Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

洋画

ジョーカー

人の価値観に意味があるのか。 「ジョーカー」 映画「ジョーカー (原題)」US版予告 「バットマン」の悪役として広く知られるジョーカーの誕生秘話を、ホアキン・フェニックス主演&トッド・フィリップス監督で映画化。 道化師のメイクを施し、恐るべき狂気で…

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト

男の美学を観た。 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」 マカロニ・ウエスタンで知られるイタリアの巨匠セルジオ・レオーネが1968年に手がけた作品で、日本では当時「ウエスタン」の邦題で短縮版が公開された一作。 「荒野の用心棒」(64)、…

アド・アストラ

人は過ちを繰り返すのか。 「アド・アストラ」 映画『アド・アストラ』予告編60秒 9月20日(金)公開 ブラッド・ピットが宇宙飛行士に扮し、トミー・リー・ジョーンズと父子役で共演した主演作。 広大な宇宙を舞台に、太陽系の彼方に消えた父の謎を追う…

ワンスアポンアタイムインハリウッド

スタイルはカルチャーの積み重ね。 「ワンスアポンアタイムインハリウッド」 タランティーノ監督最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」海外版予告編 クエンティン・タランティーノの9作目となる長編監督作。 レオナルド・ディカプリオとブ…

フリーソロ

感動の対価は等価交換 「フリーソロ」 Free Solo - 予告編 | ナショナル・ジオグラフィック (日本語字幕) ロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登る「フリーソロ」と呼ばれるクライミングスタイルで世界的に知られるクライマー、アレックス・オノルドの…

ブラインドスポッティング

ラップの迫力を体感せよ。 「ブラインドスポッティング」 オークランドで生まれ育った親友同士の2人の青年の姿を通し、人種の違う者や貧富の差がある者が混在することによって起こる問題を描いたドラマ。 保護観察期間の残り3日間を無事に乗り切らなければな…

ブロークバック・マウンテン

幸せの尺度とは 「ブロークバック・マウンテン」 映画「ブロークバック・マウンテン」日本版劇場予告 「楽園をください」「グリーン・デスティニー」のアン・リー監督が描く愛の物語。1960年代初頭のアメリカ・ワイオミング。 カウボーイのイニスとジャック…

SOMEWHERE

表面に見えているものが全てとは限らない。 「SOMEWHERE」 今まではおしゃれ感というか雰囲気先行で映画を撮る監督といったイメージだったんでしたが本作を観て、その考えが一変しました。 冒頭の長回し、映るのはフェラーリと荒野、そこを車が滑走するだけ…

マーヴェリックス 波に魅せられた男たち

恐怖とパニックは似て非なるものというものを体感させられた。 「マーヴェリックス 波に魅せられた男たち」 『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』予告編 米カルフォルニア北部に現れる世界最大級の大波「マーべリックス」に挑み、22歳の若さで他界し…

エンドレス・サマー

何か一つの事を追い求めるきままな旅に憧れる。 「エンドレス・サマー」 究極の夢は“終わることのない夏”−水平線の彼方に、最高の波が僕を待っているかもしれない…サーファーのバイブルとして今なお輝きを放つ永遠の傑作「エンドレス・サマー」 1960年代のは…

サマー・オブ・84

夏に観るにはちょうどういいが。 「サマー・オブ・84」 思春期まっただ中のオタク少年たちが隣家の警察官を殺人鬼と疑い、独自に調査を始めたことから、思いがけない恐怖に直面する姿を描いた青春ホラー。 カナダの映像制作ユニット「ROADKILL SUPERSTARS(R…

カーマイン・ストリート・ギター

音楽が好きでよかった。 「カーマイン・ストリート・ギター」 『カーマイン・ストリート・ギター』予告編 ニューヨークの建築物の廃材を使ったギター作り続ける老舗ギターショップを追ったドキュメンタリー。 グリニッジ・ビレッジにあるギターショップ「カ…

さらば愛しきアウトロー

生きがいとは。 「さらば愛しきアウトロー」 ロバート・レッドフォード俳優引退作/映画『さらば愛しきアウトロー』予告編 ハリウッド屈指の美男俳優として人気を集め、「明日に向って撃て!」や「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」など長年にわたり活躍し…

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years

事実は小説より奇なり 「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」 「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」本予告 ポール・マッカートニーやリンゴ・スターという存命のメンバーや、ヨーコ・オノ・レノン、ジョージ・ハリ…

存在のない子供たち

やるせなさと共に、自分の人生を問われている気がした 「存在のない子供たち」 映画『存在のない子供たち』予告編 長編デビュー作「キャラメル」が高い評価を得たレバノンの女性監督ナディーン・ラバキーが、貧しさゆえに親からまともな愛情も受けることがで…

KIDS

若気の至りならぬ、若気が至る。 「KIDS」 セックスとドラッグ、アルコールと暴力が日常となったNYのストリート・キッズの生態を、ドキュメンタリー・タッチで赤裸々に描いた異色の青春映画。 監督は『タルサ』(71)、『ティーンエイジ・ラスト』(83)の…

アメリカンアニマルズ

本当のリアルとは。 「アメリカンアニマルズ」 2004年に4人の大学生が時価1200万ドル(約12億円相当)のビンテージ本強奪を狙った窃盗事件を映画化。 ケンタッキー州で退屈な大学生活を送るウォーレンとスペンサーは、くだらない日常に風穴を開け、特別な人…

ET~午前十時の映画祭10編~

今年で最後とのことで観たいものは全て行こうと思ってます。 ということで 「午前十時の映画祭10」 asa10.eiga.com 今回は「ET」。 以前から好きではあった本作ですが、劇場では観たことが無く、ついに観ることが出来ました。 結論から言うと最高でした。 ス…

許されざる者

過去の自分と今の自分は同じであって同じでない。 「許されざる者」 日曜洋画劇場 / 許されざる者 クリント・イーストウッドが、師匠であるセルジオ・レオーネ監督とドン・シーゲル監督に捧げた異色西部劇。 1870年代の米ワイオミング。かつては無法者として…

アメリカンスナイパー

自分の見てきたもの、体験してきたことは結局自分にしかわからない。 「アメリカン・スナイパー」 「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画…

運び屋

正直言葉が出てこない。 「運び屋」 クリント・イーストウッド監督・主演『運び屋』特報 巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をも…

スパイダーマン スパイダーバース

とにかく初めての体験で最高。 「スパイダーマン スパイダーバース」 映画『スパイダーマン:スパイダーバース』予告 時空が歪められたことにより、異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが集められた世界を舞台に、主人公の少年マイルスがスパイダーマン…

パルプフィクション

人生はそもそもパルプフィクション。 「パルプフィクション」 アメリカの低級犯罪小説であるパルプマガジン的なストーリーをコンセプトに殺し屋たちの話を3つの物語が交錯するように語られるコメディあり、ヴァイオレンスありのドラマ。 監督・脚本は「レザ…

イルポスティーノ

言葉の力を感じた。 「イルポスティーノ」 映画の名シーン「イル・ポスティーノ [オリジナル完全版]」 イタリア、ナポリに浮かぶ小さな島に、チリ政府に追われた世界的詩人パブロ・ネルーダ(フィリップ・ノワレ)が亡命し、滞在することとなった。彼だけに郵…

ファーストマン

観るというより体験するという感覚。 「ファーストマン」 「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いたドラマ。 …

ジュリアン

未だかつてない圧倒的な緊張感。 「ジュリアン」 映画『ジュリアン』1/25(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開!予告編 本作が長編デビューとなるフランスの新鋭グザビエ・ルグランが、第74回ベネチア国際映画祭で最優秀監…

ストリートオブファイヤー&遊星からの物体X

厚木の新しくなったミニシアターkikiで二本立て上映、共に観たかった映画だったので行ってきました。二本立てで1300円とコスパも良く、音響も悪くなかったし、日曜には驚音上映とかもやっているようなので、それも含めてまた再訪したいと思います。 atsugino…

処刑人

マイフェイバリットファッション映画第一位。 「処刑人」 サウスボストンの精肉工場に勤めるコナーとマーフィーのマクマナス兄弟。2人は行きつけのバーでロシアン・マフィアと騒動を起こした末、正当防衛で彼らを殺してしまう。無罪放免となった兄弟は、その…

疾風スプリンター

熱量が全て。 「疾風スプリンター」 香港発のプロ・ロードレース映画『疾風スプリンター』日本版予告編 「クリミナル・アフェア 魔警」「激戦 ハート・オブ・ファイト」などで知られる香港アクションの人気監督ダンテ・ラムが、自転車ロードレースの世…

恐怖の報酬

今の映画との圧倒的な差を感じた。 「恐怖の報酬」 ウィリアム・フリードキン「恐怖の報酬」121分の4K完全版が日本初上映 - 映画ナタリー 「フレンチ・コネクション」「エクソシスト」で知られるウィリアム・フリードキン監督が1977年に手がけたサスペンス大…