Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

日本のサバンナ訪問記Ⅰ~千葉編~

遅くなりましたが、昨年末に恒例の写真旅に行って来ました。

同行したのは当然この方。

f:id:Blck:20151230163605j:plain

K平さん。

この写真の場所はいずれ出てくるとして。

今回の目的地は成田空港。

普通は出発地点になる場所を、目的地にしてしまう。この辺りが我々らしいなと。

下調べもせずに向かったのですが、最初の問題が早々に発生。

成田空港に着くや否や、第一ターミナルと第二ターミナルで駐車場が分岐しているじゃないですか。どっちに行けばわからないまま、流れで第二ターミナルへ。

到着したのが12/29日の昼頃ということもあり駐車場内はほぼ満車状態。それもそのはず、旅行に行く人は当然出発しているはずですし、それ以外の30日まで仕事の方はそれからの出発のはず。

なんとかタイミングよく空車箇所を発見し駐車しました。駐車場内も空港内ということでなんだか違った雰囲気。 

f:id:Blck:20141229134818j:plain

とりあえず三脚は持たずに空港内部に突入。

「あれっ・・・思ってたのと違う」

それが第一印象でした。そこから数枚撮影し、バスで第二ターミナルへ行けることが発覚。昼食を済ませ、とりあえず行ってみることに。内心、第一ターミナルと同じな気が・・・と思いながらも、ここまで来て行かないわけにはいきません。

f:id:Blck:20141229164256j:plain

到着後、空港内を探索していると雰囲気が違い、こっちの方がいいじゃん。ということになり撮影を開始。

f:id:Blck:20141229140135j:plain

f:id:Blck:20141229160805j:plain

f:id:Blck:20141229161117j:plain

f:id:Blck:20141229162652j:plain

現在、16時。

もう一つの目的であった成田空港と東成田駅を結ぶ連絡通路へ。

ここは成田空港に行くことを決意させた写真が撮られていた場所でもありました。しかし、実際には思った印象と異なる感じ。露出をアンダーに設定し、撮影してみると、不思議と見た写真の印象通りに。それがこちらの写真。

f:id:Blck:20141229153623j:plain

この連絡通路は成田空港と東成田駅を結ぶ通路で、500mも続く長い道。曲がるのは一回のみで等間隔に並んだ蛍光灯が異世界感を演出している。東成田駅も廃駅マニアの間では有名なスポットになっている模様。

以前はこの駅は成田空港駅という名で、利用していた観光客も多かったようだが、空港に直結した駅(現在の成田空港駅)ができ、直行バスも増えた為、利用者が減ってしまい、東成田駅という名称に。なのでこの通路を通る人も一時間に数人といった具合で、ほぼ無人状態。

三脚を持たずに来たため、東成田駅側から電車で来るために一旦、空港駐車場を出ることに。

無事に東成田駅に着くことができるのか。

続く