Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

邦画

斬、

とにかく重々しい。 「斬、」 「野火」「六月の蛇」の塚本晋也監督が、池松壮亮と蒼井優を迎えて描いた自身初の時代劇。 250年にわたって続いてきた平和が、開国か否かで大きく揺れ動いた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄される浪人の…

ピンポン

漫画的でありながら映画的でもある。 「ピンポン」 ピンポン 松本大洋の同名人気コミックを、ジェームズ・キャメロンのデジタルドメインで「タイタニック」のVFXに参加した曽利文彦監督が映画化。 脚本は「GO」の宮藤官九郎。 小学校のガキ大将ペコは、得意…

ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー

バトルシーンとキャラは相変わらず 「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」 『ドラゴンボール超 ブロリー』予告 鳥山明原作の大人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズの劇場版20作目となる記念作品で、2015~18年に放送されたテレビアニメ「ドラゴンボー…

CURE

普通だと思っている人間ほど怖いのかもしれない。 「CURE」 「CURE」予告 奇妙な殺人事件が立て続けに発生していた。それぞれの事件の犯人につながりはないが、犠牲者の首から胸にかけてがX字型に切り裂かれていること、いずれの加害者も事件直後に犯行現場…

海よりもまだ深く

映像のリアリティバランスがホントいい。 「海よりもまだ深く」 映画『海よりもまだ深く』予告編 「海街diary」「そして父になる」の是枝裕和監督が、「歩いても 歩いても」「奇跡」に続いて阿部寛と3度目のタッグを組み、大人になりきれない男と年老いた母…

三度目の殺人

邦画である以上、言葉への重みはより重みを増す。 「三度目の殺人」 映画『三度目の殺人』予告編 「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の…

横道世之介

のんきっていい言葉だ。 「横道世之介」 『横道世之介』予告編 いい奴ってこういう人のことを言うんだろうなって心から思う。 高良健吾って顔は良いのに刺々しくなさそうだし、本当はオシャレなのにそうじゃない感じもあって、世之介にぴったりな配役だった…

夜空はいつでも最高密度の青色だ

東京と言うSFの街並み 「夜空はいつでも最高密度の青色だ」 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 「舟を編む」の石井裕也監督が、注目の詩人・最果タヒの同名詩集をもとに、都会の片隅で孤独を抱えて生きる現代の若い男女の繊細な恋愛模様を描き出す。 …

吉原炎上

炎上含め、諸々のクオリティが高すぎる。「吉原炎上」 本作ほど昔の映画の諸々に驚かされた作品は無い気がする。セットで撮られている為、シーン自体は限られているもののその出てくる美術や装飾がいちいち高い完成度。衣装も小物もとにかく今の映画とは違う…

孤狼の血

ヒリヒリするほどの生々しさ。 「孤狼の血」 広島の架空都市・呉原を舞台に描き、「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の同名小説を役所広司、松坂桃李、江口洋介らの出演で映画化。 「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督がメガホンを…

日本で一番悪い奴ら

個人の正義が集団の正義になるとは限らないのかもしれない。 「日本で一番悪い奴ら」 『日本で一番悪い奴ら』特報 実在の事件をもとに描いた「凶悪」で話題をさらった白石和彌監督が、2002年の北海道警察で起こり「日本警察史上最大の不祥事」とされた「稲葉…

柳生一族の陰謀

単純に楽しめる時代劇。 「柳生一族の陰謀」 柳生一族の陰謀(プレビュー) 権力に生きる柳生一族の存続を賭けた陰謀が、骨肉の争いへと展開していく姿を描く。 脚本は「トラック野郎 度胸一番星」の野上龍雄と「仁義と抗争」の松田寛夫と「ドーベルマン刑事…

極道の妻たち

マフィアもいいが極道もいい。芯があるスタイルは確信に迫るという事か。 「極道の妻たち」 暴力抗争下で、様々な境遇を生きる極道の妻たちの姿を描く。 『週刊文春』に連載された家田荘子原作の同名ルポタージュの映画化で、脚本は「春の鐘」の高田宏治、監…

犬神家の一族

スタイリッシュかつミステリアス。衝撃に次ぐ衝撃が次から次へと当たり前のように押し寄せる。 「犬神家の一族」 名探偵金田一耕肋を主人公にした横溝正史の同名小説の映画化で、湖畔にそびえる犬神邸に次々と発生する怪奇な連続殺人事件に挑む金田一耕肋の…

鬼龍院花子の生涯

次は日本映画の名作へ。ハマる流れは止められない。 「鬼龍院花子の生涯」 なめたらいかんぜよ! 『鬼龍院花子の生涯』宮尾登美子 宮尾登美子の同名小説を五社英雄が映画化。 夏目雅子のセリフ「なめたらいかんぜよ」は流行語となった。 土佐の侠客である鬼…

シン・ゴジラ

やっぱり庵野さんは凄い。 「シン・ゴジラ」 シン・ゴジラ 劇場限定予告 「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。 総監督・脚本は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が務め、「のぼうの城」「進撃の巨…

GO

青春のほろ苦さと憧れ=原点 「GO」 金城一紀の同名小説を窪塚洋介主演で映画化した痛快青春娯楽作品。 日本の普通高校3年の杉原。未だ将来の夢も進路も決まらず、元ボクサーの父に仕込まれたボクシングの腕前を武器に喧嘩ばかりしている日々を送っていた。…

SCOOP!

写真というものを改めて知った気がした。 「SCOOP!」 映画『SCOOP!』特報映像 『バクマン。』の大根仁監督・脚本、福山雅治主演によるカメラマンと記者の物語。ある事件をきっかけに報道写真への情熱を失い、自堕落な日々を過ごす凄腕カメラマン・都城静。ひ…

散歩する侵略者

黒澤清の世界観は冒頭から漂い頭の中をじわじわと浸食されていく感覚。 「散歩する侵略者」 映画『散歩する侵略者』予告編 【HD】2017年9月9日(土)公開 カンヌ国際映画祭ある視点部門で監督賞を受賞した「岸辺の旅」の黒沢清監督が長澤まさみ、松田龍平、…

ディストラクションベイビーズ

意外に多くの人は世界を甘く見ている。 「ディストラクションベイビーズ」 柳楽優弥、菅田将暉らが出演!映画「ディストラクション・ベイビーズ」予告編 #Yuya Yagira #movie 愛媛県松山市西部の小さな港町。海沿いの造船所のプレハブ小屋に、ふたりきりで暮…

クリーピー 偽りの隣人

日常でたまに感じる「何となく怖い」それを凝縮させたような作品でした。 「クリーピー 偽りの隣人」 クリーピー 偽りの隣人 犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、刑事・野上(東出昌大)から6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。しかし事件唯一の生き残…

ヒメアノ~ル

森田剛演じる森田最高かよ。この一言に尽きますね。 「ヒメアノ~ル」 ヒメアノ~ル PV めんどくさいから殺していい?捕食者と被食者。この世界には、2通りの人間しか存在しない。「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマー…

葛城事件

とにかく始めから最後まで重々しい。軽いシーンなんて一つもない。何故かは分からないけど観終わってわかる気もした。 これ映画のすべてが人間の本質なのかもしれないと。 「葛城事件」 『葛城事件』 映画 予告編 親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清は、美…

セトウツミ

これは映画じゃなくてもいい。でも映画でもいい。とにかく力の抜ける異色青春ムービーでした。 「セトウツミ」 映画『セトウツミ』予告 高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、内海が塾に行くまでの放課後を、いつも河原でダラダラと喋りなが…

野火

ホラーであるとか描写的にもっとエグイ作品もある中で本作はそれ以上に観ていたくないと思える作品。 野火 -特報- Fires on the plain News flash 前者はどことなく現実感がないというか、客観的に見れる側面があって一歩引いて観れる点に救いがある。一方本…

モンスターズクラブ

最近映画を観ていて感じるのが、風景の美しい、映画内でのリアリティを持っている作品が好きだということ。 「モンスターズクラブ」 映画「Monsters Club」(モンスターズクラブ) 予告編 - YouTube 本作の舞台はどこだかわからないが、主人公の良一(瑛太)の…

桐島、部活やめるってよ

この映画はずっと観たいと思っていたんですが、中々観る機会が無く、今更ながら視聴しました。 映画『桐島、部活やめるってよ』予告編 - YouTube 公開時から絶賛されていましたが、噂通り期待を裏切らない作品で、視聴後もかなり考えさせられ、誰かと語りた…

舟を編む

お久しぶりです。 本日は映画についてのお話を。邦画を見たのは久々でしたが「舟を編む」良かったです。 ストーリーとしては辞書を作る過程で起こる出来事を綴ったもの。そう言ってしまえば単純な構造だが、内容は大変感慨深い。 個人的に気になった点は日常…