Blcrackreverse

Diggin LIFE 掘って掘って掘りまくれ!

ゲット・アウト

何が起こったの?

ゲット・アウト


『ゲット・アウト』予告編/シネマトクラス

パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」「ヴィジット」など人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作し、アメリカのお笑いコンビ「キー&ピール」のジョーダン・ピールが初メガホンをとったホラー。

低予算ながら全米で大ヒットを記録し、第90回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。

アフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、白人の彼女ローズの実家へ招待される。過剰なまでの歓迎を受けたクリスは、ローズの実家に黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚えていた。その翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに出席したクリスは、参加者がなぜか白人ばかりで気が滅入っていた。そんな中、黒人の若者を発見したクリスは思わず彼にカメラを向ける。しかし、フラッシュがたかれたのと同時に若者は鼻から血を流し、態度を急変させて「出て行け!」とクリスに襲いかかってくる。

本当は登山に行く予定が豪雨強風予報により中止になり予定変更。

映画館で見逃していたんですがたまたま飯田橋ギンレイホールで上映しているということで観てきました。人の入りも結構あって、8割くらい埋まってた気がします。

サプライズが多い映画だったんですが、それ以上に不穏感が勝っており、なんか嫌な感じ。

そのなんか嫌な感じが確信に変わるのは終盤で、唐突に色々と明らかになります。

それなのにラストまで観終わった後に残るのは恐らく主人公が感じていたであろう感覚、「一体何だったんだ」それ以上でも以下でもなくといった感じでした。

差別の根強さであるとか、見慣れているもの、当たり前だと思っていることへのアンチテーゼはあると思いますが、やはり起きうることは想像以上にリアルなことだし、起きたそのことが事実という当たり前で忘れがちな感覚に警告を鳴らされた気がします。

音響やサプライズ演出は映画館での迫力に勝るものはないとおもうので劇場で観れて良かったです。

スカーフェイス

自分の人生を生きれるかどうかは自分次第。

スカーフェイス

 1980年、キューバからアメリカ・マイアミへ渡ったトニーはコカインの取り引きに携わる。その働きが認められたトニーはマフィア組織の配下に収まった後、ボスを殺害。無一文の身からマイアミ暗黒街の頂点へと上りつめ、さらにはボスの愛人エルビラも手に入れることに。しかしその栄光は長く続かなかった……。

ハワード・ホークス監督作品「暗黒街の顔役」の現代版リメイク。主演アル・パチーノの鬼気迫る演技、そしてバイオレンス描写も凄まじいアクション・ドラマ。

とにかくやること成すことハチャメチャです。ただし芯だけは通っている。あくまでも本人が考える芯ですけどね。

最近はSNSスマホなどで触れる世界は拡張している一方で、実際に感じるリアリティは減っている気がします。

その減っているリアリティのみで生きていく。それが本作の醍醐味に感じました。この映画はヒップホップにも多大な影響を与えていて、その生き様自体がヒップホップ。つまりは成り上がりです。

成り上がりっていうと聞こえは悪いかもしれませんが、要は自分自身で這い上がった人が成り上がり。それに対して悪いイメージを持つこと自体が卑屈な考えで利己的な気がするし、人のことをとやかく言っている暇があるなら自分で何でもやってみろ。やらずに文句ばかり言っている人が多すぎる気がします。

ファッションも当時のマフィア然とした装いなんですが、それとマイアミのカラフルな街並みや景色が実にハマっていて良い。それと対照的な物騒さも醍醐味ですが。つまりは光あるところに闇もありといったところでしょうか。

トニーの生き方は一般的には完全に外れた生き方かもしれませんが、生きるのは自分自身だし、そのスタイルに惹かれちゃうのも事実なんです。

嘘は言わないし、他人に媚も売らない、それもかなり徹底していて、個人的にあのチェンソーのシーンでさえ怯まない精神には驚愕でした。

誰かの前では態度を変えるであるとか、自分に嘘をついてやり過ごすだとか、社会的な建前ははいいけど、悪く言えばそれって自分じゃなくてもいいよね、といった人生を生きることに意味はあるのか。

社会的に善とか悪とかって当然あると思うけど、善に見える悪ほど最悪なものは無い気がします。

考えたり、創造したり、行動したりしないで生きているのは「生きているんじゃなくて、死んでいないだけ」なのかもしれません。

ちなみにこれは「大和(カリフォルニア)」でのサクラのセリフです。

blcrackreverse.hatenablog.com

 やはりアウトローは独自のパンチラインを持っているものなのかもしれません。

スカーフェイス [Blu-ray]

スカーフェイス [Blu-ray]

 
スカーフェイス [DVD]

スカーフェイス [DVD]

 

それにしてもDVDのパッケージの方が断トツに良いのが腑に落ちませんが。

ゴッドファーザー三部作

これだけ長いのに飽きさせない。そしてやっぱりマフィアはかっこいい。

ゴッドファーザー

ãã´ãããã¡ã¼ã¶ã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ゴッドファーザー』(原題: The Godfather)は、1972年に公開されたアメリカ映画。監督はフランシス・フォード・コッポラマリオ・プーゾの小説『ゴッドファーザー』の映画化作品。

公開されると当時の興行記録を塗り替える大ヒットになり、同年度のアカデミー賞において作品賞・主演男優賞・脚色賞を受賞した。1990年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。

言わずと知れた名作ですが、久々に観ると出来の良さに感激しました。

というか観る年齢に寄るところが大きいのかもしれませんね。最初に観たのはたしか高校生くらいの時で、トレインスポッティングなどのライトな不良モノの流れから視聴した気がします。なのでマフィア映画の名作という知識だけで観たんですが、当時はあまりしっくりきませんでした。

唯一残ったのは「スタイリッシュに映るマフィアという大人の世界」これだけでした。

それから今に至るまでに自分の人生にも色々とあり、改めて観てみるとこれだけ重厚感があり、深みのある映画だったのかと思い知らされました。

三部作観るのに9時間近くかかるものの全く飽きることなく、むしろ自然と次を観ている感覚でした。

観ることに対してここまで疲れない映画も久々でしたし、何より私が映画に求める世界観全てが入っており、素晴らしかったです。

一般的なマフィア映画にあるようなドンパチシーンですら淡々とこなしているように撮ってしまう表現であるとか、写真にも近いような構図感覚、衣装や小物に関しても最高で、とにかく大人になって良さを再確認した気がします。

ストーリーに関しても特に何かが起きるわけでは無いけど、起きていることは常にハードでデンジャラス。どことなく常に漂う不穏な空気感がそのままマフィアが抱えている気持ちなのかもと思わされます。

安定の無い世界に身を置くが故の危険さ。それ故にぶれない軸みたいなものを試されている気がして、登場するキャスト全てにその軸があるのか、大切にするものは何なのか、考えながら観てしまいます。

自分自身も折を見て観返し、自分の軸みたいなものを確認するのも必要なのかもしれません。

まぁ最終的になんだかんだ言っても高校生の頃と変わらないこともあって

「マフィアはやっぱりカッコいい」

これに尽きるかと思います。 

ゴッドファーザー PARTI<デジタル・リストア版> [DVD]

ゴッドファーザー PARTI<デジタル・リストア版> [DVD]

 
ゴッドファーザー PARTII<デジタル・リストア版> [DVD]

ゴッドファーザー PARTII<デジタル・リストア版> [DVD]

 
ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]

ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]

 

アーセナルvsマンチェスターユナイテッド

ヴェンゲルの最後のビッグマッチ。結果以上に感慨深いものがありました。

アーセナルvsマンチェスターユナイテッド

ãMaitland-Nilesãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

EL優勝→CL出場という至上命題があるため、プレミアでは戦力を落としがちな昨今。本戦も多分に漏れずのスタメンでした。

正直ユナイテッド相手に大丈夫かと思いましたが、終盤まで良くやったように思います。ほぼ全てのポジションで若手を起用し、いつもとは違う戦術ではありつつ、アーセナルらしさは失わないプレー。これに過去から現在へのバトンというか継承を少なからず感じました。

ヴェンゲル監督は以前から若手の育成には定評がありますが、今でも着実に育っている若者はいるんだということ、次期政権までにわずかでも成長の場を残してやりたいという親心すら感じました。

個人的にムヒタリアンはやっぱり良くて、攻守の切り替え、プレスの強度、周りとの連携などで抜きんでていて、来期にも間違いなく期待できる気がします。

今回もう一つの発見がメイトランドナイルズが意外に中盤での方がフィットしている気がする件。若さゆえの経験の少なさが出てしまう場面もありながらも光る部分を非常に感じました。カバーリングも比較的しっかりと出来ていたし、周りが結構見えている、そして何より落ち着いてプレーできているところも好感が持てました。

対するユナイテッドは序盤こそ良かったものの、その後はいつも以上の守備意識を持っていたアーセナルを崩し切れず、個々人の攻撃に終始していたためそれほど脅威は感じませんでした。マルシャルが入ってからは流れが若干変わり、そこから崩されたのは惜しいですが、他のチームでも若手は確実に台頭しているという事でしょう。

目先とにかくELでアトレティコに勝利し有終の美を飾ってほしいと思います。

f:id:Blck:20170828220453p:plain

好奇心にダイレクトに来る感覚~GYAOオリジナル番組編~

最近GYAOのオリジナル番組にハマってます。

中でも下の二番組が熱いです。

「EXPLORE THE EXTREME」

gyao.yahoo.co.jp

野村周平がアメリカ西海岸をロードトリップ。行きたかった場所、会いたかった人。スケボ、スノボ、オフロードレースで極限を求める! 情熱の旅路の先で思うこととは!?

スケボにスノボ、オフロードカーなどのエクストリーム好きな俳優・野村周平。そんな彼がカルチャーの本場アメリカ、ロサンゼルスを中心にマスタングでロードトリップ。憧れの地でスケボ、中学生から行ってみたかったゲレンデでスノボ、そしてオフロードレースのキングに出会う。情熱を追う旅路の中で野村周平が思うこととは。

自分が興味あることをリアリティある感じでやってくれてて、地上波では無理な気がする番組構成。

野村周平の抜群の運動神経に驚いたり、エクストリームスポーツやりた過ぎると思ったりして、とにかく観ていてワクワクします。

次に「堂本剛の素」

gyao.yahoo.co.jp

ここでしか見られない本当の堂本剛とは?

真面目な仕事をしている時の剛、仲間と一緒に小旅行している時の剛、果たして堂本剛の本当の姿とはいったい??

これもリアルな堂本剛が見れて面白いです。三回目まで公開されているんですが、堂本剛なりの歌詞を考えるプロセスが緩い雰囲気の中語られていて、非常に興味深く、彼のアーティスト気質な部分に引かれます。

どちらの番組も久々のヒットで、まだまだ楽しめそうです。

登山に行ってきた~鋸山編Ⅱ~

そこから少し行くと展望台に着きます。

ここからは岩切場が続きます。これが人間の手で削られたのかと思うとホント感慨深いです。

そしてなぜか溜池に的なところに鯉がいたり。

黒過ぎだろっていう水があったり。

緑綺麗過ぎだろっていう場所もあったり。

急に廃墟感満載だなって場所もあったり。

一か所だけ錆びてない部分があるブルトーザーがあったり。

まさにその通りといった安全第一と掘られている場所自体が危険な場所だったり。

そしてここからは入館料として600円がかかりますが、ここまで来たら是非入ってほしいところです。まぁ普通はここを目指してくるはずなので確実に入るでしょうけどね。

ということで入ってすぐ壁一面を掘って作られたこちらからスタートです。

なぜこのポーズの石造を入れ込んだのかという石造があったり。

読み方次第ではRPGの必殺技に聞こえるように書かれているとしか思えない看板があったり。

悪ふざけとしか思えないシュールな石造も混ざってたり。

低い山でしたが隅から隅まで見切ったのでかなりの距離を移動しました。そしてその後に食べた寿司が美味すぎたことは最高のお土産になりました。

天気があいにくの曇りということもあってかそこまで人もおらず、とりあえず行ってみたいだけ自分たちにとっては最高のコンディションでした。

レディ・プレイヤー1

やっぱりスピルバーグが描くキッズは良い。

レディ・プレイヤー1


映画『レディ・プレイヤー1』予告

ãã¹ã¿ã¼ç»å

スティーブン・スピルバーグ監督が、アーネスト・クラインによる小説「ゲームウォーズ」を映画化したSFアクション。

貧富の格差が激化し、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年。世界中の人々がアクセスするVRの世界「OASIS(オアシス)」に入り、理想の人生を楽しむことが若者たちの唯一の希望だった。そんなある日、オアシスの開発によって巨万の富を築いた大富豪のジェームズ・ハリデーが死去し、オアシスの隠された3つの謎を解明した者に、莫大な遺産とオアシスの運営権を明け渡すというメッセージが発信される。それ以降、世界中の人々が謎解きに躍起になり、17歳の孤独な青年ウェイドもそれに参加していた。そしてある時、謎めいた美女アルテミスと出会ったウェイドは、1つ目の謎を解き明かすことに成功。一躍オアシスの有名人となるが、ハリデーの遺産を狙う巨大企業IOI社の魔の手が迫り……。

作中のゲーム世界には、アメリカはもとより日本のアニメやゲームに由来するキャラクターやアイテムなどが多数登場する。

 とにかく楽しい映画でした。突っ込みどころも満載だし、CG使い過ぎだし、話に深みとか無いし。それでも映画体験って楽しいって思わせてくれるところに夢があるじゃないですか。

本作で改めて思ったのがスピルバーグが描くキッズ達の絶妙な感じ。これがたまらなく良いです。

80年代オマージュが半端ないところとか、色々な仕掛けを追ってるだけでも楽しめます。間違いなく一回では追い切れません。

個人的に本作で出てくる「イースターエッグ」が凄く心に残っていて、本当に大切でリアルな人生って、イースターエッグがあってこそ成り立っている気がしました。

というのもイースターエッグって本来は製作者の遊び心であったりするものですが、実際はその作者の本質を多分に含んでいて、その裏返しとして仕込んでいるものだと思うんですよ。

故に忘れてほしくないこと、忘れちゃいけないことを思い出させてくれる、願いみたいなものがある気がして。それって自分の人生においてもそうで、嫌なことやつらいことに日々を忙殺されずに、その中でも自分なりのイースターエッグを持っていることが重要な気がします。

本作では現実に嫌気が差し、ヴァーチャルの世界に価値を見出すことに重きを置いていますが、その価値観は徐々にリアルとリンクして、本当に大切なものに気付く。そこに本作のカタルシスがあるように思います。

そんなことは置いておいても、とにかく楽しめる映画なのでアトラクション的感覚で気楽に観ることをおススメします。そして映画館で。映画館じゃないと良さが半減するどころの騒ぎじゃないくらい激減するかと思いますのでご注意を。