Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

アーセナルvsトッテナム

やっぱり誰かと観るのは楽しいものだ。結果は・・・

アーセナルvsトッテナム

今回はunderTOWNのTOMと一緒に観戦しました。これからはちょいちょい一緒に観ていくことになりましたが、あーでもないこーでもないと言いながら観るとやっぱり楽しいですね。

ですが結果は喜るものでは無かったです。

序盤から悪くは無い試合運びでしたが、決定力に欠ける展開に終始煮え切らず、前半は五分五分といった試合展開。

動いたのは後半に入ってからでした。アーセナルが前線に重きを置いた瞬間、見事にカモになりました。

個人的に不安視していた中盤のスペースから抜け出されてのカウンター一発。最近のアーセナルは最終ラインと中盤が空き過ぎると、危険信号が灯り、大抵やられます。それくらいに脆い。

CBが不安なのも然ることながら、中盤が何だか締まらない印象が拭えません。特にジャカは前線へのフィードも少なく、守備も対応が遅れがち、もうちょっと何とかしてほしいところ。

CB2枚に関してもロングフィードは期待できず、後方からの攻撃の組み立てが出来ない点が単調な攻撃に現れている気がします。

ウィルシャーエジルと絡むとかなり惜しいシーンは作り出せているんですが、まだ新加入の選手との連動が課題かと。それは時間が解決してくれそうな気もしますが、オーバメヤンの後半からの起用ポジションに疑問が残りますし、ラカゼットのモチベーションも気になるところです。

対するトッテナムはとにかく安定して強い。ソンフンミンとエリクセンのバランスも良いし、デルアリも落ち着いた対応でした。ハリーケインは圧倒的なポストプレーで、攻撃のバリエーションも豊富です。右SBのサンチェスもあの身長であのスピードは恐れ入ります。

攻撃こそ最大の防御、そんなサッカーは楽しいので望むところですが、もう少しヴェンゲルの理想形を具体的に示してほしいところです。

f:id:Blck:20170828220453p:plain