Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsバーンリー

新しい試みとこれから。

アーセナルvsバーンリー

Vote for our Man of the Match v Burnley now! | News | Arsenal.com

とりあえず勝てたことが収穫じゃないでしょうか。

こんなことを書いているとビッグ6サポのメンタルとしてどうなんだとも思いますが、これが正直な今の感想です。

対するバーンリー自体がプレミアの古き良き古豪の様なチームなので一層そう思うのかもしれませんが、あのフィジカルサッカーにとりあえずとはいえ、勝ち切れたことはチームにとっても大きな自信に繋がるんじゃないでしょうか。

スタメン発表から期待高まるメンバーでして、今回アルテタ自身が兼ねてよりやりたがっていた4-3-3の布陣。

中盤に攻撃的な選手4枚を揃え、守備的な選手はパーティのみ。これでやる事ができれば大満足ではあったんですが、さすがにそこまでとはいきませんでした。

攻撃自体の厚みもあまり無かったですし、ビルドアップ時の苦しさも変わらず。守備的な面でギリギリ守れていたのはガブリエルや冨安、パーティやウーデの個人的な能力によるものが大きかった気がしますし、とにかく攻撃に期待感が持てなかった。

まぁまだこの形ではお試し程度だと思っているので、そこまで期待はしていなかったんですが、今のチーム状況を考えると流暢な事を言ってられないのも現実かと思います。

途中からロコンガを投入し、ボランチを2枚にし、ビルドアップも冨安を含めて3枚にした辺りからはある程度機能し出していたので、まずはやはりお試し期間だったと思うことにしましょう。

そして、今回良かったのがラムズデール。こんな良いキーパーだったかなと思うくらい良いセーブが多かったですし、判断も見事。とくにあわやPKのシーンでの判断は非常に良かった気がします。加えてクロスに対しての対応も良いので今後が楽しみなキーパーです。

中でも個人的に一番驚いたのがロングフィードの速さと精度。あれだけ強く蹴れてあの精度なのは驚きで、今後のビルドアップ時の一選択としてかなり魅力的な力になるんじゃ無いでしょうか。

逆に気になったのがオーバメヤンとサカ。2人とも疲れが見えましたし、とにかくいつもの躍動感を感じなかった。これも疲れだと信じましょう。そういう意味では本来のパフォーマンスを考えるとスミスロウなんかもそうでしょうし。

まぁ今回も色々と謎は多かったですが、その辺は徐々に解明してくると期待しつつ、とりあえずカップ戦、からのノーロンダービーで勝ちをもぎ取って欲しいものです。

アーセナルvsノリッジ

とりあえずの安堵。

アーセナルvsノリッジ

Arsenal 1 - 0 Norwich City - Match Report | Arsenal.com

まずは勝てて、良かった。

これで負けてたらホント絶望の底へと・・・

とはいえ大手を挙げて良かったと言えるかというとそれも微妙なところ。

序盤からプレス強度は圧倒的に上がっていたし、攻守のスイッチも比較的明確で、オーバメヤンとウーデゴールのそれが良くハマっていた。

しかし、前半終盤からプレスがハマらなくなることもしばしば。まあこれは前線からのというよりは中盤がマークを外したり、プレスが弱まったことが要因かと思いますが。つまりはボランチとの連動性の問題。

それでも各人の連携も良くなっていましたし、何より各ポジションの選手が戻ってきたのも大きかった。

オーバメヤン、パーティ、ウーデゴール、ホワイト、マガリャンイス、(冨安)。

まあ富安に関しては戻ってきたわけでは無く、新加入なんですが、かなり良かった。守備時に若干不安定なところもありましたが、すかさず戻り、守る。この姿勢こそアーセナルに欠けていたメンタルの部分だった気がして、それらを喚起する意味でもかなり良い働きだったんじゃないでしょうか。

空中戦や対人に関してはさすがという感じでしたし、今は無きベジェリン改の様な内側への侵入、そしてチェンバースよろしくな、抜群のサイド駆け上がりからのクロスも見事でした。

そもそも、代表ウィーク明け、かつ練習日一日足らずでここまでプレミアにフィットしていること自体奇跡的な気がします。

ホワイトとマガリャンのCBコンビも安定感が見られ、久々に守備時にゴール前での不安が払しょくされていたかと。ホワイトは判断やキック精度が予想以上でしたし、マガリャンは対人、空中戦が強い。連携のところで何度か危険もありましたが、それは今後改善されてくることでしょう。

さらに言うと、中盤二枚が安定すれば必然的に改善されるところもあるわけでして。ロコンガとナイルズだとやはり安定感という意味では少々不安が残った試合となりました。

その点、パーティが入ってからは俄然落ち着き、何本か良い縦パスも入り、期待と安堵が復活。

前節がまさにそうでしたが、一人孤軍奮闘していたスミスロウ。彼も途中交代ながら、抜群の存在感とキレのあるプレーで、判断が本当に素晴らしかった。相手キーパーのナイスセーブで阻まれたシュートは実に惜しかった。ただ縦横無尽に顔を出し、体調の不安を抱えながらあのプレーは恐れ入ります。

ティアニーはいつも通り良かったんですが、正直なところサカとの関係がいまいちに見えました。というか今回の様な布陣ならば右のインサイドでプレーし、内側にカットインできた方が、内側と外側の両側からの脅威が一層増した気がします。

まあスミスロウ交代前は仕方ないですが、入ってからはそれが出来たかと思うので。何かしらこちらでわからない事情があったんでしょうか。まあそれは追々の使われ方でわかるかと思いますので、今後の試合で確認できればと思います。

そして今回個人的MOMは『ウーデゴール』。

こんだけ頭使ったプレスを最後まで行い、運動量も落ちず、見えている視野も広い。気が利くプレーも出来て、危機察知能力も高いとなれば、あとはどれだけ得点に絡めるかどうかな気がします。いずれにせよまだ数試合なので、今後どうなのかということですが、スミスロウやサカとの連携も良い気がするので、本当に楽しみな選手です。まずは来てくれて有難うと言いたい。

他の選手も軽く触れると、オーバメヤンは失われたスピード感が戻ってきた気がしますし、ラムズデールも先発ながら落ち着いたプレーでした。ロコンガは粗削りではありますが、片鱗はあり、今後の成長次第、ナイルズはSBで使われてギリギリ交代要員な気がしてしまいますが、まあ今回は勝てたのでなによりでした。

今回は勝てましたが、むしろここからが正念場、今後の強豪とのマッチアップに備えてどこまでチームのクオリティを上げていけるか。アルテタの手腕が試されるラストチャンスかもしれません。

アーセナルvsマンチェスターシティ

近年ここまで気が滅入った試合があっただろうか。

アーセナルvsマンチェスターシティ』

The anatomy of an Arsenal meltdown: reckless tackles, lamentable errors and  no Plan B

本当に絶望的でした。

久々にあそこまでの絶望を味わった気がします。何もできなかった。

何がしたかったのかの意図も分からず、防戦一方。それなのに守ることすら出来ず驚愕のシュート1本。後半に関してはポゼッションも9%という驚愕の数字を叩きだし、文字通り驚きしかないような展開でした。

そんな中でも期待感があるような負け方ですとか、どこかしらに希望が見出せるような展開があったならば救いもあるというもの。

残念ながらその救いも無く、ジャカは退場し、プレミアリーグ最下位。

どう表現していいのか本当にわかりません。

唯一気概を見せていたのがスミスロウ。ジャカ退場後5-3-1という絶望的なドン引きフォーメーションの中、何度かの一人奮闘。

ボールを奪えても全くチャンスを感じず、後ろが重すぎるが故の攻撃力の無さ。そんな中でよく最後まで頑張れたなというところに彼の気概を感じました。

ただ、それもあくまで気概であって、チーム状況、勝ち点という所に関しては全く光明が見出せず。ノリッジ戦のシティ観て、良くてもドローゲームかな。くらいに思っていたのが間違いでした。

代表ウィークを経てのノリッジ戦。本当の正念場かもしれません。

アーセナルvsチェルシー

道半ば。

アーセナルvsチェルシー

What's gone wrong at Arsenal and could it get worse? | コール

久々の観客入りホーム戦だったんですが、残念でした。

正直相手が強過ぎた。なんであんなに修正、修正と見事にハメてくることが出来るのかわからず、それにプラスしてのルカク無双。今のチーム状況では到底太刀打ち出来ずという状況でした。

序盤から相手チームのジョルジーニョとコヴァチッチに翻弄され、そこからの配球にいなされていた印象。

スミスロウがケアしつつもどちらかにボールが入った瞬間に、他の選手が連動しスペースを作り、受け手を作る。その動きと連動がとにかく秀逸でした。現段階であの完成度なのは今後がさらに恐ろしい。

さらに最前線にはルカクというドリブル良し、フィニッシュ良し、フィジカル良しな選手が入ったことにより、内外両側からの脅威にさらされることに。

個人的にはアロンソがやはり良いなといった印象。気が利いたプレーが出来ているし、攻守の切り替えや判断が良い。あの手の選手ってなんか好きなんですよね。

そんなこんなで追い込まれていたわけで、中でもCBコンビのホールディングとマリが要因なところもあったかと思いますが、相手が上手過ぎたのが正直なところ。

それでも、出来たこともあっただろうと思った中で、今回一番気になったのがプレス強度の部分。

個の選手における力量差は別にして、プレスが甘く感じた。後半こそアルテタの指示なのか、スタジアムの歓声なのか、強度はそこそこ上がったものの、それでもいまいち。

ホームゲームかつ相手の方が強いわけで、プレスに脅威が無ければ取れるものも取れません。

色々と見えていない要因もあると思うので一概には言えないんですが、せめてそこだけは気概を見せてほしかった。

まあ前節よりは意図は汲み取れましたし、各ポジションでの主要メンバーを欠く状況でもあったので、そこはポジティブに捉えようと思いますが、このままでは本当に危険な状況もあり得るだけに気が気でない。

良かった点としてはスミスロウの顔出しの多さと引き出し方。シーンによっては色々と出来そうな片鱗を見せていたところも期待は持てそう。

あとはロコンガ、2試合目にしてやはりフィットネスは良さそうだし、かなり見えている気がした。守備面で引きずられるような場面もあったものの、まだプレミア2試合目。序盤からここまでやれそうだと感じられたのは収穫じゃないでしょうか。

次節はウーデゴールも出れそうですし、他の選手も数名は戻れるかもしれないとのことで、その辺を期待しつつ、是非勝利を。

アーセナルvsブレントフォード

お帰りと素直に言いたかった。

アーセナルvsブレントフォード

Nightmare start for Arsenal as Brentford expose familiar failings for Mikel  Arteta | Evening Standard

ようやく帰ってきました。

移籍動向やユーロの情報など、シーズンオフは色々と気になるところでした。

プレシーズンマッチもハイライトなどで観ていましたが正直、不安は拭えなかった。

ただ同時に期待感もあったわけですが、どうやら不安な面が出てしまったようです。

仕方がないことなんでしょうが、やはり若いチームには経験が不足している。その感を露呈したのは否めません。

攻撃時にはフィニッシュの部分といいますか、ボックス内での展開があまりに不足しているし、守備時にはある程度までは良いもののある一定ラインを超えると押し込まれ、抑え込めない。

どちらも経験や統率を通して得られる、見地みたいなものが不足しており、故に起こることな気がしてなりませんでした。

そんな中、可もなく不可も無くではありますが、ジャカは数シーンを除き良かった。良かったというかその落ち着きと視野、気を使えるようなプレーが随所に見え、その経験の差を感じさせてくれました。実際何度かのチャンスはジャガからのパスによるもので、ティアニーとの関係性も悪くなかった。前線や後方にこういったプレーヤーがいるとまた違った戦いが出来るのかなとも思ったりしつつ、不安なところもあったり。

それでも収穫もかなりあって、まずロコンガ、予想以上の落ち着きと顔の出し方やポジショニングも中々。ジャカとの関係性も含め、プレミアへの適応は早いんじゃないでしょうか。まだプレシーズンと本節だけなので言及は出来ませんが、伸び代や期待感の片鱗は見せていた気がします。

昨シーズンに引き続き、相変わらず良かったのはサカ、スミスロウ、ティアニー。もうこの三人はレギュラー定着で良いんじゃないでしょうか。プレーの質も申し分ないですし、展開によっては期待しかない。ただそこにもう少しスパイスといいますか、全員を纏め上げられるような調整役がいればなお良し。

ただブレントフォード自体も昇格組ですし、若手が中心のチームということを考えるとそんなことも言ってられないところ。

次節からはチェルシー、シティと続く中で本節の修正をどれだけできるのか。あと一歩の部分も多いと思うのでそれをどうハメ込み機能させることができるか。まずは期待して待ちたいと思います。

これが序盤に抜け出せないようだといい加減待てなくなるような気もしてしまいますが。

何はともあれ次節もすぐなので楽しみが戻ってきたのも事実です。

それにしても守備面での高さは不安視してましたが、セットプレー含め空中戦をどうにかしないとプレシーズンや今節の様なことになってしまう気がしているのは私だけでしょうか。

では。

海に癒され気持ち高まる~TOKYO RISING編~

暖かくなってくると俄然やる気が出てくるのがサーフィン。

そんな気持ちを一層高めるように公開されていたジョンジョンのドキュメンタリーを観たんですがやはり最高でした。

John John Florence Tokyo Rising: CLIF Exclusive Cut 1 - YouTube

全編英語かつ字幕も無いのですがそのライディングや生みの美しい映像、雰囲気から伝わってくる様子と共に、言葉ではなく感覚的に伝わる何かを感じます。

まあ言葉がわかれば一層理解は深まると思うので是非字幕を期待したいところではありますが。

内容としては怪我からの復活と東京五輪へというドラマのような実際の話。

サーフィンをやる人であれば知っているであろうジョンジョンフローレンス。

ハワイはオワフ島出身のプロサーファー、ジョンジョン・フローレンス(John John Florence)。

世界最高峰のサーファーが集まる伝統的な大会「トリプルクラウン」に史上最年少の13歳で初参戦し、その後二度の世界チャンピオンに輝き名実共にトップサーファーの1人となった。 

彼のサーフィンは観ていて本当に驚かされるし、わくわくする。

波と一体になっているというかどうやったらこの動きが出来るのかと思わされる。

そのジョンジョンの動きと海がまあ綺麗なこと。

映像技術があがったのもあるのだろうけで、これをこういった形で捉えるのは本当に難しいと思う。カメラマンもある意味スキルフルじゃないと絶対に撮れないだろうし、それに加えてライダーのスキルも無ければ無理なものばかり。

サーフィンをやる人もそうでない人も一見の価値がある作品じゃないでしょうか。

アマゾンプライム会員ならば無料で観れるので是非英語だからと敬遠せずに観ていただきたい作品と思います。

時間も1時間ほどなので観易いですし、何より癒し効果も抜群です。

Tokyo Rising

Tokyo Rising

  • John Florence
Amazon

アーセナルvsブライトン

最後は良き試合でした。

The Short Fuse, an Arsenal F.C. community

なんやかんやでやっぱり好きなわけで、最高の今シーズンラストマッチでした。

スタートからとにかく押し込むアーセナル

崩しの形もなかなか綺麗にハマっており、とにかく内外、両サイドと満遍なくボールが動く。調子がいい時はこういう感じでハマるんですがそれが継続できないのが玉に瑕。

スミスロウとウーデゴールの併用は個人的に結構いい形だと思うし、二人の攻守への寄与度はかなり高いと思う。

バランスを取るような動き出しや捌き方の関係性なんかもテンポよく回っていた気がしますし。しかも、それが後半終盤まで続くんだからそれはもう魅力的。

来シーズンの去就は不明確なもののウーデゴールには是非残って欲しいものだ。

そして今回の立役者はぺぺ。

1点目も見事でしたが2点目の形は持った瞬間にゴールを確信するようなお得意の形でした。

右足になったものの決め切り、着実に勝利を引き寄せた存在感は正に彼に今まで望んだものでした。

プレミアにもいよいよ慣れてきたのかフィジカル的な弱さも目立たなくなってきているので、このままフィットするか。来季の気になるポイントですね。

この試合で若干気になったのはジャカ。

寄せの部分で甘さというか弱い部分がある気がするのと安易な捌きがやはり気になります。良い部分は本当に頼れるのに何か物足りないところがある気がしてしまうんですよね。

個人的に一番熱くなったのが終盤89分くらいのマルティネッリ。

スルーへの飛び出しと思い切りの良さ、可能性を感じましたしその後の3人に囲まれた中での突破もゴールへの執念を感じました。終盤での交代だったもののこういう若手にはやっぱり何かを期待せずにはいられません。

全てを失いましたがそれでも来季巻き返しに全力を尽くし戦ってくれることを楽しみにして、移籍報道も楽しみたいと思います。