Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

プレイスザビヨンドザパインズ

色々とありましてブログの更新が滞っておりましたが、落ち着いてきたので再開していきたいと思います。

ということで最近観た映画の話を。

「プレイスビヨンドザパインズ」


『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』予告編

本作の見どころはまず何と言っても主演のライアンゴズリングとその愛車であるバイクのかっこ良さ。これだけでも観る価値ありです。

ストーリー自体も3部構成のようなかたちになっており、1部がルーク(ライアンゴズリング)編、2部がエイヴリー(ブラッドリークーパー)編、3部がその子供たち。それらの因果を巡った物語。2時間半近くある作品ですがあっという間です。

映画自体も各パートごとにジャンルすら変わっているような構成になっているので、その編の演出も飽きさせない理由の一つかもしれません。

冒頭でライアンゴズリングのかっこよさを挙げましたが、演技面でも何とも言えない哀愁漂う表情や背中、ピリピリとした感じななどはさすがの一言です。

これを観て一気にライアンゴズリングのファンになりました。ぼろぼろのメタリカのTシャツ着たくなること必至です。

ちなみにパンフレットもかなり良い出来です。

f:id:Blck:20161016084348j:plain

f:id:Blck:20161016084415j:plain

f:id:Blck:20161016085614j:plain