Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

Let Us Roam on Leica

最近、レンジファインダーのカメラが気になってしょうがない。

Theカメラといった佇まいもさることながら、撮るという原点に帰らせてくれるようなカメラ。

デジタルカメラが普及して撮影も簡単になったし、経済的な負担も軽くなった。一方で、撮るという行為や1枚の重み、こういったものが薄れてきていると感じる。

撮影枚数が増えれば、それだけ良い写真が増えると思うけど、本来、撮ることはそういうことじゃない様な気がする。

「その時感じた風景を、自分なりのベストな方法で撮影する」こういうことが重要なんじゃないかな。

そういう意味でもファインダーを覗き、構図を考え、露出や絞り、シャッタースピードを決め、写真を撮る。

今の時代に逆行するようですが必要な時間かと思います。

ということで今回はそんなレンジファインダーカメラの最高峰、ライカから。

このライカ社がサポートしてスケートボードに深い繋がりがあり、フォトグラファーやミュージシャンとして活躍する4人を題材としたショートムービー。

ライカのスモーキーな描写が最高です。

レンジファインダーカメラに関してはまたの機会に語るとします。

では。