Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

カーマイン・ストリート・ギター

音楽が好きでよかった。 「カーマイン・ストリート・ギター」 『カーマイン・ストリート・ギター』予告編 ニューヨークの建築物の廃材を使ったギター作り続ける老舗ギターショップを追ったドキュメンタリー。 グリニッジ・ビレッジにあるギターショップ「カ…

ようこそホテルキャデラックへ~山梨編Ⅰ~

2019年8月9日、出発は午前9時過ぎ。 今回の目的は写真展に行くこと。それがメインのはずだったんですが。 「ようこそホテルキャデラックへ~山梨編~」 丁度お盆の帰省ラッシュと若干重なってしまい、山梨駅周辺に到着は13時前。 なぜ山梨駅かというと最初の…

アーセナルvsニューカッスル

2019/20シーズンプレミアリーグついに開幕です。 移籍市場では序盤の不安を払拭するように終わってみれば良い補強が出来たんじゃないでしょうか。 ペペ、セバージョス、ティアリー、ダビドルイス、守備陣に関しては不安も残りますがホールディングやベジェリ…

Laundry

心が洗われる感覚 「Laundry」 Laundry - Trailer 脳に障害を持つ純真な青年と、心に傷を抱えた女性が織りなす交流を、窪塚洋介&小雪共演で描いたハートウォーミングドラマ。 監督・脚本はこれがデビュー作となる森淳一。 脳に障害を抱える青年テルは、祖母…

さらば愛しきアウトロー

生きがいとは。 「さらば愛しきアウトロー」 ロバート・レッドフォード俳優引退作/映画『さらば愛しきアウトロー』予告編 ハリウッド屈指の美男俳優として人気を集め、「明日に向って撃て!」や「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」など長年にわたり活躍し…

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years

事実は小説より奇なり 「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」 「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」本予告 ポール・マッカートニーやリンゴ・スターという存命のメンバーや、ヨーコ・オノ・レノン、ジョージ・ハリ…

ここまでですか乾徳山~山梨編Ⅱ~

と思っていたのもつかの間、雨脚が強まり、頂上付近に着く頃には大雨の様相へ。 登る途中で聞いた「これから登る人達は大変そうね」と言っていた会話が思い出されます。 崖のような道が続き、ここまでどういったのかわからないところに人影を発見。 そして頂…

ここまでですか乾徳山~山梨編Ⅰ~

今回は梅雨、雨季の狭間でしびれを切らして登ってきました。それが後に絶望へと変わることも知らずに。 ということで今回は山梨にある「乾徳山」へ。 岩場あり、平野ありとバラエティに富んだコースで、色々と楽しめました。 スタートは以前の経験を活かし8…

存在のない子供たち

やるせなさと共に、自分の人生を問われている気がした 「存在のない子供たち」 映画『存在のない子供たち』予告編 長編デビュー作「キャラメル」が高い評価を得たレバノンの女性監督ナディーン・ラバキーが、貧しさゆえに親からまともな愛情も受けることがで…

落語ファーストコンタクト

ついに行ってきました。 「落語の寄席へ」 www.suehirotei.com 昨年くらいから急に気になっていたんですが、タイミングが合わず行けず終いでした。 寄席と聞くと敷居が高そうなイメージで、予備知識も必要と感じていましたがそんなイメージとは全然異なる気…

Power Push~2019年6月~

6月は久々に邦楽を聴きまくりました。そして広く浅くではなく、狭く深く聴いた気がします。ということで1アーティスト目。 SODA POP FANCLUB 2(完全生産限定盤)(Tシャツ付) アーティスト: サイダーガール 出版社/メーカー: Universal Music =music= 発売日: …

サーフィンをライフスタイルに~THE WEST編~

前回がGW。そして旅行との抱き合わせでしたが、今回は通える場所でサーフショップを探し、行ってきました。 訪問したサーフショップは「THE WEST」。 www.the-west-web.com 湘南といえば江ノ島や鵠沼が真っ先に浮かぶところですが、それ故にそこを外してのチ…

最近のアニメは本当に作りこみがすごい

最近のアニメの作りこみには驚かされっぱなしです。最近ハマっている作品をいくつか紹介。まず、「鬼滅の刃」 映画『鬼滅の刃 兄妹の絆』予告編 ジャンプにて連載中の同漫画作品ですが、アニメの出来が良いです。特に水墨画に似せたような技の演出が好みで、…

凪待ち

人生は不条理の連続なのか。 「凪待ち」 映画『凪待ち』予告(30秒) 「孤狼の血」の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描くヒューマンサスペンス。 「クライマーズ・ハイ」の加藤正人が脚本を手がけ、人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生を描く。 …

#009 WALKMAN IN THE PARK

懐かしさと新しさと。 「#009 WALKMAN IN THE PARK」 40年前にウォークマンが初めてお披露目された発表イベントは、現在のGinza Sony Parkがある旧ソニービルからスタートしました。それまで音楽は「屋内で楽しむもの」とされていた常識を飛び越え、ウォーク…

Park Live 「in-d」 at Ginza Sony Park

in-dのフロウと声が堪らなく好きなので。 「Park Live 「in-d」 at Ginza Sony Park」 in-d⁠1993年生まれ。THE OTOGIBANASHI’S、CreativeDrugStoreのメンバーであり、ラッパー。⁠高校時代グループを結成し、これまでに2枚のアルバム、そしてソロとしてミニア…

KOSUKE KAWAMURA -ARCHIVE-

アイデアと行動力、そのバランスあっての作品だと改めて思わされました。 「KOSUKE KAWAMURA -ARCHIVE-」 河村康輔のこれまでの活動を俯瞰的に網羅し、ノイジーな作風の秘密に迫る個展が、6月28日から池袋パルコのPARCO MUSEUMで開催される。 同展ではアナロ…

海獣の子供

今まで観てきたアニメーション作品とは圧倒的に違いを感じる描写力。 「海獣の子供」 【6.7公開】 『海獣の子供』 予告1(『Children of the Sea』 Official trailer 1 ) 「リトル・フォレスト」「魔女」などで知られる漫画家・五十嵐大介が、大海原を舞台…

近いい場所~イーサン食堂編~

近場で良い店を探す。 なぜ今までやっていなかったのか思うところですが、思いついたらスタートです。 今回はドラムの練習帰りのこと。何故か無性にタイ料理が食べたくなり、南林間のイーサン食堂へ。 tabelog.com 南林間はそんなに訪れた事が無かったんです…

青春の1ページは現在の新しいページへと繋がる~RADWIMPS2019~

やはり青春と音楽は切り離せない。 「RADWIMPS ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」 最近は聴くことも減ってきていたラッド。 それでも聴けばあの頃を思い出すし、とにかく歌詞がいい。 今でも考えさせられるような歌詞。考えてみれば歌詞について最初に?を抱…

Power Push~2019年5月~

5月は何故かフィルコリンズばかり聴いていた印象でした。 プログレ特有のテンポとメロディックな曲、フィルコリンズ独特の声が加わり、心地良さしか感じないところが◎。ドラマーというところも響いたのかもしれませんが、とにかくキャッチーで気持ちを高ぶら…

ウィーアーリトルゾンビーズ

デジタルなのにアナログっぽい。それでいて抱える問題は完全にデジタル世代のそれ。 「ウィーアーリトルゾンビーズ」 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』予告編(2019年6月14日全国公開) 「そうして私たちはプールに金魚を、」が第33回サンダンス映画祭シ…

KIDS

若気の至りならぬ、若気が至る。 「KIDS」 セックスとドラッグ、アルコールと暴力が日常となったNYのストリート・キッズの生態を、ドキュメンタリー・タッチで赤裸々に描いた異色の青春映画。 監督は『タルサ』(71)、『ティーンエイジ・ラスト』(83)の…

ブレスレットの話~Tiffany & Co.編~

以前リングの話はしましたが、そうなると次に気になるのが腕回り。暖かくなり、半袖を着る機会も増えてきましたし。 個人的に夏のファッションにアクセは欠かせないと思っていて、でもアクセは頻繁に変えるんじゃなくて決まったものをしたい。そんな思いが強…

ドーナツライド~桜上水ー聖蹟桜ヶ丘編Ⅱ~

そして谷保天満宮へ。 www.yabotenmangu.or.jp 友人が御朱印集めをしているらしく、近いので立ち寄ることになりました。印象としてはとにかく鶏が多い。 余談ですがそこまでの道中、バイパスを通ることになりまして、若干の下りだったこともあり、60キロ近く…

トッテナムvsリヴァプール~CL決勝~

プレミア勢らしい戦いでした。 EL、CL共にプレミア勢が決勝を占めるという今節でしたが、CL決勝の方が良くも悪くもプレミアらしい戦いだったように思います。 序盤から共にアグレッシブな展開、ファールによるPKでまさかの先制だったリヴァプールでしたが、…

ドーナツライド~桜上水ー聖蹟桜ヶ丘編Ⅰ~

ロードバイクを乗り始めて1年くらい経ち、ジロデイタリアも観だしたことだし、ロングライドに行ってみました。 ちょっとした遠出は一人でしていたんですが、どれもせいぜい20km以内といったところ。 なので今回は友人と長めの、それでいて初回なのでゆるめの…

アーセナルvsチェルシー~EL決勝~

虚無感しかない。 「アーセナルvsチェルシー」 勝つ試合もあれば負ける試合もある。わかってはいるんですが、どうしても勝ってほしい試合でした。 CL出場の夢は破れ、補強予算にも響くであろう展開に恐れ、週末にして絶望的な気分です。 ここまでの展開も綱…

アイコンカラーの原点

写真も整理というか何か個人的に残していこうかと思いまして 「俺の一枚」 始めていこうかと思います。 写真も撮り始めて10年近く経ちますが、その中でも「これは!」というものに出会うことがあります。 その感覚は徐々に変わっていくものですが、変わらず…

あん

とにかく丁寧にじっくりと取り組む。 「あん」 映画『あん』予告編 「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が、2014年に旭日小綬章を受章した名女優・樹木希林を主演…