Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

ドルトムント×パーダーボルン

先日見ました。

ドルトムント×パーダーボルン。

ドルトムント、絶不調ですね。日本代表での香川の存在感も際立つものが見えない現状ですが。

本戦に関しても、前半に2-0としていたものの、完全に流れはパーダーボルン。個人技の部分と基本的なチーム力で決めていた感じが否めない。

中盤のタレントが同じなんですよね。ムヒタリアン然り、香川然り、ロイス然り、全員動き回って生きるタイプ。この試合でワントップに入ったオバメヤンに関しても同様のタイプの為、トップレスになる時間も多々あり。ゴール前でのボールの保持が出来ていない状況。

守備陣の凡ミスも目に余るものがありますが、攻撃陣も決定打に欠けるといった感じ。

このままではチャンピオンズリーグの出場も危うい気が・・・

今後に期待です。