Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

ヒメアノ~ル

森田剛演じる森田最高かよ。この一言に尽きますね。

「ヒメアノ~ル」


ヒメアノ~ル PV

めんどくさいから殺していい?
捕食者と被食者。この世界には、2通りの人間しか存在しない。「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田。同僚の安藤に、想いを寄せるユカとの恋のキューピッド役を頼まれて、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一と出会う。ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。
岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯する。

人って超えちゃいけない一線があると思うけど、超えないとやっていけない状況になっちゃう人っていると思うんですよ。

それを超えた人間って、既に人としての一般的な良識や常識といった範疇の外にいて、理屈とか一切を受け付けなくなる。それが見事に描かれていた気がした。

実際主演の森田剛の演技もそれを見事に体現できていると思うし、出来過ぎている気もする。話しているのに気のない感じとか、死んだような目をしている感じとかもそう。

殺人のシーンなんかも一切の躊躇が無いし、何が起きても動揺しない。まぁ常識の範疇の外側にいるわけだから、当然と言えば当然なんだけど。

正直他の出演者にしても全員ある種の狂気のようなものは内包しているわけで、岡田にしても自分が傷つかないために一般社会と距離をもっているという保守的な狂気であったり、安藤にしても自分以外の思考を排他する狂気、ユカに関しても清楚を装うことで岡田と同じように社会と距離を置いているが、実際は狂気を内包しているであろうということ。

そう考えると我々が生きる社会も確実に狂気を内包しているわけで、それが表面化するのが事件になってからというだけのこと。

人って何なんだろうと思わずにいられない作品でした。

個人的に中盤で入るタイトルのタイミングはこれから森田の狂気が完全に出てくるというシグナルに見え、非常に良かったかと思います。

最後に気になったのは、森田は本当にユカが好きだったのか?人は起きたこと、行う行動に理由をつけたがっているだけなんじゃないか。そう思わされました。 

ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]

ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]

 
ヒメアノ~ル 通常版 [DVD]

ヒメアノ~ル 通常版 [DVD]