Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

ブリグズビーベア

かなり久々です。

W杯期間はサッカー観戦に全てを捧げていたのでブログも更新しておりませんでした。ようやく落ち着いたのでそろそろかと。

ということで今回は

「ブリグズビーベア」


映画『ブリグズビー・ベア(BrigsbyBear trailer)』予告動画

赤ん坊の頃に誘拐され、偽の両親のもとで彼らが制作した教育番組「ブリグズビー・ベア」だけを見て育った25歳の青年が、初めて外界に出たことから巻き起こる騒動を描いたコメディドラマ。

外の世界から隔絶された小さなシェルターで、両親と3人だけで暮らす25歳のジェームス。子どもの頃から毎週届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、現在はその世界の研究に没頭する日々を送っていた。そんなある日、シェルターに警察がやって来て、両親は逮捕されてしまう。これまでジェームスが両親だと思っていた男女は、実は誘拐犯だったのだ。ジェームスは生まれて初めて外の世界に連れ出され、“本当の家族”と一緒に暮らすことになるが……。

スタッフ・キャストにはテレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のチームが集結。ジェームスの育ての父親テッドを「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミル、カウンセラーのエミリーを「ロミオ&ジュリエット」のクレア・デーンズがそれぞれ演じる。

もうとんでもない設定のとんでもない映画で、とんでもなく面白かったです。

今年度とりあえずベストですね。

設定も然ることながら教訓めいた展開、真に必要なこととは。生きる上で見直さなきゃいけない全てが詰まっていた気がします。

あそこまで映画館で気持ちが高ぶったことは無かったですし、観客の一体感も凄かった気がします。そこかしこで笑いが起き、それも嫌にならず、むしろ映画と完全にシンクロする感覚。極上の映画体験でした。

主人公が誘拐されてしまった為に生じる葛藤や矛盾などが色々なキャストの間で起きる中で、罪と芸術感、現実と創造、倫理観と正義は必ずしもイコールではないということを主人公のジェームスに身を持って教えられた気がします。

そして熱意こそが唯一と言っていい個人の活力になるし、それに引き寄せられるような形で個から集団になる。逆の形を取る人が多い気がする世の中で、本当に必要なものが何なのか、深い話だった気がします。

とにかく、この映画を観て自分の中の熱意を呼び起されない人は本当にもったいないと思うし、絶対にそれは無いと断言できるほどの高ぶりを感じました。

好きなものを共有し好きな人と語り合う。誰の中にでもある熱意と自分に対しての素直な気持ち、本当に根幹の重要な核心に迫る作品じゃないでしょうか。

本編のブリグズビーベア全作品が観たくてしょうがないです。

劇場公開数は少ないですがまだ間に合うので是非。

ãã¹ã¿ã¼ç»å