Blcrackreverse

自分を紡ぐ物語

写真

写真家 ソール・ライター展

先日行ってきました。 www.bunkamura.co.jp もうこの写真の時点で行くことは決定していたんですが、予想通り良かったです。 展示会に行って気付いたんですが、ソールライターの写真が自分好みな理由もよくわかりました。 というのも彼は絵画もやっていて、写…

突然のPOOL

やっぱ中古屋って面白い出会いの宝庫ですね。 昨年になるんですが、挙げるのを忘れていまして今更になってしまいました。 今回はずっと探しておりました平野太呂氏の写真集「POOL」を偶然ブックオフで発見したお話です。 普段は行かないブックオフに友人と立…

Instagram始めました

前からやろうとは思っていたんですが始めてみました。 「Instagram」 個人的にスマホや携帯で撮った写真というのは好きではないのでカメラで撮ったもののみを挙げていきます。 前回の記事でも書いたんですが、最近ではフィルムの空気感がデジタルを凌駕して…

ZEROⅣ~始まりの場所編~

ようやくZINEが完成しました。 出来上がった正直な感想としては「まだまだ」といったところ。 二人で開封したのですが、共にそういった感触でK氏はとりわけ残念がっておりました。 まあとりあえず作ってみるということだったので当然と言えば当然の結果だっ…

ZEROⅢ~始まりの場所編~

前回は中華街到着時点で8~9時を回っていたのですが、今回は早めに周り始めた為、6時前には到着しました。 前回同様、中華街の雰囲気は観光客も多く、撮る意欲がお互い湧かなかったので、早々に撤収しました。 そこから大桟橋へ向かいます。記憶だとその道中…

ZEROⅡ~始まりの場所編~

前回と同じく祐天寺で昼食をとました。昼食も同じ場所、マクドナルドです。当時の感覚がこの場所でも蘇ります。 祐天寺から中目黒で最初の目的地もかなり曖昧なもの、神社のような場所でやっていた縁日です。はっきりいって時期が違い過ぎて全く気づける気が…

ZEROⅠ~始まりの場所編~

昨年に書いた企画の件ですが、完成しました。とりあえずその道中を書いていきたいと思います。 撮影日は2016年12月29日。 企画内容は至ってシンプル。我々が最初に写真を撮りに行った場所を今のベストなかたちで撮ってみようといったもの。 いわゆる再録なら…

The Kings by 平野太呂

以前に引き続き平野太呂氏が今年発売した二冊目の写真集の話を。こちらは「TOKYO ART BOOK FAIR 2016」で購入してまいりました。 正直、こちらの写真集はコンセプト的に思い入れがあるようなものではなかったので躊躇しておりました。ですが見てみるとポート…

LACC by 平野太呂

先日2冊写真集を購入しました。 まずは「LOS ANGELES CAR CLUB」。 「POOL」以来の写真集で立て続けに2冊も発売と正直驚きました。ギャラリーで手売りするとのことだったので代々木上原まで行ってきました。 オープン直後の時間でご本人もいらっしゃいました…

見返してこそ

最近写真を撮っていて感じること。「撮った写真を見返していない」これって写真を撮ることが目的になっていて、写真本来の特性を無視している気がしてならない。 まあ撮ることも楽しいのでそれを目的にしても良いと思うけど、それだけじゃ勿体無い気もしてい…

My favorite Photographer

本日は私が強く影響を受けた写真家の話を。 1人目は以前に写真集を紹介した「ゴーシャルブチンスキー」。 blcrackreverse.hatenablog.com blcrackreverse.hatenablog.com 彼からは被写体のチョイスや構図の感覚、そして色のトーン。とりわけ色のトーンに関し…

やっぱり最高の写真集~GOSHA RUBCHINSKIY~

Gosha Rubchinskiy(ゴーシャルブチンスキー)。コムデギャルソンがブランドのサポートをしているロシアのマルチクリエイター(デザイナー、写真家、映像作家)。 こうも引かれた写真集はいまだかつてありませんでした。購入してから数回通しで鑑賞していま…

TRANSFIGURATION BOOK by GOSHA RUBCHINSKIY

ついに手に入れました。 いわゆる一目ぼれです。 www.flotsambooks.com 最近写真集から影響を受けることが多くなり、写真集の購入も閲覧も増えてきておりました。 今までは単純に綺麗とかかっこいいとかそういった写真の外面だけを見て、参考にしておりまし…

WILLIAM KLEIN展 at SHUMOKU GALLERY

これも現在は終わってしまいましたが名古屋で初のKLEIN展ということで行って参りました。 場所はSHUMOKU GALLERYという場所で高岳駅から徒歩数分のところ。 ギャラリー自体も出来たばかりとのことで、大変綺麗な印象でした。 室内も赤い鉄骨がそのままで、雰…

ストリートフォトという憧れ

久々に以前の雑誌を取り出してみて、改めて好きだなと感じるフォトグラファー、ウィリアムクライン。 彼を特集した雑誌はいくつか出ているが、私はこの雑誌の表紙に惹かれて購入いたしました。 PHaT PHOTO (ファットフォト) 2014年 04月号 [雑誌] 出版社/メ…

D750に貼ったガラスフィルムの話

先日購入しましたカメラの液晶フィルムが到着しましたので早速装着しました。 結論から言うと買いですね。 液晶保護フィルムには大きく分けると2種類ありまして、通常のハードコートされたフィルムとガラスフィルムに分けられるかと思います。 私は傷や見栄…

D750を買った話

前回は単焦点のレンズを購入した話でしたが、今回はその本体の話。 そう、カメラです。 以前からフルサイズへの移行は考えていたんですが、踏ん切りがつかず、何かきっかけを探しておりました。 そんな折に友人の結婚。高校卒業以来の友人で、共に刺激し合い…

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G Special Editionを買った話

今日はカメラのレンズを購入した話です。 後日カメラ本体を購入した話も掲載しますが、レンズを先に購入してしまいましたのでこちらから。 私が、以前から使用していたのがNikon D90。レンズはフォクトレンダー ULTRON 40mm F2 SLII N Aspherical。これを付…

Let Us Roam on Leica

最近、レンジファインダーのカメラが気になってしょうがない。 Theカメラといった佇まいもさることながら、撮るという原点に帰らせてくれるようなカメラ。 デジタルカメラが普及して撮影も簡単になったし、経済的な負担も軽くなった。一方で、撮るという行為…

見えないものと見えるもの

時の旅人、ダレン・アーモンドが光と音で紡ぎ出す人類の叙事詩 ダレン・アーモンドは、写真や映像、時計といった素材を使い、現実と記憶の世界が交錯する作品を創出するイギリス人現代美術作家です。時間と空間への心理的な関わりに関心を抱くアーモンドは、…

日本三選星名所

今年の年始に星を撮るという体験をして、その魅力と難しさを体感しました。 と同時に、好きなことにおける困難は人を魅了する、と再認識しました。 そんな中、調べものをしている際に下記の記事を見かけたので調べてみると、長野にもあったんですね。 星の名…

バランスの冥利

昨日に引き続きですが、これも発想が素晴らしい。 本当に存在する風景なのかと疑ってしまう程です。 これはフランス、パリで主催されている、プロのフォトグラファーやフォト・キュレーターによって優秀作品が選出される「The International Fine Art Photog…

変わった視点でこそ見える世界

まずはこの写真を。 ドイツの写真家 ルーカス・ツィンマーマン(Lucas Zimmermann)が霧の中で深夜にバルブ撮影した信号らしいです。 世界は広い。 まだまだ知らない写真の撮り方、視点。参考になります。 趣味の世界は奥が深ければ深いほどわくわくします。 …

何事もほどほどにという件

最近はスマホの使い過ぎやネット依存。 様々な現代病が蔓延してきているが、写真依存もその一つ。 今日、面白い研究が発表されていた。 【12月11日 AFP】写真を撮ることで何かを忘れないようにしようとしても、それが逆効果になってしまうとする研究が、米心…

写真加工~鉛筆画編~

備忘録程度に最近はまってる写真加工法を書いていこうかと思ったので、即実行。 その前に、なんでわざわざ加工するのか。 まぁ、今ではボタン一つで加工できたりするけど、それはやりたくない。 やっぱり、それぞれの写真にはニュアンスや撮った時の心情なん…

夜景よりも美しい夜景

この写真も撮り方が面白い。 ドイツの写真家Jakob Wagnerが写す世界の都市の夜景。 バルブ撮影でズームにして撮っているみたいです。まあタイミングや時間、被写体などが複雑に絡み合ってこの写真になってるんでしょうけど。 今度真似してみたいです。 何事…

初めて心に響いた一枚

Gerard Byrne | Artists | Lisson Gallery Gerard Byrne A country road. A tree. Evening. The turn in the road at Pine Valley, on the way up to Glencullen. Analog C-type colour photograph 写真を初めて飾りたいと思ったし、単純にスゴイと思えた一…