Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsリバプール

もしかしたらもしかするかも。

アーセナルvsリバプール

ãarsenalãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

久々に熱のこもった試合を見せてもらった気がしました。

序盤からのハイプレスで最後まで持つのか不安だったのですが、その不安もなんのその。最後まで気迫のあるプレーを見せてもらい、久々熱くなれた試合でした。

個人的な見どころとしては、現プレミアの最強攻撃陣といっても過言ではないリバプールの3トップをどう攻略するのかといったところでしたが、中盤をボックス型にして守り、攻めるといった数的優位が効いていたんじゃないでしょうか。

最近は本当にジャカとトレイラの中盤が機能しているように思います。この試合でもジャカは以前のような軽率なプレーもほとんど無く、攻撃での起点にもなれていたのが印象に残っています。トレイラの守備的貢献あってこそでしょうが良いコンビになるんじゃないでしょうか。

それにしてもラカゼットのボールをもらってからの判断は非常に光っていて、はたくのか打つのか、持ち上がるのか。この辺の感覚はプレミアでも随一な気がします。

後半終盤でのイウォビのSB起用には驚きましたが、諸刃の剣としてリバプールに一矢報いた気もしますし、サラーの裏を再三突き、攻撃は最大の防御としたリバプール的発想をアーセナルがしたところに面白さが集約されていた試合でした。

今のリバプールをこういった形で抑えられるならまさかがあるかもしれないと思ってしまうのは穿った見方でしょうか。

ミルナーにしてもファンダイクにしてもリバプールには戦士が多い。監督であるクロップもファイター気質ですが、本当に良いチームになったなといった一戦でした。

余談ですが、ちょいちょい抜かれるエメリの顔芸はどういった意図なんでしょうか。まあそんな気持ちで観ている人は少ないんでしょうが、自分には悪意すら感じられる次第です。

ãunai emeryãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ