルイスが入っていたこともあって、ロングフィードは良いものがありましたし、それが相手を敵陣に留めていたのも事実。

ただそれはオプションであって、オープンプレーから得点する形と決定力を復活しないと本当に降格もあり得ると思います。

とにかく次節チェルシー戦、どうなっているのか、相手も相手ですし、