Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

ブレードランナー~爆音映画祭~

世界観に飲み込まれる感覚の心地良さ。

ブレードランナー


ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版) (プレビュー)

SF映画の金字塔「ブレードランナー」を、初公開から25年を迎えた2007年にリドリー・スコット監督自らが再編集とデジタル修正を施してよみがえらせたファイナルカット版。

酸性雨で荒廃した2019年のロサンゼルス。人間にそっくりな外見を持つ人造人間「レプリカント」たちが植民地惑星から逃亡してきた。レプリカント専門の捜査官「ブレードランナー」のデッカードが追跡を開始するが……。

日本でも07年11月に劇場公開され、17年10月にも続編「ブレードランナー 2049」公開を記念して、10年ぶりに劇場公開される。

冒頭から世界観への没入度合いが最高でした。

音響効果、映像、小物使い、登場するすべてが圧倒的でとにかく映画館で観れて良かったと思いました。

今の時代DVDや動画配信など、どこでも観れる環境になっているが、やはり映画館で観ると格段に変わる作品は存在する。そんなことを改めて思わせてくれた作品でした。

ストーリーや存在自体は知っていたんですが、実際に観たのは初めてで、どうしても映画館で観たい作品だったので最高のタイミングでした。

さらに行ってみたかった爆音上映で行っているということだったので行かない理由がありません。

www.marupicca-bakuon.com

まず爆音上映ですが、とにかく最高でした。音の細部まで調整されていて、とにかく最高の映画体験を提供してくれます。音楽好きな方は絶対に体験するべきですね。

これは別の作品でも是非観たいところです。

ようやく本作についてですが、これは今更といったところなので、単純な感想だけでも。

80年代の映画ってこういった世界観が圧倒的で憧れや興奮を喚起するものが多いなと思います。本作にしても1982年の作品とは思えないほど、今観ても近未来感がありますし、テーマ性にしても考えさせられます。なにより出てくるものや街の雰囲気がカッコ良過ぎます。

上辺だけの映画体験じゃなくて、本当に体感するべき映画体験、一人で物思いにふけり、憧れから生活の一部になっていく、そんな作品こそ自分なりの名作になっていくんだろうなと思います。

ここ最近降り続いている雨も相まって、上映後は友人と雨の銀座、新宿といったブレードランナー感に浸りながら歩いたことも相乗効果で胸に刻まれております。

新作も賛否両論ありそうですが、自分自身で確認したいと思います。

珍しく早々にブルーレイも購入したので細部にわたって観直してみたいと思います。まだ雨も続きそうですが、その映画とシンクロする雰囲気の中、一人で観るのも良いかもしれません。